キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじめての漢

郝萌(かくぼう)と曹性(そうせい)はどんな人?呂布の配下で猛威を振るった八健将

反乱を起こす郝萌(かくぼう)と曹性




 

三国志ではマイナー武将も数多くいますが、

郝萌(かくぼう)曹性(そうせい)とそれらに属する将です。

彼らは呂布(りょふ)の配下で、三国志演義で八健将という称号を与えられています。

八健将の構成員は序列の順番から、張遼(ちょうりょう)

臧覇(ぞうは)、郝萌(かくぼう)、曹性(そうせい)、

成廉(せいれん)、魏続(ぎぞく)、宋憲(そうけん)、

侯成(こうせい)ら八人です。

ここで出てくる郝萌(かくぼう)、曹性(そうせい)はどのような将だったのでしょうか。

今回は八健将の序列三位の郝萌(かくぼう)と四位の曹性(そうせい)にスポットを当て、

演義と正史での彼らの活躍を紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る!




正史での郝萌(かくぼう)と曹性(そうせい)

 

魏書の呂布伝では、英雄記より彼らのことを引用した記載があります。

それによると、郝萌(かくぼう)は、河内郡の出身で呂布(りょふ)の配下でした。

しかし、郝萌(かくぼう)は叛意を持っておりました。

厳密には、他の者から持ちかけられたものかもしれません。

その当時、呂布(りょふ)は、菫卓(とうたく)を裏切った後、

戦乱の中で袁術(えんじゅつ)曹操(そうそう)等と敵対関係の様になっていました。

乱世の権力者達が、お互い利用しつつ出し抜くと言った関係です。




正史:郝萌の叛意と曹性の反対

 

さて、その状況下で郝萌(かくぼう)は、主である呂布(りょふ)に裏切りを計画します。

その企てに対して同じ八健将である

曹性(そうせい)に相談等をしていました(注・正史では八健将という称号自体無いのですが、

今回あえてこの様に記述しています)。

曹性(そうせい) 「呂将軍は神性が備わっているため攻撃することは不可能だ。」

曹性(そうせい)はそう言って反対していました。

「神性とか、何言ってんの?」と思うかもしれませんが、

当時信心深い人も多くいたので、これは結構説得力のある意見です。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

正史:叛乱決行

 

ところが、郝萌(かくぼう)は曹性(そうせい)とともに反乱を起こしました。

呂布(りょふ)が下邳城を手にした直後の建安元年(196年)6月、

郝萌(かくぼう)は呂布(りょふ)に対して反乱を起こし殺害しようと襲撃しました。

夜中、郝萌(かくぼう)は軍勢を率いて下邳城へ向けて、

叫び声を揚げながら進攻しました。

しかし、守りが強固であったため侵入することができず、

呂布(りょふ)はその間に配下の将である高順(こうじゅん)のもとに逃げ込みました。

そこで攻撃を受けた時の叫び声の訛りから、

郝萌(かくぼう)の叛乱であると断定します。

直ぐに高順(こうじゅん)は軍勢を率いて下邳の城に向かい、

郝萌(かくぼう)軍に対して矢の雨を降らせ撃退しました。

 

正史:叛乱の末路

 

郝萌(かくぼう)は撤退していましたが、

この時曹性(そうせい)は計画が破綻したため、郝萌(かくぼう)を裏切ります。

その戦いでお互い負傷し郝萌(かくぼう)は片腕を失い、曹性(そうせい)は刺し傷を負いました。

そこへ、追撃してきた高順(こうじゅん)によって郝萌(かくぼう)は首を切られました。

こうして、反乱は失敗に終わりました。

 

その後、呂布(りょふ)は反乱に加担した曹性(そうせい)に事情聴取を行います。

そこで、この叛乱が袁術(えんじゅつ)と呂布(りょふ)の配下、

陳宮(ちんきゅう)が関わっていたことが判明します。

呂布(りょふ)は陳宮(ちんきゅう)が首謀者ないし計画に関わっていたものと判断したようですが、

結局呂布(りょふ)は陳宮(ちんきゅう)を処罰する事はありませんでした。

智略に優れる陳宮(ちんきゅう)を失いたくなかったのかもしれません。

郝萌(かくぼう)の部隊は、以後曹性(そうせい)の指揮下となりました。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 後継者争い 劉協と劉弁 13話:霊帝の後継者争い、劉協と劉弁、二人の皇子を巡り蹇碵と何進…
  2. 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!
  3. 韓遂 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反…
  4. 後継者を決めるのに困っている劉表 55話:劉表のお家騒動に巻き込まれて殺されかける劉備
  5. 関羽に惚れる曹操 曹操のハニートラップ作戦が義に生きた武人・関羽に通用するのか?
  6. 黄巾賊を撃破する皇甫嵩 皇甫嵩(こうほすう)とはどんな人?後漢最後の名将と言われた将軍
  7. 47話:曹操軍、新兵器 発石車で石弓隊を撃破!
  8. 劉表(りゅうひょう)とはどんな人?肥沃な土地と膨大な兵力を保持し…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 狗奴国は邪馬台国と対立
  2. 蜀の皇帝に即位した劉備
  3. 曹操
  4. 榎本武揚
  5. 大和朝廷を建国したカムヤマト
  6. 曹操
  7. 孔明と姜維
  8. 徐庶

おすすめ記事

  1. 日中対決!後漢をぶっ壊した董卓と貴族政治を破壊した源義仲 董卓
  2. 『三國志レギオン』のサービスが10月6日15時をもって終了
  3. 孫権のお宝探し日本で不老不死の薬を探せ! 船冒険する諸葛直 船
  4. 104話:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い 黄忠VS夏侯淵
  5. 魏の名将文鴦はダメ親父に足を引っ張られ人生台無し?
  6. 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの? 曹操と機密保持

三國志雑学

  1. 曹嵩
  2. 女と金
  3. 鄧艾
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  2. 孔明
  3. 坂本龍馬の臨終(暗殺)
  4. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  5. 張飛にボコボコにされる魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)
  6. 諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ
  7. 趙姫

おすすめ記事

甘露寺 十字紋石 甘露寺の十字紋石|劉備の石占い 曹丕 三国志演義の曹丕様の初登場シーンが怖すぎる 大器晩成とはこのことか!三代にわたって魏に仕えた朱霊の魅力に迫る! キングダム52巻 キングダム578話ネタバレ予想王翦の神出鬼没には法則があった? 真田昌幸の智謀がキラリと光る!徳川軍を打ち破った伝説の戦い上田城攻防戦 【11月の見どころ】11/23〜28日まで「戦国のパイオニア北条早雲」の特集 『ろくでなし三国志 本当はだらしない英雄たち』の批評が過激的!あなたの好きな英雄もdisられている? 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備 【三顧の礼】Three Kingdomsの諸葛亮が一瞬で張飛のハートをキャッチ!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP