はじめての三国志コミュニティ
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

はじめての蜀

張飛(ちょうひ)は本当は知将だった?

この記事の所要時間: 211




張飛にお酒 だめだよ

三国志ファンの皆さんには、大方、バカで短気で大酒飲みの代表として

扱われている張飛(ちょうひ)ですが、それは三国志演義だけのイメージです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:張飛が『春秋左氏伝』を読んでいた!?中国発インテリ伝説

関連記事:張飛の妻は13歳!名門夏侯氏の娘、夏侯夫人

 

 

正史の張飛はどんな人物だったの?

張飛 文武両道

 

正史においての張飛は、確かに短気で粗暴ではありますが、

一方で感情のままに行動するばかりではなく、相手を計略に嵌めて、

知力を駆使して捕縛するという離れ技もやってのけます。

 

一番有名なのは、漢中攻略戦で張郃(ちょうこう)を破った時でしょう。

 

 

漢中攻略戦での張飛の戦略

漢中攻略戦での張飛の戦略

 

張郃は宕渠・蒙頭・蕩石に軍を進めて巴蜀の住民を奪い漢中へ移住させようとして、

張飛と激突しますが、張飛は張郃と50日間にわたって、睨みあいを続けた後、

精鋭1万騎を率いて、山の狭い間道に張郃を誘いこみます。

 

張郃は軍勢が多かったので、細長い山道で軍を展開できず、張飛の軍勢に

補給線を分断されて、軍が壊滅し、自身は数十名の部下と共に逃げのびます。

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 

入蜀後の張飛は戦は負けなし

セイリュウ刀と蛇矛 張飛

 

また、張飛は、それ以前の劉備(りゅうび)の入蜀の時にも一度も敗北せず、

連戦連勝しており、劉備はその功績を諸葛亮(しょかつりょう)法正(ほうせい)

関羽(かんう)と同等であると認め金五百斤・銀千斤・五千万両・綿千匹の

褒賞を与えた上に張飛を巴西太守に任じました。

 

上の記述を見ると、筋肉バカの張飛のイメージが壊れてしまいますが、

では、どうして張飛はおバカキャラになってしまったのでしょう?

 

 

何で張飛はお馬鹿キャラにで描かれてるの?

蒟蒻問答 孔明と張飛

 

やはり、それは、三国志演義成立以前の、民間伝承に関係があります。

実は張飛は、民間に人気がある武将だったのです。

 

中国には、張飛を笑い話のオチに使ったような話があります。

例えば、孔明の庵で、張飛がとんちんかんな蒟蒻問答を行って

孔明を感心させてしまったり・・

 

艶笑話では、楊貴妃の骸を丁重に葬った男が恩返しに来た、

楊貴妃と一晩を共にしたのを羨ましがった隣の男が、

必死に野ざらしの骸を探して見つけた骨を丁重に埋葬したら、

夜に張飛がやってきて、拙者の尻を貸そうと言ってきたりします。

 

このようなバカで短気で、大酒飲みの張飛のイメージは、

長い年月で完全にキャラ立ちしてしまい、今更、三国志演義で

「実は張飛は知将でした」とキャラを変えてしまっても、

もう大衆には違和感しか残らなかったのです。

 

 

大衆に読まれる目的で描かれた三国志演義

大衆に読まれる目的で描かれた三国志演義

 

三国志演義は大衆に読まれる事を目的に発展したので、

作品の中には、昔ながらの酒で失敗する張飛と、計略を用いて

敵将を打ち破る、本来の張飛が同居してしまったのです。

 

しかし、そんな二つの張飛のイメージも、部下に対して愛情がなく、

厳しい罰を与える悪い癖は共通していて、

最期もそのせいで寝首をかかれて死んでしまうのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:張飛は繊細で優しい人だった?言い伝えから見る張飛像

関連記事:どうして張飛は士大夫に卑屈なの?

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 86話:張松という男が劉備の運命を左右する 
  2. 84話:龐統登場と同時に左遷(笑)
  3. 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その2
  4. 蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?
  5. 諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い
  6. 羅憲(らけん)とはどんな人?蜀のラストサムライ!奇跡の逆転勝利で…
  7. 88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する
  8. 趙雲(ちょううん)ってどんな人?蜀の五虎将軍の中で寿命を全うした…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第32話「復活の火」の見どころをご紹介
  2. kawauso編集長のぼやきVol.23「ウォーキングコンビニ」
  3. 張飛の武勇って一万人と一緒だったってマジ!?
  4. 大阪冬の陣では後藤又兵衛はどんな活躍をしたの?
  5. スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた!【古代中国の仙人事情】
  6. 敵役だけど、やっぱり曹魏がナンバーワン!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた! 【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し 袁紹の評価は名君?凡君?徹底紹介 【マイナー武将列伝】賈詡は有名だけどご主人の張繍って誰? 33話:度重なる幸運にハングリーさを失う曹操 司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの? 孫権は名君?それとも暴君だったの?5分で分かる君主の評価 劉淵(りゅうえん)とはどんな人?劉備の子孫と称して晋を崩壊に導いた匈奴の単于

おすすめ記事

  1. 三国志の英雄も楽しんだ?日本とは少し違う三国志時代の蝉取り
  2. 吉田松陰の「草莽崛起論」とはどんなもの?分かりやすく解説
  3. 【10月の見どころ】10/19〜27 公開予定:三顧の礼特集
  4. 五代友厚と大阪商法会議所近代大阪の基礎を築いた手法とは?
  5. 荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです
  6. 【はじめての君主論】第2話:愛されるより恐れられよ!董卓の恐怖政治とマキャヴェリズムの違い
  7. 【初代親衛隊長】呂布軍を打ち破るきっかけを作った典韋(てんい)
  8. 『三國志レギオン』のサービスが10月6日15時をもって終了

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP