魏延
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三顧の礼】演義に書かれている意味深な詩を読んでみよう!

孔明




三顧の礼と劉備と孔明

 

劉備(りゅうび)諸葛亮(しょかつりょう)を自分の幕僚に加えるために、諸葛亮(いおり)を三度も訪問したという三顧(さんこ)の礼。

三国志演義(さんごくしえんぎ)では、隠士・諸葛亮の風雅な暮らしぶりを美しく表現したいためか、

やたらと詩がいっぱいでてきます。

そういう文学っぽいやつは物語の本筋と関係なさそうなのでざっと斜め読みすればいいやと

思っていたのですが、細かく読んでみると、なかなか意味深で面白いと感じました。

本日は、詩をちょっと細かく読んでみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹真を憤死させた演義の孔明の悪口ってどんだけ~

関連記事:諸葛亮孔明が残した兵法書はどれなの?便宜十六策の中身を一部紹介

 

 

意味深な詩1:農夫が歌っていたコマーシャルソング

貧しい村人

 

劉備が諸葛亮の住む庵を初めて訪問しようとした時のこと、途中の山の麓で次のような歌を

うたっている農夫たちがいました。

 

蒼天は円蓋の如く 陸地は棋局に似たり

世人は黒白に分れ 往来して栄辱を争う

栄える者は自ずから安々たり 辱めらるる者は定めて碌々たらん

南陽(なんよう)隠者あり 高眠して()せども足りず

(※詩句は三国志演義李卓吾本によりました)

 

農夫たちによれば、この歌は諸葛亮が作ったものだということです。

歌の内容は、天下の情勢を囲碁にたとえながら、次のようなメッセージを発しているものです。

“負け組の劉備さんは人の下風に立っていてお気の毒ですなぁ。

私がこの南陽にいるんですけどねー。呼ばれもしないのにしゃしゃり出たりはしませんけどねー”

これは諸葛亮が劉備を誘っているコマーシャルソングです。

今回注目するのは、詩の押韻(おういん)のしかたです。

漢詩って、ラップみたいに句の末尾が韻を踏んでいますよね。

この詩は、局、辱、足で押韻しています。

これらの文字はいずれも古語で入声(にっしょう)と呼ばれる音で発音された文字で、

入声は語尾が詰まるような音であって、のびやかな耳あたりの音ではありません。

“劉備さん、困ってますよね? ククク、かわいそう。ボクを頼ればいいのに…”という内容の詩は、

劉備困ってる感を演出するために、わざと切迫感のある入声音で押韻したのではないでしょうか。

 

 

意味深な詩2:諸葛亮のお目覚めソング

諸葛亮のお目覚めソング

 

劉備が諸葛亮の庵を三度目に訪れた時、諸葛亮は部屋で昼寝をしているところでした。

庵の門番の童子が諸葛亮を起こそうとしますが、劉備はそれを止めて、諸葛亮が起きるまで

じっと待ちます。諸葛亮はたっぷり半日も爆睡したあと(というか狸寝入りでわざと待たせて

劉備の人物を試したのでしょう)、次のような詩を口ずさみます。

 

大夢誰か先ず覚む 平生我自ら知る

草堂に春睡足りて 窓外に日は遅々たり

 

睡眠から目覚めていきなり詩を口ずさみますかね。とっても狸寝入りくさいです。

この詩は、窓の外でじーっと待っていた劉備のことを太陽にたとえながら、

“あなたのような名主がそこまで私を欲しているのなら、私は起きますよ! ええ、起きますとも!”と

言っているんですね。諸葛亮(しょかつりょう)が狸寝入りをやめるまでじっと待つという茶番劇が終了した時点で

臥龍先生こと諸葛亮が臥龍(がりょう)じゃなくて起きてる龍になって庵を出ることはほぼ決まっていました。

さて、今回注目するのは詩の押韻のしかたですが、この詩は「知」と「遅」で押韻しています。

これらの文字はいずれも古語で平声(ひょうしょう)と呼ばれる音で発音された文字で、

平声はのびやかな音です。

“劉備さん、私が起つからにはもう安心ですよ~”という前途洋々な雰囲気を演出するために

平声で押韻したのでしょう。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

昔の人は本を音読する習慣があったので、作品の中の詩の発音はけっこう重視されていたのでは

ないでしょうか。劇や講談で三国志物語を演じることを考えた場合にも、音の印象は大切です。

読むのが面倒くさくってつい斜め読みしてしまう詩ですが、細かく見ると作者の工夫が見られて

面白いなーと思いました。

三国志演義は、歴史を度外視して文学作品として味わってもけっこう面白いかもしれません!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:キーワードは劉備の最期一文字に託された陳寿の思い

関連記事:【徹底追及】劉備はどうしてあんないい加減な性格なのか?

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 呂蒙が病気になり心配する孫権 病気の呂蒙を穴から見守る孫権
  2. 呂布と劉備 【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬ま…
  3. 許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー
  4. 魯粛 魯粛が孫権を煽ったから○○の戦いを決断することができた
  5. 蜀の皇帝に即位した劉備 郭嘉は劉備の命の恩人?地獄で仏のアドバイス
  6. 戦死 霊柩車 槥 三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥…
  7. 吉川英治様表紙リスペクト 日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』
  8. 韓信vs孔明 幻の必殺陣形・八卦の陣とは?三国志演義と諸葛亮孔明の八陣図

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 「斉」の旗を持った兵士
  2. 張昭
  3. 孔子に一番叱られたペラペラが仇になった宰我 宰我、孔子
  4. 黄巾賊を撃破する皇甫嵩
  5. 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱
  6. 合戦シーン

おすすめ記事

  1. 夷陵の戦いで勝つには?呉に対してどうするべきだったのか? 蜀の劉備
  2. これは座右の銘にしたい!『論語』のおすすめの言葉10選
  3. 【水滸伝】なっとくできるか!本を捨てたくなるヒドイ結末 李逵(水滸伝)
  4. 井伊直弼の家系図は豪華絢爛! 井伊直政
  5. 馬謖の息子はどうなった?街亭の戦いの失敗による処罰で影響はあった? 泣いて馬謖を斬る諸葛亮
  6. 84話:龐統登場と同時に左遷(笑) 龐統

三國志雑学

  1. 馬岱
  2. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  3. 曹休と曹丕を可愛がる曹操
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 亡くなる上杉謙信
  2. はじめての三国志
  3. おんな城主 直虎
  4. 孔明と司馬懿
  5. 袁術と一緒にはちみつを楽しむ袁燿(えんよう)
  6. キングダム
  7. 関羽
  8. 徳川慶喜(幕末)

おすすめ記事

宦官 だって涙が出ちゃう!中国史に残る良い宦官列伝 島津斉興「せごどん」では教えない真実 馬超と韓遂 【衝撃】韓遂と馬超が賈詡の離間の計で仲違いしたはウソ? 韓遂 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【前半】 月刊はじめての三国志2018年4月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 徳川家康 隠れキリシタンはどんな人?明治に入っても迫害された人々 黄巾賊を撃退する太史慈 太史慈は群雄だった!孫策死後疎まれた男の生涯 蒟蒻問答 孔明と張飛 まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP