よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

西郷どん

藤田東湖が「せごどん」を生み出した?水戸学のカリスマの生涯




藤田東湖

 

藤田東湖(ふじたとうこ)は水戸藩出身で水戸学の学者です。

藤田東湖は1806年に水戸で、

父の藤田幽谷(ふじたゆうこく)の影響を受けて学問に力を入れました。

藤田東湖は幕末の水戸藩で徳川斉昭(とくがわなりあき)の側近として活躍しますが、

安政の大地震で死亡します。

 

今回は藤田東湖と西郷隆盛(さいごうたかもり)との接点について取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:橋本左内の墓は二か所ある!?西郷隆盛も認めた幕末の名士をしのぶ

関連記事:徳川斉昭とはどんな人?色々やり過ぎて嫌われた水戸の天才藩主

 

 

尊皇攘夷を志士たちに広めた藤田東湖

尊皇攘夷を志士たちに広めた藤田東湖

 

まず、藤田東湖の専攻していた水戸学について紹介します。

水戸学とは儒学思想を中心として国学・神道などを融合した学問です。

 

徳川光圀(とくがわみつくに)が日本の歴史をまとめた

『大日本史』の編纂に関わった人物が水戸学の大成に関わっています。

幕藩体制の当初から水戸藩は徳川御三家でしたが、

尊皇の意識を強く持つようになります。

 

次に、藤田東湖が尊皇攘夷をどのようにして広めたのでしょうか。

藤田東湖は徳川斉昭が水戸藩の藩主になると、

藩政改革の中心人物として推進します。

この水戸藩の藩政改革で、

藤田東湖の政治手腕が全国に知られるようになりました。

 

1853年、ペリー来航に伴って、

徳川斉昭が幕政海防参与に任命されたとき、

藤田は幕府から海防御用掛に任命され、

日本一国の政治に関わるようになりました。

 

こうして各藩の志ある藩士は、

江戸に来ると東湖の元を訪れたと言われています。

西郷隆盛も東湖の元を訪ねた一人です

 

 

藤田東湖と対面した西郷隆盛はどうなった?

藤田東湖と対面した西郷隆盛はどうなった?

 

西郷隆盛が藤田東湖を初めて訪ねたのは1854年でした。

薩摩藩士の樺山三円(かばやまさんえん)とともに訪れています。

 

樺山三円は西郷の友人であり、

西郷よりも先に江戸藩薩摩邸で勤務していました。

西郷は藤田東湖の評判を樺山三円から聞き、

会いたいと思うようになりました。

 

初めて西郷は東湖と対面します。

西郷は東湖の学識・胆力・人柄・態度に大きな感銘を受けました。

初めて会ったときの東湖の印象については西郷隆盛全集の中で書かれています。

 

初対面以来、西郷は頭語の家に出入りするようになり、

水戸藩の名士と盛んに交流するようになりました。

 

藤田東湖と出会ったことで、

西郷の自己啓発になったばかりでなく、

若き日の西郷の人物形成に多大な影響を与えることになったと考えられます。

しかし、安政の大地震で藤田が死亡したことにより、

水戸藩士との交流は続かなくなりました。

 

藤田東湖の死後、

水戸藩を二分する天狗党の乱が起こりました

 

黒船来航!その時藤田東湖は?

黒船来航!その時藤田東湖は?

 

1824年、水戸藩の大津浜にイギリス船が漂着しました。

藤田東湖は父の幽谷から

漂着したイギリス船の乗組員を斬るように命じられましたが、

既にイギリス人の乗組員は解放されていて立ち去っていました。

 

このイギリス船の漂着事件に対して、

幽谷の門下生から外国船の処分に対して生ぬるいと激高します。

門下生の会沢正志斎(あいざわせいしさい)らが攘夷を行うべきだと主張し、

水戸藩の藩政改革につながりました。

 

1827年に水戸藩の藩主が徳川斉昭になると、

斉昭の側近として藩政改革を始めます。

藩政改革の主な内容は、

貧民救済・質素倹約の実行・藩校弘道館の開校・学問振興・廃寺です。

 

東湖は学問振興と廃寺で寺を取り壊すことによって尊皇攘夷を広めることに成功しました

 

【西洋文明に遭遇した日本の開国秘話に迫る!】
こんにちは西洋

 

藤田東湖の死と幕府の衰退

藤田東湖の死と幕府の衰退

 

ペリー来航に伴って、

徳川斉昭が海防参与として幕政に参加することになりました。

東湖も江戸藩邸に呼び出され、

江戸幕府海岸防禦御用掛として斉昭を補佐することになります。

 

徳川斉昭と言えば、

過激な尊王攘夷派で有名です。

斉昭は攘夷派であると同時に西洋の技術を取り入れることも考えた人物でした。

 

当時の老中阿部正弘(あべまさひろ)に黒船を急襲して乗っ取ることを提案しますが、

阿部は斉昭の考えを断りました。

既にペリーに親書を渡していたことが分かり、

斉昭と藤田の努力は無駄に終わりました。

 

1855年、藤田は安政の大地震により50歳で死亡しました

その後、幕府は安政の大獄で尊王攘夷派を弾圧しますが、

井伊直弼(いいなおすけ)が暗殺されたことで求心力が低下し

江戸幕府は滅亡へのカウントダウンを開始します。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は藤田東湖について取り上げました。

藤田東湖を振り返ることによって

水戸藩が尊皇攘夷運動のきっかけになったことが分かりました。

 

水戸藩と言えば御三家の中で尊皇で有名な藩ですが、

水戸黄門で有名な徳川光圀の『大日本史』から

幕末の水戸藩の尊皇攘夷運動に至るまでの経緯に注目したいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:井伊直弼とはどんな人?井伊の赤鬼は泣いた赤鬼だった

関連記事:井伊直弼の安政の大獄はいつから始まった?時系列で解説

 

幕末のおじゃるズ公家
公家

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 平野国臣 平野国臣の西郷隆盛救出!入水事件の真相とは?
  2. ペリーは蒸気船の父!アメリカ海軍近代化プロジェクトX
  3. ペリー来日youは何しにニッポンへ?
  4. 岩倉具視 岩倉具視の性格や出身は?ヤモリと呼ばれた男の生涯
  5. 坂本龍馬(幕末時代) 坂本龍馬の髪型はハゲ隠しだったの?
  6. 久坂玄瑞の最後!その人生の幕の閉じ方
  7. 桜田門外の変とは何?桜田門外の変を簡単に解説
  8. 松平春嶽はどんな人?人をなだめてばかりの幕末の調停者

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹彰

おすすめ記事

  1. 後漢の初代皇帝・光武帝ってどんな人?牛に乗って挙兵した皇帝 牛に乗って登場する光武帝(劉秀)
  2. 三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀
  3. kawauso編集長のぼやきVol.26「倒れない編集長」
  4. 大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選 宋姫
  5. 陸遜の逸話を紹介!さらに陸遜のことが好きになる!
  6. 【三国志演義】は劉備を偽善者前提で見ると面白い 曹操から逃げ回る劉備

三國志雑学

  1. 三国志ライター黒田レン
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 老荘思想(ろうそうしそう)
  2. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  3. 司馬昭と司馬師
  4. 杜夫人
  5. 異議ありと叫ぶ司馬懿

おすすめ記事

キングダムでついに韓非子の名が!韓非子ってなに? 韓非が作った故事成語「矛盾と守株」の真の意味とは? 大学者鄭玄の下女達の会話は高学歴だった 122話:孟達の心変わり!孔明の失敗と司馬懿の復活 131話:新宰相・蔣琬(しょうえん)により変貌する蜀 曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書 人材大好きの曹操が欲しがるほどに惚れた敵将は誰?

おすすめ記事

  1. 岩倉使節団とは何?大久保利通がイギリスに行った理由 対立する西郷隆盛と大久保利通
  2. 曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?
  3. 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超 馬超と羊
  4. 【列子】愚公山を移す 中国語の教科書にも載っているいわくつきの説話 毛沢東(もうたくとう)
  5. 思わずホロリ!曹丕の妻・甄氏(しんし)の人情に訴え掛ける名エピソード
  6. 諸葛均(しょかつきん)とはどんな人?諸葛孔明の弟に迫る! 諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ
  7. 三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる 英雄たちの宴(三国志)
  8. 【三顧の礼】劉備の諸葛亮への手紙にNGワード!逆賊疑惑

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP