愛加那(あいかな)と西郷どんの子供達の人生とは?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

NHK大河ドラマ西郷(せご)どん21話「別れの唄」では、西郷どんは鹿児島に帰る事になります。

島の掟で奄美大島を離れる事が出来ない愛加那(あいかな)と西郷どんは、

泣く泣く別れる事になりました。

 

しかも、その時、愛加那のお腹には長男の菊次郎(きくじろう)以外にも

西郷どんとの二人目の子供、菊草(きくくさ)が宿っていたのです。

では、西郷どんと愛加那の忘れ形見の二人の子供達は

その後、どんな人生を送ったのでしょうか?

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:【西郷どん】奄美大島に流された西郷隆盛は本当に荒れていたの?

関連記事:愛加那(あいかな)とはどんな人?西郷どんの島妻と西郷隆盛の人生を変えた女房


これが最後じゃない!もう一度再会する愛加那と西郷

 

 

1862年、藩命により西郷吉之助は鹿児島に戻ります。

ところが、島津久光(しまづひさみつ)の上洛の時に、スタンドプレーをした事で

藩父、久光の逆鱗に触れ、今度は奄美大島の南、

30キロにある徳之島へ、さらに1か月程後には

さらに南の沖永良部(おきのえらぶ)に流されます。

 

それを知った愛加那は生まれたばかりの菊草と、

3歳の菊次郎を連れて船に乗り、徳之島で西郷どんと再会します。

乳飲み子を連れ、周囲の反対を押し切っての夫に会いたい一心の行動でした。

 

「私は罪人だから会いにきてはいかん」

と厳しい態度をとっていた西郷どんも

危険を顧みない愛加那の行動には涙を流すしかありませんでした。

 

その後、西郷どんは沖永良部に流され、1年程罪人として過ごし

再び許されて帰還する事になります。

その途中、西郷は、奄美大島に立ち寄り、1年ぶりの親子4人、

水入らずの日々を数日過ごしました。

 

これが、愛加那と西郷どんの最期の日々になりました。

 

愛加那は、その後も鹿児島で共に暮らそうという西郷の誘いを

正妻の迷惑になると遠慮して断り続け、畑仕事をしながら

1902年に65歳で亡くなりました。


西郷菊次郎のその後

 

明治2年、明治維新(めいじいしん)が成就すると、西郷どんは奄美大島から、

8歳になった菊次郎を引き取りました。

この時に、愛加那も鹿児島に来るように誘われますが

愛加那は西郷の正妻の糸に遠慮し、また鹿児島には

根強い奄美大島出身者への差別もあり、申し出を断ります。

 

鹿児島にやってきた菊次郎は11歳の時にアメリカ留学、

その後、16歳で西南戦争(せいなんせんそう)に西郷軍の一員として従軍しました。

しかし、延岡・和田越えの戦闘で右足に銃弾を受けて負傷、

右足の膝から下を切断します。

 

その後、父の側近の桐野俊秋(きりのとしあき)の計らいで、

西郷家の下僕の永田熊吉(ながたくまきち)をつけて他の負傷者とともに

戦場に置いていかれる事になります。

いよいよ危なくなった時、菊次郎は永田熊吉によって背負われ

戦場を離脱して政府軍に投降、九死に一生を得る事になります。

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん

 

外務省、台湾勤務を経て京都市長として辣腕を振るう

 

1884年、西郷が赦免されると菊次郎はアメリカ留学の語学力を生かし

外務省に入省して、官僚として暮らしていく事になります。

台湾勤務を経て、京都市長になってからは、京都三大事業として、

発電、上下水道整備、市電設置などの巨額事業を三井銀行の協力を取り付け

4500万フランの外債を発行する事で達成しました。

 

しかし、市長在任から7年で切断した右足の後遺症からくる病気で

市長を続けられなくなり1911年には辞任、その後、鹿児島に帰っています。

菊次郎は親孝行な人で、時々、奄美大島に帰っては、

母愛加那と共に暮らしたりしています。

 

鹿児島に戻っても健康は回復せず、1929年に67歳で心臓麻痺で死去しました。


苦労が絶えなかった菊草の人生

 

西郷どんにとっては、唯一の娘である菊草は、

1874年、12歳で鹿児島に引き取られる事になります。

しかし、慣れない気候風土と母から離された寂しさもあったせいか

鹿児島に来てから1年間は病気がちで西郷どんは、その看病で

つきっきりだったりしたそうです。

健康が回復すると、菊草は13歳年上の大山誠之助(おおやませいのすけ)と縁組されました。

大山家と西郷家は、父の代からの親戚だったのです。

 

ところが、西郷どんが期待し娘を託した大山誠之助は、

大変な浪費家であり、しかも、菊草に家庭内暴力を振るうDV夫

菊草は4人の子供を抱えて我慢していましたが、

明治40年頃には、とうとう離婚し兄を頼って東京で暮らしました。

 

そして、それから僅か2年後、1909年に47歳で病死します。

兄よりも早く亡くなってしまうという幸薄い人生でした。


  

 

幕末ライターkawausoの独り言

 

西郷どんと愛加那の間に生まれた二人の子供は、

激動の時代を自分なりになんとか乗り越えて天寿を全うしていました。

 

でも、もし、西郷どんに帰還命令が出なかったら、

菊次郎も寿命を縮める右足切断の目に遭う事なく、菊草も夫のDVに

悩まされる事なく、その後も増えたであろう兄弟と共に、

母と父と奄美大島で貧しくものどかに暮らしていたのかも知れません。

 

西郷隆盛という一代の英雄の子に生まれた事は、

二人の人生に大きな影響を与えてしまったと言えるでしょう。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:西郷どんの恩返し奄美大島貿易拠点構想

関連記事:西郷どんが奄美大島に行った理由は?西郷隆盛の妻・愛加那との出会い

 

国難を背負ったイケメン首相の生涯に迫る
阿部正弘


 

関連記事

  1. 篤姫
  2. 阿部正弘
  3. 渋沢栄一
  4. 徳川家定

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP