郝萌(かくぼう)と曹性(そうせい)はどんな人?呂布の配下で猛威を振るった八健将


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

三国志ではマイナー武将も数多くいますが、

郝萌(かくぼう)曹性(そうせい)とそれらに属する将です。

彼らは呂布(りょふ)の配下で、三国志演義で八健将という称号を与えられています。

八健将の構成員は序列の順番から、張遼(ちょうりょう)

臧覇(ぞうは)、郝萌(かくぼう)、曹性(そうせい)、

成廉(せいれん)、魏続(ぎぞく)、宋憲(そうけん)、

侯成(こうせい)ら八人です。

ここで出てくる郝萌(かくぼう)、曹性(そうせい)はどのような将だったのでしょうか。

今回は八健将の序列三位の郝萌(かくぼう)と四位の曹性(そうせい)にスポットを当て、

演義と正史での彼らの活躍を紹介します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る!


正史での郝萌(かくぼう)と曹性(そうせい)

 

魏書の呂布伝では、英雄記より彼らのことを引用した記載があります。

それによると、郝萌(かくぼう)は、河内郡の出身で呂布(りょふ)の配下でした。

しかし、郝萌(かくぼう)は叛意を持っておりました。

厳密には、他の者から持ちかけられたものかもしれません。

その当時、呂布(りょふ)は、菫卓(とうたく)を裏切った後、

戦乱の中で袁術(えんじゅつ)曹操(そうそう)等と敵対関係の様になっていました。

乱世の権力者達が、お互い利用しつつ出し抜くと言った関係です。


正史:郝萌の叛意と曹性の反対

 

さて、その状況下で郝萌(かくぼう)は、主である呂布(りょふ)に裏切りを計画します。

その企てに対して同じ八健将である

曹性(そうせい)に相談等をしていました(注・正史では八健将という称号自体無いのですが、

今回あえてこの様に記述しています)。

曹性(そうせい) 「呂将軍は神性が備わっているため攻撃することは不可能だ。」

曹性(そうせい)はそう言って反対していました。

「神性とか、何言ってんの?」と思うかもしれませんが、

当時信心深い人も多くいたので、これは結構説得力のある意見です。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

正史:叛乱決行

 

ところが、郝萌(かくぼう)は曹性(そうせい)とともに反乱を起こしました。

呂布(りょふ)が下邳城を手にした直後の建安元年(196年)6月、

郝萌(かくぼう)は呂布(りょふ)に対して反乱を起こし殺害しようと襲撃しました。

夜中、郝萌(かくぼう)は軍勢を率いて下邳城へ向けて、

叫び声を揚げながら進攻しました。

しかし、守りが強固であったため侵入することができず、

呂布(りょふ)はその間に配下の将である高順(こうじゅん)のもとに逃げ込みました。

そこで攻撃を受けた時の叫び声の訛りから、

郝萌(かくぼう)の叛乱であると断定します。

直ぐに高順(こうじゅん)は軍勢を率いて下邳の城に向かい、

郝萌(かくぼう)軍に対して矢の雨を降らせ撃退しました。


正史:叛乱の末路

 

郝萌(かくぼう)は撤退していましたが、

この時曹性(そうせい)は計画が破綻したため、郝萌(かくぼう)を裏切ります。

その戦いでお互い負傷し郝萌(かくぼう)は片腕を失い、曹性(そうせい)は刺し傷を負いました。

そこへ、追撃してきた高順(こうじゅん)によって郝萌(かくぼう)は首を切られました。

こうして、反乱は失敗に終わりました。

 

その後、呂布(りょふ)は反乱に加担した曹性(そうせい)に事情聴取を行います。

そこで、この叛乱が袁術(えんじゅつ)と呂布(りょふ)の配下、

陳宮(ちんきゅう)が関わっていたことが判明します。

呂布(りょふ)は陳宮(ちんきゅう)が首謀者ないし計画に関わっていたものと判断したようですが、

結局呂布(りょふ)は陳宮(ちんきゅう)を処罰する事はありませんでした。

智略に優れる陳宮(ちんきゅう)を失いたくなかったのかもしれません。

郝萌(かくぼう)の部隊は、以後曹性(そうせい)の指揮下となりました。

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 側室の女性達を励ます甄氏
  2. 盧植
  3. 李儒
  4. 曹操を逃す関羽

    デザイン担当:よりぶりん

    80話:曹操の命乞いで関羽が曹操を逃がす

    紅蓮の炎に包まれる自分の軍団を見たら、誰で…

  5. 朝まで三国志の公孫瓚
  6. 王允と呂布

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP