ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

西郷どん

井伊直弼最後の言葉に震える死を覚悟した孤独な独裁者


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

井伊直弼

 

戦国時代から幕末(ばくまつ)まで多くの武士や知識人達が出現します。

彼らは死の間際に自分の人生の思い等を込めた辞世の句を残します。

だけど井伊直弼(いいなおすけ)には辞世の句が残っていません。

しかし直弼は自らの気持ちを歌った句を亡くなる前日に残しており、

この句が結果的に辞世の句となってしまいます。

 

井伊直弼はどのような辞世の句を詠んだのか。

そして彼の辞世の句には一体どのような思いが込められていたのか。

今回は幕末の悪役としてのイメージが強い

井伊直弼の辞世の句に込められた想いを探ってみたいと思います。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:井伊直弼の墓がある豪徳寺は猫萌えのお寺だった?

関連記事:井伊直弼が暗殺されたのは何故?暗殺へのステップを解説


藩主など思いもよらない惨めな部屋住み時代

 

井伊直弼は彦根藩(ひこね)の藩主となった後、幕府の政治を司る大老(たいろう)になります。

しかし井伊直弼は彦根藩藩主の14男で、藩主になんか奇跡が起きないとなれませんでした。

もし直弼が藩主となるならば長男から13男まで全てが亡くなるか、

長男が亡くなり、次男以下が全て養子となって他家の家督(かとく)を継いでいるような状況などに

なっていないと直弼に藩主の地位など回ってこないからです。

 

彦根藩主14男・井伊直弼は30歳を過ぎるまで小さな屋敷に住み、結婚もできませんでした。

このように井伊直弼はかなり惨めな時代を過ごしていたのです。

 

そんな彼にも趣味がありました。

それは茶道、居合、禅、能、歌道です。

井伊直弼はいつも部屋で上記の趣味をしながら過ごしていました。

そのため井伊直弼は周りから「ちゃかぽん」とあだ名をつけられていました。

 

このちゃかぽんのあだ名の由来ですが、

ちゃ=茶道・か=歌道・ぽん=能の鼓を打つ時のポンっていう音。

これらをつなぎ合わせてちゃかぽんとあだ名を付けられてしまいます。

周りからちゃかぽんとあだ名を呼ばれ、藩主である兄との行列に行き合えば

家に入って行列を避けるような暮らしをしていたそうです。

このように惨めな生活を強いられていた井伊直弼に人生の転機が訪れます。


藩主だった兄の死により思いがけず30過ぎで彦根藩を相続

 

井伊直弼は31歳を迎えた年、彦根藩にとんでもない事がおきます。

それは直弼の兄で彦根藩主が突然亡くなってしまったことです。

更に直弼の他の兄弟は全て他の大名家に養子に出ていました。

そして新しい彦根藩主に兄の家へ養子に入ることを条件として、

井伊直弼が新藩主として君臨する奇跡が起きるのでした。

 

直弼はどのような心情で兄の家に養子に入ったのか分かりませんが、

直弼が彦根藩の藩主として歴史に登場することになります。

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末はじめての幕末

 

桜田門外の変の前日に井伊直弼が残した最後の言葉

井伊直弼

 

井伊直弼は彦根藩主となった後、幕府の役職の一つ大老に就任。

井伊直弼は幕府の政治や外国との条約締結など多くの問題を持ち前の決断力で解決していきます。

しかし直弼の周りには彼を快く思っていない人が多く、ほとんど敵に囲まれているような状態でした。

そして井伊直弼は桜田門外で水戸(みと)藩士達に襲撃されて亡くなってしまいます。

 

そんな彼は桜田門外で襲撃を受ける前日に自らの心情を乗せた句を書き記しています。

彼が残した句は「咲きかけし (たけ)き心の 一房は 散りての後ぞ 世に匂いける」です。

この句の現代風に直してみると

「世の中のためを思った熱い思いは、自分が死んだあとにみんなが知る事になるだろう」

みたいな感じです。

 

でもどうして直弼は襲撃される一日前に

このような辞世の句みたいな物を書いたのでしょうか。

井伊直弼は水戸藩のお偉方から

「あなたは敵が多いから、身の回りの警護を増やしたほうがいい。」と

アドバイスを受けいていたそうです。

 

井伊直弼はこのアドバイスを聞いても気にするような素振りをせずに、

いつも通りの警護の人数を率いて江戸城へ出仕していたそうです。

井伊直弼にはこのようなアドバイスを受ける程、敵が多く

自分がいつ襲撃されてもおかしくない状態に居ることは知っていたと思います。

そのため井伊直弼は自分がいつ襲われて死んでもいいように

上記の句を残していたと考えるのが妥当だと思います。

 

図らずも井伊直弼は自分の心情を乗せた句を書いた翌日に

襲撃されて亡くなった為、辞世の句になってしまうのでした。


今も使われる一期一会は井伊直弼が言い出した茶会の言葉?

 

皆さんは「一期一会(いちごいちえ)」という言葉を知っていますか。

この言葉の意味は

「あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。

だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしよう」という意味で

現在でも使われる言葉だと思います。

 

しかしこの言葉本来は茶会の心構えの言葉だって知っていましたか。

「一期一会」は茶会に臨む際には、その機会は二度と繰り返されることのない、

一生に一度の出会いであるということを心得て、

亭主・客ともに互いに誠意を尽くす心構えと言う意味だそうです。

 

でもこの「一期一会」と井伊直弼って関係なくないと思う方が多いと思いますが、

そんなことありません。

井伊直弼と一期一会には深い関係があるのです。

 

一期一会は井伊直弼が書いた本の冒頭部分に書かれている言葉なんです。

そして「一期一会」と「独坐観念(どくざかんねん)」の二つが広まった事がきっかけで、

一期一会が広まったとされています。

「一期一会」の言葉は井伊直弼の本のおかげですが、彼が言い出した言葉ではありません。

 

では誰が一番最初にこの言葉を言い始めたのか。

それは千利休(せんのりきゅう)です。

彼が一番最初に使った言葉を井伊直弼が再び使ったことで、

現代にこの言葉残る事になったのです。


  

 

幕末ライター黒田レンの独り言

黒田レン

 

井伊直弼の辞世の句は名言として知られますが、彼の名言はほかにもあります。

例えば「重罪は甘んじて我等一人に受候決意」です。

井伊直弼は日米修好通商条約(にちべいしゅうこうつうしょうじょうやく)を結ぶ決意をした際、

家臣から「この条約はもう少し考え直したほうがいいんじゃないですか」と問われたそうです。

 

すると直弼はこの問に対して

「俺が全てのバツを受ける決意だ。だから今後反対意見を言わないでくれ」と促したそうです。

この意見は井伊直弼の日記に書いてあり、直弼の非情の覚悟が見て取れるのではないのでしょうか。

まだまだいっぱいあるので興味がある方は井伊直弼の名言を調べて見ると

より彼の心情を伺うことが出来るのではないのでしょうか。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:井伊直弼とはどんな人?井伊の赤鬼は泣いた赤鬼だった

関連記事:井伊直弼の子孫は幕末をどう生き延びたのか?

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
袁術祭り

 


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 松平定敬とはどんな人?戊辰戦争から大河ドラマの演者まで紹介
  2. 一条美賀子 一条美賀子とはどんな人?徳川慶喜の正室だった病弱な美女を解説
  3. 近藤勇の墓は?新選組局長の最期の地をめぐる
  4. 岩倉具視 岩倉具視の性格や出身は?ヤモリと呼ばれた男の生涯
  5. 大村益次郎 幕末 徴兵制度とはどんな制度?富国強兵を目指した徴兵制度導入の目的とは…
  6. 新選組の土方歳三 土方歳三、新選組副長の刀はどんなモノ?
  7. 高杉晋作エピソードは大傑作!ハリウッド映画レベル
  8. 近藤勇の好物「たまごふわふわ」とは? 新選組局長も食べた卵料理レ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 王賁
  2. 魏延と孔明
  3. 袁紹にお茶を渡す顔良
  4. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  5. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  6. 犬猫に襲われる孔明

おすすめ記事

  1. 本多忠勝はどんな最期を迎えるの?関ヶ原から最期まで分かりやすく解説 本多忠勝
  2. 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介
  3. 任峻(じんしゅん)とはどんな人?屯田制を実行し魏軍の食料庫をパンパンにした男
  4. 全員主役級!三国志を日本で映画化するならキャスティングはこれだ!
  5. 54話:劉備、再び曹操に敗れる 劉備軍 曹操軍
  6. 孔融(こうゆう)とはどんな人?孔子の子孫だが、曹操を批判して身を亡ぼした学者 腐れ儒者気質な孔融

三國志雑学

  1. 羅貫中と関羽
  2. 張飛と劉備
  3. 徐晃と夏侯淵
  4. 陳宮
  5. 曹操


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 諸葛誕
  2. 西園寺公望
  3. 赤壁の戦いで敗北する曹操
  4. 袁術
  5. 卑弥呼
  6. 馬騰
  7. 悩む司馬炎
  8. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 

おすすめ記事

李典 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介 【新企画】「袁術の成長」を通じて貴方も前向きな思考を身につけよう 袁術 第2話:袁術くん、将来に希望を持つために「自己肯定感」を高める 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【PR】三国志の世界を冒険しよう 【キングダム550話】「期限の知らせ」ネタバレ&レビュー 木戸孝允 桂小五郎と幾松幕末を彩る世紀の恋の真実 孟達に猛烈なラブコールを送る曹丕 曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ! 小栗忠順は天才だった?天才であったがゆえに招いた悲劇?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP