ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

西郷どん

江藤新平と大久保利通、明治時代の権力闘争

幕末 帝国議会


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

 

岩倉使節団(いわくらしせつだん)が帰国後、明治政府内で西郷隆盛(さいごうたかもり)江藤新平(えとうしんぺい)ら留守政府と

大久保利通(おおくぼとしみち)岩倉使節団が対立しました。この対立を明治六年政変と言います。

この記事では、明治六年政変の解説から不平士族の反乱・佐賀(さが)の乱に至るまでの過程を取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:高杉晋作の奇兵隊はどんな組織だった?

関連記事:近藤勇の刀「長曽弥虎徹」は実在する? 新選組局長の愛した名刀とは?


明治六年政変、いったい何があったの?

 

岩倉使節団が帰国した頃、明治政府内で征韓論(せいかんろん)が高まっていました。

征韓論とは武力をもって朝鮮を開国しようとする主張です。

留守政府の首脳だった西郷隆盛・板垣退助(いたがきたいすけ)・江藤新平

後藤象二郎(ごとうしょうじろう)副島種臣(そえじまたねおみ)らが主張しました。

 

岩倉使節団帰国後の閣議において対朝鮮外交問題が取り上げられました。

武力で開国するという主張がありましたが、

西郷隆盛を使節として朝鮮を開国させるということで決着しました。

 

明治政府は使節の派遣を決定しましたが、岩倉使節団の岩倉具視(いわくらともみ)・大久保利通らは

国内の政治を整備することを優先するべきだとして反対しました。

当時、太政大臣三条実美(さんじょうさねとみ)は病気で倒れ、太政大臣代理となった岩倉具視の意見が

明治天皇(めいじてんのう)に受け入れられ、使節を送ることが中止になりました。

 

その結果、西郷や板垣らの征韓論者は一斉に下野しました。


大蔵省から司法権を奪う、征韓論者の江藤は大久保の目にどう映った?

 

大久保利通(当時、大蔵卿(おおくらきょう))にとって、江藤新平が明治政府の中で

権力を握ることはないだろうと思っていました。

江藤新平が参議(さんぎ)司法卿(しほうきょう)になると、大蔵省から司法権を奪い、

大蔵卿の代理の井上馨(いのうえかおる)を汚職事件で摘発(てきはつ)し追い落としました。

江藤ら留守政府は西郷隆盛の征韓論を支持し、

国家を破滅に導こうとしているのではないかと警戒するようになりました。


佐賀の乱、どのように鎮圧されたの?

 

1874年、明治政府を去った江藤新平は佐賀で反乱を起こしました。

この反乱を佐賀の乱と言い、不平士族の反乱の1つとなっています。

佐賀で征韓論賛成者の征韓党(せいかんとう)と日本を封建主義に戻す憂国党(ゆうこくとう)が結成され、

兵の数は約5000に上りました。

 

新政府軍は徴兵令(ちょうへいれい)で編成された軍隊で、初めての実践が佐賀の乱でした。

佐賀の乱の最初は佐賀城で政府軍は兵を失います。

その後、政府軍は巻き返し、2月23日の寒津川・田手川の戦いで江藤らは退却しました。

江藤は鹿児島の西郷隆盛に助けを求めるため戦線を離脱します。

 

2月27日には江藤は鹿児島に入りましたが、西郷に断られました。

今度は土佐に向かい板垣退助らに助けを求めましたが、断られました。

すでに土佐に指名手配写真が出回っていたので3月29日に江藤は逮捕されました。

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末はじめての幕末

 

臨時で作った裁判所で審議、江藤新平の処遇

 

3月29日、江藤新平は土佐で逮捕されました。江藤は東京での裁判を望みましたが、

天敵の大久保利通らはそれを許さず、臨時でつくった裁判所で形だけの審理を行いました。

わずか2日間の審理で死刑判決を出しました。

江藤は判決当日に斬首となり、見せしめのための晒し首になりました。

 

江藤は明治政府より賊として扱われ、財産は没収されました。遺族による弔いも禁止されました。

江藤新平「梟首(きょうしゅ)」その壮絶な最期とは』で江藤の辞世の句を紹介しましたが、

この江藤の句では違法な裁判であることを表わしています。


  

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は明治の政治闘争・明治六年政変について取り上げました。

佐賀の乱で江藤新平が臨時裁判所で、わずか2日間の審理で江藤新平を死刑にした理由として、

大久保利通ら薩長閥の恨みを買ったからだと考えられます。

 

読者の中には恨みだけで梟首にするのはやりすぎではないかと感じる人がいるかもしれません。

また、三権分立を確立できていないことで内閣の意向が裁判に入った可能性が考えられます。

行政の圧力に屈することなく、三権分立を守った事例として大津事件があります。

大津事件と江藤新平の裁判を比較してみたいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:天皇とは何?そもそも何で偉いの?

関連記事:【ざっくり解説】開国と攘夷って一体どういう思想なの?

 

「富国強兵・文明開化」を目指した薩摩藩の藩主・島津斉彬の生涯
島津斉彬


 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. ペリーと黒船常識。ウソ?ホント?
  2. 西郷隆盛像 西郷隆盛像が上野恩賜公園に設置されている理由とアクセス(行き方)…
  3. 徳川家を守った篤姫 篤姫の役割とは? 江戸時代の将軍の正室の役割を考える!
  4. ペリー来日youは何しにニッポンへ?
  5. チェストと叫ぶ西郷隆盛 西郷どんの師、赤山靱負(あかやまゆきえ)が切腹になるのは見せしめ…
  6. 吉田松陰留魂録はどんな内容?いつ書かれたの?
  7. 前原一誠 前原一誠は超がつく真面目人間だった!
  8. 山内容堂の死因は「やけ酒?」ストレスを抱えることになった理由とは…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 大和朝廷 古代宮殿と邪馬台国
  2. 南蛮
  3. ホウ煖(龐煖)
  4. 王莽
  5. 曹操&袁紹花嫁泥棒
  6. 猛暑に苦戦している観客達 いだてん
  7. 七星剣
  8. 張飛の最後

おすすめ記事

  1. 実在した仙人?史実でも孫策に殺されてしまう于吉(うきつ) 于吉、孫策
  2. 曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯 曹植は軟弱ではなかった
  3. これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレードマークの理由! 孔明
  4. キングダム564話フィゴ王トアクを瞬殺!「落日」ネタバレ&レビュー
  5. 2020年東京五輪の猛暑対策は?なぜ7月・8月の開催にこだわる? 日本の猛暑に疲弊している海外のマラソン選手 いだてん
  6. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました

三國志雑学

  1. 袁紹と曹操
  2. 羅貫中と関羽
  3. 袁紹と曹操


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 羊コ 羊祜 魏と晋
  2. 坂本龍馬(幕末時代)
  3. 孟獲キャッチコピー
  4. 華陀と麻沸散
  5. 貂蝉
  6. 公孫サン(公孫瓚)

おすすめ記事

小栗忠順は大蔵大臣?幕末に現れた天才の功罪 甘寧と凌統と呂蒙 【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介! 武器・農業器具を制作する張裔 三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの? 三国志の地図 三国時代の荊州でもし総選挙が行われたらどうなる?魏・呉・蜀のマニフェスト 成廉、魏越、呂布 【転職で悩んだら】転職の不安は呂布マインドで吹き飛ばせ! 曹丕 月刊はじめての三国志2019年6月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 服部半蔵 服部半蔵の死因とは?実際は忍者ではない服部正成の死因に迫る 過労死する諸葛孔明 お勧めしません!部下をダメにする諸葛孔明の管理術

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP