ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

夏侯惇の少年時代はいったいどんな子供だったの??

曹操と夏侯惇


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

桃園三兄弟

 

歴史上の英雄達はそれぞれ少年時代がありました。

 

例えば曹操(そうそう)の少年時代はとんでもない悪ガキで手のつけられない子供だったそうです。

また織田信長(おだのぶなが)も子供の頃は乳母や彼の教育係は手を焼き、

悪いことばかりをしていたため「うつけ」と呼ばれていたそうです。

 

このように子供時代が人にはありますが、

片目でちょっと荒くれ者のイメージが強い夏侯惇(かこうとん)にも子供時代がもちろんあります。

彼は曹操の挙兵時代から付き従って激戦を潜り抜けてきた古強者ですが、

少年時代はどんな子供もだったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魏の夏侯惇・許褚・龐徳の息子達は優秀だった?気になる将軍たちの息子事情

関連記事:夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析


曹操や信長のように少年時代の記載は無い?

織田信長

 

夏侯惇はいったいどのように少年時代を送ってきたのでしょうか。

色々と調べてみましたがあまり彼の少年時代に関する記載はありませんでした。

曹操や織田信長のように派手なことをしたことの無い子供だったのかもしれません。

 

でもここで夏侯惇の少年時代の記載が無いのですいませんでしたでは

今回の企画がぶっ倒れてしまうのでもう少し調べてみることにします。


調査してみたらちょっとだけ夏侯惇の子供時代の出来事を発見

夏侯惇の子供時代の出来事を発見

 

正史三国志三国志に関する書物を色々と調べてみると

夏侯惇の少年時代に関する記述を発見することができました。

かなり苦労しましたが紹介したいと思います。

 

はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

学問熱心な少年時代の夏侯惇

学問熱心な少年時代の夏侯惇

 

夏侯惇は荒くれ者のイメージが強い三国志の武将ですが、

少年時代から荒くれ者の人だったのでしょうか。

それは違います。

 

彼は荒くれ者ではなく学問をして少年時代をすごしていたそうです

夏侯惇は14歳頃から学問を始めることになったそうですが、

ばっくれたりしていたとの記述が無いのでまじめに学問を学んでいたことでしょう。

 

ちょっと話はそれますが、

三国志の英雄達は学問をしていない少年時代を過ごしていた人が多いです。

 

例えば曹操の少年時代は学問をしないで遊びまくっていたそうで、

彼を注意してきた叔父さんをうざいと思ったのか、

病になったと嘘をついてだましてしまう始末です。

 

また劉備(りゅうび)は少年時代、ものすごく貧乏でしたが、

一族の人が劉備のために高い金を払って学問をさせたそうです。

しかし、劉備は学問をしっかり学ばないで賭け事や無頼者と付き合うような事ばかりしていました。
曹操や劉備に比べれば夏侯惇はまじめな少年時代を過ごしていたと思われます


でも時には曹操と羽目をはずしていたかも

でも時には曹操と羽目をはずしていたかも

 

学問を学んでまじめな少年時代を過ごしていた夏侯惇ですが、

たぶん時には大きく羽目をはずしていたこともあったと思います。

その理由としては曹操が原因です。

 

曹家と夏侯惇の家は姻戚関係を代々結んでおり、

曹操のパパは夏侯惇の家から迎えられています。

そのため曹操と夏侯惇も少年時代から見知った仲であったと思われます。

 

曹操の少年時代は、鷹狩りに出て遊んだり、

犬を連れて狩に出たりと外で遊ぶことが好きな少年でした。

 

現在の子供達はDSやスマホのゲームで遊んだりと

外で遊ばない子供が増えているので、

現在の観点からすればかなり健康的な遊びを曹操がしていたと思います。

 

そして話がずれてしまいましたが、

夏侯惇も曹操に連れられて狩を一緒に楽しんでいたこともあったと思われます。

そのため夏侯惇が学問ばかりをしていた少年時代をすごしていたわけではなく

曹操と一緒に外で元気いっぱいに遊んでいた可能性もあり得るのではないのでしょうか


  

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は夏侯惇の少年時代を紹介しました。

夏侯惇は少年時代からまじめに学問に打ち込んでおり、

大人になってからも自分の陣営に学問の先生を呼んで講義をしていたそうです。

 

そのためもしかしたら夏侯惇は軍事に携わるような事をしたかったわけではなく、

学問の先生として身を立てたかったのかもしれませんね。

 

参考文献 【正史三国志魏書】など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯惇の死後、一族はどうなったの?忙しかった夏侯惇はイクメンではなかった?

関連記事:曹操の分身!夏侯惇(かこうとん)の生涯

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 子供時代の桃園三兄弟 歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い
  2. 孔明 【三国志星座占い】諸葛亮は双子座?
  3. 献帝 全28代!漢王朝の系図をあっさり紹介するよ!
  4. 集まれ、団子三兄弟!劉備の息子たち
  5. 曹仁 曹仁伝から読み取る曹仁の生涯不敗漢、もはや伝説・・・
  6. 司馬懿 司馬懿は孫子の兵法を戦いで用いたことある?
  7. 京劇コスチューム趙雲 五虎大将軍なのに趙雲の扱いが色々雑すぎる気がする件について
  8. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟 関羽と張飛はどんな出会い方をしたの?正史三国志と三国演義を比較し…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 王騎 キングダム
  2. 羅貫中と関羽
  3. 劉禅
  4. 劉禅
  5. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  6. kawausoさん
  7. 野球をする曹操と関羽と呂布
  8. 張紘が病死したという手紙を読み涙する孫権

おすすめ記事

  1. 賊徒から三国志の英雄に出世した武将がこんなにいる! 張燕
  2. 荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?曹操と生涯仲良し綺麗事を言わない荀彧の甥 荀攸
  3. 近代日本の税制改革・地租改正とは?太閤検地から江戸時代まで解説 まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  4. 袁紹の勢力拡大ペースがなかなかすごい件!もう少しで『四国志』になっていた? 美化された袁紹に羨む袁術
  5. 中国四大美女のひとり貂蝉 貂蝉
  6. 陳宮の珍エピソード?実は主君・呂布が大嫌いだった? 怒る陳宮

三國志雑学

  1. 郭嘉を推薦する荀彧
  2. 龐統
  3. 孔明


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 司馬昭と司馬師
  2. 山頂に陣を敷いた馬謖
  3. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)
  4. 真田丸 武田信玄
  5. 張コウ 張郃

おすすめ記事

キングダム52巻 キングダム580話最新ネタバレ予想、飛信隊覚醒には理由がある! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【5/22〜5/29】 織田信長 織田信長は非常に騙されやすいお人好しだった。 井伊直弼の首はどうなった?消えてしまった首の不思議 司馬懿 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介 明智光秀と煕子(麒麟がくる) 明智光秀と熊本藩との関係は?細川ガラシャが関係している? 上杉謙信 上杉謙信の戦術・車懸りの陣とは? 連幹の計 呂布 貂蝉 【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP