四部分類って何?中国で醸成された目録学をご紹介


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

四部分類

 

『三国志』などの中国の歴史についての議論では

経書とか史書とかいう言葉が度々飛び交いますが、

正直なところこれらの言葉をよくわかっていないで

使っているという人もいるのではないでしょうか。

 

経書・史書・子書・集書というのは所謂インデックス、目録の分類法のことなのです。

今回は中国で生み出された目録についての学問、

目録学をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:四書五経とはぶっちゃけ何?読んだら何になるの?

関連記事:【正史と政治】張巡は歴史書で英雄に祀り上げられた

 


四部分類とは?

四部分類とは?

 

経・史・子・集という4つの目録は四部分類という図書分類法です

図書館や本屋さんに出かけてみると、「人文」「社会」「科学」など

本がその種類によって分けられていることに気づきますよね。

漢籍も同じようにその種類ごとに分けられているというわけです。

 

それではいよいよ四部とはそれぞれどのような書物の分類であるかについて

ご紹介させていただきましょう。

 

まずは「経」。

経書や経部とも呼ばれているこちらには

『詩経』や『書経』などの儒教の経典が主に分類されます

また、『春秋左氏伝』や『論語注疏』などの注釈書、

『爾雅』などの経典解釈の助けとなる訓詁について記された書物についても

経部に分類されています。

 

続いて「史」ですが、

こちらも史書や史部という異称を持ちます。

こちらに分類されるのは『史記』や『漢書』といった正史や

とある地方の歴史が描かれている地方史、

そして一見歴史とは関係ないと思われそうな地理書です。

中国では時代によって地名がころころ変わりますから、

地理書も大事な歴史資料と考えられていたのですね

 

そして「子」。

子書もしくは子部とも呼ばれるこちらに分類されるのは諸子百家の書物です

厳密には儒家も諸子百家の1つとされていますが、

儒家についてはその書物の多さから経部として独立しているということで、

それ以外の『老子(ろうし)』や『韓非子(かんぴし)』などが子部に分類されています。

ちなみにこちらの書物には天文学や暦算学、医学に関する書物も分類されているようです。

 

最後に「集」です。

集書や集部とも呼ばれるこちらには

文学に関する書物が分類されます。

「集」というのは

「総集」や「別集」などに使われる「集」からとった言葉です。

『文選』などの詩文集はもちろん、文学作品についての論評も集部に分類されていますよ

 


もともと書物は六種類に分類されていた

もともと書物は六種類に分類されていた

 

ところで、漢籍というものはいつから分類されるようになったのでしょうか。

図書の分類をしはじめたのは前漢代に活躍した五行でも暦算術でもなんでもござれの

劉向(りゅうきょう)劉歆(りゅうきん)というスーパー親子であったと言われています。

 

まず父の劉向が宮中の蔵書をくまなく調べ上げ

それらを六芸・諸子・詩賦・兵書・術数・方技の6種類に分類しました。

そして更にそれらの本がどのような書物であるのか大略を書き記し

1冊の書物としてまとめて『別録』と名づけたそう。

いわゆる解題書を作ったのですね。

 

そしてこれを息子の劉歆がよりわかりやすくまとめなおし、

『七略』という書物にまとめたそうです。

『七略』と銘打っていますが、劉歆は父がつくった6分類法を踏襲しており、

新しい分類が付されていたわけではありません。

「輯略」という序文のようなものも数えているために

「七」を冠しているだけです。

 

では、劉歆が考え出したと言われる6つの図書分類はどのようなものだったのでしょうか。

まず「六芸略」ですが、これは四部分類の経部に相当する分類です。

「諸子略」は子部に、「詩賦略」は集部に相当します。

 

そして残りの3つですが、

「兵書略」は『孫子』などの兵法書

「術数略」は陰陽五行などについての書物

「方技略」は医学などについての書物の分類です

これら3つは四部分類では子部に分類されていますが、

最初は別物として分けられていたのですね。

 

そして皆さんお気づきでしょうか?

…史部に相当するものがないのです!

その当時はまだ歴史書という概念がはっきりしていなかったのかもしれませんね。

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  


三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

劉歆が著した『七略』は『漢書』芸文志の下敷きとなり、

現存する目録学最古の文献として今でも研究され続けています。

 

彼の分類法は時代が下るにつれて改変されていき、

『隋書』経籍志が世に通行するようになってからは

四部分類が主流になったようです。

 

そして、清代に『四庫全書総目提要(しこぜんしょそうもくていよう)』という

中国最大の解題目録が編纂(へんさん)されるに至りました。

今では多くの書物を1つにまとめた叢書も子部から独立させて叢書部(そうしょぶ)を立て

五部分類とすることもあるようですね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

関連記事:経営者こそ『論語』を学ぶべき!その理由とは…?

 

【劉邦 vs 項羽】
楚漢戦争

 


 

関連記事

  1. 藏覇(臧覇)と呂布
  2. 諸葛誕
  3. 袁術と袁紹
  4. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  5. はじめての変

    意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?

    曹操(そうそう)は、大金持ちの曹嵩(そうす…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP