広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界

この記事の所要時間: 225

008247928cb188ce3bc7a9f1cc811926_m

 

妖怪ブームの昨今、『山海経(せんがいきょう)』という本の名前を聞く機会があると思います。

日本の妖怪の原像とも言える様々な魑魅魍魎が載っているこの本、実際どういう内容だったかといいますと、ざっくりいうと「地理書」です。

 

 

 

山海経の成立はいつ?

夜 s

 

成立はおそらく東周の頃(B.C771~)で、その後様々な人の手により加筆・編集され、

前漢の学者劉キンが朝廷へ奏上した時には32編を校訂し18編構成でした。

 

『漢書』の芸文史(朝廷の蔵書目録)には13編、『隋書』では18巻、と記録されています。

現在では18巻というのが通説となっています。

ちなみに「経」という字が付きますがいわゆるお経ではなく、「典籍」という意味です。

 

山海経はどんな内容なの?

梅雨 s

 

内容は絵図に合わせて文章を載せるスタイルで、〇〇地域の地誌、動植物、鉱物、山岳信仰の祭祀、神話や妖怪を記していく方法をとっています。

中華の範囲だけでなく、隣接する国や地域の事に関しても触れており、日本列島らしき地域も「倭」「蓋国」として記されています。

 

妖怪と言っても、古い神様や想像上の生き物以外に、明らかに「これ今でもいる動物だろ」ってものも載っていたりします。

 

山海経にテナガザル?

テナガザル s

 

例えばテナガザル。

中国に多く生息しますが、少し南下した東南アジア地域には尾がすばらしく長いテナガザルが居ます。

この尾を表現する言葉として「ヒョウのよう(にしなやかで長い)な尻尾」と記されています。

伝え聞いた言葉を絵にした結果、何だか妖怪じみたものが描かれてしまいました。

 

また山羊(羊と同一視されています)系の妖怪で、角がたくさんある4ツ足のものが描かれますが、

これも実際に居る6本角の種類の山羊を伝え聞いたら…こんなになっちゃった…

よし姿が恐ろしいから人を食べる事にしよう…

という連想ゲームだろうなとしか考えられない記述もあります。

 

 

山海経から読み取る古代中華の考え方

花 コスモス p

 

 

現在その内容は当然奇書扱いですが、重要なのは儒教・道教が確立する前の、中華での古い信仰や考え方が記されていることです。

この本を読む時は内容を鵜呑みにするのではなく、古代中華の人々の「考え方」を読み取ること。

 

秦~漢にかけて内容が整理されていったようですから、後漢~三国時代の人々も当然存在は知っていたでしょうし、

民間伝承も載っていますから、学の無い(というと言いすぎか)武将達でも「ああ、あの妖怪ね」と知っていたかもしれません。

 

残念なのは、絵図と合わせての山海経なのに絵の部分は後世に描かれたものだということ。

文と内容だけが伝わり、絵に関しては明以降の学者の想像がかなり入っているそうです。

やはり絵図まで正確に伝えるとなると大変だったのでしょうね。

 

 

山海経は日本語訳でも出版されている

書籍

 

山海経は日本語訳も1000円程度で出版されていて手に入りやすくなっています。

少し違った角度から三国志の世界を識る材料として読んでみるのも楽しいですよ。

 

 

関連記事

  1. 三国大戦スマッシュ!(さんすま)とはどんなアプリゲーム?
  2. 閻行(えんこう)とはどんな人?韓遂の部下だが曹操の人質アタックに…
  3. 袁渙の「政治力」がスゴイ!はちみつおじさん袁術と虎の如き強さを持…
  4. 孫呉が天下統一できる可能性が2回もあった!?黒田レンの考察
  5. 劉備と西郷隆盛の共通点って何?
  6. 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人…
  7. 劉巴(りゅうは)とはどんな人?天下に名声を轟かせた名士であるが、…
  8. 衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【韓信の恩返し】受けた恩はしっかりと恩で返す器の大きい韓信
  2. 呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない
  3. 三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利!
  4. 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは?
  5. 李孚(りふ)とはどんな人?度胸と勇気は三国志一の魏のマイナー文官
  6. 司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】 老荘思想(道家)ってどんな思想?|ありのままに? あまりにも短命すぎた後漢の皇帝達14選 孫権と同じ三代目で地味な北条氏康 三国志の武器ってどういうの?三国志に登場する伝説の武器も紹介! 【劉恒に課せられた使命】ボロボロになった漢帝国を立て直せ!! 92話:劉備を徹底的に追い詰める張任 【シミルボン】真面目そうな夏侯惇がやってしまったロックな行動の理由とは

おすすめ記事

  1. 後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決まっていた
  2. 【三国志と梅雨】じめじめ季節のお役立ち情報も紹介
  3. もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策!
  4. 【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!?
  5. そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!
  6. 軍師連盟を100倍楽しむ!何で司馬仲達は魏の重鎮として出世できたの?
  7. 【シミルボン】すでにキャラ立ちしている、民話の中の三国志
  8. え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP