朝まで三国志軍師
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

はじめての変

関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇

この記事の所要時間: 145




日本 三国志

 

三国志に憧れや、カッコ良さを求めている日本人は何も現代人だけに限ったことではないんです。
日本史で人気枠と言えば女子の格好の人気を誇る幕末期の新選組局長、近藤勇も三国志を好んで読んでいたと良い伝えられています。




幕末の志士も三国志に憧れていた

三国志 ヒカリ
中でも関羽が好きで、幼少期には関羽が今でも生きていると思って育ったとか…。

日本の天下分け目の戦とも言える戊辰戦争を動かしてきた幕末の志士も、三国志に憧れ、学び、自らの戦に取り入れようとしていたのです。

そう考えると、三国志がいかに昔の世から人々に好まれ読まれてきたかがわかりますよね。
近藤勇氏のご子孫は今でも新選組の話、近藤勇の武勲を語り継ぐべく、イベントなどに参加されています。
同じく副長の土方歳三氏のご子孫もよくバラエティテレビでお見かけしますね。

 

脈々と語り継がれる日本史の中にも三国志はある、というのは驚きでもあり、当然かと思う部分もあります。




近藤勇が三国志を熟読していた理由

三国正史 劉禅

 

武将であれば軍書を読み、勉強したがる傾向にありますから近藤勇も幼い頃農家から武家に養子にはいった時点で

「武」というものを意識し、三国志に憧れ熟読していたのでしょう。

 

近藤勇が関羽好きというのは結構有名な話です。

 

 

近藤勇と関羽の共通点

近藤勇と関羽

 

そして、近藤勇と関羽に共通しているのが壊れることのない忠義心です。
関羽は劉備に使えていますが、劉備の代わりに捕虜になったり、

曹操にそのまま使えることもできたにも関わらず劉備の元へ戻るなどその忠義心には涙なしには読めない感動の場面が散りばめられています。
近藤勇も会津公お預かりの新選組の局長となってからは

会津に、幕府に、忠義を尽くし負けるとわかっていたであろう戦に挑み最期には打ち首にあってしまいます。

 

関羽も同じく、孫権の追撃に合い、捕虜となって打ち首となっています。
死に際も似ているこの時代も国も違うふたりの武将。

 

関羽は勿論近藤勇を知らないわけですが、近藤勇の心の中では関羽は師にも近い存在だったのかも知れません。

 

武士が三国志を愛している理由

三国志 裏事情 闇
忠義を尽くしてこそ武士、という考えは関羽にも通ずるものがあり、近藤勇はその心意気に憧れ、実現したのでしょう。

そして、歴史は繰り返されるということを私達に教えてくれたのだとわたしは思います。

日本人の心を捉えて離さない三国志。
そこには日本人の心意気に通ずるものがあるからこそ何百年と愛され読まれる書物になったのだとわたしは考察します。

 

関連記事:なぜ関羽は神様になったのか?……忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝

関連記事:劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ

関連記事:関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?




よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:細田雪華

細田雪華 三国志

HN:

細田雪華

自己紹介:

ライターを初めて2年程経ちます。
春原沙菜というライター名で活動しておりましたが、こちらのサイトでは
個人的に尊敬する人物の名前から引用した細田雪華と名乗らせていただきたいと思います。
主に歴史ファンサイトでの執筆や、各種商品紹介などのライティング、POP作成や
イラストの方もかじっています。

好きな歴史人物:

土方歳三

関連記事

  1. 三国志演義と正史・汴水の戦いを比較
  2. 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる
  3. 曹操に意見を申す!魏の法律の欠点を指摘して新しい運用をアドバイス…
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【1/16〜1/2…
  5. 絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグ…
  6. 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画
  7. 三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」
  8. 孔明の北伐の目標はどこだったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 始皇帝・政が甘々な性格であった事が原因で秦が滅びた?
  2. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第12部
  3. 【水滸伝】可哀想すぎる強引な梁山泊のスカウトが悲劇を産む
  4. 三国志の英雄も楽しんだ?日本とは少し違う三国志時代の蝉取り
  5. 試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害
  6. 【意外な事実】天才将軍・韓信は数学にも強かった事が判明!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国時代にも「ザ・たっち」は存在した?後漢時代に存在した双子についての記録が凄い! 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去 【桓騎 vs 慶舎】黒羊の戦いは史実にあるの?本当にあった戦いなの? 人材を使いこなす事で天下を取った劉邦 そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ! 甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師) キングダム ネタバレ予想534話 日没まで

おすすめ記事

  1. 44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介
  2. なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活
  3. 夏候惇と言えば独眼竜?
  4. 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?
  5. 【第四回 放置少女】伏龍参戦の新イベントと公孫瓚に挑んでくるぜ!!
  6. 【映画・関ヶ原を100倍楽しめる】司馬遼太郎の歴史小説「関ヶ原」の魅力をたっぷりご紹介
  7. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十二話「おんな城主直虎」の見どころ紹介
  8. 蜀漢(季漢)後期の歴史をザックリと解説!蜀漢を支えた蒋琬、費禕、姜維が活躍した時代

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP