呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

西郷どん

高杉晋作の奇兵隊はどんな組織だった?

高杉晋作



高杉晋作

 

高杉晋作(たかすぎしんさく)が組織した軍組織・奇兵隊(きへいたい)の名前は有名です。

身分の隔てなく武士だけではなく、農民や被差別民も兵に加えました。

 

奇兵隊は決して身分差の無い平等な組織ではありませんでした。

しかし、今まで軍事を担っていた武士の特権を崩していったという側面があるのは事実でしょう。

今回は、長州藩の鬼才・高杉晋作が組織した奇兵隊について歴史的な意義を含め考察していきます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:桂小五郎と高杉晋作最強コンビの本当の関係は??

関連記事:井伊直弼の画像、死の前に描かせた肖像画に込められた志とは?

 

 

吉田松陰の草莽崛起論から誕生した奇兵隊

吉田松陰

 

奇兵隊は長州藩の藩士・高杉晋作が提案し、1863年6月にできました。

長州藩は下関戦争で、イギリス・フランス・オランダ・アメリカの列強四国にぼろ負けします。

長州藩は強烈な攘夷思想を持っている藩でしたが、

武力による攘夷を実施しようにも彼我の戦力差、兵器の性能の格差などを思い知ります。

 

そもそも、奇兵隊の根本的な発想は

高杉晋作の師にあたる吉田松陰(よしだしょういん)の「草莽崛起(そうもうくっき)論」という考え方に基づくものです

「草莽」とは古代中国の哲人「孟子(もうし)」の言葉で「国民」を指します。民草みたいな意味でしょう。

「崛起」は字面から想像はつくかもしれませんが「蜂起」という意味です。

国民が蜂起する。国民皆兵、身分に関係なく兵となり戦うという考え方です。

 

この考えを高杉晋作は実行します。

武士だけではなくあらゆる階級、身分から兵を募り組織します。

被差別民すら奇兵隊に加えました。

 

その割合は武士が50%、農民が40%、残りがその他の階級の者となります。

志願制であると伝わっていますが、半ば強制的に奇兵隊に「徴兵」された者もおり、

完全に志願制ではないというのが、最近ではわかってきています。

 

この点、傭兵から常備軍ができていったヨーロッパにおいても、

騙して兵隊にするということは行われていました。

志願だけでは中々兵隊が集まらないのは洋の東西変わらぬ現実なのでしょう。

 

 

実は3か月しか総督の地位になかった高杉晋作

 

高杉晋作は奇兵隊の創設者として歴史に名を残しましたが、

実は奇兵隊の総督の地位には3ヶ月しか就いていませんでした。

高杉晋作は教法寺事件の発生によりその責任をとらされ、奇兵隊総督の地位を罷免されてしまうのです。

 

教法寺事件とは、奇兵隊と長州藩の正規軍であり、

藩士で組織された軍である 撰鋒隊(先鋒隊)が衝突した事件です。

いわゆる長州藩内のふたつの軍隊が争ってしまったのです。

 

撰鋒隊(先鋒隊)は正式な武士の軍です。撰鋒隊(先鋒隊)は

あらゆる階層からより集められた奇兵隊を馬鹿にし、

奇兵隊は、下関戦争で負けてしまった撰鋒隊(先鋒隊)を馬鹿にします。

 

お互いが罵りあい、いがみ合い、

とうとう奇兵隊により撰鋒隊士が切り殺されるという事件が起きてしまいます。

これが教法寺事件です。

 

この結果、高杉晋作は責任を追及されます。切腹寸前とまではいきませんでしたが、

奇兵隊総督を罷免されてします。

高杉晋作が奇兵隊総督という奇兵隊を率いる地位にいたのはたった3ヶ月しかありませんでした。

 

【あなたの知らない新選組の姿がここにある!】
新選組

 

本当は階級差があった奇兵隊

 

高杉晋作の創設した奇兵隊はあらゆる階層から兵を募ったため、

平等な軍隊であるというイメージが今もあるでしょう。

しかし、実際は奇兵隊内では厳然と身分差、階級差が維持されていました

 

そもそも、尊皇攘夷思想に燃える志願してきた人材だけを集めたわけではなく、

かなり強制的に兵を集めていることも分かっています。

 

階級差、身分差が分かるように隊服が異なっていましたし、

隊の規則にもきちんと身分の区別をすると記されています。

奇兵隊が平等な軍隊という話は俗説であることが分かっています。

 

被差別民を屠勇隊として奇兵隊に編入「四民平等」の先駆になる

 

確かに奇兵隊の中には身分差があったのですが、

そもそも「戦う」ということは武士の専売特許であり、特権でもあったわけです。

 

それを他の階級にも行わせることは、それだけで、身分制度を揺るがす考え方でした。

それゆえに、藩の正規軍である撰鋒隊(先鋒隊)との争いも起きました。

武士だけの軍からみれば、奇兵隊は自分たちの既得権益を侵す存在なわけです。

 

奇兵隊は被差別民を屠勇隊(とゆうたい)として編入し、広い階層の組織を作り上げました。

確かに隊内に身分差を規定する規則はありましたが、

軍が民衆によって組織されるということが、

後の四民平等の考えのさきがけとなった側面はあるでしょう。

 

明治に入り、徴兵制が実施されます。

兵役の義務を負う国民は天皇の前では等しく平等な国軍となります。

 

士族が自然に士官になるというわけでもなく、日本の軍は「兵舎の平等」が徹底されたものとなります。

軍隊内の平等は、四民平等によって実現したものですので、

ある意味、奇兵隊はその考えの先駆たる存在であったのかもしれません。

 

奇兵隊が強い理由は散兵戦術とライフル銃を逸早く取り入れたから

 

奇兵隊が強かった理由は、西洋の最先端戦術であった散兵戦術と、

ミニエー銃というライフリングが切ってある小銃を装備した点にあります。

 

まず、散兵戦術ですが、ヨーロッパでは銃撃、砲撃が進歩し、

戦場において密集隊形をとることは非常に被害を大きくすることが分かっていました。

兵は小部隊で分散し、集中攻撃による被害を受けないようにするのが、

19世紀の戦争の最先端の戦術のあり方だったのです。

 

高杉晋作の生み出した奇兵隊はこの最新式の戦術を採用しました

そして、装備した小銃が、優れていたということも上げられます。

小銃のことをライフルといいますが、ライフルとは銃口内にらせん状に切られた溝のことを指します

これにより、どんぐりのような形をした弾丸に回転を与え、弾道を安定させ、命中率を上げるのです。

 

その威力は従来のライフリングされていない銃の数倍の射程と命中率をもっていました。

このような、西洋の最新戦術と火力の優位が奇兵隊の強さを実現させていました。

 

脱退騒動と奇兵隊の滅亡

 

明治に入り、長州藩も版籍奉還により、石見国浜田と豊前国小倉の返却が実施されます。

そのため、長州藩は財政難となり、奇兵隊を含む長州軍の規模縮小を実施するのです。

奇兵隊を含み5000人を抱えていた長州軍は、財政削減のための軍縮により3000人が解雇されます。

解雇された兵たちは何の保証も無く放り出されました。解雇された兵のほとんどが平民兵です。

木戸孝允

 

そして、残った兵も1200人が脱退騒動を起こします。

その後、奇兵隊の残党を中心に、自分たちの扱いに対する反発が生まれてきます。

元奇兵隊の兵士が反乱を起こします。それを鎮圧したのが、木戸孝允(きどたかよし)桂小五郎(かつらこごろう))です。

反乱を起こした、兵に対しては徹底した処罰が行われ133人が処刑されます。

 

その後、奇兵隊は完全に軍としての意味を失い、

脱退したもと兵士は各地で反明治政府の反乱に加わるようになっていきます。

国軍が組織される中、いずれ消えていく運命であったであろう奇兵隊ですが、

長州藩内部の問題で、明治に入り早々に自壊するかのように滅亡していったのです。

 

幕末ライター夜食の独り言

 

奇兵隊は高杉晋作の手を離れると、

師の吉田松陰に「棒切れ」(使いようによっては使える)と

評された山県有朋(やまがたありとも)によって育てられます。

 

この山県有朋は、やがて帝国陸軍の育ての親となり、帝国陸軍の基礎を作り上げていきます。

陸軍は徴兵制をベースとした国民皆兵の軍隊です。

この点で海軍が志願制を中心としているのと異なっています。

 

奇兵隊が実は、志願制だけではなく、強制的な徴兵のようなものを行っていたことは、

後の徴兵制、国民皆兵の考えを先取りしたものといえるでしょう。

 

また、あらゆる階層が集まるというとこまでしかいけなかった奇兵隊から、

帝国陸軍は一歩進み、異常なまでに「兵舎内の平等」を強調するようになります。

 

実態は中々そうはいかなかったのですが、

帝国陸軍の方針として目指していたことは事実であり、ある部分では実行されていました。

結果、地方(軍隊から見た民間)の立場や身分など軍隊に入れば関係ないという文化が生まれます

この根っこの部分では、奇兵隊を育て、

帝国陸軍の父と呼ばれるようになる山県有朋の影響はあったのかもしれません。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:【ざっくり解説】開国と攘夷って一体どういう思想なの?

関連記事:江戸城オフィスを大公開!大名の争いは部屋取りゲーム?

 

【西洋文明に遭遇した日本の開国秘話に迫る!】
こんにちは西洋

 

夜食

夜食

投稿者の記事一覧

歴史大好き。特に江戸時代から幕末、太平洋戦争にかけては好きすぎるくらいです。戦史が好きですので、時代を超えて「戦いの歴史」が好きという者です。よろしくお願いします!!

好きな歴史人物:田沼意次

何か一言:歴史小説もWEBで公開しています。

関連記事

  1. 橋本左内の墓は二か所ある!?西郷隆盛も認めた幕末の名士をしのぶ
  2. 山岡鉄舟、勝海舟の影に隠れた江戸無血開城功労者の凄い人生
  3. 大奥には入れ替えがあった?意外に知らない大奥
  4. 江藤新平の功績を知ろう「この国のかたち」
  5. 西郷どんが坂本龍馬を殺したって本当?
  6. 佐久間象山は天才?実際の所を検証
  7. 前原一誠 前原一誠が越後で行ったびっくりの善政とは?
  8. 島津斉彬の遺言に学ぶ相続トラブルを回避する方法

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明と司馬懿
  2. キングダム26巻
  3. 董卓を倒す呂布
  4. 関銀屏
  5. 三国夢幻演義バナー 龍の少年

おすすめ記事

  1. 三国志水軍最強の将・決定戦!あの色男が一位でしょ!? 船冒険する諸葛直 船
  2. 十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵 曹仁と曹操
  3. 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  4. 【東周英雄伝】古代中国好きの方にオススメのど迫力漫画 三国志ライター よかミカンさん
  5. 大久保の死は自業自得だった!政治を私物化した男の最期 対立する西郷隆盛と大久保利通
  6. キングダム594話最新ネタバレ「楔」レビュー キングダム53巻

三國志雑学

  1. 張遼・楽進・李典
  2. 蜀 武運を誇る馬超
  3. 挑発する諸葛亮孔明
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム
  2. 徳川家を守った篤姫
  3. 鎌倉時代 服装 男女
  4. 王允と呂布
  5. 法正と夏侯淵
  6. 読者の声バナー(はじめての三国志)

おすすめ記事

曹操(後漢王朝)とローマ帝国 漢代のシルクロードではどんなお宝が行き来してた?シルクロードは誰が開通した? 黄蓋 老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった 馬謖の陣形に笑う張コウ 正史の張郃(ちょうこう)ってどんな人?劉備や孔明も恐れた魏の猛将 2つの持論を展開する費禕 【8月の見どころ】8/27公開予定:本当は嫌なヤツだったかも知れない五丈原の費禕に迫る 徐晃と夏侯淵 夏侯淵が定軍山で戦死した原因は兵力不足だった? 【三国志の誤植集】何平や喬国老や橋玄って誰?うっかりミスが大惨事! 于吉と張角 太平道だけじゃない!『三国志』の時代に人々の心を支えた思想や宗教 橋本左内の墓は二か所ある!?西郷隆盛も認めた幕末の名士をしのぶ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP