ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

太古の怪物図鑑山海経とは?普通の人が出てこない怪物図鑑

幕末 魏呉蜀 書物


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

書物

 

皆さんは中国の歴史を探ろうと思ったら

どの書物をまず手に取りますか?

 

三国時代がお好きな皆さんは

やはり『三国志』を手に取るでしょうし、

それ以外の時代を知るのにも

それぞれの王朝の名を冠した正史をめくるのが

当然といえば当然でしょう。

 

しかし、歴史書に記さていない

もっと古い時代のことを知りたいと思ったら

どうすれば良いのでしょうか?

そのようなとき、

私たちにヒントを与えてくれるとされているのが

山海経(さんかいきょう)』という書物です。

 

今回は『山海経』について

ご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

 

関連記事:山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界

関連記事:2300年前の古代中国に動物園が存在した?キングダムに登場するランカイのモデルも?

 


 

一応地理書の体裁をとっている『山海経

山

 

『山海経』は基本的に山や海を基準として地域を区切って

その地域にまつわる物事を記した書物です

 

その内容は中国国内だけにとどまらず、

中国国外どころか

海の向こうのことまで網羅されているということで

けっこうボリューミー。

その上、絵地図まであったということですから、

世界地図的な要素の強い書物だったようです。

 

『山海経』を著されたとされるのは

夏王朝の創始者とされる

()であるなどと言われていますが、

その真偽のほどは定かではありません。

 

もしもこれが本当なら、

紀元前19世紀頃に『山海経』が

既に存在していたということになりますね。

 

しかし、それが本当だったとしても、

そんな古い書物がその当時の姿のまま残れるはずもなく…。

数百年の時を経て

前漢の学者・劉歆(りゅうきん)よって校訂されたものが

現在私たちが読んでいるものであると言われています。

 

しかし、その後もしばらくは

巻数が増えたり減ったりして

なかなか1つの形に定まらない曖昧な存在だったようです。

 


 

謎の生き物が多数登場!

謎の生き物が多数登場!

 

『山海経』には動物がたくさん登場するのですが、

どれもこれも「カオス」の一言。

そんなのに道端でバッタリ出会ったら

思わず死んだふりをしたくなってしまうようなのばかりです。

 

人間の顔が9つも付いている虎・開明獣(かいめいじゅう)や、

体長が千里もあるという人の顔が付いた赤い蛇・燭陰(しょくいん)

1つ目で尾を3つ持つ狸のような生き物・(かん)など。

…できればお会いしたくないですよね。

 

しかし、カオスなのは動物だけではありません。

人も何かおかしいのです。

一見普通の人だけれど、

胸に穴が空いているという貫匈人(かんきょうじん)なる人種や、

人の姿だけれど豹の尾が付いていて

下半身が虎だったという西王母(せいおうぼ)という仙女、

蛇の体に人の顔が付いている女媧(じょか)などなど…。

 

まぁ彼らのほとんどは

半分神様みたいなものだったようですが、

それにしたってツッコミ所満載です。

何だかグロテスクなのばかりだなぁ…と思いますが、

実は私たちにとって結構馴染み深い妖怪も

『山海経』に登場しているのですよ

 

例えば、

9つの美しい尾を持ち、

時々美女に化けて人を騙すという九尾狐が挙げられます。

 

また、天狗もそのうちの1つなのだとか。

『山海経』に描かれる天狗は

私たちがよく知る鼻の長い山伏の姿とは異なり、

空を飛ぶ犬の姿をしています。

 

九尾狐や天狗になら

会ってもいいような気がしますね。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  


 

陶淵明も『山海経』を愛読

陶淵明も『山海経』を愛読

 

『山海経』という不思議な世界観を持つ書物に

魅了された人の数を知ることは難しいですが、

その中でも特に有名なのは、

南朝宋の時代に活躍した隠逸詩人・陶淵明(とうえんめい)でしょう

 

彼は「読山海経」と題し、

13篇もの連作詩を詠んでいます。

そして、その詩の第一首では、

『山海経』について次のように詠っています。

 

周王の伝を汎覧し、山海の図を流観す。

俯仰して宇宙を終くす、楽しからずして復た如何。

『穆天子伝』を読んだり

『山海経』の挿絵を眺めたりする。

それだけで宇宙の全てを知った気になれる。

これが楽しくないのなら、どんな楽しみがあるというのだろう。

 

『穆天子伝』というのは、

『山海経』と同じように神怪世界が描かれた書物で、

周の穆王(ぼくおう)が各地を旅したときに出会った

不思議な物事が描かれているのだそう。

 

陶淵明は『山海経』の世界に思いを馳せ、

その想像の翼を自由に広げています。

俗世を疎んでいた陶淵明にとって、

『山海経』に描かれていた古代中国の世界というのは

まさに理想郷だったのかもしれませんね。


  

 

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

中国には「山海経GO」という

なんだか既視感満載のアプリがあるそうですね。

 

出てくるポケ…妖怪たちは

『山海経』に出てくるものばかりなので、

『山海経』について勉強するには

最適なアプリと言えるかもしれませんね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:関羽千里行が可能だったのはカバだから?カバは身体能力的に赤兎馬たりうるか?【HMR】

関連記事:衝撃の事実!忍者のルーツは春秋戦国時代の中国にあった?(HMR)

 

はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 
 


 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【三顧の礼】均ちゃんの野望ホントは劉備に仕官したかった諸葛均
  2. 馬岱 馬岱(ばたい)ってどんな人?実は記録がほとんどない馬超のイトコ
  3. 費禕 費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人
  4. 夏侯覇 夏侯覇の最期は正史と横山三国志で全く違う?正史三国志と漫画の違い…
  5. 車に乗る諸葛亮 諸葛亮は結局どの思想を重んじていたのか?
  6. 曹仁 曹仁の最後と各国の名将達の最期がほとんど同時期な理由とは?
  7. お互いに歌を交わす趙雲と劉備 三国サラリーマン趙雲?史実の趙雲は劉備の死後に出世した?
  8. 玉璽 孫策の最強の武器なんと・・・・言葉とハンコ(玉璽)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 沮授
  2. 五斗米道の教祖・張魯
  3. 周瑜はナルシスト
  4. 劉備の臨終に立ち会う孔明
  5. 魏延と孔明
  6. 張飛にお酒はだめだよ
  7. 曹操と荀彧の三顧の礼
  8. 関羽

おすすめ記事

  1. 【日中清廉潔白対決】北条泰時VS諸葛亮孔明 孔明
  2. キングダム最新611話ネタバレ予想「飛信隊は王翦軍に合流できるか?」 kawausoと曹操
  3. 三国志に学ぶ国家絶滅危機:もし日本(国家)がなくなったら、日本人はどうなるの? 日本に目指さした孫権
  4. ガシュガル・ホータン連合軍を率いて戦い続けた後漢の武将・班超
  5. 魏冄(ぎぜん)とはどんな人?政治・軍事両方で大活躍した秦の名宰相
  6. 【はじ三グッズ】可愛い馬超の手帳型スマホケース(iPhone/Android対応)発売中

三國志雑学

  1. 呂布
  2. 挑発する諸葛亮孔明


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉邦と張良と陳平
  2. 黄月英
  3. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  4. 呉の小覇王・孫策
  5. 孔明と劉備、関羽、張飛
  6. yoriburin

おすすめ記事

お互いに歌を交わす趙雲と劉備 【三国志平話】まるでベルばら!劉備と歌を交わしながら趙雲登場 キングダムの王騎 【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった! おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第23話「盗賊は二度仏を盗む」の見どころ紹介 幻の1940年の東京五輪 いだてん 東京五輪と景気との関係は?1964年と2020年東京オリンピックの違いは? 三国志ロワイヤルDeNAにおとぼけが突撃じゃ! 呉の小覇王・孫策 彗星のごとく駆け抜けた小覇王・孫策 土安(南蛮族) 土安とはどんな人?兀突骨の右腕としても愛された烏戈国の精鋭 曹操軍 【図説】三国志の戦争の基礎になる「隊」について徹底解説

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP