曹操孟徳特集
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

三国志夢幻演義 龍の少年

【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その2「龍の目覚め」

この記事の所要時間: 248

 

こんにちは。光月ユリシです。

拙著「三国夢幻演義 龍の少年」に関心を持ってくださり、ありがとうございます。

小説には必然的に当時の地名がたくさん出てきますが、

皆さんも三国志を楽しむ上で地図とにらめっこした経験があると思います。

ということで、解説2回目は地名について補足・説明したいと思います。

 

命をつかさどる山・泰山について

 

【本文1】小説の序盤でまず鍵となる場所が、泰山です。単独の山を言うのではなく、辺り一帯

の連峰を一まとめにして「泰山」と呼びます。泰山の最高峰は標高1545メートル。

物理的に登れない山ではありませんし、

当時も山道が整備されていたに違いありません。

 

泰山は昔から名前も変わらず、その重要性も変わりません。

儒教や仏教だけでなく、道教においても聖山で、

“五岳独尊(ごがくどくそん)”と尊ばれて、中国の五元札に描かれています。

黄巾賊が信仰した太平道は道教の前身なので、黄巾賊にとっても聖山でした。

 

また、仏教では、泰山の地下には泰山地獄があるとされます。小説に登場した黒い龍

(あの人物の魂)が落下していく様子は、それをほのめかしています。

 

泰山太守を務めた応劭の「風俗通」という書物に人の寿命を記した金篋・玉策(きんい・

ぎょくさく)の話が出てきますが、

これも孔明が泰山を訪れる理由として参考にしています。

 

地名における「陰」と「陽」

 

【本文2】三国志に見える地名には地形にちなんだものが多く、

それを知ると、地図上に見えなかった山や川が浮かび上がってくるようで面白いです。

 

地名で特に多く見かけるのが「陽」の文字。

日本にも「山陰」や「山陽」といった地名がありますよね。

其之一の冒頭に登場した蒙陰という地名は蒙山の北という意味で

す。陰陽思想では、「陰」は山の北、「陽」は山の南を表します。

 

ちなみに、川を基準にする場合だと逆になります。

つまり、川の北が「陽」、川の南が「陰」です。

後漢の都・洛陽は洛水という川の北側、

荊州の州都・襄陽は襄水という川の北側に位置しているので、そう言います。

ややこしいやら、面白いやら。

 

郡国制度をおさらい

 

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、知らない方のために基本情報を一つ。

この小説が描かれている後漢時代では、郡国制度が採られています。

郡の行政長官を「太守」、国の行政を王に代わって代行するのを「相」と呼びます。

 

郡と国の違いを簡単に説明すると、王がいない土地(郡)か、いる土地(国)かで、ほぼ同義です。

太守と相もほぼ同義と言えます。

その郡国の下に県があって、大県の長官を「令」、小県の長官を「長」といいました。

 

郡太守、国相、県令、県長、いずれも中央政府から任命されます。

 

郡国をいくつかまとめた行政範囲が「州」です。

州の長官を「刺史」(しし)といいましたが、刺史は兵権を持たず、

郡国を巡察するのが主な役目でした。

 

しかし、各地で反乱が続いていた当時でしたから、

州にも兵権を与えようという制度改革があって、

刺史は兵権を持った州の長官「牧」(ぼく)と改称されます。

 

光月ユリシの独り言

 

今回の解説は以上です。

このような知識があれば、三国志をより楽しく理解できると思います。

 

このような作品を書くにあたって、地理の情報は欠かせません。後漢時代の地図を見

て昔の地名、位置や地勢を確認したり、距離や移動に要す日数を計算したり、

地理好きな私にとって、それは時間忘れるくらい楽しいことだったりします。

 

実は私は現在中国在住です。

趣味が高じてと言いますか、この小説のロケハンを第一理由に中国へ渡り、

仕事の傍ら、各地を旅行しております。

残念ながら、まだ泰山には行ったことがありません。

ですが、いつの日か必ず訪れて、自分の目と心で泰山を感じたいと思っています。

 

実際に住んでみるとわかるのですが、中国は、それはもう本当に広いです。地図上で

近いと思った場所も車や電車で数時間かかることはざらで、この広い世界を馬や馬車、

徒歩で移動していたとなると、それはとんでもない苦労だったと思います。

 

北から南へ、東から西へ。

孔明の疎開の旅がたいへんなものであったことは想像に難くありません。

すごいな~、孔明。

 

でも、三国志の登場人物で、生涯で一番移動したのは劉備のような気がします。

皆さんは誰だと思いますか?

 

三国夢幻演義 龍の少年 第2話:「龍の目覚め」

 

本作品は、いかがでしたか?
励みになりますので、アンケートにご協力いただきますと幸いです。

 

■「龍の少年」の感想を送る
https://bit.ly/2k2RW27

 

※ツイッターはハッシュタグ #三国志夢幻演義 で感想をお待ちしています。

光月ユリシ

光月ユリシ

投稿者の記事一覧

九州某県某市出身。いつの頃からか「三国夢幻演義」の執筆をライフワークとし、ついにはロケハンを兼ねて中国で働くことに決めたという筋金入りサンゴクサー。休みがあれば、三国遺跡や自然美を求めて中国を遠征する旅人系サンゴクサー。またある時は現地中国人との交流を深め、一人外交に従事する日中友好サンゴクサー。夢見がちだが、割合いい人との評判。

関連記事

  1. 三国夢幻演義 龍の少年 第2話「龍の目覚め」見逃し配信開始!
  2. 【告知】はじめての三国志が本格三国志巨編に挑むよ!
  3. 【告知】三国夢幻演義龍の少年 第2話:配信と見所について
  4. 第3話:三国夢幻演義 龍の少年「疎開の旅」配信中
  5. 本格三国志小説『三国夢幻演義 龍の少年 第2話』6/24(土)配…
  6. 三国夢幻演義 龍の少年 第1話「命の山」見逃し配信開始!
  7. 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その1
  8. 第2話:三国夢幻演義 龍の少年「龍の目覚め」配信中

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 姜維と魏延性格は真反対だけど似ている所があった!!
  2. 馬岱(ばたい)ってどんな人?実は記録がほとんどない馬超のイトコ
  3. 孫策涙目になるほどのフルボッコ!?小覇王をコテンパにした陳登
  4. 能ある鷹は爪を隠す!『三国志』に見る韜晦の計
  5. 【シミルボン】すでにキャラ立ちしている、民話の中の三国志
  6. 孔明とは陰と陽!漆黒の軍師、法正が蜀獲りに大活躍

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

113話:老将・黄忠死す、次々と天に還る五虎将軍 【諸葛亮孔明に学ぶ学習方法】夏休みの宿題にも応用できる? 関羽のエア息子?関索が大活躍した理由とは 【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR) 【キングダム】楊端和(ようたんわ)は実在した女将軍?史実を元に徹底解剖 高杉晋作の奇兵隊はどんな組織だった? ブラウザ三国志|マーベラスにおとぼけが突撃じゃ! 【特別企画】kawausoがあなたの夢を叶えます!三国志にタイムスリップしたら何したい?

おすすめ記事

  1. 春秋戦国の覇者・桓公の最後は非常に残念!名宰相がいなくなったら大変なことに
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【10/2〜10/8】
  3. 【西郷どん】奄美大島に流された西郷隆盛は本当に荒れていたの?
  4. 関羽も食べた巨大ビスケット「博望鍋盔」の由来とお家で作れる豚まんレシピ
  5. これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話
  6. 意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦
  7. 三国志に登場する兄弟最強は誰だ!?三国志最強兄弟賞(SSK)
  8. 関羽と法正、正反対のイメージの二人の意外な共通点

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP