魏延
馬超




はじめての三国志

menu

はじめての変

関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇

近藤勇と関羽




日本 三国志

 

三国志に憧れや、カッコ良さを求めている日本人は何も現代人だけに限ったことではないんです。
日本史で人気枠と言えば女子の格好の人気を誇る幕末期の新選組局長、近藤勇も三国志を好んで読んでいたと良い伝えられています。




幕末の志士も三国志に憧れていた

三国志 ヒカリ
中でも関羽が好きで、幼少期には関羽が今でも生きていると思って育ったとか…。

日本の天下分け目の戦とも言える戊辰戦争を動かしてきた幕末の志士も、三国志に憧れ、学び、自らの戦に取り入れようとしていたのです。

そう考えると、三国志がいかに昔の世から人々に好まれ読まれてきたかがわかりますよね。
近藤勇氏のご子孫は今でも新選組の話、近藤勇の武勲を語り継ぐべく、イベントなどに参加されています。
同じく副長の土方歳三氏のご子孫もよくバラエティテレビでお見かけしますね。

 

脈々と語り継がれる日本史の中にも三国志はある、というのは驚きでもあり、当然かと思う部分もあります。




近藤勇が三国志を熟読していた理由

三国正史 劉禅

 

武将であれば軍書を読み、勉強したがる傾向にありますから近藤勇も幼い頃農家から武家に養子にはいった時点で

「武」というものを意識し、三国志に憧れ熟読していたのでしょう。

 

近藤勇が関羽好きというのは結構有名な話です。

 

 

近藤勇と関羽の共通点

近藤勇と関羽

 

そして、近藤勇と関羽に共通しているのが壊れることのない忠義心です。
関羽は劉備に使えていますが、劉備の代わりに捕虜になったり、

曹操にそのまま使えることもできたにも関わらず劉備の元へ戻るなどその忠義心には涙なしには読めない感動の場面が散りばめられています。
近藤勇も会津公お預かりの新選組の局長となってからは

会津に、幕府に、忠義を尽くし負けるとわかっていたであろう戦に挑み最期には打ち首にあってしまいます。

 

関羽も同じく、孫権の追撃に合い、捕虜となって打ち首となっています。
死に際も似ているこの時代も国も違うふたりの武将。

 

関羽は勿論近藤勇を知らないわけですが、近藤勇の心の中では関羽は師にも近い存在だったのかも知れません。

 

武士が三国志を愛している理由

三国志 裏事情 闇
忠義を尽くしてこそ武士、という考えは関羽にも通ずるものがあり、近藤勇はその心意気に憧れ、実現したのでしょう。

そして、歴史は繰り返されるということを私達に教えてくれたのだとわたしは思います。

日本人の心を捉えて離さない三国志。
そこには日本人の心意気に通ずるものがあるからこそ何百年と愛され読まれる書物になったのだとわたしは考察します。

 

関連記事:なぜ関羽は神様になったのか?……忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝

関連記事:劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ

関連記事:関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?




よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:細田雪華

細田雪華 三国志

HN:

細田雪華

自己紹介:

ライターを初めて2年程経ちます。
春原沙菜というライター名で活動しておりましたが、こちらのサイトでは
個人的に尊敬する人物の名前から引用した細田雪華と名乗らせていただきたいと思います。
主に歴史ファンサイトでの執筆や、各種商品紹介などのライティング、POP作成や
イラストの方もかじっています。

好きな歴史人物:

土方歳三

関連記事

  1. 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち…
  2. 韓信vs孔明 孔明の北伐が成功したら三国志どうなったの?
  3. 皇帝には、二つの名前があった!?諡号(しごう)とは何?
  4. え?まるでバカ殿?三国志時代の愛されメイクを紹介。どんな風にお化…
  5. 曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン
  6. 山頂に陣を敷いた馬謖 馬謖が山上に布陣しなければ第一次北伐は成功したの?
  7. 袁燿(袁耀)えんよう 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1
  8. 苦肉の策(笑) 三国志の故事成語『苦肉の策』(くにくのさく)って何?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム 戦国七雄地図
  2. ダムが完成した蜀
  3. 黄月英
  4. おんな城主 直虎
  5. 袁術を励ます魯粛
  6. 夷陵の戦いで負ける劉備

おすすめ記事

  1. 【日中変人学者対決】孔融VS藤原頼長 孔融と禰衡
  2. 【キングダム550話】「期限の知らせ」ネタバレ&レビュー
  3. 関羽の逸話は民間伝承の影響でキャラがブレた?死後の怨念がド迫力すぎる件 関羽の呪いで殺される呂蒙
  4. 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家 呂不韋
  5. 勇気ある武将・徐盛!そのイケメンぶりを徹底解説 徐盛(じょせい)呉の将軍
  6. 秦の昭襄王(しょうじょうおう)って戦神と言われるほど本当に強かったの? 昭襄王

三國志雑学

  1. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  2. 孔明君のジャングル探検
  3. 降伏する劉禅
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 朝まで三国志 公孫瓚
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. 陸遜
  4. 諸葛瑾
  5. 諦める公孫サン(公孫瓚)

おすすめ記事

対立する西郷隆盛と大久保利通 大久保の死は自業自得だった!政治を私物化した男の最期 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【10/2〜10/8】 韓信 三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだった kawauso編集長のぼやきVol.18「はじ三が有料記事出すってよ!」 西郷従道 幕末 西郷慎吾(従道)はどんな人?大器だが能天気な西郷どんの弟 黄巾賊 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】 宦官 後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰? はじめての三国志 画像準備中 楽毅の猛攻に神対応!籠城の天才、斉の田単(でんたん)

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP