キングダム
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

西郷どん

近藤勇の首の行方は?新選組局長の最期の地をめぐる

近藤勇 新選組

 



 

 

2004年に大河ドラマ『新選組!』が放送されました。

2004年の大河ドラマは主人公の近藤勇(こんどう いさみ)が処刑されるところで終わりました。

 

近藤勇は板橋で処刑され、首は京都の三条河原に晒されましたが、その後行方不明になりました。

胴体については東京都内の墓地にあると言われています。

 

『近藤勇の墓は?新選組局長の最期の地をめぐる』では、

会津の墓や東京都内の墓について取り上げていますが、この記事では会津説を中心に取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:新選組は誤解だらけ!本当はこんな組織だ!

関連記事:関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇

 

 

近藤勇とは

 

『近藤勇の墓は?新選組局長の最期の地をめぐる』で取り上げたように、

近藤勇は1834年に現在の東京都調布市に生まれました。

 

百姓の宮川家の3男として生まれ、勝五郎(かつごろう)と名乗っていました。

その後、近藤家の養子となり、近藤勇と名乗りました。

 

近藤は14代将軍徳川家茂(とくがわ いえもち)を警護する浪士組を募集していることを知ります。

浪士組は新選組の前身となり、会津藩松平容保(まつだいら かたもり)のもとで、

京都の討幕派の動きを取り締まる役割を果たします。

新選組は長州藩が集まっていた池田屋を急襲したことで有名になりました。

この事件は池田屋事件と呼ばれています

 

 

近藤勇の最期

近藤勇

 

大政奉還後、近藤勇が率いる新選組は旧幕府軍側について戦います。

近藤勇は鳥羽伏見の戦いの前年、

新選組を離脱した隊士で結成した御陵衛士(ごりょうえじ)の残党によって右肩を撃たれ、負傷しました。

鳥羽伏見の戦いに参加できず、榎本武揚(えのもと たけあき)とともに

富士山丸に乗って大坂を脱出して江戸に向かいました。

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末はじめての幕末

 

首塚の場所

 

近藤勇は甲州勝沼の戦いで敗戦後、捕らえられ処刑されました。

近藤は板橋で処刑され、京都の三条河原で首が晒されましたが、その後行方不明になっていました。

近藤勇の首塚として知られている場所は愛知県にあります。

その場所は愛知県の法蔵寺です。

近藤の首が三条河原に晒されていたのをみかねた人がこっそりと持ち去り、

埋葬されたと言われています。

 

当初、無縁仏を装っていましたが、

戦前に寺の調査で近藤の遺品や土方歳三の台座などが出てきたので埋葬されたと言われています。

ただし、法蔵寺に近藤の首が埋まっているかどうかははっきりしないため、

今後の調査に注目する必要があります。

 

首の行方

 

首塚の場所で愛知県の法蔵寺に埋葬されたことを取り上げましたが、

他にも首が埋葬されたと伝えられている箇所があります。

近藤勇の首は三条河原に晒されて、その後行方不明になりました。

首を持ち去ったのは新選組の隊士・斎藤一(さいとう はじめ)と言われています

 

斎藤一は会津藩主だった松平容保のもとへ首を届けたと伝えられています。

会津には天寧寺があり、近藤勇の墓があります。

『近藤勇の墓は?新選組局長の最期の地をめぐる』では、

会津と近藤勇との接点について天寧寺を取り上げました。

 

天寧寺は1422年に会津の大名蘆名盛信(あしな もりのぶ)によって建立されましたが、

のちに伊達氏の侵攻によりわずかに残りました。

その裏手に、近藤勇の墓があります。

 

土方歳三(ひじかた としぞう)が近藤の遺髪などを持って来て、仮埋葬したという記録が残っています。

会津藩の藩主は松平容保で、

新選組は会津藩のもとで働いていたので接点があることから有力であると考えられます

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は近藤勇の首の行方について取り上げました。

近藤の胴体については東京都北区滝野川にある寿徳寺と三鷹市にある龍源寺に埋葬されました

胴体については行方がはっきりしていますが、首については不明な部分が残されています。

 

三河国(現在の愛知県)の法蔵寺については台座などが出てきたので有力であると言われていますが、

首が発見されていないため確定には至っていません。

誰が近藤の首を法蔵寺に持ち込んだのか、現時点で分かっていません。

 

会津の天寧寺については土方歳三が仮埋葬したという記録が残っているだけで、

首があるかどうかについては分かっていません。

今後の調査に注目したいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:井伊直弼の家系図は豪華絢爛!

関連記事:吉田松陰の「草莽崛起論」とはどんなもの?分かりやすく解説

 

【攘夷魂!テロに走ったサムライ達】
俺達尊攘派

 

(

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 徳川慶喜(幕末) 徳川慶喜とおばあちゃんの原宿「巣鴨」の意外な関係
  2. 口うるさい徳川斉昭 藤田東湖が「せごどん」を生み出した?水戸学のカリスマの生涯
  3. 天皇とは何?そもそも何で偉いの?
  4. 西郷従道 幕末 台湾出兵とは?明治政府最初の海外出兵を分かりやすく解説
  5. 島津斉彬の人柄とは?誰もが納得する名君の心構え
  6. 坂本龍馬の臨終(暗殺) 有馬新七の壮絶な最期についてもっと知ろう!
  7. 高杉晋作 高杉晋作と銀魂の高杉晋助の共通点は?
  8. 篤姫 篤姫の髪型について徹底紹介!少女期から晩年まで

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  2. 夏侯惇
  3. 荀彧
  4. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  5. 虎士(黒豹)
  6. 大山巌

おすすめ記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十三話「城主はつらいよ」の見どころ紹介 おんな城主 直虎
  2. 呉と倭は外交交渉をしていたの?日本を目指した衛温と諸葛直
  3. 大久保利通の名言・格言の意味、座右の銘を紹介 大久保利通 幕末
  4. 楽進はチビだけどスゴイヤツ背が低いのは不利じゃない! 楽進
  5. 【濡須口の戦い功労者列伝】濡須塢を築き二度も曹操軍を撃退、呂蒙 呂蒙
  6. 周倉の武力はいかほどのものだったのか?魏・呉・蜀の大物を掻き回した能力に迫る 周倉とホウ徳

三國志雑学

  1. 呂布 ナイスシュート
  2. 甄氏(しんし)
  3. 仲の悪い魏延と楊儀
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  2. 曹植
  3. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏
  4. 馬超の兜にフォーカス
  5. 周瑜に憧れる袁術
  6. キングダム 3巻

おすすめ記事

山内容堂の死因は「やけ酒?」ストレスを抱えることになった理由とは? 劉備と曹操 絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグにした何晏 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【4/10〜4/16】 孔明の遺言を聞きに成都から五丈原まで走った李福 走れ、李福!五丈原への神速メッセンジャー 陶謙と劉備 遺言「君が国を取れ」は常套句だった!? 「宋」の国旗をバックとした兵士 澶淵の盟の背景は?燕雲十六州を巡る争いの歴史について解説 韓信 【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【前半】 西郷どんが奄美大島に行った理由は?西郷隆盛の妻・愛加那との出会い

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP