ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

西郷どん

衝撃!江戸時代は1862年に終った?一会桑政権vs明治政権の戦い


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

徳川家の家紋

 

歴史は99%仮定の分野です、それまで堅く信じられてきた定説でも、

新しい証拠が出現すると、一日にして(くつがえ)ってしまう事も珍しくありません。

日本の歴史から見るとつい最近である幕末も例外ではなく

例えば、江戸時代も1867年ではなく1862年に終わった説があるのです。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:江戸城オフィスを大公開!大名の争いは部屋取りゲーム?

関連記事:篤姫の猫好きを例に江戸時代のペットの役割を考えてみよう!


島津久光の上洛で江戸時代は終結

島津久光

 

日本史の教科書では、江戸幕府の消滅は

1868年の5月3日、西郷隆盛(さいごうたかもり)勝海舟(かつかいしゅう)の会談で江戸城が明け渡されて

最後の将軍、徳川慶喜(とくがわよしのぶ)が水戸に謹慎した時とされます。

西郷隆盛と勝海舟の会談

 

しかし、これは一面的な見方であって、実際の江戸幕府は、1862年に上洛した

薩摩の島津久光(しまづひさみつ)が雄藩と朝廷の合議で提出した幕政改革書を受け入れた事で、

事実上は消滅したと考えられているのです。

 

この提言は、文久の改革と言われますが、その内容は、

政事総裁職(せいじそうさいしょく)の設置、将軍後見職の設置と、京都守護職の設置、

それに参勤交代の緩和(かんわ)、洋学研究所の設置と多岐に渡りました。


改革により幕府の力は極限まで弱まる

江戸城

 

これだけ見ると、幕府が朝廷や雄藩の圧力に屈しただけに見えますが、

そんな単純な話ではありません。

 

政事総裁職の松平春嶽(まつだいらしゅんがく)や将軍後見職の一橋慶喜(ひとつばしよしのぶ)は任命後は江戸に戻らず

その活躍の拠点は京都になっていきます。

松平春嶽

 

京都守護職とは、京都所司代の上にある組織で会津藩の松平容保(まつだいらかたもり)が就任し

新選組(しんせんぐみ)などを配下に従え、事実上の首都治安警察として機能する事になりました。

 

これは、江戸に代わり政府要人が集うようになった京都を

過激な攘夷志士(じょういしし)から守るという役割があったのです。

 

また参勤交代を三年に一度に緩和し、諸大名の人質として預かっていた妻子を

国元に返す事で、幕府は諸大名に睨みを効かす事は出来なくなります。

こうして幕府は存在しながら力は削がれ国政からは蚊帳の外になったのです。

闇討ち

 

以後の政治は、一橋慶喜や公武合体派の雄藩の藩主、島津久光鍋島直正(なべしまなおまさ)

山内容堂(やまのうちようどう)、松平春嶽のような公武合体派と長州藩のような尊王攘夷派の

勢力争いにシフトしていきました。

江戸は国政から遠ざかり260年続いた独裁体制は崩壊したのです。

 

【攘夷魂!テロに走ったサムライ達】
俺達尊攘派

 

幕府は滅んだ!ジャパン・ヘラルドの記事

 

外の世界からは日本政治の激変は、より強烈に意識されました。

1862年10月25日のジャパン・ヘラルド新聞は、

 

「日本ではこの1週間の間に革命が行われ、

デモ一つ無く静かに国の基本構造が変わった

諸大名はいずれも妻や家族を人質として江戸に残す必要はなく

領国に帰って住むことが出来るようになった。

この変革は徳川幕府の権威が失墜したことを示し、

権力の座はおそらく間もないうちに京都朝廷に移るだろう」

 

このような記事を載せています。

 

同様の報告は、ロシア領事のヨシフ・ゴシケーヴィチも行いました。

海外は、文久の改革を革命と考えていて、これで幕府の一極支配が

終了したと(とら)えていたのです。


禁門の変以後 戦いは一会桑vs薩摩長州の対立へ

京都御所

 

幕府が事実上崩壊した後、日本の政局は公武合体派(こうぶがったいは)一橋慶喜

会津藩主、松平容保、桑名藩主、松平定敬(まつだいらさだあき)、それに薩摩の島津久光のような勢力と

天皇親政を実現し即時攘夷をスローガンにする長州藩の戦いになります。

孝明天皇

 

しかし、心情的に攘夷で幕府を信頼する孝明天皇(こうめいてんのう)密勅(みっちょく)を下して

長州藩の排除を示唆、ここに八・一八の政変が起き長州藩は御所の警備の任を解かれ

長州藩士と尊攘派の公卿は京都から追放されます。

 

これを不服とする長州藩は、武力で京都に進撃を開始し、禁門の変(きんもんのへん)で、

会津藩や薩摩藩のような公武合体派と衝突し惨敗(ざんぱい)します。

こうして公武合体派は京都を握り、一度政治を掌握したのです。

 

 

ですが、宿敵の長州藩を葬ると同じ公武合体派でも国政により関与したい薩摩と、

徳川家の権力を強く維持したい一橋慶喜の間に軋轢が生じてきます。

慶喜は、江戸の幕閣の干渉を排除し薩摩の干渉を排除すべく、松平容保や、

松平定敬と緊密に連携して一会桑政権(いっかいそうせいけん)を樹立します。

酔っ払う徳川慶喜

 

これに不安を覚えた薩摩は、一度は討伐した長州藩に接近を開始します。

第一次長州征伐後の長州藩の処分なども寛容にし長州藩へアプローチし、

それが薩長同盟へと繋がっていく事になります。

 

それは、一会桑vs薩長という新しい勢力の対立を意味しました。


  

 

王政復古で徳川慶喜は降伏

大政奉還する徳川慶喜

 

第二次長州征伐の失敗、14代将軍、徳川家茂(とくがわいえもち)の病死は徳川幕府の威信を

致命的に失墜させますが、一橋慶喜が15代将軍に就任した事で、

一会桑政権は江戸の幕府勢力を取り込む事になります。

 

将軍になっても、徳川慶喜は江戸城に入らず、京都に常駐するばかりか、

江戸から重臣を呼び寄せるなど京都重視の態度を崩しません。

西洋服を着た徳川慶喜

 

慶喜の頼みは、図体ばかりデカイ幕府ではなく孝明天皇でした。

徳川慶喜は、嫌らしい程のクリンチ作戦で朝廷から官位を得ようとしたり

公卿の娘を妻にして、朝廷との結びつきを強めようとしつつ、

同時に旧式の幕府体制をあっさりと自分好みに改革していきました。

 

頼みの綱としていた孝明天皇が天然痘(てんねんとう)で急死すると、

徳川慶喜は大政奉還(たいせいほうかん)を行い、薩長の矛先をかわそうとします。

すでに慶喜の中で幕府は終わったものであり、

徳川家、会津藩、桑名藩の連合による新政権を考えていたのでしょう。

 

しかし、薩摩藩の力で再度御所でクーデターが起こり、

今度は親慶喜派の公卿が大勢排除され、王政復古(おうせいふっこ)の大号令が出ます。

薩長は明治天皇を擁して大義としたので、これを明治政権と呼びます。

 

大政奉還では徳川家当主として権力の中心にあった慶喜は、

王政復古の大号令では、朝敵とされ権力から排除されました。

 

鳥羽伏見(とばふしみ)の戦いで徳川慶喜は天皇に逆らう事を不利と見て江戸に逃亡

以後は謝罪恭順の態度を崩さず、江戸城は無血開城します。

 

慶喜降伏後も一会桑政権は戦い続けた

 

もし、幕府が存続していたなら、徳川慶喜が江戸城を明け渡した時点で、

戦争は終結した筈ですが、実際はそうはなりませんでした。

 

それは、少し前まで孝明天皇を擁して官軍だった会津藩や桑名藩に

薩長は天皇を操り人形としているだけで、正義はこちらにあるという意識が

あったからだと考えられます。

 

そうでなく、意識が幕府の臣のままであれば、慶喜が恭順(きょうじゅん)した時点で

さらに戦うモチベーションは失せたでしょう。

これも、幕府はすでに滅んでおり、戦いは一会桑残党(孝明政権)と

明治政権の戦いに変化していたという根拠です。

 

不思議な土方歳三の辞世の句

土方歳三

 

一会桑政権の残党と明治政権の戦いは北越戦争を経て、

最後の五稜郭の戦いへとシフトしていきます。

この戦いに新選組副長の土方歳三(ひじかたとしぞう)が参加していたのは有名な話です。

しかし土方歳三の辞世の句は、とても妙なものでした。

 

”たとえ身は蝦夷(えぞ)の島辺に朽ちぬとも魂は(あずま)の君やまもらん”

 

この東の君は何を意味しているのでしょうか?

土方が仕えていた徳川慶喜、会津藩主松平容保でしょうか?

いえ、これはストレートに明治天皇を意味しているように思えます。

 

その理由は、元々は京都にいた明治天皇が東京に奠都(てんと)したからです。

だから、西の君ではなく東の君なのでしょう。

 

※奠都とは都を移す事、遷都

 

土方は、俳句の中に桜田門外の変を織り込むような

ビビッドな感性の持ち主なので、明治天皇の東遷をすぐに辞世の句に

盛り込んだとも考えられます。

 

元々、新選組尊皇攘夷の組織であり、近藤も土方も精神的には

天皇の臣という意識がありました。

戦う新選組

 

ましてや京都の警視総監の地位にあった松平容保の直属組織、

新選組の副長の土方の尊皇心には強いモノがあり、

同時に一会桑政権として日本を代表する地位にあったものが、

明治政権のクーデターに追われたという悔しさもあったのでしょう。

 

自分は幕府の臣ではなく、天皇の臣であるという自負が、

土方歳三に、このような辞世の句を吐かせた、

同時にそれは、一会桑政権の残党として戦う人々に共通した

愛国意識だった、そういう事にならないでしょうか?

 

幕末ライターkawausoの独り言

幕末ライターkawausoの独り言

 

幕末と言うと、幕府vs薩長の争いと定義されがちですが、

実際の幕府は、1862年の島津久光の上洛により独裁権力を失い崩壊、

以後は、京都に在府する一橋慶喜や賢侯会議に政治の主導権を奪われ、

その後の歴史は、公武合体派勢力の一会桑と倒幕の薩長の間で

主導権争いが行われた、そう考えた方が自然です。

 

すでに幕府はなく、いずれも天皇を擁した日本の代表政府だと主張する

一会桑と薩長の戦いに変化したからこそ、江戸城の無血開城後も戦争は終わらず

戦いは函館戦争まで延々と続く事になったのだと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:江川英龍とは?パンから銑鉄まで幕末のマルチ技術者を紹介

関連記事:【西郷どん】実は大久保は囲碁が苦手だった

 

「富国強兵・文明開化」を目指した薩摩藩の藩主・島津斉彬の生涯
島津斉彬


 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 小栗忠順は大蔵大臣?幕末に現れた天才の功罪
  2. 幕末 帝国議会 五代友厚と大阪商法会議所近代大阪の基礎を築いた手法とは?
  3. 大政奉還した徳川慶喜 徳川慶喜とは?薩長が震えた最強将軍の人生
  4. 大久保利通の身長は?幕末時代の身長が高かった偉人たち4選
  5. 井伊直弼とはどんな人?井伊の赤鬼は泣いた赤鬼だった
  6. 黒船(ミシシッピ号) 伊藤博文と井上馨、二人の絆の原点はトイレだった?
  7. 黒船(ミシシッピ号) 【超迷惑】下関戦争の賠償金で幕府も明治政府も四苦八苦
  8. 佐久間象山は天才?実際の所を検証

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明
  2. 幕末刀剣マニアの坂本龍馬
  3. キングダム53巻
  4. 韓非の本を熟読して感銘を受ける嬴政(始皇帝)
  5. 韓信
  6. 陳寿 三国志
  7. 蜀の魏延
  8. 曹操と黄巾賊
  9. 桃園三兄弟 vs 呂布の一騎打ち
  10. 木牛流馬

おすすめ記事

  1. 陸遜はなんで改名をしたの?陸議と魏書では記載されているイケメン陸遜の改名に迫る 陸遜
  2. 陸遜の人柄は地元の民間説話でも高評価!完全無欠の性格の良さが滲み出る陸遜 陸遜
  3. 【知ってた?】三国志の軍隊を動かす為に絶対必要な2つのアイテム 孔明 劉備の剣とハンコ
  4. 楊修とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲劇の秀才 楊修
  5. 【萌えキャラ三国志】萌えな3武将を選んでみたよ 赤壁の戦いで敗北する曹操
  6. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.6

三國志雑学

  1. 三国志大学を目指す曹操
  2. 七星剣
  3. 孔明 耳で聞いて覚える三国志
  4. 兵士と禰衡
  5. 二刀流の劉備


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 趙雲と劉備が初めて出会うシーン
  2. 張良と劉邦

おすすめ記事

三国インフィニティ(三国INFINITY)とはどんなアプリゲーム? 魏から蜀に下る姜維 夏侯覇と姜維の共通点と違いとは?魏からの鞍替え組を紹介 【朝まで三国志2017】秋告知(5)開催日時が決定したよ ホウ煖(龐煖) キングダム最新620話ネタバレ予想vol3「秦王政と龐煖に意外な共通点」 豊臣秀吉 戦国時代 サンクトペテルブルク以東最大と言われた大阪城を建築した秀吉の狙いとは? 前原一誠 吉田松陰の思想を最も濃く受け継いでいたのは、前原一誠だった?! 木牛流馬 諸葛亮が発明した運送器具「木牛」と「流馬」の目的とは? 三国夢幻演義バナー 龍の少年 三国夢幻演義 龍の少年 第4話「地獄の淵で」配信日が決定しました

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP