ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
姜維特集


はじめての三国志

menu

西郷どん

篤姫はなぜ人気がある?大河ドラマヒットの法則

篤姫



篤姫

 

NHK大河ドラマで、女性が主人公の場合、

2008年の大河ドラマ『篤姫(あつひめ)』を除いて視聴率が低いです。

2015年の大河ドラマ『花燃(はなも)ゆ』については過去最低の視聴率を更新しました。

 

女性を主人公にした大河ドラマの視聴率が低い理由について、

政治の表舞台に立っている男性とは異なり、史料などの記録が

ほとんど残されていないことが挙げられます。

ドラマ内容が事実とは違うと指摘する視聴者もいると言われています。

大河ドラマ『篤姫』は高視聴率でしたが、実際の出来事と違うことが多いと指摘されています。

 

では女性を主人公にした大河ドラマの中で篤姫の人気があるのはなぜか。

この記事では、最初に主演の宮崎あおいと男性キャストについて取り上げます。

次に、舞台となった大奥や放送された当時の出来事と人気の関係について考えます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:本寿院とはどんな人?実は篤姫と家定の最大の理解者!

関連記事:篤姫の髪型について徹底紹介!少女期から晩年まで

 

 

理由1:主人公篤姫を演じる宮崎あおいの役作り

 

2008年の大河ドラマ『篤姫』の主演は宮崎あおいでした。

子役としてデビューしてから映画で演じるなど評価されてきました。

当時史上最年少(22歳1か月)で大河ドラマの主役に抜擢されたことで、

放送開始前から話題になりました。

篤姫になったように宮崎あおいが完璧な役作りをしたことによって、

実際の篤姫に対して注目されるようになったのかもしれません。

 

 

理由2:登場する男性キャストが草食系

牛

 

篤姫は子どもの頃から健康的で丈夫だったという記録が残っています。

13代将軍徳川家定(とくがわいえさだ)は正室や側室を相次いで病気で亡くしていることから

健康で丈夫な女性を望んでいたと言われています。

 

大河ドラマの篤姫の男勝りで積極的に行動する様子は実際の篤姫と一致します。

一方で、篤姫の周りにいる男性についてはどのように描かれているのでしょうか。

例えば、小松帯刀(こまつたてわき)役の瑛太(えいた)を例に取り上げます。

小松帯刀の青春時代は尚五郎(なおごろう)と名乗っていて頼りない性格という印象を受けますが、

傑物・小松帯刀として成長するまでの過程を描いています。

徳川家定

 

13代徳川家定については病弱であることは有名です。

他の人々の前では「うつけ」のフリをしていますが、篤姫との寝室で碁を指したり、

政治について話していたりするとき、聡明さを見せることで魅力的に感じるかもしれません。

 

【維新を阻止しようとした男たちの秘話】
ガンバレ徳川

 

理由3:女の世界大奥がメイン舞台

篤姫

 

大河ドラマ『篤姫』が放送されていた頃、フジテレビのドラマで『大奥』が放送されていました。

フジテレビのドラマの影響で大奥が知られるようになり、

女性が大奥に興味をもつきっかけになったと考えられます。

フジテレビのドラマや大河ドラマで、大奥で女同士による陰湿な感じが出ていたことが、

現代の女性に支持された要因として考えられます。

 

理由4:幸薄の女性、篤姫を活発で親父ゴロシの魅力的な女性に仕立てた

篤姫

 

大河ドラマ『篤姫』は高視聴率でした。

中高年の人々やコアな大河ドラマのファンにも広く受け入れられたと考えられます。

具体的には、宮崎あおいの演じる篤姫で好感を持ったシーンでは、

積極的に堂々と調所広郷(ずしょひろさと)徳川斉昭(とくがわなりあき)など癖のあるオジさんに発言し、

最終的にコロッといかせるシーンがありました。

篤姫が親父ゴロシで交渉の天才という側面も宮崎あおいの演じる篤姫の魅力となっています。

 

理由5:恋愛・結婚という若い女性の悩みをドラマに取り込んだ

キャリアウーマン

 

篤姫が放送された頃、流行語大賞の1つに婚活という言葉がありました。

江戸時代は政略結婚で、恋愛結婚はほとんどありませんでした。

大河ドラマ『篤姫』でほとんど有り得ない恋愛をドラマに取り込みました。

このことが高視聴率につながったと考えられます。

 

婚活という言葉が使われ始めた頃、当時女性は積極的に

結婚のための活動をしなければならない時代になったということを表わしていました。

結婚願望のある女性たちにとって、宮崎あおいの演じる篤姫は

憧れの女性に見えたのかもしれません。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は篤姫の人気について取り上げました。

人気の理由に時代背景や大河ドラマ以外のドラマの影響など

何らかの関連があることが分かりました。

最低視聴率の大河ドラマで何年か経って、歴史的背景など見方が変われば

ドラマの見方も変わるかもしれません。

これまでに放送された大河ドラマをもう一度見たいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:篤姫の故郷指宿はどんな所?ファーストレディの故郷を紹介

関連記事:和宮とはどんな人結構頑固で家茂ラブな皇女

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん

 

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 島津斉彬と沖縄(琉球)との対外貿易計画はどんな関係性だったの?
  2. 島津斉彬の人柄とは?誰もが納得する名君の心構え
  3. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 原田左之助とはどんな人?池田屋事件での逸話や薄桜鬼での原田左之助…
  4. 大久保利通と麻生太郎は血縁だった?家系図から読み取る意外な関係性…
  5. 海江田信義の性格は直情的?西郷どんで登場する海江田信義について語…
  6. 平野国臣 平野国臣の西郷隆盛救出!入水事件の真相とは?
  7. 井伊直弼の墓がある豪徳寺は猫萌えのお寺だった?
  8. 黒船(ミシシッピ号) ペリーとプチャーチン日本を研究した二人から日本人の弱点を探る

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 帯来洞主(南蛮族)
  2. キングダム45
  3. 袁紹(はじめての三国志)
  4. 建業を捨てて武昌に首都移転する孫皓
  5. 夏侯覇
  6. 宣誓文を読み上げる藏洪
  7. 朱然に後を引き継ぐ呂蒙

おすすめ記事

  1. 曹操にまつわる梅林の話は本当なの?梅干しが曹操軍を救う? すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ
  2. 【保存版】曹叡時代の魏の国内で起こった不思議な現象3選 病気になった兵士
  3. 伊籍とはどんな人?劉備に忠誠を尽くし法正と蜀の法律を作った法律家 法正と協議して蜀の法律を作る伊籍
  4. 祝融とはどんな人?赤兎馬を乗りこなす女戦士は夫よりも強かった? 祝融
  5. 【閲覧注意】血煙上がる『三国志』きれいなお花を咲かせた将軍たち 朝まで三国志2017追加22 周瑜
  6. 出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具

三國志雑学

  1. 周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志
  2. 姜維


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 権力を使って女性とイチャイチャする夏侯楙
  2. 陸遜
  3. 張昭、孫権、孫策、周瑜
  4. 張昭
  5. キングダム
  6. 卑弥呼
  7. 藏覇(臧覇)
  8. 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)

おすすめ記事

小栗忠順は天才だった?天才であったがゆえに招いた悲劇? またまた発見!劉備の黒歴史、なんと劉禅には生き別れの兄がいた? 成廉、魏越、呂布 呂布の配下、八健将(はちけんしょう)とはどんな人たち? 五虎大将軍の馬超 馬超は悪人なのか、それとも義に生きる英雄なのか? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【10/3〜10/9】 韓非の本を熟読して感銘を受ける嬴政(始皇帝) キングダムの秦王・政がドハマリした韓非子(かんぴし)ってなに? 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟 桃園の誓いがなかったら劉備はどうなっていたの? 織田信長 織田信長の息子達の名前がファンキーでかなりやばい!!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP