三国志平話
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

西郷どん

五代友厚と大久保利通、互いを認め合った2人の逸話

この記事の所要時間: 237




五代友厚

 

五代友厚(ごだいともあつ)は大阪経済の立て直しに成功しました。

この記事では五代友厚と大久保利通(おおくぼとしみち)との接点とプロジェクトについて取り上げます。

記事の後半では、五代と大久保らが考えたプロジェクトがうまくいけば

日本の首都はどうなっていたのか、

プロジェクトが行き詰まった経緯について取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:大久保利通の死後、子供たちはどうなったの?八男一女を紹介

関連記事:【西郷どん】おゆうとはどんな人?大久保一蔵(利通)を支えた愛人

 

 

薩摩の三傑と呼ばれた大久保と五代

大久保利通

 

大久保利通と五代友厚は薩摩の三傑(さんけつ)と呼ばれ、実力を発揮していました。

五代は海軍伝習所で学んだ知識を活かして薩摩藩の貿易を担当します。

戊辰戦争(ぼしんせんそう)では武器の買い付けを担当し、戦争の裏方で活躍します。

表舞台で活躍する大久保利通らとともに倒幕に活躍しました。

 

 

経済に疎い大久保と経済に強い五代

経済に疎い大久保と経済に強い五代

 

大久保利通と五代友厚は薩摩の三傑と呼ばれていましたが、

大久保には経済に(うと)いという弱点がありました。

そこで政治と経済の両方に明るい五代友厚に

大阪経済の再生を任せることになりました。

 

明治政府に加わった五代の功績は次の通りです。

外国官権判事と大阪府権判事兼任として大阪に赴任し、

堺事件・イギリス公使パークス襲撃事件などの外交処理を担当しました。

 

また、大阪に造幣寮(現・造幣局)を誘致することに成功し、

初代大阪税関長となりました。

当時、大阪経済は衰退していましたが、立て直しに成功しました。

 

【幕末のエンジニア達】
幕末のエンジニア達

 

衰退した大阪の経済を再生した「政商」五代

大阪の経済

 

五代友厚は衰退した大阪経済の再生に取り組みました。

具体的には、五代は大阪財界人らとともに

大阪株式取引所(現・大阪証券取引所)・大阪商法会議所(現、大阪商工会議所)

大阪商業講習所(現、大阪市立大学)・関西貿易社

阪堺鉄道(はんかいてつどう)(現、南海電気鉄道)など団体や会社を設立しました。

 

五代の功績が評価され、鹿児島市泉町にある泉公園内や

大阪市中央区の大阪証券取引所前・大阪商工会議所前には

五代の銅像が建てられています。

 

大久保と五代の最後のプロジェクト?「大阪遷都」

大阪遷都

 

五代友厚は大阪に赴任して以来、薩長藩閥政府との結びつきが強かったと言われています。

ここでは大久保利通と五代友厚のプロジェクトについて取り上げます。

1868年1月、新政府で首都機能移転の機運が高まっていました。

 

当時参与だった大久保利通は、京都から大阪へ遷都することを提案しました。

この大久保の遷都の提案に対して長州の木戸孝允(きどたかよし)が賛成し大阪遷都がいったん決まりました。

当時の大阪は五代友厚によって経済が再生されていました。

 

しかし、大阪遷都というプロジェクトは前島密(まえじまひそか)の進言により

京都から江戸に遷都することが決定しました。

その後、江戸は東京へと名前を変え、現在に至っています。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

五代友厚と言えば、開拓使官有物払下げ事件が有名で、

政商として官有物を安く払い下げられたため

黒田清隆(くろだきよたか)ととともに批判されました。

 

五代についてはこの事件の印象が強く、

大阪経済の再生についてはほとんど注目されませんでした。

NHK連続テレビ小説『あさが来た』で五代が取り上げられてから、

五代に対する見方が変わったという人が多いと思います。

 

五代友厚や大久保利通らによる大阪遷都のプロジェクトについて、

この歴史の流れは、2008年12月のNHK総合テレビ

『その時歴史が動いた』で放送されました。

この番組では、明治天皇が大阪城を謁見されたことや

大久保が五代に浜寺公園へ案内されたことが紹介されました。

 

1873年に五代に浜寺公園を案内された大久保は

宅地として開発しようとするのを知ると反対したと伝えられています。

この宅地開発に反対する歌は浜寺公園の惜松碑として残されています。

大阪府は2025年の万博誘致を目指していますが、

万博誘致を機に五代友厚の経済の立て直しと

大阪遷都プロジェクトについて考え直したいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:プチャーチンはどんな人?幕末の日本人に敬愛された騎士道の人

関連記事:ペリーは蒸気船の父!アメリカ海軍近代化プロジェクトX

 

【あなたの知らない新選組の姿がここにある!】
新選組

 

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 土持政照とはどんな人?西郷どんの命の恩人に迫る
  2. 【西郷どん】おゆうとはどんな人?大久保一蔵(利通)を支えた愛人
  3. 吉田松陰の思想を最も濃く受け継いでいたのは、前原一誠だった?!
  4. 【西郷どん】奄美大島に流された西郷隆盛は本当に荒れていたの?
  5. 伊達宗城の業績はこれだけある!?四賢候宗城のスゴさ
  6. 島津久光を好きになってはいけない6つの理由
  7. 徳川慶喜の功績って一体何があるの!?
  8. 勝海舟の名言に感動!時代が変わっても心にしみる名言の数々!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法
  2. 【三国志の柔らか経済学】劉備の大チョンボを救った劉巴の神策略
  3. 阿斗は阿呆で胡亥は馬鹿?秦の二代目皇帝はとんでもないヤツだった!?
  4. 【キングダム】驚愕!信の血筋はなんと皇帝に即位していた!
  5. 涙なしには語れない桃園の結義
  6. ところで水滸伝って何?美味いの?中国の明の時代に完成した四大奇書

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【センゴク祭り】織田信長と足利義昭の仲が悪くなった原因って何? 【キングダム予想】公孫龍将軍が最大の壁になる?実は防戦のスペシャリスト 孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ はじめての三国志 4コマ劇場 「関羽単騎駆け」 【超簡単解説】危急存亡の秋とはどういう意味?はじさん故事成語 蜀は龍を。呉は虎を。魏は狗をで知られる諸葛誕の一族が一番優秀だった!? 曹操、思い出したくないあの場面を知育パズルにされる(華容道) 東方明珠って、何者?

おすすめ記事

  1. 【正史三国志】呉書を参考に孫権が皇帝へ登るまでの歴史をご紹介
  2. 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その1
  3. 【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!
  4. 涼州兵も思わずニッコリ?曹操はユーモアに溢れていた
  5. 張飛の身長は何センチ?2mを超える大柄な武将だったの?
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/31〜11/6】
  7. 陸遜の死因は何だったの?孫権のパワハラに耐えきれなかった呉の丞相
  8. 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP