キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

春秋時代

論語を覚えるには暗唱が大事!ノーベル賞受賞者も実践した素読とは?

孔子と儒教




儒教

 

孔子(こうし)とその弟子たちの名言や問答を集めている

『論語』にはたくさんの金言が記されています。

そんな『論語』の言葉をたくさん覚えて使うことができれば、

あなたの言葉はより大きな力を持つようになるでしょう。

 

たとえば、

「人の嫌がることをしてはいけないよ」

ということをあなたが誰かに伝える際に

「己の欲せざる所、人に施すことなかれ」

という『論語』の一節を引用したならば、

あなたの言葉の重みは一段と増します。

 

また、『論語』には「義を見てせざるは勇無きなり」や

剛毅朴訥仁(ごうきぼくとつ)に近し」など、

座右の銘として掲げるのにふさわしい言葉がたくさんあります。

『論語』の言葉は

あなたの人間性を豊かにする力をも持っているのです。

 

関連記事:知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

 

 

あの湯川秀樹も『論語』を暗誦していた

湯川秀樹

(画像:湯川秀樹Wikipedia)

 

「論語読みの論語知らず」などという言葉もあるように、

いくら暗誦できてもその内容を理解できないのでは

意味が無いと考える人も少なくないでしょう。

また、「自分で考える力」の重要性が叫ばれる昨今、

暗誦というものはナンセンスであると考える人も多いようです。

 

しかし、日本で初めてノーベル賞を受賞した湯川秀樹(ゆかわひでき)は、

幼い頃から祖父に『論語』をはじめとする漢籍の暗誦教育を施されており、

同じように暗誦教育を受けた3人の兄弟たちも

全員学者となって東大や京大の教授として活躍しています。

 

暗誦教育について、

湯川秀樹はその自伝『旅人―湯川秀樹自伝』(角川文庫、1960年)において

苦痛ではあったものの、

漢籍を暗誦していたことによって得たものは多いと語っています。

 

そんな湯川秀樹が受けた祖父からの暗誦教育は、

江戸時代に寺子屋で行われていたような

素読(そどく)」によるものだったそうです。

「素読」とは、

特に文章の内容に解釈を加えることをせず、

ただひたすら声に出して読むということ。

 

湯川秀樹は訓読点などついていない白文を目の前に置かれ、

祖父の範読に続いて、

指示棒で指される漢字を目で追いながら、

必死で『論語』を読み上げたのだそうです。

これを何度も繰り返しているうちに、

湯川秀樹は『論語』をはじめとするあらゆる漢籍を

暗誦することができるようになったのだとか。

 

幼い自分にはその内容を理解できなかったと湯川本人は語っていますが

「読書百遍(ひゃっぺん)(おの)ずから見る」という言葉もあるように、

何度も繰り返し読んでいるうちに、

子供ながらに意味が理解できるようになっていったのではないでしょうか。

 

そうして得た『論語』をはじめとする漢籍の知識が

湯川秀樹の学問の素地となったことは

疑いようのない事実といえるでしょう。

 

 

細かく区切って繰り返し読むべし

細かく区切って繰り返し読むべし

 

暗誦のコツは、何度も何度も繰り返し音読するとしか言えません。

喉を使って声に出し、その声を耳で聞けば

脳がその言葉を大切なものだと認識してくれます。

 

ただ、何度も繰り返し読むといっても、

長い文章を一度に覚えようとするのは難しいです。

長い文章については、

細かく区切って数日に分けて覚えるのが得策です。

また、暗誦にかける時間は1日10分ほどにしておきましょう。

あまり長すぎると苦痛になってしまいます。

 

その点『論語』は

短い節がたくさん収録されているタイプの書物ですから、

暗誦するのにピッタリであると言えますね。

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 

『論語』は暗誦しやすくできている

『論語』は暗誦しやすくできている

 

実は『論語』は、

暗誦することを前提として作られた書物なのではないか?

と思われるくらいに

暗誦しやすくできている書物です。

 

『論語』のどのようなところが暗誦しやすいのかといえば、

やはりまず一節一節が短いということが挙げられるでしょう。

そして、それに加えて

対句表現が巧みに用いられているということも

『論語』が覚えやすい所以の1つであると考えられます。

 

たとえば、

「君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず」

という言葉などは、

その典型として挙げられるでしょう。

 

このような対句表現を意識すれば、

よりスムーズに『論語』の言葉を覚えることができますよ。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

詰め込み教育が否定されるようになり、

暗記するということが害悪であるかのように扱われることも増えてきました。

しかし、暗誦(あんしょう)は知識を身につける上で

欠かせない作業と言えるでしょう。

 

みなさんは小学生の頃、

掛け算の九九をその理論を学ぶことによって理解したのでしょうか?

ほぼすべての人が

それを暗誦することによって覚え、

理解したはずです。

暗誦は学問の基礎なのです。

 

そして、学問の基礎を身につけるために

暗誦するのに最適なものといえば、

やはり『論語』が挙げられるのではないでしょうか。

 

『論語』は学問の基礎となる教養や知識はもちろん、

あなたの心の矜持(きょうじ)となる言葉をも

もたらしてくれることでしょう。

 

関連記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

関連記事:儒者っぽくない!?「四海皆兄弟」と言った孔子の弟子・子夏

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの?
  2. 【春秋時代の覇者から学ぶ】桓公・勾践・呉起から学ぶ!明日から使え…
  3. 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具と…
  4. 【孔門十哲】子游(しゆう)とはどんな人?ドヤ顔といえばやっぱりこ…
  5. 孔子と儒教 春秋と史記に隠された意味がダヴィンチコードレベル
  6. 城濮の戦いとはどんな戦い?晋の文公が覇者たる地位を手に入れること…
  7. 【孔門十哲】仲弓(ちゅうきゅう)ってどんな人?孔子も太鼓判を押し…
  8. 【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 法正、劉璋、劉備
  2. 項羽
  3. 合肥の戦いの満寵

おすすめ記事

  1. 甘寧を討ち取った沙摩柯とは?夷陵の戦いで突如として現れた胡王
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【7/17〜7/23】
  3. 徐晃の戦い方が素晴らしすぎる!前漢の周亜夫の武勇に匹敵するほどの名将
  4. 播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣
  5. 「豎子に名を成せり」とはどのような意味なの?龐涓(ほうけん)の名言
  6. 朱霊(しゅれい)とはどんな人?曹家に仕えて30年のベテラン将軍!実は魏の隠れ五大将軍だった

三國志雑学

  1. 法正と劉備
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 「魏」の旗を持った兵士

おすすめ記事

象さんが最初に日本に来たのはいつ?【はじ三ヒストリア】 曹丕はどうやって後継者争いに勝ち残って魏の初代皇帝になれたの? はじめての三国志 4コマ劇場 「関羽単騎駆け」 【8月の見どころ】8/26公開予定:四川の孔明史跡(成都武侯祠・剣門蜀道・明月峡・都江堰)を調査してみた 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第5回 ついにあの武将が「覇王化」!! 【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司馬穰苴(しばじょうしょ)から学べ! 新選組の土方歳三 土方歳三の趣味は俳句、どんな句を詠んでいた? 雷怖くない 能ある劉備 何で劉備と司馬懿は無能な人間のふりをしたの?分かりやすく解説してみるよ

おすすめ記事

  1. 関所撤廃って何?織田信長が行った教科書に記されていない政治 織田信長
  2. 第4話:三国夢幻演義 龍の少年「地獄の淵で」配信中
  3. オトコ漫画が読みたいヤツ集まれ!キングダムを超える戦国群像劇「義風堂々」
  4. 【キングダム考察】王翦が自ら戦わない理由は史実にあった!
  5. 島津斉彬は日本最初のカメラ小僧だった!幕末カメラ事情
  6. とっても皇帝になりたかった袁術
  7. え?そうだったの!?西遊記の目的はお経を取る事では無かった?
  8. kawauso編集長のぼやきVol.20「風雲児たち」

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP