よかミカンの三国志入門
黄巾賊




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ?

この記事の所要時間: 338




荀彧

 

荀彧(じゅんいく)は、字を文若(ぶんじゃく)と言い、

161年から212年まで生きた人物です。

 

スネに傷を持った、曲者が多い、曹操(そうそう)配下の軍師の中では、

履歴がキレイな人物であり、外見も行動も立派な正統派です。

 

関連記事:荀攸(じゅんゆう)ってどんな人?同族の荀彧の影に隠れた才能




荀彧(じゅんいく)は時代を読むのに長けていた

荀彧 はじめての三国志

 

荀彧(じゅんいく)は先見の明がある人物でした。

西暦189年、孝廉(こうれん)に推挙されて、荀彧は宮中の仕事に就きますが

菫卓(とうたく)の横暴を見て、宮中にいるのは危険と判断。

 

田舎に転任を願い出て許されると、任地にはいかず、故郷に帰り隠棲します。

 

しかし、故郷である潁川(えいせん)郡にも戦乱の気配を感じると、

荀彧は潁川の古老を集めてより安全な冀州に避難する事を勧めますが、

古老は彼を信用せず、故郷を動こうとはしませんでした。

 

やむなく、荀彧は自分の一族のみを連れて、調度、軽騎兵を率いて

避難を呼び掛けていた韓馥(かんぷく)と一緒に冀州に逃れます。

 

それから、僅か数カ月後、潁川郡は李傕(りかく)・郭汜(かくし)の軍勢に

蹂躙され、壊滅し、多くの死者が出ました。

 

本来ならば、このまま韓馥(かんぷく)の配下になる予定だった荀彧ですが、、

韓馥が領有する予定だった冀州は袁紹(えんしょう)に握られていました。

 

すでに荀彧の兄達は、袁紹に仕えていたので袁紹は荀彧(じゅんいく)を

上客の扱いで優遇しスカウトします。

荀彧 袁紹

 

ですが、荀彧は、袁紹(えんしょう)の器では天下を統一できないと見抜き、

それに仕える事はありませんでした。




荀彧の最大の望みとは?

荀彧

 

荀彧の最大の望みは、漢王朝を再興して再び、天下太平の世にする事、

そして自身が武将タイプではない以上は、それを可能にする

英傑に出会い、そして参謀として天下獲りに協力する事です。

 

荀彧は、この己の野望を達成する為に生き、そして皮肉にも、

この野望の為に死を迎える事になります。

 

曹操と荀彧が遂に出会う

現実主義曹操

 

曹操(そうそう)は、その頃、奮武将軍として東郡という所にいました。

それを聞いた荀彧は、曹操に仕える為に袁紹の下を去ります。

 

曹操は、荀彧の聡明さを一目で見抜き、これを抱える事を喜びます。

西暦191年、荀彧は29歳の若さでした。

荀彧 曹操

荀彧も、曹操の非凡な才能とカリスマ性に惹きつけられていて、

この人物なら漢王室を再興できると確信します。

 

 

曹操は荀彧を評価していた

曹操 ヨイショ

 

曹操は荀彧を「我が子房」と呼んで重宝しました。

子房とは、漢を建国した劉邦の軍師、張良子房(ちょうりょう・しぼう)の

事ですから、曹操は荀彧を自分が天下を取るに必要な人材であるという

最大級の賛辞を送ったのです。

 

 

曹操は、その内政から外交に至る全ての面において荀彧を頼りにします。

194年に、曹操の配下の陳宮(ちんきゅう)と張邈(ちょうばく)が

離反して呂布(りょふ)を迎え入れた時も荀彧(じゅんいく)は、

これに即座に対応し、許昌を守りきり、曹操が本拠地を失わないように

最大限の努力をしましたし、

 

献帝(けんてい)が、李傕(りかく)・郭汜(かくし)の手を逃れて、

洛陽に戻った時にも、荀彧が逸早く、献帝の保護をアドバイスしたので、

曹操は、献帝を保護して、大将軍の地位につき天下に号令する

立場に上るなど、荀彧の力は必要不可欠でした。

 

官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ?

曹操 手紙

西暦200年の天下分け目の官渡の戦いでも、

兵糧不足に苦しめられた曹操が、弱気になって退却したい旨を

荀彧に手紙で送った所、、

 

荀彧 曹操

 

荀彧はこれを叱責して励まし、

曹操は、前線を持ちこたえて、奇跡の大勝利に繋げていきます。

 

ところが、赤壁(せきへき)の戦いの以降、菫昭(とうしょう)が、

曹操に魏公の位を授けようと朝廷に根回しを開始すると

荀彧はこれに断固として反対します。

 

荀彧(じゅんいく)はあくまで漢王朝の復興が目的であり、

曹操(そうそう)が魏公になり、漢王朝を凌ぐ立場になる事を嫌ったのです。

 

ですが、曹操も魏公の位を受ける事に積極的になっていき、

荀彧と曹操の関係には次第に亀裂が出来ていきます。

 

関連記事:権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じる

 

二人の関係に亀裂が入り・・・・

荀彧

 

西暦212年、荀彧は、曹操が孫権討伐の軍を起こしている最中に

病死しました、亨年は50歳、その死には謎が多く、自殺という話もあります。

 

荀彧が病に伏せっている時に曹操から贈り物が届きますが、

それは中身が空っぽであった時がありました。

 

それを見た荀彧は、これを曹操からの「用済み」というサインと受け取り

殺される前に自害したという話もあります。

曹操 死

 

荀彧の反対で、魏公の位を受ける事を延期していた曹操も、死の翌年には

魏公に、そして数年を掛けて魏王にまで昇ります、、

しかし、それも束の間、西暦220年には、病を得て亡くなります。

亨年は66歳でした。

曹丕

 

曹操の後を継いだ曹丕(そうひ)は、魏王の位を踏襲して、2年後には、

献帝に譲位(じょうい)を迫って、後漢王朝を滅ぼし、

西暦220年三国志の一国である魏を建国します。

 

荀彧は、後漢王朝が滅ぶのを見なくて済んだという部分では

幸福だったのかも知れません。

 

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

関連記事:荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説

関連記事:孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した?




よく読まれている記事

曹操 ほめ上手

 

関連記事:三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない

 

曹操議員

 

よく読まれてる記事:これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは?
  2. 29話:青州兵によって膨れ上がる曹操の兵力
  3. 馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話
  4. 孔明の北伐が成功したら三国志どうなったの?
  5. 諸葛亮が劉禅の教科書に選んだ『韓非子』とは?
  6. 袁紹と曹操はホントは親友だった!?二人の関係を紹介
  7. 天才軍師・諸葛亮孔明抜きの劉備はどこまで健闘できるの?
  8. 董卓軍の軍事組織はどうなっていたの?暴君の軍隊をミエルカしたよ

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【日中変人学者対決】孔融VS藤原頼長
  2. 【よかミカン紀行】甘寧がブイブイいわせてた重慶ってこんな街!
  3. 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の台頭
  4. 三国志に登場する兄弟最強は誰だ!?三国志最強兄弟賞(SSK)
  5. 石田三成(いしだみつなり)とはどんな人?戦術が苦手で人から嫌われてたけど秀吉の大事な家臣で友人思いの人だった!!
  6. 陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

遊侠の人・郭解の悲しい最後、慕う人が多すぎて無残な最後を迎える 【三国時代】英雄の地位はどの位? 「自治三訣」って一体どんな言葉?東京都知事の所信表明に出てきた言葉を分かりやすく! はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選 張飛の武勇って一万人と一緒だったってマジ!? キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実在したの? 小牧長久手の戦いの勝敗はどうなった?漫画・センゴクから見る小牧長久手の戦い 二世だって優秀さ!魏皇帝の妻・甄氏(しんし)の壮絶な人生と向き合って果てた生涯に心が震える

おすすめ記事

  1. 鍋島直茂(なべしま なおしげ)がスゴイ!主家乗っ取りに成功!時勢を見る目と優秀な智謀を持った肥前の名将
  2. 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?
  3. 大久保利通の妻はどんな人だったの?大久保満寿子に迫る
  4. 夏侯淵の死後、一族はどうなったのか?
  5. キングダム557話「王翦の計略判明!」ゴールデンウィーク大予想
  6. 和宮とはどんな人結構頑固で家茂ラブな皇女
  7. 歴史上の最強の弓の使い手は誰?太史慈?李広?源為朝?立花宗茂?
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【10/2〜10/8】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP