よかミカンの三国志入門
三顧の礼




はじめての三国志

menu

春秋時代

論語を覚えるには暗唱が大事!ノーベル賞受賞者も実践した素読とは?

この記事の所要時間: 333




儒教

 

孔子(こうし)とその弟子たちの名言や問答を集めている

『論語』にはたくさんの金言が記されています。

そんな『論語』の言葉をたくさん覚えて使うことができれば、

あなたの言葉はより大きな力を持つようになるでしょう。

 

たとえば、

「人の嫌がることをしてはいけないよ」

ということをあなたが誰かに伝える際に

「己の欲せざる所、人に施すことなかれ」

という『論語』の一節を引用したならば、

あなたの言葉の重みは一段と増します。

 

また、『論語』には「義を見てせざるは勇無きなり」や

剛毅朴訥仁(ごうきぼくとつ)に近し」など、

座右の銘として掲げるのにふさわしい言葉がたくさんあります。

『論語』の言葉は

あなたの人間性を豊かにする力をも持っているのです。

 

関連記事:知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

 

 

あの湯川秀樹も『論語』を暗誦していた

湯川秀樹

(画像:湯川秀樹Wikipedia)

 

「論語読みの論語知らず」などという言葉もあるように、

いくら暗誦できてもその内容を理解できないのでは

意味が無いと考える人も少なくないでしょう。

また、「自分で考える力」の重要性が叫ばれる昨今、

暗誦というものはナンセンスであると考える人も多いようです。

 

しかし、日本で初めてノーベル賞を受賞した湯川秀樹(ゆかわひでき)は、

幼い頃から祖父に『論語』をはじめとする漢籍の暗誦教育を施されており、

同じように暗誦教育を受けた3人の兄弟たちも

全員学者となって東大や京大の教授として活躍しています。

 

暗誦教育について、

湯川秀樹はその自伝『旅人―湯川秀樹自伝』(角川文庫、1960年)において

苦痛ではあったものの、

漢籍を暗誦していたことによって得たものは多いと語っています。

 

そんな湯川秀樹が受けた祖父からの暗誦教育は、

江戸時代に寺子屋で行われていたような

素読(そどく)」によるものだったそうです。

「素読」とは、

特に文章の内容に解釈を加えることをせず、

ただひたすら声に出して読むということ。

 

湯川秀樹は訓読点などついていない白文を目の前に置かれ、

祖父の範読に続いて、

指示棒で指される漢字を目で追いながら、

必死で『論語』を読み上げたのだそうです。

これを何度も繰り返しているうちに、

湯川秀樹は『論語』をはじめとするあらゆる漢籍を

暗誦することができるようになったのだとか。

 

幼い自分にはその内容を理解できなかったと湯川本人は語っていますが

「読書百遍(ひゃっぺん)(おの)ずから見る」という言葉もあるように、

何度も繰り返し読んでいるうちに、

子供ながらに意味が理解できるようになっていったのではないでしょうか。

 

そうして得た『論語』をはじめとする漢籍の知識が

湯川秀樹の学問の素地となったことは

疑いようのない事実といえるでしょう。

 

 

細かく区切って繰り返し読むべし

細かく区切って繰り返し読むべし

 

暗誦のコツは、何度も何度も繰り返し音読するとしか言えません。

喉を使って声に出し、その声を耳で聞けば

脳がその言葉を大切なものだと認識してくれます。

 

ただ、何度も繰り返し読むといっても、

長い文章を一度に覚えようとするのは難しいです。

長い文章については、

細かく区切って数日に分けて覚えるのが得策です。

また、暗誦にかける時間は1日10分ほどにしておきましょう。

あまり長すぎると苦痛になってしまいます。

 

その点『論語』は

短い節がたくさん収録されているタイプの書物ですから、

暗誦するのにピッタリであると言えますね。

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 

『論語』は暗誦しやすくできている

『論語』は暗誦しやすくできている

 

実は『論語』は、

暗誦することを前提として作られた書物なのではないか?

と思われるくらいに

暗誦しやすくできている書物です。

 

『論語』のどのようなところが暗誦しやすいのかといえば、

やはりまず一節一節が短いということが挙げられるでしょう。

そして、それに加えて

対句表現が巧みに用いられているということも

『論語』が覚えやすい所以の1つであると考えられます。

 

たとえば、

「君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず」

という言葉などは、

その典型として挙げられるでしょう。

 

このような対句表現を意識すれば、

よりスムーズに『論語』の言葉を覚えることができますよ。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

詰め込み教育が否定されるようになり、

暗記するということが害悪であるかのように扱われることも増えてきました。

しかし、暗誦(あんしょう)は知識を身につける上で

欠かせない作業と言えるでしょう。

 

みなさんは小学生の頃、

掛け算の九九をその理論を学ぶことによって理解したのでしょうか?

ほぼすべての人が

それを暗誦することによって覚え、

理解したはずです。

暗誦は学問の基礎なのです。

 

そして、学問の基礎を身につけるために

暗誦するのに最適なものといえば、

やはり『論語』が挙げられるのではないでしょうか。

 

『論語』は学問の基礎となる教養や知識はもちろん、

あなたの心の矜持(きょうじ)となる言葉をも

もたらしてくれることでしょう。

 

関連記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

関連記事:儒者っぽくない!?「四海皆兄弟」と言った孔子の弟子・子夏

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話
  2. 『論語』に見える親孝行のすすめとは?
  3. 老子っていつ生まれて何をしていた人なの?
  4. 【孔門十哲】宰我(さいが)とはどんな人?孔子に一番叱られた弟子
  5. これは座右の銘にしたい!『論語』のおすすめの言葉10選
  6. 要離(ようり)とはどんな人?呉王・闔廬の為に身命をとした刺客
  7. 孔子と凄く仲が悪かった隠者とはどんな人達?
  8. 【孔門十哲】冉有(ぜんゆう)とはどんな人?ちょっぴりネガティブな…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 鎌倉時代 服装 男女

おすすめ記事

  1. フビライ・ハンとは何者?モンゴル帝国のラスボスに迫る!
  2. 妻が13人もいた曹操が一番愛した女性は誰だったの?
  3. 【三国志演義】は劉備を偽善者前提で見ると面白い
  4. 徳川慶喜の墓はどこにあるの?谷中霊園の行き方とアクセス方法 徳川慶喜 幕末
  5. 司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル 異議ありと叫ぶ司馬懿
  6. 晴信の仲介によって停戦と最強の三者同盟成立と運命の戦い

三國志雑学

  1. 呉の孫権
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ 隠れた劉備盛り満載!巧妙な正史三国志 【ネオ三国志】第9話:呂布の覚醒と劉備軍の降伏【蒼天航路】 【無残な最期を遂げた鄒氏】残酷な死を迎えた三国志の美女 呂不韋の成功哲学!自ら立てた計画とは? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【2/20〜2/26】 諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの? 魏延と楊儀は火と水!相性最悪な二人の末路

おすすめ記事

  1. 三国志で複雑なシリア内戦をザックリ解説
  2. 【真田丸特集】バツイチ女性が好きだった曹操と家康!
  3. 孫権のお宝探し日本で不老不死の薬を探せ! 船冒険する諸葛直 船
  4. 趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?
  5. 戦国時代最大のミステリー・本能寺の変の謎に迫る!!
  6. 【劉備・曹操・孔明英雄亡き後】軍事面で活躍した人物は鍾会、鄧艾それとも諸葛誕!?正史三国志・魏書からご紹介
  7. お由羅騒動とは何?かんたんに分かりやすく解説
  8. 三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP