呂布特集
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

西郷どん

【山内容堂と坂本龍馬】2人の関係は「理想の上司と部下」だったのか?




山内容堂

 

幕末では坂本龍馬(さかもとりょうま)が一番人気のある歴史上の人物の一人で、

これまでに何回か大河ドラマになっています。

坂本龍馬は土佐藩の元藩士で、土佐藩の藩主は山内容堂(やまのうちようどう)です。

山内容堂も雄藩として台頭した土佐藩の藩主で、

山内容堂は伊達宗城(だてむねなり)島津斉彬(しまづなりあきら)松平春嶽(まつだいらしゅんがく)四賢候(しけんこう)として

呼ばれるようになりました。

 

この記事では坂本龍馬と土佐藩の藩主である山内容堂との関係、

龍馬の船中八策(せんちゅうはっさく)を受け入れた真相について取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:松平春嶽がいなければ坂本竜馬が歴史に名を残すことはなかった!?

関連記事:山内容堂は鯨の如く酒を飲んでいたって知ってた!?

 

 

尊王志士だった坂本龍馬と佐幕派の山内容堂

坂本龍馬

 

藩主となった山内容堂(当時、豊信(とよのぶ))は藩政改革に着手しました。

有能な人材を登用しました。登用された人材の中では吉田東洋(よしだとうよう)が有名です。

吉田東洋は殖産興業(しょくさんこうぎょう)・軍制改革・開国貿易など富国強兵を目的とした改革を進めます。

 

容堂は四賢候の一人として幕政改革にも関わりました。

13代将軍徳川家定(とくがわいえさだ)は病弱で世継ぎが見込めないことから、

将軍継嗣問題(しょうぐんけいしもんだい)で容堂は松平春嶽・伊達宗城島津斉彬らと

徳川(一橋)慶喜(よしのぶ)を擁立しました。

一方で、井伊直弼(いいなおすけ)は血筋を重んじて徳川慶福(とくがわよしとみ)を推しました。

島津斉彬が亡くなり悲しむ西郷隆盛

 

徳川慶喜を推していた阿部正弘(あべまさひろ)島津斉彬が死亡しました。

1858年に井伊直弼が大老となり、徳川慶福が時代将軍となることが決まりました。

山内容堂は幕府に隠居願いを出しました。

そして、井伊直弼による安政の大獄が始まりました。

安政の大獄により、徳川慶喜をはじめ、松平春嶽・伊達宗城・山内容堂らに謹慎が命じられました。

容堂が謹慎しているときに尊王攘夷派(そんのうじょうい)の運動が活発化し、

容堂が抜擢した吉田東洋が土佐勤王党によって暗殺されました。

闇討ち

 

容堂が政治に復帰すると、土佐勤王党の弾圧を始めました。

土佐勤王党の党首である武市半平太(たけちはんぺいた)切腹を命じました。

武市半平太

 

当時、坂本龍馬は土佐勤王党に加わっていましたが、

弾圧される前に土佐藩を脱藩していたため処分を受けませんでした。

 

 

自由奔放な龍馬をあえて放任していた山内容堂

ビジネスマンの坂本龍馬

 

土佐藩は初代藩主山内一豊の代から上士(じょうし)下士(かし)という身分に分かれていました。

上士は山内一豊寄りの武士で、下士は関ケ原の戦いで負けた

長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)の頃から仕えていた武士です。

 

土佐藩で有名な坂本龍馬は下士ですが、

質屋など様々な商売で財を成した豪商で比較的裕福な家庭でした。

江戸時代も末期になると、上士と下士の身分制度の枠組みから

抜け出そうとする若者が現れます。

人を助ける坂本龍馬

 

その若者とは坂本龍馬と中岡慎太郎(なかおかしんたろう)らで土佐藩を脱藩しました。

脱藩をすれば死罪になりますが、坂本龍馬と中岡慎太郎は

土佐藩にとって重要人物だったことから死罪は免れました。

 

【西洋文明に遭遇した日本の開国秘話に迫る!】
こんにちは西洋

 

龍馬の「船中八策」を受け入れた山内容堂の真意

山内容堂

内容堂は藩主を継いだ経緯で幕府に恩義を感じていたことから、

公武合体を模索していました。幕府を倒そうとする薩長とは反対の立場でした。

坂本龍馬は政治方針として船中八策を示しました。

 

船中八策とは公議政体論のもとで大政奉還・上下両院の設置による議会政治

有能な人材の政治への登用・不平等条約の改定・憲法制定など8項目からなります。

この龍馬の政治方針は15代将軍の徳川慶喜に大政奉還を建白することになりました。

 

公武合体を模索していた山内容堂にとって

徳川慶喜を新政府のトップにすることができそうなので、

坂本龍馬の船中八策を受け入れることができたと考えられます。

 

龍馬死す!その後の山内容堂

亡くなる坂本龍馬

 

1867年、大政奉還が成立して1か月後に暗殺されました。

坂本龍馬が暗殺されたため、土佐藩は主導権を握ることができませんでした。

小御所会議において薩長は徳川慶喜を排除する動きを見せます。

この会議において大政奉還した徳川慶喜の官職である内大臣の辞職と

徳川家領の減封が決定されました。

山内容堂にとって無念の思いで苦渋を味わい、酒におぼれることになりました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は山内容堂と坂本龍馬との関係と

大政奉還後の山内容堂について取り上げました。

山内容堂と坂本龍馬は理想の上司と部下だったのかについて

、脱藩したことに対する罪を免じていることから

龍馬の才能を認めていたと考えられます。

容堂はやけ酒の印象を受けますが、

適材適所で人材を登用する才能があったのかもしれません。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:坂本龍馬の身長は?本当は大きくないの?

関連記事:坂本龍馬の死因は?暗殺の黒幕は分かったの?

 

「富国強兵・文明開化」を目指した薩摩藩の藩主・島津斉彬の生涯
島津斉彬

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 大奥には入れ替えがあった?意外に知らない大奥
  2. 大山巌 大山巌とはどんな人?明治の軍人の名言なども紹介
  3. 対立する西郷隆盛と大久保利通 大久保の死は自業自得だった!政治を私物化した男の最期
  4. 【戊辰戦争を振り返る】明治新政府軍 vs 旧幕府軍
  5. 山内容堂の死因は「やけ酒?」ストレスを抱えることになった理由とは…
  6. 徳川家を守った篤姫 幾島vs本寿院勝敗を決めたのは徳川斉昭のスケベだった
  7. 幕末 洋式軍隊の行進 彰義隊が散った上野戦争とはどんな戦いだったの?
  8. どうして武士は切腹するの?実は簡単に死ねない超痛い自殺の真実

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム
  2. 呂布に暗殺される董卓
  3. 孫権 冠
  4. 張コウ 張郃
  5. 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明
  6. 徐邈(じょばく)は曹操の禁酒令を破った

おすすめ記事

  1. 上野攻略戦に赴く武田信玄の戦略とは? 徳川家康をボコボコにする武田信玄
  2. 諸葛亮死後に相次いで起きた魏延と楊儀の死とは? 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱
  3. 曹丕は陰湿な性格じゃない!実は優しくて兄弟想いの皇帝だった 曹丕にバカにされて嫌な気分な王忠
  4. 三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで鎧を徹底紹介! 曹操
  5. 【11月の見どころ】11/11〜15日まで「春秋左氏伝の世界」
  6. 【金瓶梅】ってどんな本? 四大奇書だけど淫猥すぎて発禁になった奇書 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)

三國志雑学

  1. ミニチュアで遊ぶ董卓
  2. 張飛が使う蛇矛
  3. 張遼・楽進・李典
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 龐統
  2. 兵士
  3. 甘露寺 十字紋石
  4. 黄月英
  5. 江藤新平 幕末
  6. 法正

おすすめ記事

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第2部 徐盛(じょせい)呉の将軍 【濡須口の戦い功労者列伝】なんども挽回したタフな将軍徐盛 劉備 それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選 キングダム キングダム ネタバレ 535話「蒙恬総大将特例で将軍へ昇格」 袁紹VS袁術(犬猿) 三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その9「江南動乱」 曹操の曽祖父曹萌が気前良すぎて逆に怪しすぎる! 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 【三国志とお金】三国志の時代の市場はどんなだった?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP