三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

はじめての漢

郝萌(かくぼう)と曹性(そうせい)はどんな人?呂布の配下で猛威を振るった八健将




 

三国志ではマイナー武将も数多くいますが、

郝萌(かくぼう)曹性(そうせい)とそれらに属する将です。

彼らは呂布(りょふ)の配下で、三国志演義で八健将という称号を与えられています。

八健将の構成員は序列の順番から、張遼(ちょうりょう)

臧覇(ぞうは)、郝萌(かくぼう)、曹性(そうせい)、

成廉(せいれん)、魏続(ぎぞく)、宋憲(そうけん)、

侯成(こうせい)ら八人です。

ここで出てくる郝萌(かくぼう)、曹性(そうせい)はどのような将だったのでしょうか。

今回は八健将の序列三位の郝萌(かくぼう)と四位の曹性(そうせい)にスポットを当て、

演義と正史での彼らの活躍を紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る!




正史での郝萌(かくぼう)と曹性(そうせい)

 

魏書の呂布伝では、英雄記より彼らのことを引用した記載があります。

それによると、郝萌(かくぼう)は、河内郡の出身で呂布(りょふ)の配下でした。

しかし、郝萌(かくぼう)は叛意を持っておりました。

厳密には、他の者から持ちかけられたものかもしれません。

その当時、呂布(りょふ)は、菫卓(とうたく)を裏切った後、

戦乱の中で袁術(えんじゅつ)曹操(そうそう)等と敵対関係の様になっていました。

乱世の権力者達が、お互い利用しつつ出し抜くと言った関係です。




正史:郝萌の叛意と曹性の反対

 

さて、その状況下で郝萌(かくぼう)は、主である呂布(りょふ)に裏切りを計画します。

その企てに対して同じ八健将である

曹性(そうせい)に相談等をしていました(注・正史では八健将という称号自体無いのですが、

今回あえてこの様に記述しています)。

曹性(そうせい) 「呂将軍は神性が備わっているため攻撃することは不可能だ。」

曹性(そうせい)はそう言って反対していました。

「神性とか、何言ってんの?」と思うかもしれませんが、

当時信心深い人も多くいたので、これは結構説得力のある意見です。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

正史:叛乱決行

 

ところが、郝萌(かくぼう)は曹性(そうせい)とともに反乱を起こしました。

呂布(りょふ)が下邳城を手にした直後の建安元年(196年)6月、

郝萌(かくぼう)は呂布(りょふ)に対して反乱を起こし殺害しようと襲撃しました。

夜中、郝萌(かくぼう)は軍勢を率いて下邳城へ向けて、

叫び声を揚げながら進攻しました。

しかし、守りが強固であったため侵入することができず、

呂布(りょふ)はその間に配下の将である高順(こうじゅん)のもとに逃げ込みました。

そこで攻撃を受けた時の叫び声の訛りから、

郝萌(かくぼう)の叛乱であると断定します。

直ぐに高順(こうじゅん)は軍勢を率いて下邳の城に向かい、

郝萌(かくぼう)軍に対して矢の雨を降らせ撃退しました。

 

正史:叛乱の末路

 

郝萌(かくぼう)は撤退していましたが、

この時曹性(そうせい)は計画が破綻したため、郝萌(かくぼう)を裏切ります。

その戦いでお互い負傷し郝萌(かくぼう)は片腕を失い、曹性(そうせい)は刺し傷を負いました。

そこへ、追撃してきた高順(こうじゅん)によって郝萌(かくぼう)は首を切られました。

こうして、反乱は失敗に終わりました。

 

その後、呂布(りょふ)は反乱に加担した曹性(そうせい)に事情聴取を行います。

そこで、この叛乱が袁術(えんじゅつ)と呂布(りょふ)の配下、

陳宮(ちんきゅう)が関わっていたことが判明します。

呂布(りょふ)は陳宮(ちんきゅう)が首謀者ないし計画に関わっていたものと判断したようですが、

結局呂布(りょふ)は陳宮(ちんきゅう)を処罰する事はありませんでした。

智略に優れる陳宮(ちんきゅう)を失いたくなかったのかもしれません。

郝萌(かくぼう)の部隊は、以後曹性(そうせい)の指揮下となりました。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 世説新語(せせつしんご)ってなに?初心者にこそ読んでほしい小説集…
  2. 48話:強気の曹操が弱気に荀彧が一喝
  3. 胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じ…
  4. 63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと?…
  5. 36話:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布
  6. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2
  7. 韓玄(かんげん)とはどんな人?超逆風!長沙の民を法で縛り嫌われた…
  8. 10話:実は、最初から作戦に失敗していた黄巾賊

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 真田丸 武田信玄

おすすめ記事

  1. 信濃守護職就任と武田晴信の出家
  2. 石田三成(いしだみつなり)とはどんな人?戦術が苦手で人から嫌われてたけど秀吉の大事な家臣で友人思いの人だった!!
  3. 荀況(じゅんきょう)とはどんな人?始皇帝の法治国家の形成や李斯・韓非の先生
  4. これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ
  5. 曹真が明帝時代の名将である確固たる理由
  6. 三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呉の小覇王・孫策

おすすめ記事

蒋琬の政策とは?諸葛孔明とは違う政策を考えていた!? 【真・三國無双 Online Z 攻略3】超初心者が三国無双を5時間プレイするとどこまで上達するのか!? 孔明の北伐の目標はどこだったの? 張楊(ちょうよう)とはどんな人?呂布を助けようとした優しい人 後北条氏滅亡は氏政の判断ミスだった? 三国志の時代に実際にあった計略について徹底紹介 【アンゴルモア元寇合戦記】元寇とは?鎌倉時代の防衛戦争 13話:霊帝の後継者争い、劉協と劉弁、二人の皇子を巡り蹇碵と何進は争う

おすすめ記事

  1. 【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?
  2. 裴松之が注をつけていなかったら『三国志演義』は生まれなかった!?
  3. 竹林の七賢の存在意義!それは反・司馬懿(しばい)の政治結社だ!
  4. 陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み取る陸遜の能力
  5. 【キングダム】驚愕!信の血筋はなんと皇帝に即位していた!
  6. 孫軟児とはどんな人?趙雲の妻、名将を支えた奥さん
  7. 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加していた!
  8. 衝撃の魏延焼殺作戦!吉川英治と『通俗三国志』

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP