三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

西郷どん

佐賀藩に鍋島閑叟あり!幕末イノベーション革命の成果とは?



 

佐賀藩は肥前国にある鍋島氏が治めた藩として有名です。

幕末の佐賀藩の藩主は鍋島直正(なべしまなおまさ)で、幕末に雄藩として台頭しました。

 

明治維新後、薩長土肥の藩閥政府の一員として加わり、

明治新政府で江藤新平(えとうしんぺい)など近代国家の基礎を築いた人物や

肥前出身で後に総理大臣になる大隈重信(おおくましげのぶ)を輩出します。

 

この記事では、佐賀藩が雄藩として台頭した鍋島直正について取り上げます。

佐賀藩の藩主・鍋島直正の改革と明治新政府後の佐賀について取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:【伊藤博文のイギリス】英語が出来たから総理大臣になれたってホント?

関連記事:【五代友厚と勝海舟】それぞれの道で歴史に名を残した2人

 

 

財政改革で佐賀藩を雄藩に成長させた鍋島直正(閑叟)

 

 

鍋島直正の藩政改革として均田制が挙げられます。

均田制とは飛鳥時代や奈良時代など古代の日本で見られた制度で、

一定の年齢に達したら口分田が与えられます。

口分田を支給する狙いとして、本百姓を維持することが考えられます。

 

産業の育成では陶器・櫨蝋・紙の開発に力を入れました。

陶器は鍋島焼と言われ、人気がある伝統工芸品の一つです。

その他に石炭の増産も行い、財政を立て直しました。

 

佐賀藩は長崎警備を担当していました。

藩主の鍋島直正は自ら長崎に赴き、外国警備の重要性と西洋技術の優秀性を認め、

藩政改革では洋式軍制改革を実施しました。

 

1852年に日本で初めて反射炉の建設に成功しました。

大量の銃砲を購入し、西洋艦船の製造・購入にも努めました。

 

また、医療では天然痘のワクチンを輸入して長男で実験してから、緒方洪庵に分けています。

ワクチンを緒方洪庵に分けたことで天然痘の根絶につながりました。

結果、雄藩として台頭することになりました。

 

 

戊辰戦争で官軍についた鍋島直正(閑叟)

戊辰戦争

 

佐賀藩は京都に家老や藩主が不在だったため、鳥羽伏見の戦いに参加することができませんでした

鳥羽伏見の戦いに加わらなかったことで、薩摩藩から佐賀征伐を主張する声があがりましたが、

薩長側が勝利に終わってから佐賀藩は新政府軍(官軍)に加わりました。

 

佐賀藩は上野彰義隊(うえのしょうぎたい)との戦いから五稜郭の戦い(ごりょうかくのたたかい)まで新政府軍に加わりました。

戊辰戦争において最新式の兵器を装備した佐賀藩の活躍は大きかったと言われています。

 

明治政府になってから鍋島直正は議定に就任します。

直正が育てた人材では近代国家の基礎を築いた江藤新平らが新政府に加わり活躍します。

 

結果として、佐賀藩は最初から戊辰戦争に加わっていませんが、

近代化を推し進めた直政の業績によって薩長土肥の一角を担うことになりました

 

【西洋文明に遭遇した日本の開国秘話に迫る!】
こんにちは西洋

 

先見の明があった鍋島直正(閑叟)

鍋島直正(閑叟)

 

鍋島直正は先見の明があったことでも知られています。

明治維新の中で廃藩置県や版籍奉還については鍋島直正が諸藩に先んじて実践したと言われています。

 

北海道の開拓事業では、旧幕府軍との戦いで得た褒賞を使って元藩士を北海道に移住させました。

50年先の外交・食料・資源などの問題を見通し、

満州開拓、オーストラリアでの鉱山開発などを提言するなど先見の明があったことでも知られています。

 

鍋島直正(閑叟)の死後、佐賀に暗雲が立ち込める

 

1871年、鍋島直正は明治維新の数年後に亡くなりました。

直政の死去は佐賀藩が明治新政府における影響力を失うきっかけになったと言われています

 

佐賀藩の影響力が弱まったことで、

明治六年の政変で佐賀藩出身の江藤新平・副島種臣(そえじまたねおみ)が下野し、佐賀の乱につながりました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

この記事では佐賀藩の鍋島直正とその藩政改革について取り上げました。

佐賀藩の藩政改革では洋式軍制改革も行われ、明治新政府の近代化にも貢献しました。

 

2015年の世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」で

佐賀藩から三重津海軍所跡が登録されました。

2018年の大河ドラマ『西郷どん』では佐賀藩の藩政改革に注目したいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:伊達宗城の業績はこれだけある!?四賢候宗城のスゴさ

関連記事:江戸時代の犯罪はどう裁かれた? 今とは違う価値観を紹介

 

国難を背負ったイケメン首相の生涯に迫る
阿部正弘

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 西郷どんと最強ライバル徳川慶喜との関係は?
  2. 橋本左内の壮絶な人生を年表で解説!
  3. 徳川慶喜 幕末 徳川慶喜の墓はどこにあるの?谷中霊園の行き方とアクセス方法
  4. 小栗忠順の最期!なぜ小栗は明治政府に殺されたのか?
  5. 篤姫の江戸城無血開城における役割とは?
  6. 島津斉彬と沖縄(琉球)との対外貿易計画はどんな関係性だったの?
  7. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 原田左之助とはどんな人?池田屋事件での逸話や薄桜鬼での原田左之助…
  8. 島津斉彬はイギリスをどう思ってた?島津斉彬の功績に迫る!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蜀の姜維

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.13「好きな漫画家」
  2. 福山藩主としての阿部正弘は領民には迷惑な君主だったの?
  3. 【第5回 幻想少女】ついに董卓との決戦!みんな大好き・袁術様も登場だ!!
  4. 董旻(とうびん)ってどんな人?董卓を補佐した弟の生涯に迫る!
  5. 馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)
  6. 【3分で分かる】卑弥呼の重臣・難升米(なしめ)とは何者なの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔融と禰衡
  2. 苛ついている曹操

おすすめ記事

呂布は最初から裏切り者だったわけじゃない!きっかけは? 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟 試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害 鎌倉時代の侍 鎌倉時代の武士は何を食べてたの?当時の食べ物を紹介 蒼天航路の郭嘉の名言が三国志好きには堪らない 【告知】はじめての三国志コミュニティ10月1日よりリリース開始 【ネオ三国志】第3話:徐州の牧・劉備と兗州の騒乱 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍 郭淮が夏侯淵の死後に才能を開花させる!!

おすすめ記事

  1. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.2
  2. 109話:曹丕が献帝を廃し魏を建国 魏の皇帝になった曹丕
  3. 徐晃の武器は本当にゲームで使っている武器なの??
  4. 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?
  5. はじめての三国志編集長の推薦状『8月の見どころ記事』Part.1 はじめての三国志編集長 kawauso
  6. 粗暴な張飛が厳顔の人柄を見極めた作戦とは??
  7. まだ漢王朝で消耗してるの?第5話:統一国家 晋の礎 司馬懿
  8. 『李傕・郭汜祭り』の電子書籍出版のお知らせ

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP