よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

西郷どん

坂本龍馬の髪型はハゲ隠しだったの?

この記事の所要時間: 339




坂本龍馬

 

幕末に活躍した坂本龍馬(さかもとりょうま)は、日本の歴史上の人物の中でも屈指の人気を誇ります。

坂本龍馬には、豪放磊落で身なりには無頓着なイメージがなんとなくあるのではないでしょうか?

 

しかし、坂本龍馬は結構お洒落でした。海援隊の隊士や妻のおりょうの証言が今も残っています。

そして、現代では坂本龍馬の髪型もかなり人気があります。

 

典型的なちょんまげではなく、くせ毛をオールバックにして、

後ろで結わいているポニーテールのような髪型ですね。

今回は坂本龍馬の髪型にまつわるエピソードを調べてみました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:坂本龍馬の身長は?本当は大きくないの?

関連記事:坂本龍馬の愛刀陸奥守吉行はどんな刀?

 

 

龍馬の髪型はいつからあの形になったのか?

坂本龍馬

 

坂本龍馬は写真が残っています。

天然パーマっぽいくせ毛をオールバックにして後ろで結わいている髪型は

多くの日本人がイメージできるものでしょう。

 

ドラマや映画や漫画などでも、あの髪型のイメージで坂本龍馬は登場します。

では、坂本龍馬はいつからあのような髪型になったのでしょうか。

正式な侍の髷ではありませんね。

 

坂本龍馬は頭の一部を剃る月代(さかやき)を作らない「総髪」といわれる髪型です

江戸時代前期では医者、学者、神官などの髪型でしたが、

江戸後期になると武士の間でも流行していきます。

 

坂本龍馬以外では、新撰組の近藤勇(こんどういさみ)

土方歳三(ひじかたとしぞう)や徳川15代将軍の徳川慶喜(とくがわよしのぶ)も月代の無い髪形です。

土方歳三

 

坂本龍馬は、くせ毛が強く普通に髷を結うことが難しかったという話が伝わっています。

そのため、あのような髪型だったのは子供のときからだという話もあります。

 

しかし、有名な坂本龍馬の写真は光の当たり具合から朝方であり、

くせ毛は寝ぐせだったのではないかという意見もあります。

 

坂本龍馬の残している写真の中にはきちんと直毛に見える写真もありますので、

髷が結えないほどのくせ毛だったのかはよく分かりません。

 

「総髪」は手間がかからず、しかも江戸後期には流行していた髪型ですので、

おしゃれな龍馬はかなり早い段階からこの髪型だったのでしょう。

 

 

龍馬の自由奔放さを象徴するあの髪型。どれくらい自由奔放だったのか?

坂本龍馬

 

坂本龍馬といえば自由奔放というイメージです。

あの髪型も龍馬の自由奔放さを象徴するかのようです。

 

江戸時代という格式、形式を重視する時代にあって、

坂本龍馬の自由奔放さが最も分かるのは、家族に送った手紙ではないでしょうか。

姉の乙女

 

坂本龍馬が妻おりょうと登山旅行したことを姉の乙女(おとめ)に伝える手紙が今も残っています。

江戸時代という枠の中に生きている人であれば、

家族に送る手紙でもその書き方、きちんとした書き言葉で書くのが普通です。

 

坂本龍馬はそのような決まりにとらわれず、話し言葉で手紙を書き、

しかも山の様子を描いたイラストまで描いて手紙を送っています。

 

同じ時代の人の手紙に比べてあまりにも自由奔放で型にはまってません

この手紙からも坂本龍馬が型にとらわれない自由奔放な考え方の持ち主であったことがわかります。

 

【維新を阻止しようとした男たちの秘話】
ガンバレ徳川

 

実は薄毛を気にしていた?龍馬の意外な秘密

龍馬の意外な秘密

 

坂本龍馬の写真は、よく見ると結構生え際が後退してるなと感じるものがあり、

また、中には、おでこが広いのがハッキリ分かる写真も残っています。

 

坂本龍馬と同時代を生きた「日本のルソー」と呼ばれる中江兆民(なかえちょうみん)は弟子の幸徳秋水(こうとくしゅうすい)

「坂本龍馬は梅毒で禿げてきていた」と語ったといいます。

 

梅毒は当時の江戸では結構な罹患率のあった病気です。

しかし、中江兆民の証言以外に坂本龍馬が梅毒であったという記録は残っていません。

 

ただ、生え際の後退する薄毛は、30代前半とすればかなり進んでいます。

おしゃれを気にする坂本龍馬ですから自分の薄毛は相当に気にしていたでしょう。

 

死してなおあこがれの存在…現代人も認める龍馬の髪型の「カッコよさ」

現代人も認める龍馬の髪型の「カッコよさ」

 

坂本龍馬は歴史上の人物の人気アンケートをとるとほぼ上位にでてきます。

また、坂本龍馬は写真が残っており、あの現代でも見かける髪型も結構人気があるようです。

 

育毛会社の行ったネットアンケート調査では、

坂本龍馬は歴史上のカッコいい髪型の人物として1位になっています。

ちなみに2位は土方歳三です。ふたりとも幕末の人物で総髪という髪型です。

 

髷よりも現代風で、今でも長髪をポニーテールにしている男性はいます。

坂本龍馬の髪型は時代の断絶を感じさせない、現代人も認めるカッコいい髪型ということになります。

 

歴史ライター夜食の独り言

歴史ライター夜食の独り言

 

坂本龍馬はくせ毛なので髷が結えなかったので、

あのような髪型になったという話は広く伝わっています。

 

しかし、現代に残る写真を見ると直毛にしか見えない姿もあります。

ただ、今に残る坂本龍馬の写真から分かる髪形が、非常に現代的であり、それゆえに龍馬の自由奔放さ、

時代の最先端をいく人物であったようなイメージを作っていったのではないでしょうか。

 

また、そのイメージ通りの時代の枠にはまらない

自由な思考の持ち主であったことは間違いないでしょう。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:坂本龍馬の虚実入り混じった名言、そこまで言ってええんかい!

関連記事:坂本龍馬の死因は?暗殺の黒幕は分かったの?

 

国難を背負ったイケメン首相の生涯に迫る
阿部正弘

 

夜食

夜食

投稿者の記事一覧

歴史大好き。特に江戸時代から幕末、太平洋戦争にかけては好きすぎるくらいです。戦史が好きですので、時代を超えて「戦いの歴史」が好きという者です。よろしくお願いします!!

好きな歴史人物:田沼意次

何か一言:歴史小説もWEBで公開しています。

関連記事

  1. どうして武士は切腹するの?実は簡単に死ねない超痛い自殺の真実
  2. 井伊直弼の評価はどうなっているの?独裁者?英雄?
  3. 新選組は誤解だらけ!本当はこんな組織だ!
  4. 井伊直弼は倒れても像は倒れず!!震災と戦争を耐えた銅像ヒストリー…
  5. お由羅騒動とは何?かんたんに分かりやすく解説
  6. 篤姫はなぜ人気がある?大河ドラマヒットの法則
  7. 月照はどんな人?西郷どん最愛のお坊さん?
  8. どうして一橋慶喜と島津久光の仲は悪くなった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない!
  2. 若し頃の劉備は暗殺されそうになったり、カッコ悪かったりと散々だった!?
  3. 【戦国四君・孟嘗君の逸話】五月五日の子に生まれた子は捨てよ!!父が信じた迷信が原因で悲劇が訪れる
  4. キングダム 524話 ネタバレ予想:秦右翼軍動き岳嬰が討死?王翦が信頼する亜光が活躍
  5. 【保存版】曹叡時代の魏の国内で起こった不思議な現象3選
  6. 94話:成都を陥落させ李厳を得る劉備軍

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

キングダムの史上最悪の宦官、趙高(ちょうこう)はどうやって浮き上がる? 山内容堂は鯨の如く酒を飲んでいたって知ってた!? 劉備と劉邦 王粲(おうさん)とはどんな人?建安の七子であるが容貌の貧弱さでは龐統や張松より上 キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【9/4〜9/10】 いまさら聞けない真田丸って一体何なの? 曹操は諸葛亮を自身に仕官するよう勧誘していた!

おすすめ記事

  1. 天下の奇才!?諸葛孔明とはどのような人物だったのか
  2. 蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義
  3. 【シミルボン】バカっぽい?酒を煮て英雄を論ずは、もう少し知的だった
  4. kawauso編集長のぼやきVol.3「諦めるとは」
  5. 信陵君(しんりょうくん)はどんな人?生まれ故郷を救うために舞い戻ってきた戦国四君
  6. 【キングダムの主人公】飛信隊の信は悲惨な最期を遂げる?
  7. お由羅騒動とは何?かんたんに分かりやすく解説
  8. 【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP