三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

西郷どん

五代友厚と大阪商法会議所近代大阪の基礎を築いた手法とは?

幕末 帝国議会




 

五代友厚(ごだいともあつ)は北海道開拓使官有物払下げ事件で有名になっていますが、

連続テレビ小説『あさが来た』でディーンフジオカが演じてから

印象がガラッと変わったと感じた人が多いと思います。

商売が上手な人や大阪経済を立て直した人という印象を受ける人が多くなったと思います。

この記事では、明治維新(めいじいしん)で衰退した大阪経済と

大阪経済を立て直した五代友厚について取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:【西郷どん】おゆうとはどんな人?大久保一蔵(利通)を支えた愛人

関連記事:大久保利通と麻生太郎は血縁だった?家系図から読み取る意外な関係性

 

 

商人の台所・大阪が衰退した理由

大阪

 

五代友厚は商人の町大阪再生の立役者だった!』によれば、

江戸時代から大阪の商人は銀で取引をしていましたが、

銀での商取引が廃止されました。

 

大阪商人は大名に貸し付けを行っていましたが、

大名が廃藩置県によってなくなったため返済がなくなり、

両替商の資産が消失しました。

このことが大阪経済の衰退した原因となりました。

 

 

明治新政府から派遣された五代

明治新政府

 

明治政府は大阪経済が衰退したことを憂慮していました。

政府は経済に精通している五代友厚を大阪に派遣することを決めました。

五代が大阪経済再生のために

大阪商法会議所(現、大阪商工会議所)を設立しました。

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

大阪商法会議所設立・あきんどの力を再結集させた五代

大阪商法会議所設立

 

五代友厚は大阪経済再生のために大阪商法会議所を設立しました。

設立の目的は、大阪の実業家が相互扶助によって自己の利益を増すとともに

大阪の繁栄を軸に国富を増強させることでした。

大阪商法会議所の創立委員は11名で、中には鴻池善右衛門(こうのいけぜんうえもん)

三井元之助(みついもとのすけ)(後の三井財閥)がいました。

 

綿花に目を付けた五代・日本版産業革命を大阪から起こす

日本版産業革命を大阪から起こす

 

五代友厚は大阪に派遣される前、綿花(めんか)の取引で利益を上げたことがありました。

綿花の取引で得た利益を紡績業(ぼうせきぎょう)につぎ込みます。

NHK連続テレビ小説『あさが来た』のモデルである広岡浅子の夫・信五郎は

日本綿花(現・双日)発起人(ほっきにん)の一人です。日本綿花は大阪商人ら25名によって設立されました。

設立したメンバーの多くは大阪商法会議所(現、大阪商工会議所)の会員となり、

大阪の経済発展に尽力しました。

 

大阪商工会議所の会員に最初に登録された企業はどこでしょうか。

大阪商法会議所の設立された翌年の1892年に日本綿花が設立されました。

日本綿花は後にニチメンに名前を変えて、現在は双日という名前になっています。

日本綿花から現在の双日まで大阪商工会議所の会員番号は1番のままです。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

この記事では大阪経済の基礎を築いた五代友厚について取り上げました。

五代友厚は連続テレビ小説『あさが来た』で注目されるようになりましたが、

『あさが来た』放送前まで、日本史の授業で

北海道開拓使官有物払下げ事件の人物として勉強した人がほとんどだと思います。

 

なぜ、五代友厚はあまり有名にならなかったのか。

五代は大阪商法会議所の初代会頭になりましたが、わざと頭取や副頭取になりませんでした。

五代は薩摩藩士時代に長崎で外国人の商人グラバーのもとに出入りしていたことで、

経済を学んだと言われていますが、商法会議所では裏方に徹したことが挙げられます。

五代が財閥を作らなかったことも有名にならなかった要因になっていると考えられます。

大阪経済は五代の尽力により紡績業中心となりました。

 

日本綿花(現、双日)以外で、関西発祥の紡績業については

渋沢栄一が設立した大阪紡績会社(現、東洋紡)や尼崎紡績(現、ユニチカ)などが挙げられます。

大阪経済が紡績業で再興できるようになると、全国に紡績会社が設立されました。

機械による綿糸生産が盛んになったことに伴い、

国内で生産している綿糸が輸入綿糸の量を上回るまでになりました。

五代友厚について経済再生以外の功績について、今後注目したいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:島津斉彬の性格のダークサイドを紹介!贋金作りで軍資金を造る裏斉彬

関連記事:島津斉彬は日本最初のカメラ小僧だった!幕末カメラ事情

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 月照はどんな人?西郷どん最愛のお坊さん?
  2. 大隈重信 / 引用 wikipedia 大隈重信とはどんな人?早稲田大学の創設者の人生を年表で紹介
  3. 長州藩はどうしてああなってしまったのか?3つの理由
  4. 衝撃!江戸時代は1862年に終った?一会桑政権vs明治政権の戦い…
  5. 流刑生活は意外に快適?奄美大島を満喫西郷どんを巡る旅
  6. 【3000文字でわかる】!禁門の変(蛤御門の変)をすっきり解説
  7. 川口雪蓬(せっぽう)とはどんな人?西郷家の最強居候
  8. 徳川慶喜(幕末) 江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の身長は何センチあったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 玉璽
  2. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  3. 関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟
  4. 暴れる関羽

おすすめ記事

  1. 【月間まとめ】2016年5月の注目ニュース21選!
  2. 張郃は袁紹の疑心暗鬼の犠牲者だった!?
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【4/10〜4/16】
  4. 赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬
  5. 魏延と馬岱は孔明を恨んでいた「怨トモ」だった!?
  6. 【李傕・郭汜祭り 4日目】献帝帰還の功労者の惨めな最期 張済(ちょうさい)

三國志雑学

  1. 曹丕
  2. 曹操&袁紹花嫁泥棒
  3. 曹丕
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉禅
  2. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  3. 劉備主役

おすすめ記事

明智光秀と煕子(麒麟がくる) 明智光秀の生まれは美濃の国?出身地など生まれた場所など解説 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/27〜7/3】 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【2/6〜2/12】 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース10記事【11/27〜12/3】 三国志時代にもダジャレがあった?蜀の王平(おうへい)は異民族から「ヘイ!!OH様」と呼ばれていた 政(始皇帝) 秦の始皇帝の時代ってどんな時代?分りやすく解説するよ 曹操から逃げ回る劉備 劉備は旅好きだったのか!?北から南へ大移動の真相 ひとりしかいない筈なのにたくさんいた? 『皇帝』のお話

おすすめ記事

  1. 始皇帝が求めた不老不死は現代科学ではどれだけ進展したの?権力者が追い求めたアンチエイジングに迫る!
  2. びっくり!三国時代の文化は日本に近かった? 孫皓と張俊
  3. 【ホラッチョ劉備】皇帝の子孫は後付け設定だった? 劉備玄徳が眩しい理由 三国志
  4. 1940年、幻の東京オリンピックとは?なんで中止になったの? 幻の1940年の東京五輪 いだてん
  5. 武田二十四将とはどんな人?武田信玄の武将たちを紹介
  6. 劉禅の名言から窺い知る名君主ぶり!?
  7. 【官渡の戦い前哨戦】文醜はどうして敗北することになったの?
  8. 三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの? 武器・農業器具を制作する張裔

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP