三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

【これが本当の目玉焼き】射抜かれた左目を食べた夏侯惇とは?

夏侯惇




夏侯惇

 

今回は隻眼(せきがん)の武将について取り上げます。この記事では、隻眼で有名な人物を取り上げます。

最初に日本史で隻眼として有名な伊達政宗(だてまさむね)を取り上げ独眼竜(どくがんりゅう)政宗のルーツを紹介します。

それから三国志において隻眼で有名な夏侯惇(かこうとん)を取り上げます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魏の夏侯惇・許褚・龐徳の息子達は優秀だった?気になる将軍たちの息子事情

関連記事:夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析

 

 

三国志で一番有名な片目の名将

夏侯惇

 

日本史において隻眼で有名な将は誰でしょうか。

武田信玄(たけだしんげん)の軍師である山本勘助(やまもとかんすけ)や仙台藩の伊達政宗が挙げられます。

この2人の肖像画を見ると片目に眼帯をしているか目が見えないような表情をしています。

この2人が片目を失った原因は子供の頃にかかった疱瘡(ほうそう)だったと言われています。

武田信玄

 

片目というハンデを気にすることなく、2人は戦国武将として活躍しました。

山本勘助は川中島の戦いで戦死しますが、

武田信玄の軍師として数多くの戦いに勝ち、有名になりました。

大河ドラマでは『武田信玄』や『風林火山』が放送されました。

 

伊達政宗については江戸時代初期に伊達仙台藩の基礎を築きました。また、

1987年に大河ドラマ『独眼竜政宗』が放送されました。

山本勘助や伊達政宗は日本史の中で隻眼の将として最も人気のある人物の一人となっています。

 

 

夏侯惇は左右どちらの目を失った?

 

ここでは隻眼を意味する独眼竜のルーツと夏候惇の失った目について取り上げます。

最初に、独眼竜の元祖は後唐の李克用(りこくよう)であると言われています。

李克用は病気で片目を失いましたが、片目を気にすることなく活躍し猛将として歴史に名を残しました。

 

李克用の前にも隻眼で有名な人物がいました。その人物とは三国志に登場する夏候惇です。

夏侯惇は病気ではなく戦いで左目を失いました。呂布(りょふ)の起こした反乱において、

曹操軍と呂布軍は兗州(えんしゅう)の地で4年間戦い続けました。

この反乱は激戦となり、夏候惇は曹性(そうせい)の放った矢で射抜かれ、左目を失いました。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

左目をパクリ「大変美味しゅうございます」

大変美味しゅうございますと言いながら目玉を食べる夏侯惇

 

夏候惇は左目を射抜かれ、ほとんど動くことができなくなりました。

夏侯惇は味方に助け出され、首を刎ねられませんでした。

助け出されましたが、左目に矢が刺さった状態でした。

 

この後に夏候惇は敵と味方が驚くような行動をとります。

夏侯惇は自分で刺さった矢を抜き取りました。

矢を抜き取ると、「親に貰った大事な体の一部を捨てられるか!」と叫び、

突き刺さって失明した左目をくり抜いて食べました。

 

敵の曹性は夏侯惇の左目を食べるという異常な行動に圧倒されました。

何もすることができなくなり、曹性は夏候惇の槍で突かれて死にました。

夏侯惇が突き刺された左目をくりぬいて食べたシーンは

三国志演義のなかでも有名な一場面として語り継がれています。

 

隻眼武将でも出色の夏侯惇

曹操と夏侯惇

 

この記事では隻眼で有名な人物を何人か取り上げました。

最初に、日本史において隻眼で有名な将として山本勘助や伊達政宗を取り上げました。

次に、独眼竜の元祖である後唐の李克用と三国志において隻眼で有名な人物として

魏の夏侯惇を取り上げました。

夏侯惇以外の3人については疱瘡という病気で失明したことが分かりました。

 

李克用以前の隻眼の将として夏侯惇を取り上げました。

夏侯惇については戦いで失明したことがわかりました。

夏侯惇は隻眼の将となってから、戦い続けました。

戦いのけがで左目を失ったことにより、夏侯惇は盲夏候(もうかこう)と呼ばれましたが、

見下す意味で呼んでいたのではなく、武将として敬意をもって呼んでいたと考えられます。

 

夏侯惇は左目を失っても戦い続け、武功を挙げたことから

多くの三国志ファンから支持されています。

夏侯惇の逸話について、読者の中には戦場で自分の失明した目を食べたという逸話が

本当かどうか信じられないと思う人がいるかもしれませんが、

みなさんはどのように考えますか。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

 

元記事:夏侯惇は本当に自分の目玉を食べたの?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析

関連記事:【シミルボン】真面目そうな夏侯惇がやってしまったロックな行動の理由とは

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

架空戦記  

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 楊奉が袁術から離反しなければ官渡の戦いは袁術vs袁紹になっていた…
  2. 三国志大学で勉強する劉備 三国志の時代の数学を体験してみよう!なんと円周率はおよそ3ではな…
  3. 実在しません!でもめちゃ有名な貂蝉に隠された不滅の人気の秘密は…
  4. 尹夫人 曹操 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2
  5. 桃園の誓いがなかったら劉備はどうなっていたの?
  6. キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデ…
  7. 【シミルボン】これは意外!モノマネが大好きだった三国志の人々
  8. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.6

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蜀の兵士
  2. 孫策、陸遜、顧邵、他
  3. 尼子晴久
  4. 三国志ライター黒田レン

おすすめ記事

  1. 三国志と夏の風物詩「蚊」は古代中国の偉人も苦労していた 曹操と羊
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【6/12〜6/18】
  3. 曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法 曹操 健康
  4. 高杉晋作の死因は感染症結核だった!
  5. 【危険】謀略の天才だった陳平の批判がエグすぎる
  6. 【日本史の嘘】長篠の合戦は鉄砲三段撃ちのワンサイドゲームでは無かった? 真田丸 武田信玄

三國志雑学

  1. 曹操 詩
  2. 五虎大将軍の馬超
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 項羽
  2. 紀霊
  3. 曹操に憧れる荀彧

おすすめ記事

洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの? ピストルを乱射する坂本龍馬 明智光秀と坂本龍馬は祖先と子孫の関係だった?長宗我部元親との関係も 【防御力倍増!】三国志野戦陣営の造り方を解説 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法 三国志と水滸伝の違い、あなたは説明できますか? 司馬懿と諸葛亮孔明がライトアップされて驚く 【三国志トランプ】ジョーカーが諸葛亮と司馬懿である理由とは? 北方の雄・公孫瓚が滅びた原因は○○だ! 馬超が曹操に仕えていたらどうなったの?馬超vs関羽の軍事衝突の可能性も!

おすすめ記事

  1. 張遼の武器は本当に双鉞だったの?遼来来に迫る! 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  2. 水攻め、地雷?三国志の中で最強の計略ランキングを三國志ライター黒田レンが発表するよ
  3. 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?
  4. 113話:老将・黄忠死す、次々と天に還る五虎将軍
  5. 小早川秀秋は関ヶ原の戦いでなんで西軍を裏切ったのか?
  6. 中国・西安の秦兵馬俑博物館に行ってきた
  7. 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【後半】 劉邦をなだめる陳平と張良
  8. 荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?地味だけど的確な献策を行った軍師

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP