呂布特集
コメント機能リリース


はじめての三国志

menu

西郷どん

山内容堂の死因は「やけ酒?」ストレスを抱えることになった理由とは?




山内容堂

 

幕末の大河ドラマで、坂本龍馬(さかもとりょうま)の上司で土佐藩の藩主として山内容堂(やまのうちようどう)が登場します。

山内容堂と言えば藩政改革で雄藩として台頭し、四賢候(しけんこう)として幕政に関与することになりました。

この記事では、山内容堂についてなぜ酒におぼれるようになったのか。

その経緯(けいい)について取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:山内容堂は鯨の如く酒を飲んでいたって知ってた!?

関連記事:もし大政奉還が成功していたら日本はどうなった?

 

 

藩士が自分の言うことを聞かない

闇討ち

 

山内容堂が土佐藩の藩主になります。藩主になった経緯について、

13代・14代土佐藩の藩主が相次いで死亡したため、

跡継ぎを定めないままに死亡すると「お家断絶」とみなされ、

山内家は消滅、領地は幕府に没収されるところでした。

 

ところが、藩の家臣たちが藩主の死を隠したまま

容堂を跡継ぎにすることを幕府に願い出ます。

幕府はこの隠している事実を知りながら、容堂の藩主就任を認めました。

以降、容堂が大政奉還まで幕府をかばおうとしました。

 

山内容堂が土佐藩の藩主になった頃、幕府は公武合体を模索していました。

容堂も公武合体派でしたが、土佐藩内では尊皇攘夷派の土佐勤王党が台頭し、

容堂の抜擢した吉田東洋(よしだとうよう)と対立します。

吉田東洋

 

吉田東洋は土佐勤王党によって暗殺される事態に至りました。

容堂は禁門の変後、土佐勤王党の弾圧を始めます。

首領の武市半平太(たけちはんぺいた)切腹を命じられ

下士(身分の低い武士)に対して斬首し、土佐勤王党は壊滅しました。

 

 

幕府が自分の言うことを聞かない

密談

 

山内容堂は徳川慶喜(とくがわよしのぶ)を推したことに伴い、安政の大獄で謹慎処分を受けました。

井伊直弼(いいなおすけ)桜田門外の変で暗殺されると、幕政に関与するようになりました。

容堂は公武合体を模索して幕府に意見を言いますが、説得しても言うことを聞かなくなりました。

幕府の権威が失墜していたことが原因として挙げられます。

 

幕末のおじゃるズ公家
公家

 

部下に言われるがまま動かざるを得ない

山内容堂

 

1867年、山内容堂は公武合体を模索していましたが、

倒幕の動きに逆らうことができなくなりました。

坂本龍馬が発案した船中八策(せんちゅうはっさく)後藤象二郎(ごとうしょうじろう)から進言されます。

それから容堂は15代将軍徳川慶喜大政奉還(たいせいほうかん)を建白したと言われています。

 

新政府で発言力を持てない

京都御所

 

1867年12月の京都御所内で行なわれた小御所会議(こごしょかいぎ)において、

倒幕を目指していた薩長に対して、山内容堂は幕府を擁護(ようご)する言動や行動を取りました。

容堂が幕府を擁護した理由として、薩長が推進する倒幕運動が

下級藩士層の突き上げ運動にすぎないという見方が挙げられます。

結果として幕府は倒れ、明治政府がスタートしました。

 

容堂ら大名階級の人々は華族(かぞく)という身分になりましたが、

全ての政治的な実権はなくなりました。

また、1871年に廃藩置県(はいはんちけん)が行われ、

大名だけでなく藩の存在も消滅することになりました。

 

ストレスを抱えた容堂は「酒」を楽しむ

亡くなる山内容堂

 

明治新政府に内国事務総裁(ないこくじむそうさい)に任命されますが、

ほとんど政治に積極的に参加することなく、1869年に辞職しました。

晩年は東京で過ごし、酒と詩を楽しんだと言われています。

1872年、46歳で脳溢血により死亡しました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は山内容堂が藩主になってから酒におぼれるまでの過程について取り上げました。

容堂が土佐藩主になってから藩士が抜擢した吉田東洋を殺害するなど

言うことを聞かないという悩みから酒におぼれたのかもしれません。

 

安政の大獄による謹慎が解かれてから政治に関与しますが、

幕府が自分の意見を聞かないことに悩みました。

坂本龍馬と後藤象二郎の意見に従わざるを得ない状況になり、

思い通りにならなかったことがやけ酒の原因になったのかもしれません。

 

山内容堂と坂本龍馬、2人の関係は「理想の上司と部下」だったのか?』では、

藩政改革に取り組んだ山内容堂について取り上げていますが、

やけ酒のせいで容堂の功績が評価されにくくなっているのかもしれません。

今後、山内容堂による藩政改革に注目したいと思います。

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末はじめての幕末

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 井伊直弼最後の言葉に震える死を覚悟した孤独な独裁者
  2. 吉田松陰の辞世の句は3つあった!松陰最期の日の心境に迫る
  3. 木戸孝允 西郷隆盛と木戸孝允はどんな関係?
  4. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札 井上馨の汚職事件から考える日本の政治とカネ!
  5. 阿部正弘の家紋鷹羽紋とはどういう家紋?
  6. 橋本左内と吉田松陰、二人の天才が残した功績とは?
  7. 中岡慎太郎の写真の謎?近藤勇との意外な関係とは?
  8. 明治政府の教育改革・学制とは?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蜀の劉琦
  2. 趙雲と劉備が初めて出会うシーン
  3. 蹇碩(けんせき)
  4. 孫堅と董卓
  5. 秦明
  6. 真田丸
  7. 紀霊(ゆるキャラ)

おすすめ記事

  1. 三国志の時代の庶民の家はどんな建物をしていたの? 庶民、村人の家
  2. 関羽千里行が可能だったのはカバだから?カバは身体能力的に赤兎馬たりうるか?【HMR】 顎のちからが凄い関羽が乗るカバ(赤兎馬)
  3. マイナーですまん!袁術に滅ぼされた陳王 劉寵(りゅうちょう) 劉寵と袁術
  4. 【諸葛恪の栄光と破滅】最初の成功が人生を狂わせた呉の最高指導者 諸葛恪の栄光と破滅
  5. 黄巾賊の組織体制はどうなっていたの?太平道を布教させた宗教団体をミエルカしてみるよ 張角は歴史の表舞台に登場
  6. 81話:赤壁の戦い後の劉備と孫権の関係はどうなったの? 孫権 劉備 対立

三國志雑学

  1. 魏から蜀に下る姜維
  2. 過労死する諸葛孔明
  3. 袁術
  4. 孔明


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 黄月英と孔明
  2. 明治天皇
  3. 華雄と呂布
  4. 陳羣
  5. 黒船(ミシシッピ号)

おすすめ記事

【魏のキラーの名を冠した将軍】城を守らせたら誰にも負けない文聘ってどんな人? 河上彦斎 河上彦斎はどんな人?るろうに剣心のモデルになった人斬り四天王 はじめての三国志 画像準備中 安保法案ってなに?三国志で理解する安保法案【今さら聞けない】 キングダム54巻amazon キングダム最新606話ネタバレ「起こり」レビュー 孔融と曹操 曹操をザコ扱い!孔融が天子に禰衡を推薦した文章が毒舌すぎる 公孫攅と劉備 三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚 邪馬台国と卑弥呼軍 壬申の乱の内幕、皇位継承を巡る日本古代史上の最大の内戦を解説(第1回) 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/21〜11/27】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP