経営者こそ『論語』を学ぶべき!その理由とは…?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

儒教

 

春秋時代に生きた孔子(こうし)の言葉は、

二千数百年後の未来を生きる私たちをも

「ハッ」と驚かせるものばかりです。

 

そんな孔子の言葉を学ぶのに

とっておきの書物といえば『論語』。

『論語』は孔子とその弟子たちの言葉が

息遣いさえも感じられるほど

生々しく描かれている素晴らしい書物です。

 

そんな『論語』は

これから会社を起こそうと考えている人や、

既に経営者となって活躍している人にも

必読書としてよく推薦されています。

 

しかし、なぜ経営者の必読書として

『論語』が挙げられるのでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の人々の精神に影響を与えた論語(ろんご)って何?

関連記事:四書五経とはぶっちゃけ何?読んだら何になるの?

 


 

経営者の愛読書に名を連ねる『論語』

経営者の愛読書に名を連ねる『論語』

 

会社経営を夢見る人の中には

よく書店に平積みされている

ビジネス本や自己啓発本なんかを手に取って

満足している人も少なくないようですが、

そんな売れるためだけに書かれた薄っぺらい本を読んでも

あなたは良い経営者になることはできないでしょう。

 

そんなものを数百冊集める暇があったら、

まずは『論語』を手にとりましょう。

実は、優秀な経営者の多くは

その愛読書として『論語』の名を挙げています

 

その最たる例として挙げられるのが、

幕末の動乱期から昭和の時代までを駆け抜けた

稀代の大実業家である渋沢栄一(しぶさわえいいち)です。

 

彼は自身の著書『論語と算盤』において、

幼い頃に『論語』から学んだ倫理観が

富を築く礎となったと語っています。

 

道徳観を持たずに

私利私欲をむき出しにしていては、

一時的な富を築くことができたとして、

その富を永続することはできないというのが渋沢の持論です。

 

渋沢は何か新しいことをする際には、

仁義道徳にかなうかをまず考え、

それにかなうならば更に社会の役に立つかを考え、

そうであるならば更に自分の利益になるかを考えたのだそうです。

 

そして、自分の利益になるなら最高だけれど、

自分の利益になりそうになくとも、

仁義道徳の道にかない、

社会に役立つものであるならば

その事業を立ち上げると語っています。

 

『論語』によって培われたこのような彼の心が

多くの銀行の設立や、

500以上の多種多様の名だたる企業の設立という

偉業を成し遂げさせたに違いありません。

 


 

『論語』はリーダーのための教科書

『論語』はリーダーのための教科書

 

『論語』と経営とは一見関係ないように

思う人も多いと思いますが、

実は『論語』は経営者、すなわちリーダーのための

教科書ともいえる書物なのです。

 

『論語』では、

リーダーのことを「君子」という言葉で表現しています。

今でこそ君子といえば徳の高い人を指す言葉になっていますが、

もともと孔子は人の上に立つリーダーを指す言葉として

君子という言葉を使っていました。

 

そもそも孔子は理想のリーダーを求めて

各地を旅していた人物ですから、

彼の言行録ともいえる『論語』に

その理想のリーダー像が描かれていないわけがありません。

 

人の心を動かす力を身につけるためには

どのような心を持ち、

どのような行いを心がけるか

 

そんなリーダーのリーダーたるべき秘訣を

つぶさに教えてくれるのが

『論語』という書物なのです。

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲


 

経営者が座右の銘にすべき『論語』の言葉

経営者が座右の銘にすべき『論語』の言葉

 

『論語』というものが

どれほど経営者にとって重要なものであるかは

十分にご理解いただけたと思います。

最後に、経営者におすすめの

『論語』に見える名言をご紹介しましょう。

 

1.人にして信なくんば、其の可なることを知らざるなり

 

于禁を褒める曹操

 

孔子は信用がなければ何もできないと言っています。

これは、経営論のいろはの「い」とも言える当たり前のことですが、

信用を得るということは如何せん難しいことですよね。

このことを常に心の片隅に置き、

他者に対して誠実に振る舞うことを心がけていきたいものです。

 

2.賢を見ては(ひと)しからんことを思い、不賢を見ては内に自ら省みる

鏡を見て微笑む袁術

 

優秀な人を見てただうらやましがるのではなく、

同じくらい優秀になろうと思ったり、

残念な人を見てただ馬鹿にするのではなく、

自分はそうなっていないかと内省したりすることは

自分を高めたり客観視したりするための第一歩です。

謙虚な心を忘れない経営者になるべく、

この言葉を座右の銘にするのも良いでしょう。

 

3.君子は()れを己に求め、小人は()れを人に求む

三国志のモブ

 

何か悪いことがあったとき、

リーダーは原因を自分に求めるが、

つまらない人はすぐ人のせいにすると

孔子は語っています。

良い経営者になりたいのであれば、

失敗したときに誰かのせいにするのではなく、

自分に何か落ち度が無かったかを省みることができる人になりましょう。


  

 

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

孔子は常に理想の君主像を胸に抱きながら生きていましたが、

そのために絶望することが多かったと言われています。

おそらくそれは、

その理想を他人に見出そうとしていたからでしょう。

 

しかし、その理想像を自分に見出そうとすれば、

渋沢栄一のような成功をおさめることもできるかもしれません。

自分の中に明確な自分の理想像を描くためにも

『論語』は良き教科書となってくれるのではないでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:儒者っぽくない!?「四海皆兄弟」と言った孔子の弟子・子夏

関連記事:知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 


 

関連記事

  1. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  2. 魏の曹操孟徳
  3. 梁冀(りょうき)
  4. 犬猫に襲われる孔明
  5. 司馬昭
  6. 華佗(華陀)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP