キングダム
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

西郷どん

大奥の規模はどの位あったの?



篤姫と徳川家

 

大奥(おおおく)といえば、多くの人にとって女性ばかりがいる世界で

将軍以外の男性は入れないというイメージがあると思います。

大奥が舞台になったドラマがテレビで放映されたことで、

愛憎渦巻く女の園で、ドロドロした世界という印象を持った人がいると思います。

 

テレビドラマ以外の多くでは、日本史の授業で、

将軍の世継ぎを作るために多くができたことや大奥の出費が多いことから

幕政改革で大奥の経費節約をすることを試みたことを

聴いたことがあるかもしれません。

 

実際、大奥の経費や面積についてほとんどの人が知らないと思います。

将軍の正室である御台所や将軍の生母など地位の高い人を含めて、

何人の女性が大奥で働いていたか気になっていると思います。

 

大奥の面積や地位などの制度も気になっていると思います。

この記事では大奥の人数・面積・経費を紹介します。

この記事の後半では大奥を支配した女性と大奥の終わった日を取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:井伊直弼は倒れても像は倒れず!!震災と戦争を耐えた銅像ヒストリー

関連記事:西郷隆盛は大家族!幕末ビッグダディを解説

 

 

大奥について簡単に説明

 

大奥は3代将軍徳川家光(とくがわいえみつ)の頃にできたと言われていますが、

実際は初代将軍徳川家康(とくがわいえやす)の頃からありました。

当初、政治を行う場所を「(おもて)」とし、城主とその家族の私的な生活の場を

(おく)」とそれぞれ呼んでいました。

 

表と奥の境目がはっきりしていなかったため、

2代将軍徳川秀忠(とくがわひでただ)のとき、表と奥の境を設けたと言われています。

3代将軍徳川家光のとき、家光と正室の仲が悪く、跡取りができませんでした。

家光に跡取りができないことを心配した春日局(かすがのつぼね)は、大奥を組織的に整備し、

跡取りを作るための女性だけの組織にしました。

これが現在知られている大奥となっています。

 

 

大奥は江戸城の何処にあった?人数や面積は

 

大奥は江戸城本丸の北側にありました。

大奥といえば将軍家の子女や正室、奥女中たちの居所で、

700人ぐらいの女性が仕えていました。

幕末の時が多く、1000人いたと言われています。

 

大奥で働いている女性の給料は次の通りです。

幕府から正規に雇われて給料を得ていたのは700人のうち300人で、

女中が私的に雇った女性が300人から400人いました。

 

江戸城の面積は約36000平方メートルで、そのうち表と中奥の合計で

約15000平方メートル、大奥が約21000平方メートルでした。

大奥が最大の割合を占めていました。

 

【攘夷魂!テロに走ったサムライ達】
俺達尊攘派

 

大奥の経費はどれくらいかかった?

 

江戸幕府で最も経費がかかったのは大奥であると言われています。

幕政改革で経費節約のために大奥の改革にメスを入れようとしたことがあります。

では、大奥の経費はどのくらいかかったのか気になっていると思います。

これから具体的な費用を取り上げます。

経費の中で女中の給料については、将軍や御台所(みだいどころ)に謁見できるお目見え以上で、

700万円から最も多い人で2700万円でした。

謁見できないお目見え以下の場合、70万円程度でパートタイム労働者と

同じくらいだったと言われています。

大奥で多くの女中が働いていたことから150億円程度かかったと考えられます。

 

経費がかかり、幕府の財政状況が厳しくなったことから

幕政改革で大奥にメスを入れようとしたことがあります。

8代将軍徳川吉宗(とくがわよしむね)の場合、美人は他に貰い手があるからということで

美人をリストラしました。

このリストラは経費節約のためであると言われていますが、

尾張藩寄りの女中を排除する狙いがあったともいわれています。

 

大奥を支配した有名な女性には誰がいる?

篤姫

 

大奥を支配した女性として、幕末の難局を乗り切ったという点で

天璋院篤姫(てんしょういんあつひめ)が挙げられます。

篤姫は薩摩藩島津家分家の島津忠剛(しまづただたけ)の娘で、後に島津斉彬(しまづなりあきら)の養女になり、

13代将軍徳川家定(とくがわいえさだ)の正室となりました。

 

13代将軍徳川家定は病弱で後継ぎができないことから、

島津斉彬から命令されて、篤姫は家定の正室になることによって、

徳川慶喜(とくがわよしのぶ)を後継者に指名するように働きかけました。

幕末まで江戸幕府に残り、江戸城明渡し後、女中たちの縁談と就職の援助をしました。

 

大奥はいつまで存在していたのか

 

3代将軍徳川家光の頃から江戸城が新政府軍に明け渡すまで、

大奥は続いたと言われています。

江戸城明渡し後、和宮と篤姫たちは御三卿だった清水家や一橋家の屋敷に入りました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は、大奥ができた経緯や人数・面積・経費について取り上げました。

この記事では大奥の女中の権力について取り上げませんでした。

大奥と政治権力の関係についても注目したいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:近藤勇の刀「長曽弥虎徹」は実在する? 新選組局長の愛した名刀とは?

関連記事:【西郷どん】さらば斉彬!幻の上洛計画に迫る

 

国難を背負ったイケメン首相の生涯に迫る
阿部正弘

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 坂本龍馬の死因は?暗殺の黒幕は分かったの?
  2. 島津斉興はどんな人?祖父への憎しみを子にぶつけた頑固で有能な藩主…
  3. 幕末の天才?奇人?佐久間象山の名言を紹介
  4. 幾島vs本寿院勝敗を決めたのは徳川斉昭のスケベだった
  5. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 原田左之助とはどんな人?池田屋事件での逸話や薄桜鬼での原田左之助…
  6. 伊達宗城の業績はこれだけある!?四賢候宗城のスゴさ
  7. 前原一誠が越後で行ったびっくりの善政とは?
  8. 西郷隆盛が実行した廃藩置県はどんな偉業?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. カール・マルクス
  2. 魏の文官・李孚(りふ)

おすすめ記事

  1. 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!
  2. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.1
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【12/4〜12/10】
  4. 荀彧がもらった空箱には一体どんな意味があったのか!?
  5. 何で日本人は三国志が好きなの?
  6. 楊奉が袁術から離反しなければ官渡の戦いは袁術vs袁紹になっていた!?

三國志雑学

  1. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  2. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

魏の曹操孟徳 週刊ビジネス三国志 vo2都合の良い情報はよくよく注意して確認せよ 曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる? 山内容堂は鯨の如く酒を飲んでいたって知ってた!? 蒙古襲来!鎌倉武士はあまりやる気が無かった? 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.1 王粲(おうさん)とはどんな人?建安の七子であるが容貌の貧弱さでは龐統や張松より上 曹操が三国一の大国・魏を作ることができた秘訣はヨイショだった 蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?

おすすめ記事

  1. 三国志の時代でも副業が流行っていた!サイドビジネスの種類を紹介!
  2. 【兵法書・六鞱(りくとう)】いにしえのカッチョイイ名言をビジネスに応用しよう!
  3. 61話:曹仁が繰り出した高度な陣形 八門金鎖の陣を繰り出す。劉備軍はどうやって攻略したのか?
  4. 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】
  5. 城濮の戦いとはどんな戦い?晋の文公が覇者たる地位を手に入れることになった戦い
  6. 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について
  7. 三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡
  8. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第26話「誰がために城はある」の見どころ紹介

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP