ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

『三国志』には色々な武器が出てくるけど、やっぱり鉄でできてたの?

七星剣


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

短剣

 

三国志』といえば魅力的な武将の多さがよく語られますが、

近年では武将が持つ武器も

ゲームなどでよく取り上げられることによって

多くの人々の注目を集めています。

 

特に有名なのは

関羽(かんう)が振るったという「青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう)」や

張飛(ちょうひ)が振り回していたという「蛇矛(じゃぼう)」あたりでしょう。

やはりカッコいい武器というものには

子どもから大人まで男心をくすぐられるものですね。

 

ところで、三国時代の武将たちが使っていた武器は

私たちが想像するような

鉄でできたピカピカでカッコいいものだったのでしょうか?

はたまた、鉄ではなく

他の素材でできていたのでしょうか?

その真相に迫っていきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の武器はどこが製造していた?武器を製造する考工令とは

関連記事:張遼の武器は本当に双鉞だったの?遼来来に迫る!

 


 

最初に生み出された金属の武器は銅製だった

 

そもそも文明と呼ばれるものが生まれる前から

人類は武器というものを生み出していました。

 

その武器は木の棒の先に石を付けたものだったり

大きな動物の骨を付けたものだったりしたようです。

それによって食料となる動物を

追い回して仕留めていたというわけですね。

 

しかし、文明が起こってからは、

金属というものが注目されるようになります。

中国で最初に注目された金属は銅でした

 

伝説の夏王朝の時代には、

銅を鋳る技術が発達していたらしく、

銅の矛や剣があったようです。

石や骨よりも薄く丈夫に、

好きな形にすることができるため

重宝されていたのでしょう。

 


 

青銅製の武器が登場

青銅製の戈の穂先Wikipedia

(画像:青銅製の戈の穂先Wikipedia)

 

しばらくは銅の武器が重宝されていたようですが、

皆さんもご存知の通り、

銅はとても錆びやすくて折れ曲がりやすく

けっこう(もろ)い金属です。

 

そんなわけで、

銅製の武器はお役御免となってしまいます。

では次に何が台頭してきたかといえば、

銅にスズを混ぜた合金である青銅です

 

実は10円玉も青銅でできています。

10円玉は時間が経つにつれて色がくすんでいきますが、

その硬さは変わりませんよね?

 

同じように、

青銅は武器としても

色こそ変わっても強度はそれほど劣化しないということで

周代以降しばらく流通していたようです。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

ついに鉄の武器が製造されるように

ついに鉄の武器が製造されるように

 

春秋時代になると、

青銅よりも更に高い強度を誇る鉄が登場します

鉄といっても普及しはじめた頃の鉄は

それほど純度が高くなくありませんでした。

 

(すみ)が多く混ざっていたために硬いっちゃ硬いけれど、

バキンと折れやすいのが玉に瑕だったようです。

しかし、徐々に鉄から炭を取り除く技術が発達し、

より純度の高い鉄が作られるようになっていきました。

 

折れやすいという弱点が克服された鉄は

はじめは農機具として使われるようになったのですが、

当然、すぐに武器の材料として注目を浴びることになります。

 

そして、戦国時代には

鉄製の武器がみるみるうちに

普及していったのでした


 

漢代に製鉄技術が更に発達

漢代に製鉄技術が更に発達

 

戦国時代を終わらせた秦朝(しんちょう)では、

鉄の生産を司る鉄官という官庁が置かれ、

秦朝の後に興った漢朝にも

その仕組みは引き継がれました。

 

前漢時代には50近くの鉄官が

中国全土に置かれていたそうです。

漢王朝は鉄の生産を独占することによって

多くの利益を得て財政を安定させることに成功します。

 

しかし、このことによって

商売上がったり状態になってしまった

商人たちがブチギレ。

 

武帝(ぶてい)の死後には国VS商人の

激しいバトルが繰り広げられたそうな。

ちなみにこのときの激論が記録されたのが

塩鉄論(えんてつろん)』という書物なので、

気になる方は是非手に取ってみてください。

 

後漢代にもなると

巨大な製鉄炉が作られるようになり、

更に鎚でトンテンカントンテンカンと

叩きまくって鍛えることによって

より純度の高い丈夫な鉄を作り出す技術が確立されます。

 

この時すでに製鉄技術は現代のものと

ほぼ変わらないレベルにまで達していたと言います

ヨーロッパ諸国より千数百年以上も先駆けて

中国では質の高い鉄が流通していたというのですから

本当に驚かされるばかりです。


  

 

 

三国時代には鉄製の強くてカッコいい武器がたくさん作られていた…はず!

三国志時代の兵士

 

動乱の三国時代に入ると、

鉄の技術が更に向上したというような記録は

パッタリ見られなくなってしまうのですが、

その頃にはきっと純度の高い丈夫な鉄でできた武器が

世の武人たちの手に行きわたっていたことでしょう。

 

三国時代の武将たちが振るっていた武器は

少なくとも「カッコいい武将が乗り回していた馬は

実はポニーサイズだった」というような

残念な代物ではなかったはず。

 

関羽の青龍刀や張飛蛇矛

三国志演義』の創作物ですが、

関羽張飛もそれらに負けず劣らずカッコいい武器を

携えて戦場を駆け回っていたのではないでしょうか。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

鉄の産出量が豊富だった蜀では

漢朝と同様に鉄の専売に力を入れていたようです。

鉄が豊富だった蜀では武器を作ることにも

力を注いでいたのではないでしょうか。

 

武器の歴史を調べてみるのも面白そうですね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:王騎の矛はどういう武器なの?矛と槍との違いも徹底解説!

関連記事:【武器】三国志時代やキングダム時代に活躍した鉤鑲や馬甲

 

【昔の人の二次創作 民話の中の三国志】
民間伝承の三国志

 


 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期
  2. 曹植 神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介
  3. 沙摩柯 沙摩柯(しゃまか)とはどんな人?武蛮族の王が甘寧を討ち取り呉を恐…
  4. マッハで逃げる袁術に捕まってしまう華歆(華キン) 袁術へ強制的に仕えることになった華歆がマッハで彼に見切りをつけた…
  5. 于吉、孫策 実在した仙人?史実でも孫策に殺されてしまう于吉(うきつ)
  6. 三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?
  7. 負けた魏延 魏延の派閥を考察!蜀では魏延に対してイジメがあった!?
  8. 法正に敗れる夏侯淵 【定軍山の戦い】法正たちが大活躍!夏侯淵っていつのまに死んじゃっ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁術祭り
  2. 賈逵(かき)
  3. お酒が強い篤姫
  4. 曹操を見捨てない丁氏と卞氏
  5. 孫権と張昭
  6. キングダム53巻
  7. 法正と張松
  8. 周昭が諸葛瑾をベタ褒め

おすすめ記事

  1. 張既(ちょうき)とはどんな人?反乱の多かった雍州・涼州の二州を見事に統治した名政治家 張既(大人)
  2. 【キングダム554話】「壁軍の攻防」ネタバレ&レビュー キングダム
  3. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.1
  4. 周倉は赤兎馬並みにハイスペックだった!周倉の化け物伝説を紹介 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉
  5. 知力を磨いて大出世!呂蒙は魯粛よりも孫権から評価されていた!? 勉強する呂蒙
  6. 諸葛亮の病死について考察 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明

三國志雑学

  1. 衝立の向こうから周瑜と話をしている孔明と魯粛に悪態をつく小喬
  2. 山頂に陣を敷いた馬謖
  3. 朱然


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 兵馬俑
  2. 曹操と機密保持
  3. 蜀の魏延
  4. 三国志に出てくる海賊達と甘寧
  5. 孫皓に対して戒めの手紙を書く陸抗(りくこう)
  6. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  7. 呂布

おすすめ記事

長宗我部元親「四国の蝙蝠(こうもり)」の四国統一戦を分かりやすく紹介! おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十三話「城主はつらいよ」の見どころ紹介 はじめての三国志からのお知らせ バナー 「月刊はじめての三国志12月号」11月25日(日)に出版決定 豊臣秀吉 戦国時代 【センゴク】最前線拠点の城主と調略戦に明け暮れた秀吉のご褒美って何? 高句麗まで攻めるカン丘倹 毌丘倹(かんきゅうけん)とはどんな人?朝鮮半島に進出し倭も吸収合併を目論んでいた? 孫策の人生に一辺の悔い無し 43話:孫策、後事を孫権に託して病没する 枝豆と煮豆 曹丕と曹植 曹丕も感動した煮豆の詩とはどんな詩? 【はじめての三国志市場】今ならポイント10倍 楽天ブックス 漫画まとめ読み

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP