キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

西郷どん

大奥の規模はどの位あったの?

徳川家を守った篤姫



篤姫と徳川家

 

大奥(おおおく)といえば、多くの人にとって女性ばかりがいる世界で

将軍以外の男性は入れないというイメージがあると思います。

大奥が舞台になったドラマがテレビで放映されたことで、

愛憎渦巻く女の園で、ドロドロした世界という印象を持った人がいると思います。

 

テレビドラマ以外の多くでは、日本史の授業で、

将軍の世継ぎを作るために多くができたことや大奥の出費が多いことから

幕政改革で大奥の経費節約をすることを試みたことを

聴いたことがあるかもしれません。

 

実際、大奥の経費や面積についてほとんどの人が知らないと思います。

将軍の正室である御台所や将軍の生母など地位の高い人を含めて、

何人の女性が大奥で働いていたか気になっていると思います。

 

大奥の面積や地位などの制度も気になっていると思います。

この記事では大奥の人数・面積・経費を紹介します。

この記事の後半では大奥を支配した女性と大奥の終わった日を取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:井伊直弼は倒れても像は倒れず!!震災と戦争を耐えた銅像ヒストリー

関連記事:西郷隆盛は大家族!幕末ビッグダディを解説

 

 

大奥について簡単に説明

 

大奥は3代将軍徳川家光(とくがわいえみつ)の頃にできたと言われていますが、

実際は初代将軍徳川家康(とくがわいえやす)の頃からありました。

当初、政治を行う場所を「(おもて)」とし、城主とその家族の私的な生活の場を

(おく)」とそれぞれ呼んでいました。

 

表と奥の境目がはっきりしていなかったため、

2代将軍徳川秀忠(とくがわひでただ)のとき、表と奥の境を設けたと言われています。

3代将軍徳川家光のとき、家光と正室の仲が悪く、跡取りができませんでした。

家光に跡取りができないことを心配した春日局(かすがのつぼね)は、大奥を組織的に整備し、

跡取りを作るための女性だけの組織にしました。

これが現在知られている大奥となっています。

 

 

大奥は江戸城の何処にあった?人数や面積は

 

大奥は江戸城本丸の北側にありました。

大奥といえば将軍家の子女や正室、奥女中たちの居所で、

700人ぐらいの女性が仕えていました。

幕末の時が多く、1000人いたと言われています。

 

大奥で働いている女性の給料は次の通りです。

幕府から正規に雇われて給料を得ていたのは700人のうち300人で、

女中が私的に雇った女性が300人から400人いました。

 

江戸城の面積は約36000平方メートルで、そのうち表と中奥の合計で

約15000平方メートル、大奥が約21000平方メートルでした。

大奥が最大の割合を占めていました。

 

【攘夷魂!テロに走ったサムライ達】
俺達尊攘派

 

大奥の経費はどれくらいかかった?

 

江戸幕府で最も経費がかかったのは大奥であると言われています。

幕政改革で経費節約のために大奥の改革にメスを入れようとしたことがあります。

では、大奥の経費はどのくらいかかったのか気になっていると思います。

これから具体的な費用を取り上げます。

経費の中で女中の給料については、将軍や御台所(みだいどころ)に謁見できるお目見え以上で、

700万円から最も多い人で2700万円でした。

謁見できないお目見え以下の場合、70万円程度でパートタイム労働者と

同じくらいだったと言われています。

大奥で多くの女中が働いていたことから150億円程度かかったと考えられます。

 

経費がかかり、幕府の財政状況が厳しくなったことから

幕政改革で大奥にメスを入れようとしたことがあります。

8代将軍徳川吉宗(とくがわよしむね)の場合、美人は他に貰い手があるからということで

美人をリストラしました。

このリストラは経費節約のためであると言われていますが、

尾張藩寄りの女中を排除する狙いがあったともいわれています。

 

大奥を支配した有名な女性には誰がいる?

篤姫

 

大奥を支配した女性として、幕末の難局を乗り切ったという点で

天璋院篤姫(てんしょういんあつひめ)が挙げられます。

篤姫は薩摩藩島津家分家の島津忠剛(しまづただたけ)の娘で、後に島津斉彬(しまづなりあきら)の養女になり、

13代将軍徳川家定(とくがわいえさだ)の正室となりました。

 

13代将軍徳川家定は病弱で後継ぎができないことから、

島津斉彬から命令されて、篤姫は家定の正室になることによって、

徳川慶喜(とくがわよしのぶ)を後継者に指名するように働きかけました。

幕末まで江戸幕府に残り、江戸城明渡し後、女中たちの縁談と就職の援助をしました。

 

大奥はいつまで存在していたのか

 

3代将軍徳川家光の頃から江戸城が新政府軍に明け渡すまで、

大奥は続いたと言われています。

江戸城明渡し後、和宮と篤姫たちは御三卿だった清水家や一橋家の屋敷に入りました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は、大奥ができた経緯や人数・面積・経費について取り上げました。

この記事では大奥の女中の権力について取り上げませんでした。

大奥と政治権力の関係についても注目したいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:近藤勇の刀「長曽弥虎徹」は実在する? 新選組局長の愛した名刀とは?

関連記事:【西郷どん】さらば斉彬!幻の上洛計画に迫る

 

国難を背負ったイケメン首相の生涯に迫る
阿部正弘

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 白石正一郎 白石正一郎とはどんな人?日記から読み解く幕末のスポンサー
  2. 新選組の土方歳三 土方歳三に妻はいたの?モテモテ副長は独身主義
  3. 吉田松陰の弟子と松下村塾の教育方針を紹介
  4. 井伊直弼の写真は存在するの?悪人顔はホント?
  5. ペリーとプチャーチン日本を研究した二人から日本人の弱点を探る
  6. 大奥には入れ替えがあった?意外に知らない大奥
  7. 橋本左内の本「啓発録」をサクッと解説!西郷隆盛も認めた天才の名言…
  8. 長州藩はどうしてああなってしまったのか?3つの理由

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操は褒め上手
  2. 成廉、魏越、呂布
  3. 西夏の旗の兵士
  4. 龐統
  5. 凌統
  6. 年越しそばを食べる馬謖

おすすめ記事

  1. 老荘思想(道家)ってどんな思想?ありのままに? 老荘思想(ろうそうしそう)
  2. 山岡鉄舟、勝海舟の影に隠れた江戸無血開城功労者の凄い人生
  3. 三国志の英雄も楽しんだ?日本とは少し違う三国志時代の蝉取り 眠る于禁
  4. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに袁術を追加しました はじめての三国志からのお知らせ バナー
  5. 能力か血統か?司馬炎VS賈充VS杜預、三つ巴お家騒動
  6. 【衝撃の事実】劉備と同郷の簡雍(かんよう)がいなければ三国志がなかったかも!? 土いじりをする劉備

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 城 銅雀台
  2. 織田信長
  3. 成廉、魏越、呂布

おすすめ記事

【春秋左氏伝】まるで孫子!曹劌(そうけい)の戦車戦の神采配 三国志っておいしいの 三国志って何?はじめての人向け 政(始皇帝) 【超レアな儀式】真の皇帝にしか許されない封禅の儀式って何? 【朝まで三国志 2017】諸葛亮参戦のお知らせ みにおん三国志とはどんなアプリゲーム? 劉備の黒歴史 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だった 曹操に降伏する教祖・張魯 張魯の配下には以外にも優秀な人材がいた!! 三顧の礼 ゆるキャラ 孔明 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP