よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

西郷どん

西郷園(その)はどんな人?実は吉二郎の再婚相手だった女性



 

NHK大河ドラマ西郷(せご)どんで西郷吉二郎(さいごうきちじろう)の妻で妊婦として登場する西郷園(さいごうその)

AKB48の柏木由紀(かしわぎゆき)さんが演じる彼女、実はドラマと違い子供もなく、

さらに西郷吉二郎の再婚相手でした。

彼女はどんな人生を送ったのでしょうか?解説してみます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:西郷隆盛は大家族!幕末ビッグダディを解説

関連記事:西郷糸子はどんな人?西郷どんの3番目の妻は冗談好きのしっかり者

 

 

本当は後妻、先妻の死後に嫁に入った西郷園

先妻の死後に嫁に入った西郷園

 

西郷園は生まれた年は不詳ですが、旧姓は仁礼(にれ)で1865年に薩摩藩士として

英国に留学し、後に海軍大臣になった仁礼景範(にれかげのり)の娘とも言われます。

西郷吉二郎と結婚したのは、1867年で明治維新の前年の事、

現在ドラマでは、1865年ですから、本当はこの時点では彼女は吉二郎の

妻ではないのです。

 

西郷吉二郎は、それ以前に有馬九之丞(ありまきゅうのじょう)の娘、マスと結婚して、

西郷みつと西郷隆準(さいごうたかのり)という一男一女を儲けていました。

しかし、西郷どんが沖永良部(おきのえらぶ)に流罪になった煽りで西郷家の男子は

皆、藩の仕事をクビになり、マスは極貧の中で家族を支えて働きます。

ですが、そこに甲突川(こうつきがわ)の水害が発生、体調を崩した彼女は、

幼い子供二人を残して亡くなってしまったのです。

 

それが1865年で、西郷どんが糸と再婚した時までは元気だったそうです。

幼い子供を残して先立たれた吉二郎は困り、そこで再婚相手として

後妻に入ったのが西郷園だったのです。

 

 

不運な結婚生活 たった一年半の新婚生活で吉二郎が戦死

新婚生活で吉二郎が戦死

 

吉二郎は、吉之助が江戸にいた頃も、奄美にいた時も沖永良部にいた時にも、

京都で活動していた頃も、鹿児島にあって兄に代わり西郷家を守った苦労人でした。

それだけに苦労を知っており、新妻の園も大事にしたと思います。

 

ですが、苦労人の弟、吉二郎は戊辰戦争(ぼしんせんそう)が始まると薩摩藩兵として出征

有名な激戦地、北越戦争(ほくえつせんそう)で名将河井継之助(かわいつぎのすけ)が率いる長岡藩兵と戦い

長岡城を巡る攻防戦で負傷、その傷が元で戦死してしまうのです35歳でした。

二人の新婚生活は僅か一年半で終り、園には幼い先妻の子供が遺されます。

 

【維新を阻止しようとした男たちの秘話】
ガンバレ徳川

 

未亡人同士、肩を寄せ合い生きる西郷家の妻達

西郷家の妻

 

西郷家には、男子が四名いましたが、

長男、西郷隆盛は西南戦争で戦死、二男吉二郎は北越戦争で戦死、

四男の小兵衛(こへえ)は、隆盛に従い従軍して戦死しています。

 

それは、それぞれの男に嫁いだ3人の妻、西郷糸子、西郷園、

そして西郷松子が未亡人になった事を意味していました。

吉二郎の死後に、隆盛の配慮で六歳の隆準を当主として分家した

西郷園ですが、その後も西郷糸、西郷松子と共に肩を寄せ合い

懸命に生きていく事になります。

 

再建された武屋敷で明治29年まで生きる

再建された武屋敷で明治29年まで生きる

 

明治12年、戦災で屋敷を失った西郷家の妻達に、

一人、官軍側で栄達していた西郷従道が屋敷を再興する資金を出そうと

持ち掛けますが、糸子はこれを丁重に断りました。

戦争に敗れて貧しい生活をしていても、一方の大将の妻として、

敵の情けは受けないという意地があったのでしょう。

 

困った従道は小兵衛の妻の西郷松子の息子で3歳の幸吉の名義で

武に屋敷を再建しました。

松子は糸子が資金援助を断った事を知っていましたが、

「姉さん達と一緒に暮らす為に大威張りで世話になります」と

泣きながら支援を受け入れたと言われています。

 

この武屋敷には、一時期

 

沖永良部以来の西郷隆盛の友人、川口雪蓬(かわぐちせっぽう)

西郷家の家僕 永田熊吉(ながたくまきち)

西郷隆盛の妻、西郷糸子、息子寅太郎、

西郷吉二郎の妻、西郷園、息子、隆準、娘、ミツ、

西郷小兵衛の妻、西郷松子、息子の幸吉

そして、西郷隆盛の娘の菊草(きくくさ)

 

等、10名が一緒に住んでいたようです。

 

明治18年、糸子の息子の寅太郎が天皇の下賜金でドイツ留学をする時

園の息子の隆準も一緒にドイツ留学に向かいます。

娘のミツも、足立家に嫁ぎ、吉二郎に託された使命を全うした園は

明治29年に亡くなりました。

 

幕末ライターkawausoの独り言

幕末ライターkawausoの独り言

 

結婚から一年半で夫の吉二郎に先立たれ、

先妻のマスの残した幼い子供を育てながらも独身を通した西郷園

そんな園が暮らした西郷家には、同じように夫を戦争でなくした、

西郷糸子、西郷松子がいました。

大変ながらも、同じ境遇を分かち合い慰め励まし合いながら

暮らした日々は園にとって苦しくても楽しい日々だったのかも知れません。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:愛加那(あいかな)と西郷どんの子供達の人生とは?

関連記事: 愛加那(あいかな)とはどんな人?西郷どんの島妻と西郷隆盛の人生を変えた女房

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 西郷隆盛像が上野恩賜公園に設置されている理由とアクセス(行き方)…
  2. 大政奉還した徳川慶喜 徳川慶喜の大政奉還は日本国大統領の布石だった!?
  3. 島津久光(しまづ ひさみつ)とはどんな人?西郷隆盛の生涯のライバ…
  4. 大奥には入れ替えがあった?意外に知らない大奥
  5. 徳川慶喜 幕末 江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の身長は何センチあったの?
  6. 「小松なくして維新なし」小松帯刀の役割に迫る
  7. 島津斉彬の人柄とは?誰もが納得する名君の心構え
  8. 佐久間象山は狂人吉田松陰をどう評価した

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 明智光秀 麒麟がくる
  2. 曹操と夏侯惇

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】びっくり!三国志の時代の役人は役所に五日間缶詰だった?
  2. 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆するつもりだったの?
  3. 【第四回 放置少女】伏龍参戦の新イベントと公孫瓚に挑んでくるぜ!!
  4. 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」
  5. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.1
  6. 【すっきり解説】曹操の元に徐庶が留まり続けた理由

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志
  2. 孫策、陸遜、顧邵、他
  3. 大久保利通 幕末

おすすめ記事

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第2部 【祝アニメ化】ゴールデンカムイってどんな漫画なの? 誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の●●●』 考える諸葛亮孔明 蜀を制圧したばかりの劉備軍をまとめるために孔明が打ち出した二つの方針とは? 墨家(ぼっか)が滅んだ理由と創設者 墨子はどんな思想だったの? 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【成人編】 儒者っぽくない!?「四海皆兄弟」と言った孔子の弟子・子夏 【新事実】織田信長は本能寺の変がなくてもオワコンだった!

おすすめ記事

  1. キングダム 512話 ネタバレ予想:列尾危うし!王翦の次の秘策を徹底予想
  2. 趙達(ちょうたつ)とはどんな人?サイババか!?三国志に現れた天才占い師
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第37話「武田が来たりて火を放つ」の見どころ紹介
  4. 三國無双では女性が戦闘しているが本当に史実でも戦っていたの?
  5. 董卓は火葬で放置プレイされてチョー惨めだったってほんと!?
  6. 周瑜が長生きしていたら三国志はどうなったの?二国志になっていた可能性!?
  7. 本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説
  8. 28話:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP