よかミカンの三国志入門
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

四部分類って何?中国で醸成された目録学をご紹介




四部分類

 

三国志』などの中国の歴史についての議論では

経書とか史書とかいう言葉が度々飛び交いますが、

正直なところこれらの言葉をよくわかっていないで

使っているという人もいるのではないでしょうか。

 

経書・史書・子書・集書というのは所謂インデックス、目録の分類法のことなのです。

今回は中国で生み出された目録についての学問、

目録学をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:四書五経とはぶっちゃけ何?読んだら何になるの?

関連記事:【正史と政治】張巡は歴史書で英雄に祀り上げられた

 

四部分類とは?

四部分類とは?

 

経・史・子・集という4つの目録は四部分類という図書分類法です

図書館や本屋さんに出かけてみると、「人文」「社会」「科学」など

本がその種類によって分けられていることに気づきますよね。

漢籍も同じようにその種類ごとに分けられているというわけです。

 

それではいよいよ四部とはそれぞれどのような書物の分類であるかについて

ご紹介させていただきましょう。

 

まずは「経」。

経書や経部とも呼ばれているこちらには

『詩経』や『書経』などの儒教の経典が主に分類されます

また、『春秋左氏伝』や『論語注疏』などの注釈書、

『爾雅』などの経典解釈の助けとなる訓詁について記された書物についても

経部に分類されています。

 

続いて「史」ですが、

こちらも史書や史部という異称を持ちます。

こちらに分類されるのは『史記』や『漢書』といった正史や

とある地方の歴史が描かれている地方史、

そして一見歴史とは関係ないと思われそうな地理書です。

中国では時代によって地名がころころ変わりますから、

地理書も大事な歴史資料と考えられていたのですね

 

そして「子」。

子書もしくは子部とも呼ばれるこちらに分類されるのは諸子百家の書物です

厳密には儒家も諸子百家の1つとされていますが、

儒家についてはその書物の多さから経部として独立しているということで、

それ以外の『老子(ろうし)』や『韓非(かんぴし)』などが子部に分類されています。

ちなみにこちらの書物には天文学や暦算学、医学に関する書物も分類されているようです。

 

最後に「集」です。

集書や集部とも呼ばれるこちらには

文学に関する書物が分類されます。

「集」というのは

「総集」や「別集」などに使われる「集」からとった言葉です。

『文選』などの詩文集はもちろん、文学作品についての論評も集部に分類されていますよ

 

もともと書物は六種類に分類されていた

もともと書物は六種類に分類されていた

 

ところで、漢籍というものはいつから分類されるようになったのでしょうか。

図書の分類をしはじめたのは前漢代に活躍した五行でも暦算術でもなんでもござれの

劉向(りゅうきょう)劉歆(りゅうきん)というスーパー親子であったと言われています。

 

まず父の劉向が宮中の蔵書をくまなく調べ上げ

それらを六芸・諸子・詩賦・兵書・術数・方技の6種類に分類しました。

そして更にそれらの本がどのような書物であるのか大略を書き記し

1冊の書物としてまとめて『別録』と名づけたそう。

いわゆる解題書を作ったのですね。

 

そしてこれを息子の劉歆がよりわかりやすくまとめなおし、

『七略』という書物にまとめたそうです。

『七略』と銘打っていますが、劉歆は父がつくった6分類法を踏襲しており、

新しい分類が付されていたわけではありません。

「輯略」という序文のようなものも数えているために

「七」を冠しているだけです。

 

では、劉歆が考え出したと言われる6つの図書分類はどのようなものだったのでしょうか。

まず「六芸略」ですが、これは四部分類の経部に相当する分類です。

「諸子略」は子部に、「詩賦略」は集部に相当します。

 

そして残りの3つですが、

「兵書略」は『孫子』などの兵法書

「術数略」は陰陽五行などについての書物

「方技略」は医学などについての書物の分類です

これら3つは四部分類では子部に分類されていますが、

最初は別物として分けられていたのですね。

 

そして皆さんお気づきでしょうか?

…史部に相当するものがないのです!

その当時はまだ歴史書という概念がはっきりしていなかったのかもしれませんね。

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

劉歆が著した『七略』は『漢書』芸文志の下敷きとなり、

現存する目録学最古の文献として今でも研究され続けています。

 

彼の分類法は時代が下るにつれて改変されていき、

『隋書』経籍志が世に通行するようになってからは

四部分類が主流になったようです。

 

そして、清代に『四庫全書総目提要(しこぜんしょそうもくていよう)』という

中国最大の解題目録が編纂(へんさん)されるに至りました。

今では多くの書物を1つにまとめた叢書も子部から独立させて叢書部(そうしょぶ)を立て

五部分類とすることもあるようですね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

関連記事:経営者こそ『論語』を学ぶべき!その理由とは…?

 

【劉邦 vs 項羽】
楚漢戦争

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 徐晃の武器は本当にゲームで使っている武器なの??
  2. 董卓は火葬で放置プレイされてチョー惨めだったってほんと!?
  3. お勧めしません!部下をダメにする諸葛孔明の管理術
  4. 噛ませ犬じゃないよ!正史では立派な人・王朗
  5. 王朗はいかにして「噛ませ犬」になったのか
  6. 馬岱の二の舞はごめん!やばい上司から身を守る方法
  7. 【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術
  8. やる気あんのか!?董承のペラペラ曹操暗殺計画

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 呉の孫堅

おすすめ記事

  1. 実は楽進は張飛と一騎打ちをしてたってマジ!?
  2. 平原君(へいげんくん)ってどんな人?欠点多いけど結果オーライ!人間臭い趙の英傑
  3. 嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせる
  4. 姜維が母よりも蜀選んだ理由に全三国志好きが泣いた!
  5. 【保存版】これだけ見れば万事OK!アニメ版「三国志」7選
  6. 【キングダム】春申君を殺った李園は本当にキレ者だったの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孫策、陸遜、顧邵、他
  2. 江藤新平 幕末

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【10/23〜10/29】 東方明珠のへなちょこ万里長城旅行記 その5 表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は? 陸遜は丞相として何年間活躍したのか?その驚くべき真実 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画 陸遜と竹中半兵衛の両軍師が一緒に共闘したらどうなる?【if三国志】 兀突骨(ごつとつこつ)は実在したの?悲しみの巨人に迫る キングダム539話 ネタバレ予想「壁は死ぬのか?徹底追及」

おすすめ記事

  1. 漢の飛将軍・李広の逸話「信念をもって行えばやれないことはない」
  2. 【忠臣・魏延に迫る】何で劉備は魏延をあれほど重用したの?
  3. 【三国志とお金】曹洪のサイドビジネス三国時代の金融業はアコギだった
  4. 淳于瓊(じゅんうけい)はどんな人?実は無能ではなかった袁紹軍の都督
  5. これは凄い!巨大な関羽像が荊州に現れる!実は二千年前から巨大像が好きだった中国人
  6. 十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】
  7. 日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』
  8. キングダム541話 ネタバレ予想「藺相如側近 堯雲の実力は?」

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP