ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

孔子と儒教

宦官VS外威 三国志

 

黄巾の乱以降、後宮の中で絶大な力を誇った宦官と対立を深めた外戚。

皇后の親族である彼らもまた中国史王朝の中で重要な存在でありました。

 

日本史の中でも、皇后の親族が権力を握り、朝廷の中で多大な影響力を占めたと

いうと、平安時代の藤原摂関家が思い出されますが、三国志の中でもたびたび

登場するように中国王朝の権力争いというものは血しぶきで視界が煙るような

なかなかのハードモードであります。

 

 

後継者争いや、権力闘争などが熾烈を極めるという背景には儒教の影響というものが深くかかわっています。

今回はその儒教と外戚との関係についてふれてみましょう。

 

 

 

 

今更過ぎて聞くに聞けない~そもそも儒教とは?

孔子 儒教

 

 

孔子(紀元前552~479)を始祖とする思考・信仰の体系で儒家思想とも呼ばれます。

 

周の時代に確立されましたが、三国志の舞台ともなる前漢・後漢の時代に勢力を強め

現代においても特に中国、韓国ではその思想の影響が人々の生活の根幹に色濃く

残っています。日本でも4~5世紀ごろに王仁(わに)によって伝えられましたが、

宗教的な位置づけがされた中国や韓国と違い「学問」として紹介された背景があるせいか

一般の庶民にまで広く根強く影響を及ぼすには至っておりません。

 

 

 

外戚が権力をもつのには儒教思想の影響が大!

宦官 ゆるキャラ 後漢

 

 

さてではなぜ外戚が権力を持つ背景に儒教が関係しているのでしょうか?

 

それは儒教思想の中にある「孝」という概念。親孝行の「孝」ですね。

 

古代中国では家父長制度が社会の基礎となっているので父親が一家の主であり絶対的な存在であるわけですね。だから子供は親には絶対服従です。

 

 

「百善孝為先(親孝行ができない人はどんなこともできない)」という言葉があるように、

 

儒教の「孝」は道徳の中心にある概念と考えてもよいのではないでしょうか。

 

神のもとに人は平等であり親は親、子供は子供。といったキリスト教圏の考え方は全く

異なる下地があるのですね。

 

そうなると人々が敬意を表すべき対象というものはやはり「親」になるわけです。それは自分の親だけにはとどまりません。

 

君主に仕える者であれば当然その君主の親にも最高位の敬意を表さなくてはなりません。

 

そういった精神的・社会的背景によって引き立てられていったのが外戚たちなのです。

 

「俺は○○の親なんだけど~」といえば大いばりできちゃうわけですものね。

 

野心に燃える者たちは権力を手に入れるために自分の子供たちを利用して皇帝の親戚になろうとするわけです。

 

 

 

基本的に相いれなくて当たり前。外戚と宦官

宦官 お金 執着

 

 

以上のことを鑑みましても、親戚関係をバックに権力を手に入れた外戚と、いわば一念発起して単独で地位を手にした宦官とでは、

出発点が違うわけですから相いれず反発しあって当然なのかもしれませんね。

 

どちらにしても、彼らの中で熱くうごめく野心と欲望が中国史を複雑怪奇に興味深くさせたことは間違いないでしょう。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

宦官集合 

 

よく読まれてる記事:人々の鑑になった良い宦官達

何皇后(毒蛇) 何進

 

よく読まれてる記事:何皇后はなぜ宦官の味方をしたのか?

 

相国 董卓 ゆるキャラ

よく読まれてる記事:【三国時代】英雄の地位はどの位?

 

 

この記事を書いた人:amaneco

twitterpro

HN:

ameneco

自己紹介:
イラスト、記事制作をしておりますAmenecoです^^
普段は様々なwebサイトの記事執筆やチラシ、ECサイトなどの
イラストやマンガを描いたり、スマホアプリのキャラクターの
デザインなどをしています。

大学は歴史学を専攻していて日本をとりまく国々の歴史の本を
読み漁ったものでした。
三国志はやはり横山光輝氏の漫画の影響が大きいのですが
あれだけ壮大なスペクタクルで語ることができるのは
中国史ならではでしょう。
漢字の列挙で苦手意識がある方でも、面白く三国志が
理解できるようにお手伝いが出来れば幸いです^^

好きな歴史人物:

崇徳天皇、諸葛亮張遼、新渡戸稲造

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 皇甫嵩にコンプレックスを抱く董卓 三国志の隠れた英雄・皇甫嵩(こうほすう)に起こった事件とは!
  2. 三国志の地図(州) 三国志地図|中国にも九州があった?州について分かりやすく解説
  3. 残忍な曹丕 【シミルボン】おのれ曹丕!縁談をぶち壊され大騒動を起こした丁儀
  4. 曹丕に喧嘩を売る曹植と楊脩 曹丕と曹植は後継者争いなんてしていない?曹丕の功績から後継者争い…
  5. ええっ?こんなに大変だったの!献帝の東遷を地図で徹底解説
  6. 二刀流の劉備 劉備は剣術を使うことができたのか正史・演義から調べてみた
  7. 朱然 朱然はどんな性格をしていたの?孫呉の中核を担った忠臣を分かりやす…
  8. 劉表死す 68話:劉表死す、そして偽の遺言書で劉琮が後継者に

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 鄒氏
  2. 耶律突欲
  3. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  4. 長坂の戦い 張飛
  5. 劉備と再開する趙雲
  6. 劉備を僻む袁術

おすすめ記事

  1. 華麗なる中華世界を彩る三国志の武器 三国志 武器
  2. 石川克世って、何者? 石川克世
  3. 曹操ファンは見ないでください!彼は本当に乱世の英雄だったの? 肉を食べる曹操
  4. 【はじめてのスキッパーキ】どうして?スキッパーキのしっぽ(断尾)の話【第3話】
  5. kawauso編集長のぼやきVol.27「真似は大事」 君主論18 kawausoさん
  6. 夏侯覇と姜維の共通点と違いとは?魏からの鞍替え組を紹介 魏から蜀に下る姜維

三國志雑学

  1. 于禁と兵士
  2. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  3. 一騎打ちをする太史慈と孫策
  4. 討ち死にする黄崇
  5. 関羽の救援要請をシカトする劉封


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 熱血曹操
  2. 三国志に出てくる海賊達と甘寧
  3. 袁術の最後

おすすめ記事

劉備玄徳が眩しい理由 三国志 【ホラッチョ劉備】皇帝の子孫は後付け設定だった? 孟達と曹丕 野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り劇 占いをする卑弥呼(鬼道) 卑弥呼は殺されたのか? 戦死か? 老衰か?自殺か?【卑弥呼殺害説】 邴原(へいげん)とはどんな人?曹操・荀彧から尊敬を受けたマイナー文官 孟獲 祝融と孟獲三国志最強仲良し夫婦の面白エピソードとは 馬超の兜にフォーカス 馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話 趙雲が人気の理由 趙雲ってどんな人?投票ランキング1位の理由 袁術と袁紹の喧嘩 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP