よかミカンの三国志入門
黄巾賊




はじめての三国志

menu

はじめての変

劉備が親孝行でお茶を買う?中国茶の種類を紹介

この記事の所要時間: 38




怠ける劉備

 

劉備(りゅうび)は旗を揚げる前、

涿県(たくけん)というド田舎で

母親と2人で(むしろ)を織り、

それを売って暮らしていました。

 

幼いときに父が亡くなって以来、

劉備のために身を粉にして働く母に

劉備はとても恩を感じていたことでしょう。

 

そんな彼の孝行者エピソードとして有名なのが、

筵を売ったお金を貯めて、

母親のためにお茶を買うというもの。

 

しかし、これは吉川栄治『三国志』の

オリジナルエピソードなのだとか…。

 

でもでも、

このエピソードを読んで

中国茶に興味を持った人だって多いはず!

 

というわけで、

今回は中国茶について簡単に紹介していきましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の時代のお茶は、全然人気が無かったってホント?

関連記事:【三国志雑学】孫権は南瓜作りのエキスパートだった?

 

 

中国茶は大別すると6種類

張角

 

中国でレストランに入ると、

水ではなくお茶が出されます。

 

そのお茶は大体プーアル茶。

脂っこい中華料理にぴったりのお茶ですよね。

 

でも、中国茶は当然プーアル茶だけではありません。

 

皆さんはパッと思い浮かべるのはおそらくウーロン茶。

そしてジャスミン茶あたりではないでしょうか。

 

でも、日本茶のイメージが強い緑茶や、

イギリスのアフタヌーンティーのイメージが強い紅茶だって

中国も負けていません!

 

そんな中国茶は発酵度によって6種類に大別されています。

発酵度が高いものから、

黒茶、紅茶、青茶、黄茶、白茶、緑茶

という順番になっているのだそう。

それでは、それぞれのお茶がどのようなものなのか、

簡単に紹介していきましょう。

 

 

濃厚な味が楽しめる黒茶

黒茶

 

黒茶は完全に発酵された茶葉に、

更に微生物を植え付けて熟成させたお茶です。

長期間保存できるのも魅力の1つ。

そのため、ワインのように年代物のお茶が存在するのだとか。

 

このお茶の代表として挙げられるのは、

やはりプーアル茶。

 

香りは重厚なのですが、飲むと胃の中の油が

一気に洗い流されるような清涼感を得られます。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

英国女王も愛する紅茶

紅茶

 

イギリスからの置き土産である紅茶。

茶葉(ちゃば)を完全に発酵させたものです。

中国で独自の進化を遂げ、

本家・イギリスに負けないものが

作られるようになりました。

特に、祁門紅茶(きもんこうちゃ)は三大銘茶に数えられるほど。

 

ほのかに甘味を持つ上品な味わいで、

イギリスの女王にも愛されているのだとか。

 

日本人も大好きな青茶

龍

 

耳なじみの無い青茶ですが、

実は日本人が愛するウーロン茶がその仲間なのです。

発酵した茶葉と発酵していない茶葉が混じり合っているのが特徴。

 

ウーロン茶を飲むと

なんだか青臭さを感じることもありますが、

半発酵状態なのだとわかるとそれも納得いきますね。

 

清朝の皇帝に愛された黄茶

 

日本人には何だか縁遠い黄茶。

特別な工程を経て作られる

希少価値の高いお茶なのだそう。

 

そのため大変高価で、

100g1万円以上で取引されることもザラ。

 

清朝の皇帝に愛飲されていたといわれています。

 

見た目も美しい白茶

白茶

 

こちらも日本人にはあまりなじみの無い白茶。

しかし、2000年代にはペットボトル飲料として

発売されていたみたいです。

 

白い産毛が生えているうちに摘んで

その産毛がそのまま残るほど、

ゆっくりと発酵させます。

 

耐熱ガラスのティーカップに注ぐと、

茶葉がユラユラと人魚のように

美しく泳ぐ様子が楽しめます。

 

夏バテ解消にもおすすめのお茶です。

 

やっぱり外せない!緑茶

緑茶

 

生産量・消費量共にナンバーワンなのが、

やっぱり緑茶。

 

茶葉は当然緑色。

日本の緑茶は発酵を止めるために茶葉を蒸しますが、

中国の緑茶は茶葉を釜で()るのが主流です。

 

しかし、違うのはその製法だけではありません。

飲み方だって違います。

 

中国でのどが渇いて、

渇きを癒すために緑茶を買って

日本の緑茶の味を想像しながら飲むと、

ペットボトルを投げ捨てたい衝動にかられます。

 

うぇ!!

何だこの味!!

 

それもそのはず。

中国で売っているペットボトルの緑茶には

ほとんど砂糖が入っています。

 

中国では緑茶にも紅茶のように

砂糖を入れるのが一般的なのです。

 

そのため、

中国で日本の緑茶のような味の緑茶を求める場合は注意が必要です。

 

頑張って無糖のお茶を探しましょう。

 

では、君は何なんだ?ジャスミン茶

ジャスミン茶

 

こうして眺めてみると、

「ジャスミン茶は何に分類されるんだ?」

と思いませんでしたか。

 

実はジャスミン茶は、

茶葉にジャスミンの花を加えたフレーバーティー。

花茶の女王と呼ばれているそうです。

 

その他、

お茶…?という感じの

色々な素材を詰め込んだ八宝菜ならぬ八宝茶なんてものもあるようです。

 

皆さんも是非

中国茶で優雅な午後のひと時を。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

 

元記事:劉備も茶を求めた?中国茶の種類

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:横浜関帝廟のご利益のでる参拝の仕方とは?パワースポットにも最適?

関連記事:劉備にカリスマ性があったの?三国志の英雄・劉備玄徳のカリスマの真実

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 赤壁の戦いは計略の宝庫
  2. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 P…
  3. 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴
  4. 【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)…
  5. キミとボクの三国志とはどんなアプリゲーム?
  6. 夏侯嬰(かこうえい)ってどんな人?劉邦を挙兵時代から支えた夏候惇…
  7. もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消…
  8. 易姓革命!?禅譲か?簒奪か?王莽のはかない夢

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【祝】はじめての三国志!月間100万PV達成のお祝い
  2. 【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった!
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/14〜11/20】
  4. 25話:反菫卓連合軍の崩壊・・・それは、袁紹・袁術の確執から始まった
  5. 曹沖は魏の皇帝になる予定だった?曹操が愛した息子をご紹介
  6. 【匡亭の戦い】曹操が黄巾百万を降した奇跡が袁術の関東統一のチャンスを失ってしまう

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

マジですか?始皇帝が半両銭に込めたメッセージに震える・・ 太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何? 【三国志刀剣乱舞】三国志武将が持っていた名刀・名剣を紹介するよ 【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデルとしていた!? 久坂の思想から新日本グランドデザインを探れ! 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!? 常林(じょうりん)とはどんな人?あの司馬仲達が頭を下げて接した政治家 孫権のガードマン周泰は鉄人武将だった!?

おすすめ記事

  1. 島津斉彬の死因は?島津斉興に暗殺されたのか?
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第20話 「罪と罰」の見どころ紹介
  3. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」
  4. 孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの?
  5. 【李傕・郭汜祭り 6日目】全員悪人の例外?献帝を保護するつもりだった段煨(だんわい)
  6. 董卓の毒牙から袁紹を陰ながら助けた名士達に痺れる!
  7. 三国志時代にタイムスリップしたらあなたはどこに仕えたい?魏?呉?それとも蜀?
  8. これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP