はじめての列子
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

西郷どん

西郷園(その)はどんな人?実は吉二郎の再婚相手だった女性



 

NHK大河ドラマ西郷(せご)どんで西郷吉二郎(さいごうきちじろう)の妻で妊婦として登場する西郷園(さいごうその)

AKB48の柏木由紀(かしわぎゆき)さんが演じる彼女、実はドラマと違い子供もなく、

さらに西郷吉二郎の再婚相手でした。

彼女はどんな人生を送ったのでしょうか?解説してみます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:西郷隆盛は大家族!幕末ビッグダディを解説

関連記事:西郷糸子はどんな人?西郷どんの3番目の妻は冗談好きのしっかり者

 

 

本当は後妻、先妻の死後に嫁に入った西郷園

先妻の死後に嫁に入った西郷園

 

西郷園は生まれた年は不詳ですが、旧姓は仁礼(にれ)で1865年に薩摩藩士として

英国に留学し、後に海軍大臣になった仁礼景範(にれかげのり)の娘とも言われます。

西郷吉二郎と結婚したのは、1867年で明治維新の前年の事、

現在ドラマでは、1865年ですから、本当はこの時点では彼女は吉二郎の

妻ではないのです。

 

西郷吉二郎は、それ以前に有馬九之丞(ありまきゅうのじょう)の娘、マスと結婚して、

西郷みつと西郷隆準(さいごうたかのり)という一男一女を儲けていました。

しかし、西郷どんが沖永良部(おきのえらぶ)に流罪になった煽りで西郷家の男子は

皆、藩の仕事をクビになり、マスは極貧の中で家族を支えて働きます。

ですが、そこに甲突川(こうつきがわ)の水害が発生、体調を崩した彼女は、

幼い子供二人を残して亡くなってしまったのです。

 

それが1865年で、西郷どんが糸と再婚した時までは元気だったそうです。

幼い子供を残して先立たれた吉二郎は困り、そこで再婚相手として

後妻に入ったのが西郷園だったのです。

 

 

不運な結婚生活 たった一年半の新婚生活で吉二郎が戦死

新婚生活で吉二郎が戦死

 

吉二郎は、吉之助が江戸にいた頃も、奄美にいた時も沖永良部にいた時にも、

京都で活動していた頃も、鹿児島にあって兄に代わり西郷家を守った苦労人でした。

それだけに苦労を知っており、新妻の園も大事にしたと思います。

 

ですが、苦労人の弟、吉二郎は戊辰戦争(ぼしんせんそう)が始まると薩摩藩兵として出征

有名な激戦地、北越戦争(ほくえつせんそう)で名将河井継之助(かわいつぎのすけ)が率いる長岡藩兵と戦い

長岡城を巡る攻防戦で負傷、その傷が元で戦死してしまうのです35歳でした。

二人の新婚生活は僅か一年半で終り、園には幼い先妻の子供が遺されます。

 

【維新を阻止しようとした男たちの秘話】
ガンバレ徳川

 

未亡人同士、肩を寄せ合い生きる西郷家の妻達

西郷家の妻

 

西郷家には、男子が四名いましたが、

長男、西郷隆盛は西南戦争で戦死、二男吉二郎は北越戦争で戦死、

四男の小兵衛(こへえ)は、隆盛に従い従軍して戦死しています。

 

それは、それぞれの男に嫁いだ3人の妻、西郷糸子、西郷園、

そして西郷松子が未亡人になった事を意味していました。

吉二郎の死後に、隆盛の配慮で六歳の隆準を当主として分家した

西郷園ですが、その後も西郷糸、西郷松子と共に肩を寄せ合い

懸命に生きていく事になります。

 

再建された武屋敷で明治29年まで生きる

再建された武屋敷で明治29年まで生きる

 

明治12年、戦災で屋敷を失った西郷家の妻達に、

一人、官軍側で栄達していた西郷従道が屋敷を再興する資金を出そうと

持ち掛けますが、糸子はこれを丁重に断りました。

戦争に敗れて貧しい生活をしていても、一方の大将の妻として、

敵の情けは受けないという意地があったのでしょう。

 

困った従道は小兵衛の妻の西郷松子の息子で3歳の幸吉の名義で

武に屋敷を再建しました。

松子は糸子が資金援助を断った事を知っていましたが、

「姉さん達と一緒に暮らす為に大威張りで世話になります」と

泣きながら支援を受け入れたと言われています。

 

この武屋敷には、一時期

 

沖永良部以来の西郷隆盛の友人、川口雪蓬(かわぐちせっぽう)

西郷家の家僕 永田熊吉(ながたくまきち)

西郷隆盛の妻、西郷糸子、息子寅太郎、

西郷吉二郎の妻、西郷園、息子、隆準、娘、ミツ、

西郷小兵衛の妻、西郷松子、息子の幸吉

そして、西郷隆盛の娘の菊草(きくくさ)

 

等、10名が一緒に住んでいたようです。

 

明治18年、糸子の息子の寅太郎が天皇の下賜金でドイツ留学をする時

園の息子の隆準も一緒にドイツ留学に向かいます。

娘のミツも、足立家に嫁ぎ、吉二郎に託された使命を全うした園は

明治29年に亡くなりました。

 

幕末ライターkawausoの独り言

幕末ライターkawausoの独り言

 

結婚から一年半で夫の吉二郎に先立たれ、

先妻のマスの残した幼い子供を育てながらも独身を通した西郷園

そんな園が暮らした西郷家には、同じように夫を戦争でなくした、

西郷糸子、西郷松子がいました。

大変ながらも、同じ境遇を分かち合い慰め励まし合いながら

暮らした日々は園にとって苦しくても楽しい日々だったのかも知れません。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:愛加那(あいかな)と西郷どんの子供達の人生とは?

関連記事: 愛加那(あいかな)とはどんな人?西郷どんの島妻と西郷隆盛の人生を変えた女房

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 島津久光はどうして寺田屋事件で薩摩藩士を粛清したの?
  2. 西郷従道 幕末 台湾出兵とは?明治政府最初の海外出兵を分かりやすく解説
  3. 島津斉彬の性格のダークサイドを紹介!贋金作りで軍資金を造る裏斉彬…
  4. 小栗忠順は大蔵大臣?幕末に現れた天才の功罪
  5. 勝海舟と西郷隆盛!江戸を戦火から守った2人の真実とは?
  6. 高杉晋作と銀魂の高杉晋助の共通点は?
  7. 徳川慶喜とナポレオン三世の知られざる日仏交流史
  8. 後藤象二郎 後藤象二郎とはどんな人?大政奉還の立役者でもある土佐三伯の1人

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 張魯
  2. 反対する賈充
  3. 呂布と董卓の最強タッグ
  4. 徐庶
  5. 亡くなる周瑜

おすすめ記事

  1. 郭図(かくと)とはどんな人?出ると負け軍師・袁家滅亡の戦犯 袁紹にお茶を渡す顔良
  2. 三国テンカトリガーとはどんなアプリゲーム?
  3. 足利義昭(あしかがよしあき)と織田信長の微妙な関係性はどうやって幕を閉じたの?
  4. 【戦国四君物語】史記から見てみた魏の信陵君ってどんな人?
  5. 吉田松陰の名言を解説「諸君狂いたまえの意味とは?」
  6. 105話:曹操軍20万vs蜀の歴代最強メンバー【漢中争奪戦】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蜀の魏延
  2. 疫病が流行った村
  3. 劉備

おすすめ記事

兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西 坂本龍馬の愛刀陸奥守吉行はどんな刀? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース27記事【2/13〜2/19】 邪馬台国の卑弥呼はアイドル 卑弥呼降臨 倭国大乱を制す【前編】 三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで鎧を徹底紹介! 北条早雲、漫画「新九郎奔る」の主人公はどんな武将だったの? 孫堅時代に陸遜がタイムスリップをしたら孫堅にどんな助言をする?【if三国志】 キングダム579話最新ネタバレ「十二日目の朝」レビュー

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP