劉備も茶を求めた?中国茶の種類

劉備 茶

中国茶には、緑茶や紅茶などいろいろな種類がありますが、

もとの茶葉はひとつしかありません。(産地の違いはあります)

 

何が色や味を変えるのかというと、

茶葉を発酵させるか、させないか

茶葉をもむか、もまないか

その違いだけで、

「緑茶」「白茶」「黄茶」「青茶」「黒茶」「紅茶」の

6種類のお茶が出来上がります。

 

また、6種類のお茶とは別に、

花の香りをつけた「花茶」や、

お湯を注ぐと花が咲いたりするしかけのある「工芸茶」、

茶外(ちゃがい)に分類される「八宝茶」などがあります。

 

 

[adsense]
 

6種類の茶の違い

東方 光

 

簡単に6種類の茶の違いをご紹介したいと思います。

 

・緑茶:茶葉を摘んですぐに熱を加え、発酵させないもの

・白茶:芽の部分を摘んでしおらせて、少しだけ発酵させたあと、

ゆっくり乾燥させたもの

・黄茶:茶葉を乾燥させたあと、茶葉を積み重ねて紙をかぶせ、

高温多湿の場所で軽く発酵させたもの

・青茶:日光に当ててしおらせて、さらに室内でもしおらせ、

茶葉をもんで発酵させ、半分くらいの発酵で止めたもの

・黒茶:緑茶の工程のあと、積み重ねて発酵させたもの

・紅茶:まずしおらせたあと、よくもんで、紅色に変わるまで

発酵させたもの(最も発酵が高いもの)

 

さてここで問題です。

日本人にはよく知られているウーロン茶ですが、

なに茶に分類されるでしょうか?

 

答えは記事の最後に記します。

 

 

八宝茶とは

三国志 光

 

中国では、「八」という数字が「末広がり」でとても縁起のよいものだと

考えられています。

車のナンバーでは「8888」が最も人気です。

 

八宝茶の「八宝」は「たくさん」という意味になります。

その名の通り、八宝茶の中には、茶葉以外に様々なものが入っているのです。

 

たとえば、ナツメやクコ、龍眼などの実や、

アンズやマンゴーなどのドライフルーツ、

菊花やミニ薔薇などの花、氷砂糖など、まるで宝箱のように

色とりどりのきれいなものがギュッと詰まっています。

 

見た目の美しさもさることながら、それぞれの成分に薬効があるため、

体にもたいへんよいとされています。

 

また、縁起のよい名前から、結婚式のお祝いや、出産祝いなどに

贈るととても喜ばれます。

 

 

ウーロン茶の色は?

かわうそ 不思議

 

ウーロン茶(烏龍茶)は、色を見るとつい「黒茶」と思われがちですが

正解は、「青茶」になります。

 

「全然青くない!」

とお怒りのあなた。

 

まあまあ、こちらを飲んで、どうか癒されてください。

(三国志八宝茶-ちゃんごくし

 

[adsense]
 

こちらの記事もよく読まれています

張角 茶

よく読まれてる記事:劉備も茶を求めた?中国茶の歴史

 

ハッポウ茶

よく読まれてる記事:cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶

 

 

[adsense]
 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

 

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

■好きなこと(趣味):

本屋さんをはしごすること

 

■好きな三国志の人物:

孫策と周瑜

 

■幸せを感じる瞬間

自分の書いた文章に素敵なイラストを描いてもらったとき

 

■出没場所

動物園

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 孫堅、孫賁
  2. 関銀屏
  3. 天狗に憧れる細川政元
  4. 鱸魚を釣る左慈
  5. 曹操&袁紹花嫁泥棒
  6. 山頂に陣を敷いた馬謖

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

三国志って何?




PAGE TOP