よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

韓遂は腹の中で何を考えていたの?【潼関の戦い】

この記事の所要時間: 326



韓遂

 

韓遂(かんすい)馬超(ばちょう)と手を組んで、天下の半分を持っていた()曹操(そうそう)と対決します。

結果ははじめての三国志の読者なら知っている通り、曹操の勝利終わります。

この戦いを「潼関(どうかん)の戦い」と呼びます。

今回はこの戦いに馬超と共に参加しながら、

あんまり積極的に活躍しなかった韓遂についてご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【衝撃】馬超は漢語が出来なかった?韓遂との不仲の原因を考える

関連記事:閻行(えんこう)とはどんな人?韓遂の部下だが曹操の人質アタックに敗れる

 

 

潼関の戦いはどうして敗北したのか

韓遂と夏侯淵

 

この「潼関の戦い」はどうして敗北したのでしょうか。

原因の一つに韓遂が積極的にこの戦いに参加しなかった事が挙げられるでしょう。

でも韓遂は最初から馬超に協力しなかったわけではありません。

最初は彼も馬超に協力的な姿勢を見せていたのです。

 

 

潼関の戦いが起きたときは馬超に協力的だった韓遂

韓遂

 

韓遂は馬超が曹操に反旗を翻したと聞くと自ら軍勢を率いて馬超と合流。

韓遂は軍勢を率いて曹仁軍へ攻撃を仕掛けています。

また三国志演義での韓遂は涼州の豪族達を率いて、馬超と一緒に曹操軍と戦います。

この戦いで韓遂は一緒に参加した豪族達の何人かを討ち取られてしまいますが、

めげずに曹操軍と幾度も戦いを行います。

 

このように韓遂は馬超に非協力的ではなく、

むしろ積極的に馬超と一緒に曹操軍と戦っているのです。

その後韓遂は積極的に戦うことをしなくなってしまい、

潼関の戦いは敗北で終わってしまいますが、彼の中で何が起きたのでしょうか。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 

韓遂は馬超に非協力的になっていく

曹操

 

韓遂は馬超が曹操に反乱を起こした当初、積極的に曹操軍と戦っていました。

しかし韓遂はある日を境にして、馬超に協力的じゃなくなってしまいます。

どうして韓遂は馬超に協力的じゃなくなったのでしょうか。

一つは馬超や馬超に協力的な涼州の豪族達に疑われていた為です。

 

韓遂は潼関の戦いが行われている時、曹操と二人きりであって昔話をした事がありました。

この時馬超らが「何を話してきたんですか」と尋ねられます。

韓遂は「大したことは話していないぞ」と伝えます。

確かに曹操と二人きりであって昔話しかしていないから、大した話なんてしていません。

しかし馬超達は韓遂が大事な話を曹操とした事を秘密にしていると勘ぐってしまいます。

またあるとき曹操から韓遂宛に手紙が届きます。

韓遂と馬超

 

韓遂は曹操から来た手紙を見たとき黒く塗りつぶした部分が多く有り、

不思議に思います。

馬超は曹操からの手紙が韓遂の元に届いたことを知ると、

韓遂にその手紙を見せるように伝えます。

韓遂は馬超の要請に応じて曹操から手紙をそのまま馬超へ見せるのでした。

 

馬超は韓遂から曹操の手紙を見せてもらい、

黒く塗っている部分が多すぎてどうしたのか訪ねます。

すると韓遂は「わからん。」と一言だけ漏らすのでした。

馬超は韓遂に手紙を返すと曹操との会見での出来事と合わせて、

ますます彼を疑ってしまうのでした。

 

歴史書には韓遂の気持ちなんて書いていませんが、

推測することは出来ると思います。

レンの推測は馬超らの態度を見て、韓遂が自分が馬超や西涼の豪族達から

疑われている事を知っていたのではないのでしょうか。

韓遂が馬超から疑われていることを知っていたからこそ、

一気にやる気をなくしてしまい、

馬超へ積極的に協力するのをやめたのではないのかなと思います。

 

結局韓遂は腹の中で何を考えていたのか。

韓遂と劉備

 

潼関の戦いは曹操軍の勝利で終わります。

その原因は韓遂と馬超の間を引き裂いた事が挙げられるでしょう。

ではこの潼関の戦いの中、韓遂は腹の中で何を考えていたのでしょうか。

これも歴史書には書いていませんので、推測になってしまいます。

韓遂は悔しい気持ちを持っていたと思います。

なぜ韓遂が悔しい気持ちを持っていたのか。

 

それは自分が曹操と卑しい事をしていないにも関わらず疑われたからだと思います。

実際韓遂は曹操と寝返る約束や降伏する約束なんてしていません。

それにも関わらず馬超に疑われてしまい、悔しかったのではないのでしょうか。

その悔しさを引きずっていたと思われる行動があります。

 

それは馬超が潼関の戦いで敗北した後、

涼州で態勢を立て直して、暴れまわっていた時です。

韓遂は馬超が涼州で暴れまわっている事に連動して曹操軍へ攻撃を仕掛けています。

韓遂がどうして馬超と連動したのか。

それは潼関の戦いで自分の潔白を証明するため、

馬超と連動して攻撃を仕掛けたんだと思います。

皆様は韓遂が潼関のたたかいで何を考えていたと思いますか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田レン

 

今回は韓遂の腹の中をご紹介しました。

韓遂の立場になって考えるとちょっと彼の気持ちがわかるような気がします。

韓遂は馬超と一緒に曹操軍と張り切って戦おうとしているにも関わらず、

味方(馬超や豪族達)から疑われてしまうのは、

非常に悔しい事だとレンは考えるのですが、皆様はどのように思いますか。

 

参考文献ちくま学芸文庫 正史三国志魏書等

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:馬超の死因は何か?病死?隠居?暗殺?自害?

関連記事:涼州兵も思わずニッコリ?曹操はユーモアに溢れていた

 

転職活動に役立つ特集記事 三国志と転職

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピ…
  2. テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指…
  3. 銃は中国で発明されたものだった?「アンゴルモア」にも登場した火薬…
  4. 孔明の罠初登場(笑)新野で曹操軍を翻弄
  5. 公孫瓚は朝鮮を支配した公孫度と仲が良かったの?
  6. 闕宣(けっせん)とはどんな人?勢力は小さくても強かった自称皇帝闕…
  7. 【クイズ】魏最強!でも滅亡、原因はなーんだ?
  8. そんな!諸葛亮は曹操を目指していた?似てる二人を解説

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは?
  2. 篤姫の髪型について徹底紹介!少女期から晩年まで
  3. 何でこんなに孫権は地味なの?
  4. 袁尚(えんしょう)とはどんな人?兄と争ったせいで袁家をつぶしてしまった漢
  5. 理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)
  6. 武田信玄のおびき寄せに乗った哀れな徳川家康

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選 三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介しちゃいます♪ 島津豊久と島津斉彬はどんな関係?豊久と斉彬の共通点も紹介 島津斉彬はルイヴィトンを愛用した最初の日本人? アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 Part.2 高麗の栄光の為、父を裏切れ 【はじさん書評倶楽部】堀江貴文「多動力」を読む 天下人・豊臣秀吉が過去に仕えていた松下綱之ってどんな人? 何で姜維の北伐は反発されてたのに孔明の北伐は反対されなかったの?

おすすめ記事

  1. 【三国志マナー】あなたは大丈夫?間違うと首が飛びかねない!?三国時代のマナーを紹介!
  2. 【キングダム】イケメンな始皇帝の意外な最期を大胆に考えてみよう!
  3. 【ネオ三国志】第2話:蒼天航路の曹操と魏武の強
  4. はじめての三国志 4コマ劇場 「合肥の戦い」
  5. 取次制度って何?違った角度から戦国時代を見てみよう!
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/5〜12/11】
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【8/1〜8/7】
  8. 三国志演義に登場する兵器

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP