キングダム
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

西郷どん

篤姫と幾島の本当の関係は?

この記事の所要時間: 318



篤姫

 

幕末(ばくまつ)を題材にしたドラマであれば、

篤姫(あつひめ)は将軍の大奥(おおおく)にいる人物の1人として登場することが多いです。

幾島(いくしま)篤姫のそばに仕えている女中としてよく登場します。

幾島vs本寿院(ほんじゅいん)勝敗を決めたのは意外な要因だった』では、

一橋派は大奥内で不利な立場でした。篤姫らは不利な立場にありましたが、

幾島賄賂(わいろ)で見方を増やそうとする工作を行いました。

 

13代将軍徳川家定(とくがわいえさだ)が死亡してからいったん大奥を離れますが、

江戸城の無血開城に貢献するなど活躍しました。

この記事では、2018年の大河ドラマ『西郷(せご)どん』では

南野陽子(みなみのようこ)が演じている幾島について取り上げます。

具体的にはあまり知られていない生い立ちから

江戸城の大奥に入るまでの過程と

江戸城無血開城の時の幾島について取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:篤姫の実家今和泉島津氏はどんな家柄?今和泉家に里帰りした事がある?

関連記事:幾島とはどんな人?篤姫の尻を叩いて将軍後継者問題を進めた女スパイ

 

 

幾島ってどんな女性

幾島

 

幾島は薩摩藩の江戸・大坂留守居役や側御用人の娘として生まれました。

薩摩藩主の島津斉興(しまづなりおき)の娘郁姫(いくひめ)の御側女中になりました。

郁姫は近衛忠煕(このえただひろ)の正室となり、京都で仕えました。

郁姫が亡くなった後も京都の近衛家に仕えていました。

 

 

田舎姫の篤姫をファーストレディーにしたのは幾島だった

篤姫

 

薩摩藩主の島津斉彬(しまづなりあきら)は次期将軍を一橋(ひとつばし)(徳川)慶喜(よしのぶ)にするために、

篤姫を13代将軍徳川家定の御台所にします。

当時、徳川家定は正室や側室を相次いで亡くしていたことから

健康で丈夫な女性を求めていました。

徳川家定

 

家定は健康で丈夫な女性が多い薩摩藩から正室として迎えたいと考えるようになりました。

大河ドラマ『西郷どん』では、幾島が健康で丈夫で運の強い女性として

篤姫を家定に推していたシーンを思い出した人がいると思います。

篤姫は江戸城の大奥に上がりますが、大奥の中では反発があったと考えられます。

幾島が大奥の女中に賄賂を贈るなど工作をしました。

その結果、篤姫は将軍徳川家定の御台所(みだいどころ)(ファーストレディー)になることができました。

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん

 

家定に情が移り、思うように働かない篤姫に幾島は

篤姫

 

篤姫は薩摩藩主島津斉彬から次期将軍を徳川慶喜に指名するよう

働きかけることを命令されていました。大奥はアンチ一橋派で、篤姫と幾島は不利な立場でしたが、

幾島は賄賂を送るなど工作をすることで一橋派を増やそうとしていました。

 

一方で、篤姫は徳川家定の生母本寿院(ほんじゅいん)に将軍継嗣(けいし)問題の相談をします。

相談したところ、家定と篤姫は若いから後継問題の相談をしなくてもよいと釘を刺されます。

時が経つと、家定と篤姫の仲がよくなり、斉彬の命令に対して思うように働かなくなりました。

幾島はこのような篤姫に対して叱るようにと近衛忠煕に手紙を書いたと言われています。

 

幾島のライバル南紀派の滝山とはどんな女性

江戸城

 

幕末を題材にしたドラマであれば、大奥の実力者として

滝山(たきやま)という女性が登場するのを見たことがあると思います。

13代将軍徳川家定の将軍継嗣問題では本寿院とともに南紀派で、

紀州の徳川慶福(とくがわよしとみ)(のちの家茂(いえもち))を推していました。

滝山について、人物像についてはあまり知られていません。滝山について取り上げます。

 

1818年、滝山は大奥に上がりました。

『大奥には入れ替えがあった?意外に知らない大奥』では、

大奥の最高職の上臈年寄(じょうろうとしより)は二・三代の将軍に仕えたケースは珍しくありませんが、

滝山については12代徳川家慶(とくがわいえよし)から15代徳川慶喜まで4代の将軍に仕えていました。

江戸城開城後、現在の埼玉県の川口市で過ごしていたと言われています。

 

篤姫の頼みで病を推してまで官軍に手紙を届けた幾島

 

13代将軍徳川家定が死亡し、14代将軍に徳川家茂が就任すると、

幾島は病気のため江戸城を去りました。

しかし徳川家と薩摩藩の間で何か問題があれば江戸城に入って調整役を引き受けていました。

旧幕府軍と新政府軍との間で戊辰戦争(ぼしんせんそう)が起こり、鳥羽伏見(とばふしみ)の戦いで旧幕府軍を破ると、

新政府軍が江戸城に迫っていました。

篤姫は江戸での旧幕府軍と新政府軍との衝突を避けるために幾島を派遣、

幾島は病を推して官軍に篤姫の手紙を届けました。

結果、江戸は戦火にならず、無血開城(むけつかいじょう)となりました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

勝海舟(かつかいしゅう)西郷隆盛(さいごうたかもり)との交渉が成立したから

江戸城の無血開城につながったと考えてしまいますが、

篤姫や幾島の働きも忘れてはいけないと思った次第です。

無血開城と大奥との関係にも注目したいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:本寿院とはどんな人?実は篤姫と家定の最大の理解者!

関連記事:篤姫の故郷指宿はどんな所?ファーストレディの故郷を紹介

 

【あなたの知らない新選組の姿がここにある!】
新選組

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 橋本左内の本「啓発録」をサクッと解説!西郷隆盛も認めた天才の名言…
  2. 江戸時代の犯罪はどう裁かれた? 今とは違う価値観を紹介
  3. 来島又兵衛の豪傑ぶりと、その人間の魅力に迫る
  4. 岩倉使節団とは何?大久保利通がイギリスに行った理由
  5. 幾島が大奥から日本の歴史を大変化させた!?
  6. 坂本龍馬 幕末 坂本龍馬の髪型はハゲ隠しだったの?
  7. 小松帯刀、西郷どんでの役割について考えてみよう!
  8. 橋本左内の辞世の句とは?獄中の天才の無念を読み解く

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 坂本龍馬 幕末
  2. 馬に乗って単身荊州へ赴く劉表

おすすめ記事

  1. 【感謝】中国文学の全集・選書のアマゾン売れ筋ランキング1位と2位を「はじめての三国志」が獲得しました!
  2. 【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾張統一
  3. 蒙恬(もうてん)はどんな性格なの?真面目さの照れ隠しの軽い性格
  4. 関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/3〜4/10】
  6. 呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【海の日特集】甘寧だけじゃない三国志に出てくる海賊達を紹介 漫画では猟師の潁考叔!本当は気合いの入った戦士だった 老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた 【三国志平話】小喬がイケメン孔明に生唾ごっくん 趙娥(ちょうが)とはどんな人?復讐者兼暗殺者であった烈女・龐蛾親(ほうがしん) 蜀の厳顔 蜀の老将・厳顔の年齢は一体いくつだったの?? 父・信玄を超えるために武田勝頼が行った政策って何? 鳥羽伏見の戦い影の功労者ウィリアム・ウィリス【はじ三ヒストリア】

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.30「環境マネジメント」
  2. 【10月の見どころ】10/27 公開予定:諸葛均の野望
  3. 袁紹は董卓のおかげで群雄として名乗りを上げることができた!?
  4. 桂小五郎(木戸孝允)剣豪から革命家、政治家に転身したイケメン志士
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/21〜11/27】
  6. 三国志の武器はどこが製造していた?武器を製造する考工令とは
  7. キングダム 510話 ネタバレ予想:李牧が王翦に仕掛けた罠とは何なの?
  8. くまモンだけじゃない!三国志の時代にもあった着ぐるみ

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP