篤姫と幾島の本当の関係は?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

篤姫

 

幕末(ばくまつ)を題材にしたドラマであれば、

篤姫(あつひめ)は将軍の大奥(おおおく)にいる人物の1人として登場することが多いです。

幾島(いくしま)は篤姫のそばに仕えている女中としてよく登場します。

『幾島vs本寿院(ほんじゅいん)勝敗を決めたのは意外な要因だった』では、

一橋派は大奥内で不利な立場でした。篤姫らは不利な立場にありましたが、

幾島は賄賂(わいろ)で見方を増やそうとする工作を行いました。

 

13代将軍徳川家定(とくがわいえさだ)が死亡してからいったん大奥を離れますが、

江戸城の無血開城に貢献するなど活躍しました。

この記事では、2018年の大河ドラマ『西郷(せご)どん』では

南野陽子(みなみのようこ)が演じている幾島について取り上げます。

具体的にはあまり知られていない生い立ちから

江戸城の大奥に入るまでの過程と

江戸城無血開城の時の幾島について取り上げます。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:篤姫の実家今和泉島津氏はどんな家柄?今和泉家に里帰りした事がある?

関連記事:幾島とはどんな人?篤姫の尻を叩いて将軍後継者問題を進めた女スパイ


幾島ってどんな女性

幾島

 

幾島は薩摩藩の江戸・大坂留守居役や側御用人の娘として生まれました。

薩摩藩主の島津斉興(しまづなりおき)の娘郁姫(いくひめ)の御側女中になりました。

郁姫は近衛忠煕(このえただひろ)の正室となり、京都で仕えました。

郁姫が亡くなった後も京都の近衛家に仕えていました。


田舎姫の篤姫をファーストレディーにしたのは幾島だった

篤姫

 

薩摩藩主の島津斉彬(しまづなりあきら)は次期将軍を一橋(ひとつばし)(徳川)慶喜(よしのぶ)にするために、

篤姫を13代将軍徳川家定の御台所にします。

当時、徳川家定は正室や側室を相次いで亡くしていたことから

健康で丈夫な女性を求めていました。

徳川家定

 

家定は健康で丈夫な女性が多い薩摩藩から正室として迎えたいと考えるようになりました。

大河ドラマ『西郷どん』では、幾島が健康で丈夫で運の強い女性として

篤姫を家定に推していたシーンを思い出した人がいると思います。

篤姫は江戸城の大奥に上がりますが、大奥の中では反発があったと考えられます。

幾島が大奥の女中に賄賂を贈るなど工作をしました。

その結果、篤姫は将軍徳川家定の御台所(みだいどころ)(ファーストレディー)になることができました。

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん

 

家定に情が移り、思うように働かない篤姫に幾島は

篤姫

 

篤姫は薩摩藩主島津斉彬から次期将軍を徳川慶喜に指名するよう

働きかけることを命令されていました。大奥はアンチ一橋派で、篤姫と幾島は不利な立場でしたが、

幾島は賄賂を送るなど工作をすることで一橋派を増やそうとしていました。

 

一方で、篤姫は徳川家定の生母本寿院(ほんじゅいん)に将軍継嗣(けいし)問題の相談をします。

相談したところ、家定と篤姫は若いから後継問題の相談をしなくてもよいと釘を刺されます。

時が経つと、家定と篤姫の仲がよくなり、斉彬の命令に対して思うように働かなくなりました。

幾島はこのような篤姫に対して叱るようにと近衛忠煕に手紙を書いたと言われています。


幾島のライバル南紀派の滝山とはどんな女性

江戸城

 

幕末を題材にしたドラマであれば、大奥の実力者として

滝山(たきやま)という女性が登場するのを見たことがあると思います。

13代将軍徳川家定の将軍継嗣問題では本寿院とともに南紀派で、

紀州の徳川慶福(とくがわよしとみ)(のちの家茂(いえもち))を推していました。

滝山について、人物像についてはあまり知られていません。滝山について取り上げます。

 

1818年、滝山は大奥に上がりました。

『大奥には入れ替えがあった?意外に知らない大奥』では、

大奥の最高職の上臈年寄(じょうろうとしより)は二・三代の将軍に仕えたケースは珍しくありませんが、

滝山については12代徳川家慶(とくがわいえよし)から15代徳川慶喜まで4代の将軍に仕えていました。

江戸城開城後、現在の埼玉県の川口市で過ごしていたと言われています。


  

 

篤姫の頼みで病を推してまで官軍に手紙を届けた幾島

 

13代将軍徳川家定が死亡し、14代将軍に徳川家茂が就任すると、

幾島は病気のため江戸城を去りました。

しかし徳川家と薩摩藩の間で何か問題があれば江戸城に入って調整役を引き受けていました。

旧幕府軍と新政府軍との間で戊辰戦争(ぼしんせんそう)が起こり、鳥羽伏見(とばふしみ)の戦いで旧幕府軍を破ると、

新政府軍が江戸城に迫っていました。

篤姫は江戸での旧幕府軍と新政府軍との衝突を避けるために幾島を派遣、

幾島は病を推して官軍に篤姫の手紙を届けました。

結果、江戸は戦火にならず、無血開城(むけつかいじょう)となりました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

勝海舟(かつかいしゅう)西郷隆盛(さいごうたかもり)との交渉が成立したから

江戸城の無血開城につながったと考えてしまいますが、

篤姫や幾島の働きも忘れてはいけないと思った次第です。

無血開城と大奥との関係にも注目したいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:本寿院とはどんな人?実は篤姫と家定の最大の理解者!

関連記事:篤姫の故郷指宿はどんな所?ファーストレディの故郷を紹介

 

【あなたの知らない新選組の姿がここにある!】
新選組

 

関連記事

  1. 西郷隆盛、大久保利通
  2. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  3. 皇女和宮(女性)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP