魏延
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情




超雲 阿斗 守る ゆるい

 

三国志ファンの多くは、『正史三国志』と『三国志演義』のどちらが好きかと

問われれば、『三国志演義』と答えるのではないでしょうか。

 

なぜなら、『正史三国志』では、

阿斗を守るために趙雲が敵陣をくぐりぬける姿を見て、

「かっこいい……!」

と目をハートにしたりできません。

孔明南東の風

赤壁で東南の風を呼ぶ孔明を見て、

「なにこのヒト、スゴイ!」

と感動することもできません。

 

やはりどうしても、『三国志演義』びいきになってしまうのは否めませんので、

少し、『正史三国志』のすごいところについて、書いてみたいと思います。

 

関連記事:諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで?

関連記事:赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?

関連記事:【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅漢中じゃないの?




『正史』の作者陳寿は蜀の出身

蜀の産まれ

 

歴史家陳寿、字は承祚(しょうそ)は、三国時代の蜀に生まれました。

若いころ、歴史家の譙周(しょうしゅう)に師事して、蜀の官僚となります。

 

陳寿が官僚となった時代の蜀は、劉禅(りゅうぜん)が君主で、宦官黄皓が専横を極めていた頃です。

すでに劉備諸葛孔明もいない、暗愚な時代だったため、

陳寿の官僚人生は、決して順調とはいえませんでした。

 

やがて蜀が魏に下ったのち、陳寿は職を失ってしまいます。

ですが、魏はすぐに、晋に代わります。

ここで再び、仕官の道が開けました。

 

晋王朝のもとで、陳寿は『三国志』を手掛けることになるのです。

 

関連記事:「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より

関連記事:初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方




歴史書編纂の裏事情

三国志 裏事情 闇

 

中国の歴史書というのは、前の時代が終わった後、次の時代の人が、

前時代に書きためられた資料をもとにしてひとつの歴史書として編纂するのが常でした。

 

これは平たく言えば、

「今の王朝は、こんなふうだった前の時代から、正統に受け継いだ王朝です」

と、世に知らしめるためのものだったのです。

 

そんなわけで、

できることなら、前の王朝の特に最後の方は、残念であるほうがいい。

殷の紂王が若いころは賢君だったのに、急に暴君になったりするのは、

こういう理由があったのです。

だから傾国の美女の存在は、中国の歴史にとって、うってつけだったわけですね。

 

そして、前の王朝が正統である必要がある。

晋は、魏から起こった王朝です。

「正統」な王朝である魏から受けついだ晋も、「正統」であるという理屈です。

 

ですが三国時代は、分裂期ですから、他にも蜀や呉という国がありました。

これら二つを「国」として認めるわけにはいかないということです。

 

そこで陳寿は、『三国志』内の年号を、すべて魏の年号でしるしました。

 

さらに、皇帝をしるす「本紀」には、曹操(そうそう)ら魏の君主のみを書いたのです。

劉備(りゅうび)孫権(そんけん)は、それ以外の家臣などをしるす「列伝」に入れられました。

 

関連記事:司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人

関連記事:権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じる

関連記事:曹丕が献帝を廃し魏を建国

 

簡明に率直に書かれた歴史書

三国正史 劉禅

 

想像でしかありませんが、蜀の出身である陳寿は、自国の皇帝であった劉禅を、

もしかしたら「本紀」に入れて書きたかったかもしれません。

 

ですが、陳寿は、魏を正統な王朝として、『三国志』を書き上げました。

 

また、陳寿が『三国志』を手掛けた時代というのは、ついこの前のことを書いている

わけですから、まだ登場人物が存命していたり、その子供が身近にいたりします。

 

陳寿は批判の的

そうすると、各方面から、様々な圧力を受けるのです。

「俺の父ちゃんをよく書け」

とか、

「私の夫を悪く書いたら許さないわよ」

とか言われるわけです。

ひどいときには、脅迫まがいのことすら起こりえます。

 

そういう危機をもかいくぐりながら、書かれた『正史三国志』です。

なにか、とても重みを感じます。

 

関連記事:三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

関連記事:誇りを失ってもなお……『史記』を書いた司馬遷の執念

 




こちらの記事もよく読まれています

セイリュウ刀と蛇矛 張飛

 

よく読まれてる記事:英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析

 

三国時代の兵器(魏軍合体ロボ) 曹操

よく読まれてる記事:三国志演義に登場する兵器

 

三国志 武器

 

よく読まれてる記事:華麗なる中華世界を彩る三国志の武器

 

 

この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. えっ?劉璋は若い頃かなり気性が荒かった?
  2. 陳宮 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  3. 本当は蜀と同名を結びたい孫権 鄧芝(とうし)ってどんな人?|敵国孫権に愛された蜀の名使者
  4. これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活
  5. 漢の顔良(がんりょう) 張郃と顔良強いのは一体どっちだ?
  6. 表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?
  7. 関羽と周倉 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第一回:司隷(しれい)、豫州…
  8. 魏を破る朱然 徐盛と朱然は名将なのにマイナーな武将だった!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 陸遜
  2. 曹操と劉備
  3. 劉邦の息子を補佐する曹参(そうしん)
  4. 曹操
  5. 五斗米道の教祖・張魯

おすすめ記事

  1. 匡亭の戦いから転落した袁術、彼はどうして皇帝を名乗ってしまったの? 袁術
  2. 三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』 馬良(眉白)
  3. 王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実では秦の天下統一に貢献した人物
  4. 【権力を巡る兄弟の確執】曹丕&曹植 VS 後白河天皇&崇徳天皇 残忍な曹丕
  5. なぜ袁紹は小勢力の曹操に敗北してしまったの?原因は名士だった!? 袁紹にお茶を渡す顔良
  6. 【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった?

三國志雑学

  1. 馬超の兜にフォーカス
  2. 三国志ライター よかミカンさん
  3. 陸遜
  4. 空腹の三国志の兵士
  5. 孔明
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 秦の始皇帝
  2. 篤姫
  3. 司馬懿と公孫淵

おすすめ記事

久坂の思想から新日本グランドデザインを探れ! 袁紹VS公孫瓚 英雄記から見た河北の覇者を決める公孫瓚VS袁紹 西遊記 孫悟空 【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁 【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相取る」 余生をゆっくり過ごす晩年期の徳川慶喜 徳川慶喜は静岡で余生を過ごした?知られざる逸話とゆかりの地を紹介 始皇帝の法治国家を助けた韓非と李斯って何でいがみ合ったの? 九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦 羅憲 劉備は何で蜀を建国しようと思ったの?三国志演義で人気を占める蜀の秘密に迫る

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP