キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

西郷どん

佐賀藩に鍋島閑叟あり!幕末イノベーション革命の成果とは?

この記事の所要時間: 232



 

佐賀藩は肥前国にある鍋島氏が治めた藩として有名です。

幕末の佐賀藩の藩主は鍋島直正(なべしまなおまさ)で、幕末に雄藩として台頭しました。

 

明治維新後、薩長土肥の藩閥政府の一員として加わり、

明治新政府で江藤新平(えとうしんぺい)など近代国家の基礎を築いた人物や

肥前出身で後に総理大臣になる大隈重信(おおくましげのぶ)を輩出します。

 

この記事では、佐賀藩が雄藩として台頭した鍋島直正について取り上げます。

佐賀藩の藩主・鍋島直正の改革と明治新政府後の佐賀について取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:【伊藤博文のイギリス】英語が出来たから総理大臣になれたってホント?

関連記事:【五代友厚と勝海舟】それぞれの道で歴史に名を残した2人

 

 

財政改革で佐賀藩を雄藩に成長させた鍋島直正(閑叟)

 

 

鍋島直正の藩政改革として均田制が挙げられます。

均田制とは飛鳥時代や奈良時代など古代の日本で見られた制度で、

一定の年齢に達したら口分田が与えられます。

口分田を支給する狙いとして、本百姓を維持することが考えられます。

 

産業の育成では陶器・櫨蝋・紙の開発に力を入れました。

陶器は鍋島焼と言われ、人気がある伝統工芸品の一つです。

その他に石炭の増産も行い、財政を立て直しました。

 

佐賀藩は長崎警備を担当していました。

藩主の鍋島直正は自ら長崎に赴き、外国警備の重要性と西洋技術の優秀性を認め、

藩政改革では洋式軍制改革を実施しました。

 

1852年に日本で初めて反射炉の建設に成功しました。

大量の銃砲を購入し、西洋艦船の製造・購入にも努めました。

 

また、医療では天然痘のワクチンを輸入して長男で実験してから、緒方洪庵に分けています。

ワクチンを緒方洪庵に分けたことで天然痘の根絶につながりました。

結果、雄藩として台頭することになりました。

 

 

戊辰戦争で官軍についた鍋島直正(閑叟)

戊辰戦争

 

佐賀藩は京都に家老や藩主が不在だったため、鳥羽伏見の戦いに参加することができませんでした

鳥羽伏見の戦いに加わらなかったことで、薩摩藩から佐賀征伐を主張する声があがりましたが、

薩長側が勝利に終わってから佐賀藩は新政府軍(官軍)に加わりました。

 

佐賀藩は上野彰義隊(うえのしょうぎたい)との戦いから五稜郭の戦い(ごりょうかくのたたかい)まで新政府軍に加わりました。

戊辰戦争において最新式の兵器を装備した佐賀藩の活躍は大きかったと言われています。

 

明治政府になってから鍋島直正は議定に就任します。

直正が育てた人材では近代国家の基礎を築いた江藤新平らが新政府に加わり活躍します。

 

結果として、佐賀藩は最初から戊辰戦争に加わっていませんが、

近代化を推し進めた直政の業績によって薩長土肥の一角を担うことになりました

 

【西洋文明に遭遇した日本の開国秘話に迫る!】
こんにちは西洋

 

先見の明があった鍋島直正(閑叟)

鍋島直正(閑叟)

 

鍋島直正は先見の明があったことでも知られています。

明治維新の中で廃藩置県や版籍奉還については鍋島直正が諸藩に先んじて実践したと言われています。

 

北海道の開拓事業では、旧幕府軍との戦いで得た褒賞を使って元藩士を北海道に移住させました。

50年先の外交・食料・資源などの問題を見通し、

満州開拓、オーストラリアでの鉱山開発などを提言するなど先見の明があったことでも知られています。

 

鍋島直正(閑叟)の死後、佐賀に暗雲が立ち込める

 

1871年、鍋島直正は明治維新の数年後に亡くなりました。

直政の死去は佐賀藩が明治新政府における影響力を失うきっかけになったと言われています

 

佐賀藩の影響力が弱まったことで、

明治六年の政変で佐賀藩出身の江藤新平・副島種臣(そえじまたねおみ)が下野し、佐賀の乱につながりました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

この記事では佐賀藩の鍋島直正とその藩政改革について取り上げました。

佐賀藩の藩政改革では洋式軍制改革も行われ、明治新政府の近代化にも貢献しました。

 

2015年の世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」で

佐賀藩から三重津海軍所跡が登録されました。

2018年の大河ドラマ『西郷どん』では佐賀藩の藩政改革に注目したいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:伊達宗城の業績はこれだけある!?四賢候宗城のスゴさ

関連記事:江戸時代の犯罪はどう裁かれた? 今とは違う価値観を紹介

 

国難を背負ったイケメン首相の生涯に迫る
阿部正弘

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 【西郷どん】さらば斉彬!幻の上洛計画に迫る
  2. 幾島vs本寿院勝敗を決めたのは徳川斉昭のスケベだった
  3. 大久保利通の政策は何?維新の十傑の思想に迫る
  4. 島津斉興「せごどん」では教えない真実
  5. 来島又兵衛の豪傑ぶりと、その人間の魅力に迫る
  6. 西郷どんの師、赤山靱負(あかやまゆきえ)が切腹になるのは見せしめ…
  7. どうして武士は切腹するの?実は簡単に死ねない超痛い自殺の真実
  8. 勝海舟と日本海軍、近代日本を切り開いた驚異のプロジェクト

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!
  2. 羅憲(らけん)とはどんな人?蜀のラストサムライ!奇跡の逆転勝利で蜀の意地を見せる
  3. 黄崇(こうすう)と蒋斌(しょうひん)はどんな人?蜀の名将・黄権の息子と蜀の名宰相・蒋琬の息子
  4. 郭淮の行動が司馬懿政権を崩壊させたかも知れないってほんと!?
  5. 文化の違いを理解すれば三国志がより分かる!日本と中国では、こういう所が大違い?
  6. はじめての三国志編集長の推薦状『8月の見どころ記事』Part.3

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【ネオ三国志】第2話:蒼天航路の曹操と魏武の強 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【3/6〜3/13】 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった? 【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ランキング 命乞いでここまで堕ちるか?関羽に命乞いし全てを失った男・于禁 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3 権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じる 毛利家を守るために小早川隆景の苦渋の決断とは?

おすすめ記事

  1. 将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画みたいなスゴイ奴
  2. 曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり
  3. 蠱惑的な美女・貂蝉あなたは天使?それとも悪魔?
  4. 総制作費40億円!!三国志史上、最も美しいエンターテインメント時代劇『三国志 ~趙雲伝~』を11月2日からレンタルをスタート
  5. 天才軍師 竹中半兵衛が編み出した鬼畜の作戦って何?
  6. 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生
  7. 第8話:袁術くん「コンフォートゾーン」から抜け出す
  8. 集まれ曹操の25人の息子たち・その2

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP