キングダム
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹操は最初から荀彧を遠ざけていた!?原因は強烈なニオイ

この記事の所要時間: 248



荀彧とお香

 

三国志のお話の中で、曹操(そうそう)の頼れるブレーンとして知られている荀彧(じゅんいく)

曹操のしょげてる時も元気な時も知恵と勇気で補佐し続け、

曹操から「我が子房(しぼう)」と信頼されていましたが、曹操が九錫(きゅうしゃく)(皇帝のシンボルアイテム)を

受ける野心を見せた頃から両者の間に距離ができていったと考えられています。

しかし、思えば曹操と荀彧は最初からほとんど行動をともにしていないんですね。

曹操は前線、荀彧は後方支援です。

実は曹操、最初っから荀彧のことを避けていたんじゃないでしょうか。

荀彧のニオイが臭いから。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【徐庶ママ酷すぎ】息子の評価が軽くグレるレベル

関連記事:【すっきり解説】曹操の元に徐庶が留まり続けた理由

 

 

荀彧の強烈なニオイ

曹操と臭い

 

藝文類集(げいもんるいじゅう)』巻七十に引用されている『襄陽記(じょうようき)』には、劉弘(りゅうこう)の談話として、

荀彧が人の家に行って座った場所は三日経ってもまだお香のかおりがしたという

逸話が書かれています。

 

これ、いい匂いだったのか嫌な臭いだったのか、微妙ですね。

私が最初に就職した会社にもいたんですよ、香水プンプン男子が。

彼が通った後は、廊下や階段のような開放的な場所であっても、半日経っても臭うんです。

「うっ……、さっき○○さん通った?」

「朝十時頃に来たんだよ~(現在時刻午後三時)」

いつもおんなじ香水を付けていると、付け方がエスカレートしていっても

自分では匂い感覚が麻痺(まひ)して気付かないんでしょうね。

 

 

曹操のお香ぎらい

曹操のお香ぎらいと荀彧

 

太平御覧(たいへいぎょらん)』香部一の香に、曹操のお香禁止令が載っています。

 

【原文】

《魏武令》曰:昔天下初定,吾便禁家內不得香薰。后諸女配國家,為其香,

因此得燒香。吾不好燒香,恨不熟所禁。令復禁,不得燒香!

其以香藏衣著身,亦不得!

【訳文】

魏武(ぎぶ(曹操)の令にこうある:天下を平定した頃、家の中での香薰(こうくん)を禁じたが、

娘達は結婚すると嫁ぎ先のつてでお香を手にして焚くようになってしまった。

私は香を焚くことを好まず、禁令を徹底させたい。改めて香を焚くことを禁ず。

香を衣服に入れて身につけることも禁止する。

(原文は中國哲學書電子化計劃より)

 

ずいぶん、毛嫌いしていた感じじゃないでしょうか。

倹約家だったから贅沢品の香を嫌ったのだという説もありますが、倹約目的なら、

曹操が禁じようと禁じまいと娘の嫁ぎ先にごろごろ転がっているお香のことまで

言及するのはあまり意味がない気がします。

やっぱり、臭いが嫌いだったのではないでしょうか。

 

俺ん家で香を()くな! 俺の目の前に香を身につけてあらわれるな! 臭いから!

っていう意味だと思います。

曹操は頭痛持ちだったそうですが、臭いで頭痛が誘発されるのが嫌だったのかもしれませんよ。

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック  

荀彧との遠距離交際

曹操と荀彧

 

曹操がお香嫌いだったとすると、三日経っても臭う荀彧と一緒にいられるわけありません。

「おえ~、くっせー! こりゃたまらん! 文若(ぶんじゃく)(荀彧のあざな)ワシに近寄らないで!」と

面と向かって言うわけにもいかないので、

「じゃあワシ前線で頑張るから文若うしろで見守って」という役割分担になったのでは

ないでしょうか。で、前線から「兵糧がないからもう帰りゅ」みたいなお手紙を書いては

「なに言ってんの、しっかりおし!」みたいなお返事をもらったりしながら力を合わせて

頑張ってきたわけですが、曹操も天下の大半を手中にするに至って、

「う~ん、あのくっさい相棒をどーすっかな~」ってなって、荀彧の謎の急死に

つながったのではないでしょうか。という想像は、ひどすぎますね。

 

臭いが原因で抹殺(まっさつ)は、さすがにひどすぎます。

やっぱりここは普通に考えて、荀彧が曹操の九錫に難色を示したことが原因でしょうか。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

よかミカン

 

曹操のお香禁止令は、最初のとりきめが徹底されていないことに業を煮やして改めて

念押ししているものですから、よほどお香が嫌いだったのではないでしょうか。

いくら荀彧が頼れるブレーンでも、臭いが嫌だったら一緒にいるのはきつそうです。

 

ワシもそろそろ王様にでもなって都でのんびり過ごそうかなと思った時に、

ううむこれからはあの臭いを毎日嗅ぎつづけることになるのか、と考えると、

憂鬱(ゆううつ)だったのではないでしょうか。というのは冗談ですが、

ニオイのことも天下のことも、なんでも語り合える二人だったらよかったのにな、

と思う今日この頃です。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:お勧めしません!部下をダメにする諸葛孔明の管理術

関連記事:【荊州獲ったどー!】諸葛亮&愉快な仲間の州乗っ取り計画

 

転職活動に役立つ特集記事 三国志と転職

 

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 9話:張角が太平道信者を増やした方法
  2. 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆する…
  3. 正史三国志と三国志演義の張遼はどこまで違う?張遼の最強称号を斬る…
  4. 天下の袁紹軍の組織図はどうなってたの?袁紹陣営をミエル化してみる…
  5. 【日本人と三国志の出会い】奈良時代に董卓だとdisられていた人が…
  6. 李儒と三国志 【意外】日本人のほうが三国志を原文で読めるって知ってた?
  7. 三国志史上で一番絵が上手なのは誰だ!?ヒント、姓は曹です
  8. 【鬼は溺死!】容赦ない三国志の節分臘日(ろうじつ)

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 李儒と三国志
  2. 車に乗る諸葛亮

おすすめ記事

  1. 人材大好きの曹操が欲しがるほどに惚れた敵将は誰?
  2. 義兄弟の絆堅すぎ!劉備に家臣が少ない理由
  3. 三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようとした政治家
  4. 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ!
  5. 白馬寺とは何?洛陽にある中国最古のお寺は白馬が経典を運んだ!
  6. 【キングダム時代考証】漫画の描写は嘘?ホント?キングダムの史実による歴史考証

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

龐徳は曹操のみならず子孫代々称えられた忠臣だった 織田信長の桶狭間の勝利は勘違いで起きた! 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第二回 冀州(きしゅう)、兗州(えんしゅう)、徐州(じょしゅう)編 許褚と賈詡がいなければ曹操は官渡の戦いで袁紹に敗北してた! 楽天koboにて『#君主論』の販売を開始しました。 孫権の部下に三君有り!孫呉三君とはいったい誰を指すの? 曹操の配下で打線を組んだ場合、どんな球団になる? 秀吉のDIY?墨俣城(すのまたじょう)って本当に一夜で造られた?

おすすめ記事

  1. キングダムの王翦は史実通りの最強武将だった!その理由とは?
  2. 民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる
  3. 韓玄(かんげん)とはどんな人?劉備に降伏した長沙太守
  4. 杜襲(としゅう)とはどんな人?曹魏三代で活躍した文官を知って三国志マニアになろう
  5. 江戸城オフィスを大公開!大名の争いは部屋取りゲーム?
  6. 【妄想】はじ三 SPA RESORT三国湯 in 沖縄
  7. 狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切り刻んだ劉氏の怨念
  8. 三国ベースボール攻略1 三国志キャラが登場する野球ゲームに挑戦!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP