編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての魏

馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家

この記事の所要時間: 329




馬鈞

 

蜀の諸葛孔明は戦で使う弩(ど)を改良した連弩(れんど)や兵糧を運搬する際に使用する木牛などを開発し、発明家としても大いにその名を轟かせました。

しかし魏には孔明を凌駕する発明家が存在しているのを皆さんご存知でしょうか。

その名は馬鈞(ばきん)といいます。

彼はいろんな物を発明し、中国の農業技術の発展にも貢献していた天才発明家でした。




曹叡の献上品である木彫り人形を動くからくり人形へ変身

 

曹叡(そうえい)はある日、奏楽を演じる木彫りの人形を贈り物にもらいます。

曹叡はこの人形を見て馬鈞を呼び「この人形動かしたら面白そうだから、動かしてよ」と無茶なお願いをします。

しかし馬鈞は「分かりました。」と快諾。

その後馬鈞は家に戻り、木を削って大きな歯車を作成し、地面に対して水平に置いて水力で動くようにします。

その後小さな歯車をたくさん作成。人形も関節が動くよう工夫します。

馬鈞は数日後完成した人形をもって曹叡の元へ戻ります。




様々な動きを見せるからくり人形に曹叡は大喜び

 

馬鈞は曹叡に拝謁すると早速からくり人形を動かし始めます。

ただの木彫りの人形だったものが、擲剣(剣を投げて受け取る技)やお手玉、綱渡り逆立ちなど様々な動きを見せます。

曹叡はからくり人形の動きを見て大いに満足し、馬鈞に感謝の言葉を述べます。

 

農業用水車の開発

photo credit: SV201037 via photopin (license)

photo credit: SV201037 via photopin (license)

 

馬鈞は給事中(きゅうじちゅう=顧問の応対や政治について述べる官職)として洛陽で働いていた頃、城内に畑に適した土地を発見します。

しかしこの畑は少し高い位置にあり、水路を作って畑に水を供給するのが難しい地でした。

馬鈞はそのため足踏み式の飜車(ほんしゃ)と呼ばれる水車を製作。

子供たちに回させることにします。

すると水車は水を自動的に汲み従来の水車とは比べ物にならないほどの効果を上げる事になりました。

 

飜車は後世に改良され、農業技術の発展に貢献

photo credit: SV201039 via photopin (license)

photo credit: SV201039 via photopin (license)

 

馬鈞が作った飜車の技術は後世まで残り、改良されます。

家畜を使った牛転飜車や風の力を利用して使用する事の出来る風転飜車などに発展し、農業技術に大いに貢献する事になります。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 三国志の時代にドリンクバーが存在した?三国志時代の飲み物について…
  2. 【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは?
  3. 集まれ曹操の25人の息子たち・その2
  4. 曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんな…
  5. 【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして…
  6. 三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる…
  7. 魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた…
  8. 領土割譲という大事件、三国成立は魯粛の目論見?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった?
  2. 曹操が絶望詩人と化した兗州争奪戦を地図で紹介
  3. あの曹操が箱入り娘ってどういうこと!?華容道って、なに?
  4. 秦の身分制はどうなっていたの?夏子、真って何?
  5. 春秋時代を代表する名君・荘王にも面白い話があった!
  6. 【お知らせ】新企画第1弾「はじめての三国志メモリーズ」をリリースします

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表者達 劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ? 楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは? 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由 【シミルボン】ええっ!そうなの?陳寿の三国志が簡潔な本当の理由 【意外】古代中国では犬や山猫が鼠を捕っていた? 【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱!ジミーズ二人の共通点 57話:劉備はどうやって三国志界の天才軍師・諸葛孔明を手に入れたの?

おすすめ記事

  1. 蒙恬(もうてん)はどんな性格なの?真面目さの照れ隠しの軽い性格
  2. 2017年はじめてのストライキ宣言文
  3. 【衝撃の事実】死せる孔明、生ける仲達を走らせるは司馬懿の芝居だった!?英雄の波瀾万丈な人生に迫る!
  4. 誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の●●●』
  5. 67話:孔明、博望坡で初陣を飾る。夏侯惇をフルボッコ
  6. 范雎(はんしょ)とはどんな人?平民から秦の宰相まで上り詰め、恩と復讐を忘れなかった苦労人
  7. 【ビジネス三国志】みんな真似で天下を取った!群雄に学ぶ生き残り戦術
  8. 要離(ようり)とはどんな人?呉王・闔廬の為に身命をとした刺客

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP