よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu

西郷どん

井伊直弼の写真は存在するの?悪人顔はホント?

この記事の所要時間: 231



 

井伊直弼

 

井伊直弼(いい なおすけ)は彦根藩の藩政改革を行った事がきっかけで

吉田松陰(よしだ しょういん)から名君と言われる程、優秀な人物でした。

それほどまでに井伊直弼は優秀な人材だったわけですが、

桜田門外で水戸藩士の襲撃を受けて亡くなってしまいます。

 

そんな直弼ですが彼の写真は存在するのでしょうか。

また彼は安政の大獄(あんせいのたいごく)で多くの有能な人を政治の場から一掃した悪役として有名ですが、

本当に悪人顔だったのでしょうか。

今回は彼の素顔について迫ってみたいと思います。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:井伊直弼とはどんな人?倒れゆく幕府の犠牲になった真面目で誠実な独裁者

関連記事:井伊直弼と井伊直虎家督相続で苦労した二人の共通点

 

 

幕末最大のヒール井伊直弼に写真はあるの!?

 

井伊直弼は幕末悪役のとして有名です。どうして井伊直弼は悪役として有名なのか。

それは安政の大獄と呼ばれる大弾圧を行ったからです。

 

安政の大獄とは一体何なのでしょうか。

簡単に説明すると安政5年から始まった幕府の大老・井伊直弼が、

14第将軍の後継争いの問題を解決するために行った事件。

この事件は最終的に幕府反対派も巻き込まれ、

吉田松陰など幕府反対派が命を落とすことになった大弾圧事件です。

 

この事件の結果、井伊直弼は幕末の悪役として歴史に刻まれることになり、

井伊の赤鬼として恐れられることになります

奇しくも彦根藩の創始者・井伊直政(いい なおまさ)と同じ呼び名で恐れられることになるとは

井伊直弼も思っていなかったでしょう。

戦国武将

 

さてこの悪役・井伊直弼ですが写真は残っているのでしょうか。

残念ながら直弼の写真はありません。

しかし肖像画は残っています。

井伊直弼の肖像画を見る限り、結講悪そうな顔をしています。

 

 

悪人顔の井伊直弼の肖像画は誰が書いたの??

(画像:井伊直弼Wikipedia)

 

井伊直弼の写真は残っていませんが、肖像画が残っています。

井伊直弼の肖像画を拝見する限りかなり悪そうな顔をしていますが、

いったい誰がこの肖像画を書いたのでしょうか。

 

井伊直弼の肖像画を書いたのは井伊直弼の三男・井伊直安(いい なおやす)です

彼は日本画と洋画を学び、洋風画法を用いて井伊直弼の肖像画を書いています。

 

【維新を阻止しようとした男たちの秘話】
ガンバレ徳川

 

井伊直弼はイケメン!?子孫の顔で比較してみる

(画像:井伊直憲Wikipedia)

 

井伊直弼の写真は残っていませんが、彼の息子の写真は残っています。

井伊直弼の息子井伊直憲(いい なおのり)は明治維新後も生き残り、伯爵になっています。

 

井伊直憲は写真が残っており、目元がキリっとしています。

直憲はレンから見たらかなりイケメンで、優しそうで素朴な雰囲気を醸しだし、

ちょっと羨ましい印象を受けました。

 

井伊直憲のパパ・井伊直弼は彦根藩を改革した敏腕政治家であり、

幕府に反対する政治家や思想家たちを弾圧した恐ろしい人物ですが、

風貌は息子に似て素朴で優しい人物だったのかもしれません。

 

結論!!井伊直弼は悪人顔ではなく厳しい顔つきなだけだった

キレる井伊直弼

 

井伊直弼は元々は穏やかな顔つきだったのではないのでしょうか。

井伊直弼が彦根藩の幕政改革をしていた時は、

かなりの効果を上げて藩政を立て直すことに成功しています。

吉田松陰も井伊直弼の政治手腕を認めて名君と評価しています。

 

また彦根藩では領民が帰ってきた直弼を迎えていたそうです。

もし井伊直弼が悪人の顔だったら領民が彼を慕って、温かく迎えるとは思えません。

この逸話から考えるにレンは井伊直弼が幕政の舵取りをし始めてから段々と厳しい顔つきになり、

悪人顔になったと思うのは、彼を庇い過ぎでしょうか。

 

幕末ライター黒田レンの独り言

黒田レン

 

今回は井伊直弼の素顔についてご紹介しました。

井伊直弼は幕末の厳しい情勢の中で幕府の為に色々な決断を行わなければならず、

かなりのストレスを抱えていたと思われます。

そのため直弼の穏やかな顔つきがストレスのせいで厳しい顔つきになる程、

幕末の時代が大変だったと考えれば、井伊直弼の苦労を少しは慮る事が出来るのではないのでしょうか。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:井伊直弼の首はどうなった?消えてしまった首の不思議

関連記事:井伊直弼は井伊直虎の子孫なのか?大河をまたいで続く井伊家

 

【あなたの知らない新選組の姿がここにある!】
新選組

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 橋本左内の書籍にはどんなものがあるの?
  2. 島津斉彬はイギリスをどう思ってた?島津斉彬の功績に迫る!
  3. どうして武士は切腹するの?実は簡単に死ねない超痛い自殺の真実
  4. 近藤勇の首の行方は?新選組局長の最期の地をめぐる
  5. 橋本左内の子孫はバラエティ豊かだった!
  6. 高杉晋作エピソードは大傑作!ハリウッド映画レベル
  7. 高杉晋作の名言脳に刺さる言葉を紹介
  8. 幾島が大奥から日本の歴史を大変化させた!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 幻の必殺陣形・八卦の陣とは?三国志演義と諸葛亮孔明の八陣図
  2. 蔡琰(サイエン)とはどんな人?翻弄された運命をたどった詩人
  3. 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち
  4. 孫権が暴露!蜀は孔明の国だった
  5. 【シミルボン】拝啓 我が息子瞻へ・・諸葛亮息子への手紙
  6. 竜にも階級があった!?某国民的・神龍が登場する漫画は中国史に忠実だった!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥 江藤新平VS井上馨 汚職政治家と清廉な改革者の戦いの行方 董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず! 王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たした名官僚 本格三国志小説『三国夢幻演義 龍の少年 第3話』7/29(日)配信決定! 【これだけ読めば大体わかる】山崎賢人主演!キングダム実写化の内容を大胆予想! 【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる? 張羨(ちょうせん)とはどんな人?天下分け目の荊州合戦、劉表と争った南郡の支配者

おすすめ記事

  1. 【砕けた友情】刎頸の交わりで結ばれた二人の絆にヒビが・・・・
  2. 【孔門十哲】閔子騫(びんしけん)とはどんな人?いじめてくる継母も徳で感化させる
  3. 【新事実】漢の時代の市場はヤンキーの溜まり場だった!
  4. ゴールデンカムイネタバレ予想 125話『実りの季節』
  5. 怪談話のルーツは中国にあり!オカルト集、捜神記とは?
  6. 「自治三訣」って一体どんな言葉?東京都知事の所信表明に出てきた言葉を分かりやすく!
  7. 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?
  8. 【8月の見どころ】8/27公開予定:本当は嫌なヤツだったかも知れない五丈原の費禕に迫る

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP