呂布特集
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国時代の走行距離メーターと方位チェッカーが意外とハイテクな件




画像指南車

(画像:指南車のからくり Wikipedia)

 

三国志』を紐解いてみると、

「~という地は~という地から~里の所にある」

と具体的に距離を示す文章が度々登場します。

 

ところで、この「~里」という距離はどのようにして測ったのでしょうか?

長い紐を使って?歩幅を使って?

そもそも『三国志』の距離の記述は、

目測による大雑把なものでしかなかったのでしょうか?

 

いえいえ、『三国志』の記述は適当ではなかったようです。

そこに記されている距離のほとんどはけっこう正確みたいで、

どうやら測定には天文測量という方法が用いられていたのではないかと言われています。

 

しかし、地球が丸いということさえ知らなかった古代中国人が

果たして天文測量で正確に距離を測ることができたのでしょうか?

 

やっぱり実際に地面の距離も測って、

それと照らし合わせて、いくらか誤差などを修正していたのではないかと思われます。

そして実際問題、漢代以後には距離を測るための

けっこうハイテクな道具があったということが確認されているのです!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:仰天!三国志の時代にはナビゲーション技術があった!?

関連記事:3分で分かるアンティキティラ島の機械の技術力の高さ!

 

 

オートマチック走行距離メーター搭載馬車

オートマチック走行距離メーター搭載馬車

 

皆さんは自動車の運転席に座ったことはありますか?

運転席に座ると、たくさんのメーターが付いていることに気がつきます。

 

アクセルを踏むと毎秒どのくらいの勢いでエンジンが回転しているかが示されるタコメーター。

運転するときには一番気になる走行速度を示すスピードメーター。

燃料があとどのくらい残っているかを示すガソリンメーター。

 

そして、地味ながら走行距離を示すメーターが2種類あります。

総走行距離を示すオドメーターと

自分である区間のからある区間までの距離を測りたいときなどに

活用できるトリップメーターです。

 

このオドメーター・トリップメーターに示される数字は、

車軸の回転数によって割り出されます。

実はこの仕組み、漢代には既に発明され、その上実用化されていたみたいなのです

その装置の名は「記里鼓車(きりこしゃ)」と言います。

 

 

記里鼓車を徹底解剖!

 

読んで字のごとく、里を記すための鼓をのせた車である「記里鼓車」。

その「記里鼓車」は、一体全体どのようなものだったのでしょうか?

 

左右におおきな2つの車輪がついた馬車の上に

太鼓と2体の太鼓叩きの木の人形が据え付けられ、

その上には大きな傘がついているという

ちょっとゴージャスで珍妙奇天烈な見た目の記里鼓車。

 

左右どちらかの車輪には歯車が付いており、その歯車に垂直に噛むように、

つまり地面と平行になるように大きな歯車が据え付けられています。

その歯車の中心部からのびる軸には小さな歯車がついており、

この歯車と大きな歯車がかみ合っています。

この大きな歯車からのびる軸が上の傘の軸であり、

この軸がくるくるまわるために傘もぐるぐる回転します。

 

そして、その軸の途中には人形の腕を動かすための紐を繰る装置がついています。

傘が一回転すると太鼓叩きが太鼓を一回叩き、これにより一里進んだと知ることができます。

その回数を数えることで距離を測ることができるのです。

 

ちなみに、傘には飾りが垂れていて、その位置によって

傘が一周しなくてもどのくらいの距離を進んだかを知ることができます。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

架空戦記  

なんと方角を見失わないための車まで!

なんと方角を見失わないための車まで

(画像:指南車模型 Wikipedia)

 

地図をつくろうと思ったらその距離を測るための方法も大切ですが、

方角を見失わずにまっすぐに歩くことも大切です。

三国時代、人々はどのように方角を知ったのでしょうか?

 

実は、記里鼓車に負けない優れものがあったようです。

その名も「指南車」。

読んで字のごとく、常に南を指し示してくれる車です。

 

こちらも歯車を駆使したもので、左右の車輪には歯車がつけられており、

それぞれの歯車には垂直に小さな歯車がかんでいます。

これらの小さな歯車の間には両方の歯車と噛むように大きな車輪が据え付けられています。

 

そして、その大きな歯車の軸の先には方角を指差す仙人の人形が付けられているのです。

これは、左右の車輪の回転数の差を利用して常に一定の方角を示すための装置です。

 

どうやらこの指南車は、最初に設定する人形の方向を東にすれば「指東車」、

西にすれば「指西車」としても使える模様。

しかし、「天子南面」や「聖人南面」という言葉から

「指南車」というネーミングを得たのでしょう。

 

この指南車は伝説上の皇帝である黄帝(こうてい)に既に用いられていたとの記録があるようですが、

実際に作られ、使われていたことが裏付けられるのは後漢時代以後のようです。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

それにしても、

2000年近く昔の人がこういったものを発明して実用していたことには感服せずにいられません

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:3分で分かるアンティキティラ島の機械の技術力の高さ!

関連記事:馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家

 

日本古代史を分かりやすく解説「邪馬台国入門はじめての邪馬台国

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 曹丕を生む卞夫人と曹操 三国志の将軍たちは家族サービスできていたの?三国時代の軍生活
  2. 趙雲 趙雲の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行
  3. 孔明君のジャングル探検 【地図付き】地味だけど結構重要だった!諸葛亮の南中遠征
  4. 残忍な曹丕 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?…
  5. 劉邦 【将苑】諸葛亮も認める立派な将軍になろう!
  6. なんで曹操は人妻が好きなのか?人妻と付き合いたがる男性の心理
  7. 白狼山の戦いは曹操もちょっぴり後悔?
  8. 洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操女性の敵3
  2. カール・マルクス
  3. 黒田官兵衛
  4. 蜀の厳顔
  5. スピリチュアルにハマる光武帝

おすすめ記事

  1. 『日経三国志』のテレビCMが、ACC賞フィルム部門でブロンズ賞を受賞!
  2. 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた 始皇帝(キングダム)
  3. 5話:頓挫する王莽の新と、後漢王朝の復活 光武帝 三国志
  4. 【赤壁の戦い】なぜ曹操は天下分け目の大戦に負けたの?
  5. 三国志の有名武将のように私も歴史に名前を残したい!どうしたらいい? 騎馬兵にあこがれる歩兵
  6. 【新サービス】はじめての三国志メモリーズを始めました

三國志雑学

  1. パワハラをする張飛
  2. 張飛のヨメ
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 桃園の誓012
  2. ボロボロになった馬超
  3. 曹操 耳で聞いて覚える三国志
  4. 曹休

おすすめ記事

キングダム53巻 キングダム592話最新ネタバレ「死に場所」レビュー 程普 【列子】信念があればなんでもできる?火に飛び込んでも無傷な人の話 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士 曹休の墓はどうやって発見されたの?DNA鑑定が出来なかった理由は? 【軍師連盟】司馬懿は何で身分の低い鄧艾を重用したの? 桃園兄弟 『三国志』人気を数字から考えてみる キングダム541話 ネタバレ予想「藺相如側近 堯雲の実力は?」 井伊直弼と いいなおとら との関係性と共通性を紹介 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀の旗や家紋は桔梗の花?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP