よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

西郷どん

徳川家茂の家系図はすごい?朝廷との融和を実現した家茂の功績とは?

この記事の所要時間: 333




徳川家茂

 

徳川家茂(とくがわいえもち)と言えば14代将軍で、

大老井伊直弼(いいなおすけ)の支持によって将軍となった人物です。

 

正室が皇女・和宮(かずのみや)で、

公武合体運動の象徴となった人物

という印象を受けることがいるかもしれません。

 

安政の大獄によって一橋派を弾圧したことにより

徳川家茂は14代将軍になることができました。

井伊直弼は血統を根拠にしていたと言われています。

 

この記事では徳川家茂の家系図を中心に取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:岩倉具視の性格や出身は?ヤモリと呼ばれた男の生涯

関連記事:勝海舟はどんな人?西郷どんの親友、幕末ちょい悪親父の波乱の人生

 

 

実は徳川家康の直系男子ではない家茂

実は徳川家康の直系男子ではない家茂

 

徳川家茂の実父は徳川斉順(とくがわなりゆき)で、

12代将軍徳川家慶(とくがわいえよし)の異母弟に当たり、

13代将軍徳川家定(とくがわいえさだ)のいとこに当たります。

 

将軍に就任する前、

幼少の頃から紀州藩主となり、

13歳で将軍になりました。

 

実は、徳川家茂は徳川家康(とくがわいえやす)の直系男子ではありません。

徳川家康の直系男子は7代将軍徳川家継(とくがわいえつぐ)で途絶えています。

8代将軍は徳川吉宗(とくがわよしむね)で、

家康の10男の徳川頼宣(とくがわよりのぶ)の血を引いています。

 

以降、14代家茂まで紀州徳川家の血を引く者が将軍となります

 

 

紀伊徳川家から将軍になった家茂。「紀州」の血が家茂を将軍にした?

江戸城

 

徳川家康は初代江戸幕府の将軍になると、

直系が絶えたら跡継ぎは親藩の中で御三家からということで、

万が一に備えて用意をしていました。

 

御三家の優先順位は尾張・紀伊・水戸です。

結果、15代将軍のうち尾張藩から将軍を輩出することができず、

紀伊藩から吉宗と家茂の2人、

水戸藩から慶喜(よしのぶ)の1人を輩出しました。

 

当時、御三家筆頭の尾張徳川家には

徳川宗春(とくがわむねはる)という当主がいましたが、

なぜ2番手の紀州藩の徳川吉宗が8代将軍になったのでしょうか。

 

6代将軍徳川家宣(とくがわいえのぶ)の正室の天英院(てんえいいん)

8代将軍に指名したことが決め手になったと考えられます。

一方で、尾張徳川家の当主徳川宗春は将軍になることができず、

幕府の命令を無視する政策を実行したことにより隠居処分を受けました。

 

徳川吉宗は8代将軍になり享保の改革を実行します。

家康の御三家に倣って御三卿を作りました

 

御三卿とは清水家・田安家・一橋家の3家です。

9代将軍として徳川家重(とくがわいえしげ)が将軍を継ぐと、

残り2人の息子は田安家・一橋家を創設しました。

家重の代で清水家が創設されています。

 

その後、10代将軍徳川家治(とくがわいえはる)には跡継ぎがいなかったため、

一橋家の家斉(いえなり)が11代将軍になりました。

14代将軍家茂は11代将軍の家斉の孫に当たり、

血統で近いことから将軍になることができました。

 

【維新を阻止しようとした男たちの秘話】
ガンバレ徳川

 

家茂と慶喜。2人の将軍候補の中から家茂が勝ち残ったわけとは?

徳川慶喜

 

13代将軍徳川家定には病弱であるため跡継ぎがいません。

14代将軍の後継者争いが起こります。

水戸藩出身の徳川慶喜(とくがわよしのぶ)と紀州の徳川家茂との争いです

 

井伊直弼が徳川家茂を推す根拠は血筋が本家に近いということです。

徳川家茂の実父・徳川斉順は家斉の子で、後に紀州藩に養子に入ります。

家茂は紀州藩で生まれ、

幼少の頃から9年間将軍になるまで紀州藩主になりました。

 

徳川慶喜が後継者争いでなぜ勝ち残れなかったのか。

血筋が遠いからという理由だけではありません。

 

『幾島vs本寿院勝敗を決めたのは徳川斉昭のスケベだった』によれば、

徳川慶喜を推した徳川斉昭(とくがわなりあき)が評判を落としていたことが要因としてあげられます。

 

具体的には、大奥には倹約を命令する一方で、

自分は女好きで金を使っていたことからダブルスタンダードでした。

 

和宮と結婚した家茂。この結婚で家茂が望んでいたものとは?

和宮と結婚した家茂。この結婚で家茂が望んでいたものとは?

 

井伊直弼が桜田門外の変で暗殺されるまで、

日米修好通商条約と安政の大獄によって朝廷と幕府の関係が悪化していました。

 

幕府は朝廷との関係を改善するために

和宮を将軍家茂の正室として迎え入れることを考えます。

結果、公武合体で朝廷と幕府との関係改善につながらず、

孝明天皇(こうめいてんのう)の崩御により尊王攘夷派は倒幕に向かいます。

 

当初、この結婚は政略結婚と思われていましたが、

意外なことに和宮と家茂の関係が良好だったという記録が残っています。

和宮との結婚生活は家茂が病死したことにより4年で終わりました

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は13代将軍徳川家定の後継者問題を徳川家茂の家系図の視点から見ました。

 

家茂が将軍になったときの年齢は15歳で、

21歳のときに病気で死亡したことから実績があまりありません。

紀州藩時代と将軍としての家茂の政治面での実績に注目したいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:和宮とはどんな人結構頑固で家茂ラブな皇女

関連記事:【悲報】天皇に振られた長州藩、八・一八の政変はどうして起きた?

 

【攘夷魂!テロに走ったサムライ達】
俺達尊攘派

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 【西郷どん】おゆうとはどんな人?大久保一蔵(利通)を支えた愛人
  2. 桂小五郎と高杉晋作最強コンビの本当の関係は??
  3. 新選組の土方歳三 土方歳三に妻はいたの?モテモテ副長は独身主義
  4. 伊達宗城の業績はこれだけある!?四賢候宗城のスゴさ
  5. 本寿院とはどんな人?実は篤姫と家定の最大の理解者!
  6. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛 西郷隆盛の征韓論とはどんなもの?
  7. 【西郷どん】実は大久保利通は囲碁が下手だった?
  8. 篤姫の実家今和泉島津氏はどんな家柄?今和泉家に里帰りした事がある…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 海賊時代の孫堅

おすすめ記事

  1. 三国志の時代にも可愛い巫女が存在した!?李傕や劉禅もハマった巫女事情
  2. 実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由
  3. 中原での戦いは苦手だけど異民族討伐戦なら強い董卓
  4. 【まさにヤケクソ】最強の防御兵器はウ○チだった!?
  5. 于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人
  6. 魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)はどんな人?呂布を裏切った八健将

三國志雑学

  1. 魏延の謀反を察する孫権
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相取る」 【大三国志 攻略9】ついに天下乱舞にも春が来た!念願のあれをついに経験しました! 武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物 蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介! はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志カレンダー 【004】 まだ漢王朝で消耗してるの?第5話:統一国家 晋の礎 司馬懿 【諸葛恪の栄光と破滅】最初の成功が人生を狂わせた呉の最高指導者 三国志学会公認:横浜関帝廟ツアー

おすすめ記事

  1. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運のアドバイザー
  2. 劉備が皇帝になったのは皇族だった事が大きな理由?
  3. 【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留侯世家異伝】
  4. 荀粲(じゅんさん)とはどんな人?秀才ぞろいの荀彧の七男で、一人の女性を全身全霊で愛した愛妻家
  5. 【水滸伝】なっとくできるか!本を捨てたくなるヒドイ結末
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【5/22〜5/29】
  7. 人材大好きの曹操が欲しがるほどに惚れた敵将は誰?
  8. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP