魏延
馬超




はじめての三国志

menu

西郷どん

小松帯刀の死因は結核!若くして死んだ総理候補の素顔

小松帯刀




小松帯刀

 

小松帯刀(こまつたてわき)は若くして薩摩藩の家老に取り立てられた有能な人物でした。

 

同じ頃に活躍した

西郷隆盛(さいごうたかもり)大久保利通(おおくぼとしみち)を超える才能を持っていたと言われていましたが、

病気がちだったため、

西郷や大久保と比べると歴史の表舞台に出ることが少ないのが特徴として挙げられます。

 

今回は、小松帯刀を悩ませた病気と湯治について取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:薩長同盟の目的は倒幕ではなかった!【知って得する幕末史】

関連記事:【武田鉄矢に怒られろ!】坂本龍馬は本当はこんな人だった?

 

 

小松帯刀の死因は何だった?肺病?痛風?大腸がん?

大久保利通

 

小松帯刀は少年の頃から病弱でした。

1867年、小松は薩摩兵を率いて御所に向かうよう命じられますが、

持病が悪化したため大久保利通が代役として上洛することになりました。

 

大久保は大政奉還をした徳川慶喜(とくがわよしのぶ)に対して

領地返還を求める大演説を行いました。

 

小松は明治維新後に35歳という若さで病死しますが、

その死因は何でしょうか。

小松の持病は肺結核だったと言われています

当時の日本の医療技術では肺結核の治療に限界があったため

海外の医師は渡欧を勧めていましたが、渡欧しないで大阪で死亡しました。

 

 

湯治について知ろう

湯治について知ろう

 

湯治(とうじ)とは温泉地に長期間滞留して特定の疾病の温泉療養を行うことです

現代では、現在では、皮膚病の治療で湯治が行われることが多いと言われています。

また、現在の医学では治療困難とされる病気の治癒を期待して湯治を行う人もいます。

 

当初、湯治は権力者など一部の人に限られていました。

戦国時代では、湯治で有名な人物として豊臣秀吉(とよとみひでよし)が挙げられます。

合戦や任官・家族の他界など人生の節目ごとに有馬温泉で湯治を行っていたことで有名です。

安土桃山時代まで湯治は権力者など一部の人に限られていましたが、

江戸時代から一般の人の間でも湯治が盛んに行われるようになりました。

 

薩摩藩士の小松帯刀の場合、病気療養だけでなく、

身分に関係なく人々と交流するために湯治を行っていました。

 

「富国強兵・文明開化」を目指した薩摩藩の藩主・島津斉彬の生涯
島津斉彬

 

日本初の新婚旅行は小松帯刀?

坂本龍馬

 

日本最初の新婚旅行は1866年で、

坂本龍馬(さかもとりょうま)と妻のおりょうであると言われています。

 

しかし、1856年に新婚旅行として湯治旅行をしていた夫婦がいました。

その夫婦とは小松帯刀と妻のお(ちか)でした。

霧島の栄之尾温泉に湯治旅行に来ていて、

日本初の新婚旅行ではないかという見解があります

 

小松帯刀のお墓参り!

小松帯刀のお墓参り!

 

小松帯刀の墓は園林寺跡にあります

園林寺は小松家の菩提寺で、小松家歴代の墓があります。

帯刀の墓は吉利集落を見下ろす最前列にあります。

妻おちか(お近)の墓と並んでいます。

 

なお、園林寺は1869年の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)によりほとんどが失われ、

現在は廃仏毀釈の被害に遭った仁王像や墓地が残されています。

車

 

小松帯刀の墓がある園林寺跡は鹿児島県日置市にあります。

鹿児島IC~伊集院IC利用を利用すると、

鹿児島市内から車を使うと40分で移動できます。

JR伊集院駅から車を使うと20分で行くことができます。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は少年の頃から病気がちだった小松帯刀の死因について取り上げました。

小松帯刀は2018年の大河ドラマ『西郷どん』でも登場しますが、

病気がちだったため歴史の表舞台にいる期間が西郷隆盛や大久保利通と比べると少ないです。

この記事では、小松の病気として肺結核を挙げました。

 

湯治の肺結核の治療は日本で限界だったため、35歳で死亡しました。

当時の日本で肺結核の治療技術が向上していれば小松は長生きできたのかもしれません。

 

次に、湯治について取り上げました。

現代では医療技術が発達していて湯治はピンとこない人が多いと思いますが、

現代でも皮膚病の治療のために湯治が残っていることを取り上げました。

 

小松帯刀と湯治との関係については小松の病気の治療だけでなく、

身分に関係なく人々と交流するためにも使っていたことを取り上げました。

 

終わりに、小松帯刀と坂本龍馬の新婚旅行について取り上げました。

坂本龍馬よりも先に小松帯刀が新婚旅行をしていたことは

意外だと感じる人がいるかもしれません。

今後の議論に注目したいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:中村半次郎(桐野利秋)はどんな人?本当は冷血な人斬りではなかった!

関連記事:五代友厚は大阪再生の立役者だった!

 

【あなたの知らない新選組の姿がここにある!】
新選組

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 木戸孝允 西郷隆盛と木戸孝允はどんな関係?
  2. 薩長同盟が結ばれるシーン 坂本龍馬と西郷隆盛と桂小五郎 廃藩置県とは?中央集権国家を目指した改革を分かりやすく解説
  3. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 藤堂平助とはどんな人?御陵衛士時代や美貌について
  4. 【西郷どん】実は大久保利通は囲碁が下手だった?
  5. 徳川家を守った篤姫 篤姫のお墓がある上野寛永寺ってどんな所?一般の墓と違う?
  6. 【薩摩vs大英帝国】薩英戦争は勘違いから始まったってホント?
  7. 沖田総司 幕末 沖田総司とはどんな人?本当にイケメンで彼女はいたの?
  8. 幕末の偉人は外国人をどのように思っていたの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 張済
  2. キングダムの王騎
  3. 狗奴国は邪馬台国と対立
  4. ピストルを乱射する坂本龍馬
  5. 鼎(かなえ)
  6. 幕末刀剣マニアの坂本龍馬
  7. 南蛮胴を身に着けた織田信長
  8. 兵士と禰衡

おすすめ記事

  1. 司馬懿の孫の司馬炎は何をした人なの?謎の占田法・課田法など解説
  2. 橋本左内の書籍にはどんなものがあるの?
  3. 【はじ三グッズ】可愛い馬超のスマホケース(iPhone/Android対応)近日発売予定
  4. kawauso編集長のぼやきVol.23「ウォーキングコンビニ」
  5. 袁術祭り秘話|袁術をkawausoが取り上げた理由
  6. 明智光秀と坂本龍馬は祖先と子孫の関係だった?長宗我部元親との関係も ピストルを乱射する坂本龍馬

三國志雑学

  1. 張飛と劉備
  2. 孫権に攻められ戦死する黄祖
  3. 呂壱と孫権
  4. 曹操と張繍
  5. 陸遜
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 楊鋒(南蛮討伐)
  2. 結婚を喜ぶ孫策
  3. 袁紹と曹操
  4. コーノヒロさん(はじめての三国志ライター)
  5. 疫病が流行った村
  6. おんな城主 直虎
  7. 周昭が諸葛瑾をベタ褒め

おすすめ記事

三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!? あの光武帝がダジャレ大好き!?初陣で早くもギャグをかます劉秀に萌え そうなの?諸葛亮はいい加減に歴史を覚えていた 三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者? 兀突骨 兀突骨(ごつとつこつ)は実在したの?悲しみの巨人に迫る 劉璋 えっ?劉璋は若い頃かなり気性が荒かった? 顔斐(がんひ)とはどんな人?まるで三国時代の都民ファースト!民衆から慕われた魏の名太守 宦官の趙高(キングダム) 宦官手術の死亡率が気になる!宦官になれる手術方法とは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP