キングダム
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

西郷どん

井伊直弼の安政の大獄はいつから始まった?時系列で解説



井伊直弼

 

井伊直弼(いい なおすけ)といえば、大老に就任してから反対派を弾圧した安政の大獄(あんせいのたいごく)が有名です。

多くの歴史ファンが開国を決断したから評価できるとする一方で、

独裁者だとする厳しい評価をする人もいて、意見が分かれています。

今回は、井伊直弼の政治の評価をしないで、安政の大獄の始まりから終わりまでを時系列で見ます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:本寿院とはどんな人?実は篤姫と家定の最大の理解者!

関連記事:井伊直弼は井伊直虎の子孫なのか?大河をまたいで続く井伊家

 

 

安政の大獄の始まりから終わりまでを時系列で紹介

江戸城

 

江戸幕府の将軍が12代目徳川家慶(とくがわ いえよし)のとき、ペリーが浦賀に来航し、開国を迫ったことで、

老中の阿部正弘(あべ まさひろ)は1854年に日米和親条約を締結しました。

阿部正弘はこれまで政治に参加できなかった外様大名や朝廷にまで広く意見を求めて、

政治改革を行おうとしました。

その結果、前の水戸藩主徳川斉昭(とくがわ なりあき)島津斉彬(しまづ なりあきら)伊達宗城(だて むねなり)など、

有力な外様大名が政治に参加して体制を立て直そうとしました。

 

12代将軍家慶の死去により徳川家定(とくがわ いえさだ)が13代目将軍に就任します。

家定は病弱で、世継ぎができないことから将軍継嗣問題に発展します。

対立の図式は、井伊直弼が推す徳川慶福(とくがわ よしとみ)(のちの家茂(いえもち)で、南紀派)と

一橋(徳川)慶喜(ひとつばし よしのぶ)を推す一橋派です。

 

一橋派は尊王攘夷派が多く、

梅田雲浜(うめだ うんぴん)らが朝廷に働きかけて天皇から条約調印の勅許を出せないように工作しました。

これが安政の大獄の始まりであると言われています

 

安政の大獄で、朝廷・藩士・浪人など身分に関係なく、

井伊直弼に反対する人が処刑されました。

安政の大獄は桜田門外の変で井伊直弼が殺害されたことにより終りました

 

 

安政の大獄1 条約調印に抗議した水戸派の大名の謹慎処分

井伊直弼

 

江戸幕府は天皇から勅許を得ないで日米和親条約を締結しました。

この条約調印に対して、徳川斉昭徳川慶勝(とくがわよしかつ)(尾張藩主)、

松平春嶽(まつだいら しゅんがく)ら水戸派の大名は江戸城に抗議するために無断登城します。

 

本来、無断登城は定められた日以外に無断で江戸城に登城してはいけない、

という決まりの違反行為です。

この違反行為をしたことにより、徳川斉昭ら無断登城をした大名に

隠居・謹慎処分が下されました。

 

【攘夷魂!テロに走ったサムライ達】
俺達尊攘派

 

安政の大獄2 戊午の密勅による天皇の政治利用で弾圧が激化

 

江戸城に条約調印に抗議するために無断登城した水戸派の大名は隠居・謹慎処分となりました。

この処分に反発するために、水戸派は天皇を利用します。

その利用した結果、水戸藩に戊午の密勅(ぼごのみっちょく)が出されました。

 

密勅とは秘密裏に正式な手続きを経ていない文書で、幕府は知ることができません。

戊午の密勅を受け取った水戸藩は、全国に天皇の声明を通達するように命じられました。

密勅の内容は、孝明天皇(こうめいてんのう)が朝廷の許可なく日米修好通商条約を締結した幕府を非難するものでした。

 

安政の大獄3 全国規模に拡大した大獄の被害者

 

水戸派の大名らが井伊直弼を牽制するために天皇を政治利用しましたが、

このことがかえって安政の大獄の弾圧が激化したきっかけになったと考えられます。

弾圧されたのが、大名だけでなく、藩士・浪人・学者・朝廷も弾圧の対象となりました。

この中には吉田松陰(よしだ しょういん)頼三樹三郎(らい みきさぶろう)など著名な学者も含まれています

 

安政の大獄4 桜田門外の変で伊井の死と共に終息する弾圧

桜田門外の変

 

安政の大獄は桜田門外の変で井伊直弼が暗殺されたと同時に終息しました。

桜田門外の変後の文久の改革で、

勅命により徳川慶喜・松平春嶽が謹慎を解かれ、公職に復帰します。

14代将軍徳川家茂を補佐するために、徳川慶喜は将軍後見職に、

松平春嶽は政事総裁職にそれぞれ就任しました。

 

同時に、安政の大獄で処罰された者は、隠居・謹慎処分が解かれたり、釈放されたりしました。

一方で、井伊家に対して、井伊直弼が大老の頃の専横に対する処分として、

彦根藩は10万石削減する処分が下されました。

 

江戸幕府は公武合体路線に向かいますが、水戸藩が天皇を政治利用したことが、

天皇を政治利用して倒幕が可能であることを気付かせるヒントにもなりました

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

この記事の読者には井伊直弼が桜田門外の変で殺害されたために、

江戸幕府の求心力が衰えたと考えている人が多いと思います。

 

今回は天皇の政治利用で倒幕が可能になったという観点で執筆しましたが、

天皇の政治利用と倒幕が結びつかないと感じる人が多いかもしれません。

江戸幕府倒幕までの過程において、

孝明天皇の後の明治天皇(めいじてんのう)を利用した江戸幕府の倒幕との関係に注目したいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:井伊直弼とはどんな人?倒れゆく幕府の犠牲になった真面目で誠実な独裁者

関連記事:桜田門外の変とは何?桜田門外の変を簡単に解説

 

【維新を阻止しようとした男たちの秘話】
ガンバレ徳川

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 平野国臣の名歌「わしは桜島より熱かばってん」の意味とは?
  2. 勝海舟は犬が苦手?犬のせいで命を失いそうになった勝海舟?
  3. 上野彦馬とはどんな人?偉人を撮り続けた写真家
  4. 【3000文字でわかる】!禁門の変(蛤御門の変)をすっきり解説
  5. 岡田以蔵(人斬り以蔵) 岡田以蔵とはどんな人?人斬り以蔵から刀まで分かりやすく解説
  6. 玉乗りをしている阿部正弘 阿部正弘とはどんな人?絶対倒れないヤジロベー政治家に迫る
  7. 大村益次郎 幕末 徴兵制度とはどんな制度?富国強兵を目指した徴兵制度導入の目的とは…
  8. チェストと叫ぶ西郷隆盛 西郷どんの師、赤山靱負(あかやまゆきえ)が切腹になるのは見せしめ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀
  2. チンギス・ハン
  3. 前方後円墳(古墳)
  4. 馬に乗って戦う若き織田信長
  5. 呂蒙のお見舞いにかけつける陸遜

おすすめ記事

  1. 周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけの男 周泰(しゅうたい)の全身の傷を解説する孫権
  2. 井伊直弼と いいなおとら との関係性と共通性を紹介
  3. 【陸抗vs羅憲】勝ったのは一体どっち!? 羅憲
  4. 高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!? 司馬懿と曹爽
  5. 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術 袁術と孫策
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース10記事【2/29〜3/6】

三國志雑学

  1. 曹茂
  2. 羊コ 羊祜 魏と晋
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 夷陵の戦いで負ける劉備
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. 関羽
  4. 徳川斉昭
  5. 曹仁と曹操
  6. 周倉
  7. 魯粛

おすすめ記事

織田信長 【センゴク】織田信長が上洛するための大義名分って何?尾張・美濃を攻略する織田家 近藤勇の墓は?新選組局長の最期の地をめぐる 海上での戦い 劉備と曹操 【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの? 袁紹と曹操 無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将 【ファン必見】2016年スーパーエリート袁術君の活躍まとめ26選 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【前半】 愛妻家の魏の将軍、郭淮 郭淮の行動が司馬懿政権を崩壊させたかも知れないってほんと!? 漢の時代の人が考えるあの世は、どんなイメージ?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP