よかミカンの三国志入門
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

キングダムのネタバレ考察

キングダムネタバレ大予想575話vol2舜水樹は李牧を裏切る!その理由

この記事の所要時間: 38





キングダム 壁

※キングダムネタバレ予想は、毎週土曜日午前1時の配信です。

 

有能なのか無能なのか、橑陽編(りょうようへん)では迷走し続けた李牧(りぼく)懐刀(ふところがたな)舜水樹(しゅんすいじゅ)

犬戎族(けんじゅうぞく)を一度は味方につけながら楊端和(ようたんわ)の度量の前に犬戎族に見放され、ここから

朱海平原に向かっていきそうな舜水樹ですが、どうも心の中に迷いが生じたようです。

この事がゆくゆく舜水樹に裏切りの行動をとらせるのではないでしょうか?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム休載ネタバレ予想575話「王賁vs堯雲、亜花錦vs馬南慈」W一騎打ちか!

関連記事:キングダム最新ネタバレ予想575話「王賁が亜光軍を継ぐ!」解説

 

 

キングダムネタバレ大予想575話 匈奴の血を引く舜水樹

匈奴の血を引く舜水樹

 

舜水樹は、実際には匈奴の血を引く人物のようです。

史実でも匈奴は一枚岩ではなく、漢民族についたりした一派もいたので、

おそらく舜水樹もそのような匈奴の一人なのか、或いは趙人と匈奴の混血でしょう。

ですので異民族の言語にも通じていて、ロゾ王を味方につける事にも成功した

そういう事ではないかと思います。

 

ところが、舜水樹は橑陽の戦いを通じて、色々と嫌なものを目にします。

それは、李牧の不信にもつながる事なのです。

 

 

キングダムネタバレ大予想575話 恐怖政治を見て見ぬふりの李牧

恐怖政治を見て見ぬふりの李牧

 

橑陽城で犬戎族と行動を共にした舜水樹が見たのは、ロゾ王と三首領が犬戎兵の家族を人質に徹底的な恐怖政治を敷いていた事でした。

特に、部下を使い捨てにするブネンの行動には無表情ながら、かなりの怒りを覚えているそのような描写が感じられました。

 

李牧は、この犬戎族を飼い慣らす為か、真に友情を感じてかは分かりませんが、

毎年、羊肉と酒を持ち込んで振る舞っていたわけです。

つまり、李牧は犬戎族がロゾの圧政に苦しんでいる事を知りながら敢えて無視していたそういう事なのです。

 

もちろん、舜水樹としても、それが乱世と割り切るしかなかった事でしょうし、

漢民族と異民族の付き合い方とはそういうものと考えていたでしょう。

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

キングダムネタバレ大予想575話 楊端和を信じた犬戎族

楊端和を信じた犬戎族

 

しかし、舜水樹はロゾ王に絶対服従だった犬戎族がロゾ王の死後に楊端和の指揮下に入ったという衝撃の光景を目にしてしまいます。

舜水樹は、片目の犬戎兵に「お前達は騙されている」と再度の裏切りを(そそのか)しますが、犬戎兵は揺ぎなく

 

「楊端和はそんなヤツではない、だからこそ山の民はここまで大きくなったのだ」とキッパリ断ってしまうのです。

 

そして、舜水樹に対して(ぎょう)以外に去る事を命じ、受け入れないなら討つと衝撃の決別の宣言を出したのです。

 

キングダムネタバレ大予想575話 秦王政の考えに共鳴する舜水樹

秦王政の考えに共鳴する舜水樹

 

犬戎族に鄴以外に去るように言われた舜水樹なので、これは朱海平原に向かうでしょう。

しかし、犬戎族に裏切られ楊端和の器に圧倒された舜水樹の心中は複雑です。

あれだけ、ロゾを恐れ、絶対服従を誓っていた犬戎族が楊端和を解放者として受け入れ心服してしまったのです。

 

それまで、おそらく500年、自由などありえない状態にあった犬戎族をあっという間に仲間にしてしまった楊端和の器、

それはどこから来ているのか?

あるいは、それこそ、天下万民を法の下に平等に扱うという秦王政の志ではないか?

匈奴である舜水樹は、その事に気持ちを揺り動かします。

 

キングダムネタバレ大予想575話 李牧の志は惰性に過ぎない!裏切る舜水樹

李牧の志は惰性に過ぎない!裏切る舜水樹

 

朱海平原の戦いは、一見互角ですが趙には李牧の本陣と帰還してくる舜水樹がいます。

足せば15万位にはなるので、秦には脅威となるでしょう。

しかし、李牧が勝てば、再び異民族は圧政の下に置かれ、漢族と対等になる事はない七国の温存は、実際には民族を分断し

理不尽な差別を固定化するだけだ、そのように考えた舜水樹が土壇場(どたんば)で李牧を裏切り、大どんでん返しを演出する

そんな結末を推測してみます。

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

「あの白ナスが寝返る~?そんな事ありえない」

いえいえ、そう読者が思えばこそ大ドンデン返しは成功するのです。

昔からの読者は、初期の王騎(おうき)が不気味なオカマ野郎だった事を記憶している筈

それが、あんな風に変わるなんて誰も想像できなかったでしょう。

秦王政の弟の成蟜(せいきょう)が、あんな風に変わるとも考えなかったと思います。

感じ悪い白ナスが、突然劇的に裏切るからこそ、ドラマチックなのです。

kawausoは、朱海平原のどこかの段階で舜水樹が寝返ると思います。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムネタバレ予想、史上最も可哀想なボスキャラロゾを追悼

関連記事:キングダムネタバレ最新574話「解放者」レビュー紹介

 

キングダムネタバレ予想・考察 第575話vol2のYoutube動画

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. キングダム577話ネタバレ予想vol2難攻不落の鄴ってどんな城?…
  2. キングダムネタバレ572話「カタリの仇」レビュー解説
  3. キングダム540話 ネタバレ予想「王翦がいよいよ閼与を攻める」
  4. キングダム578話最新ネタバレ「明日までに」レビュー解説
  5. キングダムネタバレ予想575話vol3王翦はどこで何をしているの…
  6. キングダム ネタバレ予想537話「王賁の覚醒」
  7. キングダム537話 休載祭り(2)王翦と王賁の親子を考えよう
  8. 【キングダム559話】「右翼の行方」ネタバレ&レビュー…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 読者の声(2018年9月22日〜29日)
  2. 【お知らせ】ソウルフルボイス vs 怪人 初の対決!
  3. 信陵君(しんりょうくん)はどんな人?生まれ故郷を救うために舞い戻ってきた戦国四君
  4. 【三国志界の絶対王者】袁術の『陽人の戦い』は頑張らなくても成果がついてくる。その理由とは?
  5. 高杉晋作と銀魂の高杉晋助の共通点は?
  6. 【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

陶淵明が描いたユートピア「桃花源記」の世界とは? 【北伐】幻の「長安挟撃作戦」魏延はすでに演習済みだった? 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介 桂小五郎と幾松幕末を彩る世紀の恋の真実 三国夢幻演義 龍の少年 第1話「命の山」見逃し配信開始! 【子供は親のコピー】劉備の阿斗投げを容認する儒教の驚きの論理 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに龐徳を追加しました 易姓革命!?禅譲か?簒奪か?王莽のはかない夢

おすすめ記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」の見どころ紹介
  2. 「パチ感」の意味と曹豹が一騎討ちで張飛に勝つ方法
  3. 三国志の武将も勉強嫌いだったけど勉強したら進化を遂げた蒋欽と呂蒙に迫る!!
  4. 【応仁の乱550年祭り】応仁の乱 重要人物ランキング カウント14
  5. 王充(おうじゅう)とはどんな人?曹操にも影響を与えた合理的な人物
  6. 【初めての戦国史】武田家を継いだ晴信に新たな試練が訪れる
  7. 諸葛瞻(しょかつせん)ってどんな人?孔明が親バカになるほど可愛がった愛息子
  8. 正史の公孫瓚は鬼畜外道?三国志最大のギャップ群雄

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP