よかミカンの三国志入門
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

春秋時代

【孔門十哲】子路(しろ)とはどんな人?孔子と憎まれ口をたたきあった人




儒教

 

孔門十哲(こうもんじってつ)に名を連ねる子路(しろ)季路(きろ))ですが、

孔子に「(がん」「野」つまり「ガサツだ」と言われています。

 

しかし、子路も負けてはいません。

孔子に対して「迂」つまり「まわりくどい」と

直接文句を言っています。(『論語(ろんご)』子路篇)

 

憎まれ口をたたき合う孔子と子路の子弟関係は

他の弟子たちよりも濃密だったようで、

『論語』で子路は最も多く登場している上に、

あの文豪・中島敦(なかじまあつし)にも小説の題材として取り上げられています。

 

今回は、そんな孔子の愛弟子・子路の素顔に迫っていきましょう。

 

関連記事:儒者っぽくない!?「四海皆兄弟」と言った孔子の弟子・子夏

関連記事:孔融(こうゆう)とはどんな人?孔子の子孫だが、曹操を批判して身を亡ぼした学者

 

 

武勇と決断力に長けた孔子の愛弟子

武勇と決断力に長けた孔子の愛弟子

 

孔子は子路のことをガサツだの野蛮だのとディスりまくっていますが、

その一方で彼の武勇や決断力を評価していました。

 

孔子は子路が仁を持ち合わせているかどうか尋ねられた際、

「仁を備えているかはわからないが、

子路には諸侯(しょこう)の国で軍事を切り盛りさせることはできる」と評価しています。

(『論語』公冶長(こうじちょう)篇)

 

また、子路に政治を執り行う力があるかどうかを尋ねられた際には、

「子路は果断であるから、政治くらいは難無くこなす」と答えています。(『論語』雍也(ようや)篇)

 

更に、「ほんの一言訴えを聞いただけで判決を下せるのは子路くらいだ」

と称賛しています。(『論語』顔淵(がんえん)篇)

 

孔子にその才を高く評価された子路は、

後に「孔門十哲」に名を連ねることになったのでした。

 

 

けっこうお調子者の側面も

けっこうお調子者の側面もある子路

 

子路は孔子によく褒められていたようですが、

褒められるとすぐに得意になってしまう

子どものような側面もあったようです。

 

孔子はあるとき、

ままならぬ世の中に疲れたのか、

子路に対して次のような言葉をかけました。

 

「正しい道がなかなかどうして行われない。

いっそいかだに乗って海に浮かんでみようかな。

私についてきてくれるのは、まぁ子路くらいだろうかね。」

 

これを聞いた子路は大喜び。

 

しかし、そんな子路に対して孔子は次のように続けます。

 

「子路や、お前が勇ましいのは私以上で結構なことだけれど、

いかだの材料は一体どこにあるのかね?」(『論語』公冶長篇)

 

孔子は子路が無邪気に喜ぶのを見て、

その無鉄砲ぶりを思い出したのでしょう。

ちょっとブレーキをかけてやるつもりで皮肉を言っています。

 

この言葉を受けた子路はちょっとだけシュンとしたかもしれませんね。

 

しかし、子路のお調子者エピソードはこれだけにとどまりません。

 

子路は孔子のそばにはべっていたとき、

他の弟子たちが慎ましくしていたり、

なごやかにしていたりする中で、

思いっきりドヤ顔をして歩いていたようです。

 

そんな子路の様子を見て、

孔子は「子路みたいな男はろくな死に方をしないだろう…。」

とこぼしていました。(『論語』先進篇)

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 

孔子、塩漬けのお肉を食べられなくなる…

 

何とも不吉なことを漏らしていた孔子ですが、

果たして子路はその言葉通り、

不幸な最期を迎えることになってしまいます。

 

子路が(えい)国に仕えているときに、

なんとその衛国で内乱が勃発。

 

孔子はそれを聞いたとき、

「子路は死んでしまうだろうな…」とこぼしました。

 

そしてその言葉通りに、

子路が亡くなったという知らせをかかえた使者が

孔子のもとに飛び込んできます。

 

孔子は一通り大声を上げて泣いた後、

使者にその死の様子を尋ねました。

 

「子路は凌遅刑(りょうちけい)に処せられ、塩漬(しおづ)けにされました…。」

 

この使者の言葉を聞いた孔子は、

「私はもう塩漬けの肉を食べることができない…!」と言って

弟子たちに家中の塩漬けの肉を捨てさせたのでした。(『孔子家語』)

 

現代でも大切な人を火葬で送った後、

焼き肉が食べられなくなったという人の話をチラホラ耳にしますが、

孔子も大切な弟子を想うあまり、

塩漬けの肉が食べられなくなってしまったのでしょう…。

 

kawa註

凌遅刑とは、罪人を生きたまま少しづつ肉を削いで殺すという極刑

清の時代まで存在していました。

主に国家転覆を企んだ人間に適用されたようです。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

何かと意見が対立することの多かった孔子と子路。

 

孔子はそんな子路に対し、

「これだからあの屁理屈屋は嫌いだ!」

とまで言い放ったことも。(『論語』先進篇)

 

傍から見ると相性最悪な2人ですが、

喧嘩するほど仲が良いというのか、

ある意味理想的な子弟関係を築き上げていたのかもしれません。

 

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

関連記事:四書五経とはぶっちゃけ何?読んだら何になるの?

 

【記事の見落としゼロ】はじ三配信スケジュール
配信スケジュール

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【孔門十哲】冉伯牛(ぜんはくぎゅう)とはどんな人?ハンセン病に侵…
  2. 孔子と凄く仲が悪かった隠者とはどんな人達?
  3. 【春秋時代の覇者から学ぶ】桓公・勾践・呉起から学ぶ!明日から使え…
  4. 『論語』は日本の偉人に大きな影響を与えていたって知ってた?
  5. 孔子と儒教 春秋と史記に隠された意味がダヴィンチコードレベル
  6. 【孔門十哲】仲弓(ちゅうきゅう)ってどんな人?孔子も太鼓判を押し…
  7. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏 【孔門十哲】子夏(しか)のどのあたりが文学に長けていたの?
  8. 【孔門十哲】閔子騫(びんしけん)とはどんな人?いじめてくる継母も…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲
  2. 袁術と孫策

おすすめ記事

  1. 【そうだったの?】戦国時代は地球が寒くなった為に引き起こされた
  2. 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピソードも紹介!
  3. 諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い
  4. 曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり
  5. キングダム576話ネタバレ考察vol2楊端和は今後どう動く?
  6. 周瑜の名言から知る三国志の世界「人生れれば死あり。修短は命なり」

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呉の孫権
  2. 徐庶と出会う劉備
  3. 孔明 司馬懿 名前はどこで

おすすめ記事

三国志の武器ってどういうの?三国志に登場する伝説の武器も紹介! 周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志 かつて日本で大流行したカリスマコメント付き三国志が存在した! 【シミルボン】これは凄い!非常に我慢強い英雄、曹操 蒙武(もうぶ)ってどんな人?親友、昌平君との戦いは回避不能! 甘寧 ゆるキャラ 三国志 あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王 三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族? 【危険】謀略の天才だった陳平の批判がエグすぎる 【三国天武 攻略その2】周瑜や姜維など三国天武の強いイケメン武将と新武将として登場した南蛮王の奥さんを紹介

おすすめ記事

  1. 何皇后はなぜ宦官の味方をしたのか? 何皇后(毒蛇) 何進
  2. 【まさかアッチ?】美女を退けた関羽の劉備愛が凄い 関羽に惚れる曹操
  3. 幕末の天才?奇人?佐久間象山の名言を紹介
  4. 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志を追加配信しました。
  5. あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由
  6. 【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐
  7. 孫策の娘はあの名将達へ嫁いでいた!? 孫策、陸遜、顧邵、他
  8. 孫晧(そんこう)とはどんな人?呉のラストエンペラー「暴君」の名をほしいままにしたが、実は…

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP