袁術祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志の人々の精神に影響を与えた論語(ろんご)って何?

この記事の所要時間: 437

孔子 儒教

 

漢の時代は、儒教を国教とした時代です、儒教自体は中国の民俗と混合して

大昔からありましたが、それを体系づけて学問として発展させたのは、

中国でもっとも偉大な思想家として位置づけられた孔子(紀元前552~479)でした。

 

この儒教のエッセンスは、論語という書物にまとめられ、三国志の時代の

人々にも大きな影響を与えています。

 

 

孔子(こうし)ってどんな人?

photo credit: SIP0900863 via photopin (license)

photo credit: SIP0900863 via photopin (license)

 

孔子と言いますが、孔子いうのは敬称で本名ではありません。

子というのは先生と言う意味でこれだと孔先生という意味になります。

同じく、孫子や呉子も同じで、孫先生、呉先生という事です。

孔子は、名を孔丘(こうきゅう)字を仲尼(ちゅうじ)と言います。

中国の春秋時代に生まれた魯の人です。

 

孔丘は元々、低い身分でしたが現実の政治に関わり

世の中を変えようという野心を持っていました。

念願は叶い、50歳を超えてから故郷の魯の大司寇(だいしこう:司法長官)として

手腕を奮いますが、孔丘の考える理想主義的な政治は弱肉強食の

春秋時代に適応せずやがて失脚を余議なくされます。

 

失意の孔丘は方針を転換、儒教を論理的に体系化し、弟子を育て導き

いつか平和な社会が来た時に儒教が役立てられる事を願ったのです。

孔丘は紀元前479年に73歳で死去します。

 

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

関連記事:儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?

 

 

孔子が説いた思想とは?

photo credit: Poinsettia via photopin (license)

photo credit: Poinsettia via photopin (license)

 

孔子の説いた儒教で最も大切なものは仁と礼です。

仁というのは、人類愛であり、礼とは社会規範を意味しています。

 

人間、愛ばかりでは、それは時に偏ってしまいエゴになってしまうので、

孔子は、これに礼という社会規範を加えて車の両輪にしました。

仁の範囲は、社会規範の範囲という事になり、また、社会規範だけでは

冷たくなり杓子定規になるので、情愛としての仁を補ったのです。

 

関連記事:諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる?

関連記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

 

人間として生きていく5つのポイント 仁、義、礼、孝、忠

 

もっとも、仁と言われても、あまりに漠然としているので、

どうしていいか、分からなくなるかも知れません。

そこで孔子は、人間として生きていく時に当然、踏まないと

いけない手順として、5つの徳目を重要視しました。

 

仁・・・・他者への思いやりや優しさ

義・・・・不正を許さず、恐れずに正しい事を行う

礼・・・・世間一般のマナーやルールを重んじる

孝・・・・親を大事にする心

忠・・・・主君に対する忠誠心

 

この中でも、孔子は仁と義を特に重んじています。

他者への思いやりと社会悪に染まらずに、正しい事を行う。

これが出来れば、間違った道に進む事はないというのです。

 

論語とは、孔子と弟子達の問答集

 

しかし、5つの徳目を設定しても、TPOによって、

どの徳目を優先すればいいのか?という判断は変化してゆきます。

そこで、実際に起きた事象において、どう判断すればいいのか?

を弟子が孔子に尋ねたのが、論語という書物です。

 

論語は、孔子が書いたものではなく、孔子の弟子や孫弟子が、

孔子の言葉や問答集をまとめて本にしたものです。

上から目線ではなく、テキストも短文が多いので、儒教の入門書としては

読みやすく、中国では宋の時代に入ってから、儒教と言えば、

論語と言うほどにメジャーになりました。

 

【次のページに続きます】

 

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪?
  2. 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由
  3. 理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)
  4. コネ男・劉備から学ぶ人脈作り!コネクションの活かし方をコッソリ教…
  5. 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達
  6. 魏の三代目皇帝・曹芳(そうほう)就任により魏は滅びの道を歩んだ?…
  7. 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる
  8. 許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(1/3)
  2. 【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留侯世家異伝】
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第4部
  4. ええっ?蒙驁(もうごう)将軍は史実では秦の六大将軍に並ぶ超名将だった
  5. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(2/3)
  6. 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

仏門教師・太原雪斎とはどんな人?今川義元の幼少期・青年期を支えた坊主軍師 東方明珠のへなちょこ長江旅行記 その3 【誤解しないで!】男同士のひざまくらが三国志の時代に大流行!その理由とは??  袁術祭り開催日程のお知らせ 【日本人と三国志の出会い】奈良時代に董卓だとdisられていた人が存在した【シミルボン】 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方 何晏(かあん)とはどんな人?三国志一のナルシストで歴史に名を残した男 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2

おすすめ記事

  1. 戦下手の夏侯惇が大活躍!運が味方した陽平関の戦いってどんな戦いなの?
  2. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編
  3. 周瑜の名言から知る三国志の世界「人生れれば死あり。修短は命なり」
  4. 鄧艾(とうがい)ってどんな人?苦労人のド根性人生に迫る
  5. 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち
  6. 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?
  7. 王異(おうい)ってどんな人?戦乱の中で数々の逸話を残してきた女性武将
  8. 群雄の名言から知る三国志の世界【小覇王孫策の名言】

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP