架空戦記
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

はじめての変

山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界

この記事の所要時間: 225

008247928cb188ce3bc7a9f1cc811926_m

 

妖怪ブームの昨今、『山海経(せんがいきょう)』という本の名前を聞く機会があると思います。

日本の妖怪の原像とも言える様々な魑魅魍魎が載っているこの本、実際どういう内容だったかといいますと、ざっくりいうと「地理書」です。

 

 

 

山海経の成立はいつ?

夜 s

 

成立はおそらく東周の頃(B.C771~)で、その後様々な人の手により加筆・編集され、

前漢の学者劉キンが朝廷へ奏上した時には32編を校訂し18編構成でした。

 

『漢書』の芸文史(朝廷の蔵書目録)には13編、『隋書』では18巻、と記録されています。

現在では18巻というのが通説となっています。

ちなみに「経」という字が付きますがいわゆるお経ではなく、「典籍」という意味です。

 

山海経はどんな内容なの?

梅雨 s

 

内容は絵図に合わせて文章を載せるスタイルで、〇〇地域の地誌、動植物、鉱物、山岳信仰の祭祀、神話や妖怪を記していく方法をとっています。

中華の範囲だけでなく、隣接する国や地域の事に関しても触れており、日本列島らしき地域も「倭」「蓋国」として記されています。

 

妖怪と言っても、古い神様や想像上の生き物以外に、明らかに「これ今でもいる動物だろ」ってものも載っていたりします。

 

山海経にテナガザル?

テナガザル s

 

例えばテナガザル。

中国に多く生息しますが、少し南下した東南アジア地域には尾がすばらしく長いテナガザルが居ます。

この尾を表現する言葉として「ヒョウのよう(にしなやかで長い)な尻尾」と記されています。

伝え聞いた言葉を絵にした結果、何だか妖怪じみたものが描かれてしまいました。

 

また山羊(羊と同一視されています)系の妖怪で、角がたくさんある4ツ足のものが描かれますが、

これも実際に居る6本角の種類の山羊を伝え聞いたら…こんなになっちゃった…

よし姿が恐ろしいから人を食べる事にしよう…

という連想ゲームだろうなとしか考えられない記述もあります。

 

 

山海経から読み取る古代中華の考え方

花 コスモス p

 

 

現在その内容は当然奇書扱いですが、重要なのは儒教・道教が確立する前の、中華での古い信仰や考え方が記されていることです。

この本を読む時は内容を鵜呑みにするのではなく、古代中華の人々の「考え方」を読み取ること。

 

秦~漢にかけて内容が整理されていったようですから、後漢~三国時代の人々も当然存在は知っていたでしょうし、

民間伝承も載っていますから、学の無い(というと言いすぎか)武将達でも「ああ、あの妖怪ね」と知っていたかもしれません。

 

残念なのは、絵図と合わせての山海経なのに絵の部分は後世に描かれたものだということ。

文と内容だけが伝わり、絵に関しては明以降の学者の想像がかなり入っているそうです。

やはり絵図まで正確に伝えるとなると大変だったのでしょうね。

 

 

山海経は日本語訳でも出版されている

書籍

 

山海経は日本語訳も1000円程度で出版されていて手に入りやすくなっています。

少し違った角度から三国志の世界を識る材料として読んでみるのも楽しいですよ。

 

 

関連記事

  1. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?苦難に耐えて…
  2. 関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法
  3. 【皇帝から手紙を受け取る呂布】呂布は朝廷に従順な姿勢を見せていた…
  4. 再婚なんか当たり前?驚きの三国志の再婚事情とは?
  5. 1800年前の古代中国に鉄軌道跡を発見、燃料不足解消か?長安から…
  6. 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた
  7. 宮本武蔵や土方歳三のような剣豪が三国志時代にも存在した?後漢末期…
  8. 【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 馬援(ばえん)とはどんな人?趙の三大天の一人趙奢を先祖に持ち子孫に馬超
  2. 三国志タクティクスデルタとはどんなアプリゲーム?
  3. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで追い詰めた呉の名将【誓い編】
  4. 【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった!
  5. 意外と義兄弟と離れ離れの時期が長かった関雲長のぼっち履歴をご紹介
  6. ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭をしていた!

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【5/22〜5/29】 なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの? 司馬懿討伐をもくろんだ王陵の反乱はなぜ失敗に終わったの? 何皇后はなぜ宦官の味方をしたのか? 織田信長の息子達の名前がファンキーでかなりやばい!! 【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけじゃない!! もし蜀が呉を併呑していたら魏にも勝てた?if三国志 もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!?

おすすめ記事

  1. 三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情
  2. 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人生
  3. 丁奉(ていほう)ってどんな人?呉の混乱期において、呉を支えた重臣
  4. 【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?
  5. 末っ子は努力が足りない!?馬謖の素性を探る
  6. 126話:孔明第二次北伐の開始、陳倉攻略戦
  7. 【真田丸】三谷幸喜ならやりかねない?実は生きていた真田信繁!!頴娃にある伝・真田墓に訪れてみた
  8. 楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しちゃうよ?

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP