キングダム
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界

この記事の所要時間: 225

008247928cb188ce3bc7a9f1cc811926_m

 

妖怪ブームの昨今、『山海経(せんがいきょう)』という本の名前を聞く機会があると思います。

日本の妖怪の原像とも言える様々な魑魅魍魎が載っているこの本、実際どういう内容だったかといいますと、ざっくりいうと「地理書」です。

 

 

 

山海経の成立はいつ?

夜 s

 

成立はおそらく東周の頃(B.C771~)で、その後様々な人の手により加筆・編集され、

前漢の学者劉キンが朝廷へ奏上した時には32編を校訂し18編構成でした。

 

『漢書』の芸文史(朝廷の蔵書目録)には13編、『隋書』では18巻、と記録されています。

現在では18巻というのが通説となっています。

ちなみに「経」という字が付きますがいわゆるお経ではなく、「典籍」という意味です。

 

山海経はどんな内容なの?

梅雨 s

 

内容は絵図に合わせて文章を載せるスタイルで、〇〇地域の地誌、動植物、鉱物、山岳信仰の祭祀、神話や妖怪を記していく方法をとっています。

中華の範囲だけでなく、隣接する国や地域の事に関しても触れており、日本列島らしき地域も「倭」「蓋国」として記されています。

 

妖怪と言っても、古い神様や想像上の生き物以外に、明らかに「これ今でもいる動物だろ」ってものも載っていたりします。

 

山海経にテナガザル?

テナガザル s

 

例えばテナガザル。

中国に多く生息しますが、少し南下した東南アジア地域には尾がすばらしく長いテナガザルが居ます。

この尾を表現する言葉として「ヒョウのよう(にしなやかで長い)な尻尾」と記されています。

伝え聞いた言葉を絵にした結果、何だか妖怪じみたものが描かれてしまいました。

 

また山羊(羊と同一視されています)系の妖怪で、角がたくさんある4ツ足のものが描かれますが、

これも実際に居る6本角の種類の山羊を伝え聞いたら…こんなになっちゃった…

よし姿が恐ろしいから人を食べる事にしよう…

という連想ゲームだろうなとしか考えられない記述もあります。

 

 

山海経から読み取る古代中華の考え方

花 コスモス p

 

 

現在その内容は当然奇書扱いですが、重要なのは儒教・道教が確立する前の、中華での古い信仰や考え方が記されていることです。

この本を読む時は内容を鵜呑みにするのではなく、古代中華の人々の「考え方」を読み取ること。

 

秦~漢にかけて内容が整理されていったようですから、後漢~三国時代の人々も当然存在は知っていたでしょうし、

民間伝承も載っていますから、学の無い(というと言いすぎか)武将達でも「ああ、あの妖怪ね」と知っていたかもしれません。

 

残念なのは、絵図と合わせての山海経なのに絵の部分は後世に描かれたものだということ。

文と内容だけが伝わり、絵に関しては明以降の学者の想像がかなり入っているそうです。

やはり絵図まで正確に伝えるとなると大変だったのでしょうね。

 

 

山海経は日本語訳でも出版されている

書籍

 

山海経は日本語訳も1000円程度で出版されていて手に入りやすくなっています。

少し違った角度から三国志の世界を識る材料として読んでみるのも楽しいですよ。

 

 

関連記事

  1. 三国志の時代でも副業が流行っていた!サイドビジネスの種類を紹介!…
  2. 何で姜維の北伐は反発されてたのに孔明の北伐は反対されなかったの?…
  3. 関羽に降伏した于禁は本当に臆病者だったの?
  4. 「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼よ…
  5. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2
  6. 棗祇(そうし)とはどんな人?新しい兵糧収入法を考え曹操の覇業を支…
  7. 劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名…
  8. 曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志の時代を彩った烈女たちの生涯を紹介!
  2. 三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡
  3. 【陥陣営】高順が呂布に疎んじられた理由は性格の不一致だった
  4. ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?
  5. 郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物
  6. 梁鵠(りょうこく)とはどんな人?魏の宮殿を飾った全ての題字を書いた文化人

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

井伊直弼の評価はどうなっているの?独裁者?英雄? 【記事の見落としゼロ】はじ三配信スケジュールサービス開始 黄忠(こうちゅう)ってどんな人?華々しさとは真逆、家族に恵まれなかった人生 赤眉軍(せきびぐん)とは何者なの?後漢演義最強のDQN軍団 三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの? 【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ 中国で最初に車椅子を使ったのは諸葛孔明だった? 車椅子を発明した人から歴史まで徹底解説! 高杉晋作の奇兵隊はどんな組織だった?

おすすめ記事

  1. 李靖(りせい)とはどんな人?曹操と孔明の二人から学んだ初唐の名将
  2. 阿部正弘の死因は何?ストレスに倒れた若きイケメン老中首座
  3. 篤姫の猫好きを例に江戸時代のペットの役割を考えてみよう!
  4. 呂布の逸話って伝説的にすごいって知ってた?
  5. 荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです
  6. 三国志の時代にもいた遊侠(ゆうきょう)とはどんな人達のこと?
  7. 【経営者必見】三国志と戦国に学ぶ人を活かす経営術
  8. 劉繇(りゅうよう)が凄い!袁術の宿敵?そこそこ頑張った英傑の生涯

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP