呂布特集
コメント機能リリース




はじめての三国志

menu

漢字はいつ生まれてどのように変化を遂げていったのか?

趙雲と毛利勝永




忠義で代表的な趙雲

 

中国の歴史を読み解く上で欠かせない存在である漢字。

私たち日本人にとっても漢字は馴染み深い存在です。

しかし、皆さんもご存知の通り、

漢字は最初から今私たちが使っているものと同じ形をしていたわけではありません。

 

最初の漢字はいつどんなふうに生まれてどのように変化を遂げて

私たちが良く知る形になったのか

今回はその軌跡を追ってみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:始皇帝の偉大な業績!漢字を統一し意思疎通を容易にした中国の産みの親

関連記事:【マニアック読解】諸葛亮が倒れた場所は床かベッドか

 

 

甲骨文字の誕生

鶏

 

中国で最初に文字をつくったのは黄帝(こうてい)に仕えていた蒼頡(そうけつ)という人物であるとされています。

蒼頡は鳥が砂場を歩いた後足跡が残っているのを見て

「この足跡を見ただけで鳥が歩いたことが推測できるということは…!」

(ひらめ)いて文字を考案するに至ったそうです。

 

もしもこの伝説が本当ならば、

紀元前2500~2400年頃に漢字が生まれていたということになりますが、

漢字が用いられていることが名実共に確認されているのは

紀元前1300~1000年頃の殷代後期とのことです。

 

この漢字の名前は皆さんも聞いたことあるでしょう。

甲骨文字(こうこつもじ)もしくは亀甲獣骨文(きっこうじゅうこつもん)と呼ばれています。

占いの結果を占いで使った亀の甲羅や動物の骨に

刻みつけているということからこの名が冠せられました。

 

 

次々と派生していく漢字

次々と派生していく漢字

 

甲骨文字は物の形をかたどって作られた象形文字がほとんどだったようですが、

それらのものを組み合わせた会意文字や抽象的な概念を示す指示文字、

そして周代には意味を表す意符と音を表す音符とが組み合わさった形声文字が

どんどん作られていくようになります。

 

文字も甲骨文字から青銅器などに刻まれた金文へと姿を変え、

周王朝に凋落の兆しが見え始めた頃には

オタマジャクシのような形をしている蝌蚪(とか)文字や

太史籀(たいしちゅう)が考案した大篆(だいてん)が通行するように。

 

しかし、広い中国に同じ文字を行きわたらせる力は

既に周王朝には無かったため、春秋戦国時代には各国でオリジナルの文字が

使われるようになってしまったのでした。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

始皇帝が小篆をつくる

始皇帝が小篆をつくる

 

手ごわいライバルたちを倒して戦国時代の動乱を終わらせた秦の始皇帝(しんのしこうてい)

かねてより各国で文字が違うということを問題視していたために

中華統一後は速やかに文字の統一に着手しました。

 

始皇帝李斯(りし)に命じて周王朝が最後に残した権威の証ともいえる大篆を

簡便なものにアレンジさせて小篆(しょうてん)と呼ばれる文字をつくらせたのです。

この小篆は現代でも主に印鑑などで使われる書体ですから

皆さんにとっても馴染み深いものですよね。

 

より平易な隷書の登場

より平易な隷書の登場

 

始皇帝の熱い志によって生み出された小篆でしたが、

やっぱりカクカクしていて複雑で

当時の役人たちにとっても筆でサラサラッとメモを書くには

めんどくさすぎる代物だったようです。

 

というわけで、小篆の形は次第に崩されていくようになり、

結果的「これ使えばいいじゃん!」

と見出されたのが隷書(れいしょ)です。

 

隷書は元々戦国時代で日常的に使われていた文字だったようで、

現代私たちが使っている漢字にかなり近いもの。

お札にも隷書が使われているので、皆さんもお財布からお札を取り出して

隷書で書かれている文字を探してみてください。

どれが隷書かわかるでしょうか?

 

文字はますます簡便化する

文字はますます簡便化する

 

隷書が通行するようになって文字の問題も一件落着したわけですが、

人間と言うのは昔から

「もっと楽したい」と願ってしまう生き物らしく、

文字の簡便化はますます進んでいったのでした。

 

アルファベットの筆記体よろしくますます手で書くのに適した姿に

変化を遂げていった漢字は、後漢を過ぎると現代私たちが使っている

楷書体(かいしょたい)や行書体、草書体で書かれるようになったということです。

 

そして更に時が過ぎ、中華人民共和国では簡体字が制定されます。

「これはちょっと簡略化しすぎじゃない?」

というものも中にはありますが、

手書きで書くときにこれほど便利な漢字は無いので

正直ときどきうらやましくなりますね。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

ひとえに漢字といっても、その姿は時代によって全く異なるものです。

そのために中国では一昔前の文字を読み解く努力が

早い段階からなされていました。

 

彼らが文字にかけた情念には並々ならぬものを感じます。

皆さんもたまには漢字に思いを馳せ、そのルーツを探ってみてはいかがでしょうか?

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 十日神話とは何?古の殷の時代の伝説では太陽が10個もあった!?
  2. 【曹操が慕った偉大な王様】天下の三分の二を所有するも王へ登らなか…
  3. 藤崎竜ファン感涙 封神演義がアニメ化!アニメキャスト声優や見どこ…
  4. 紂王 殷の紂王(ちゅうおう)とはどんな人?悪逆非道の限りを尽くした殷朝…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. 呂範
  3. 実は頭がイイ賢い張飛
  4. 袁家をイジメる董卓
  5. 孫権に煽られて憤死する陸遜
  6. 張良と始皇帝
  7. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  8. 現実主義曹操
  9. 三国夢幻演義バナー 龍の少年

おすすめ記事

  1. 【賢母の知恵編】私あまり顔には自信がないけれど鍾会には負けませんわ
  2. 秦の始皇帝はどんな顔をしていたの?政はユダヤ人だった? 嬴政(始皇帝)
  3. 土持政照とはどんな人?西郷どんの命の恩人に迫る
  4. 【キングダム】春申君を殺った李園は本当にキレ者だったの?
  5. よく考えてみると劉備は反董卓連合に参加していないのでは!? 呂布VS劉備三兄弟
  6. 『はじめての三国志』の楽しみ方~その1 yoriburin

三國志雑学

  1. 張飛益徳参上
  2. 孔明と司馬懿
  3. 司馬懿


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 鼎(かなえ)
  2. 劉備
  3. 司馬懿と魏延
  4. 張飛 本 学問 三国志
  5. 董卓の相談に乗る袁紹
  6. 孫権に煽られて憤死する陸遜

おすすめ記事

曹操(後漢王朝)とローマ帝国 『三国志』の時代、世界の歴史はどんな感じだったの? 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 謎に満ちていた司馬懿の洛陽ライフを解説!洛陽でどんな生活を送っていた? 項羽と劉邦 4話:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【3/27〜4/3】 曹操の人材登用法が魏国の安定をもたらす!能力主義者・曹操の二段構えの政策とは? 義理の親子の契りを結ぶ曹豹と呂布 【9月の見どころ】9/24公開予定:【三国志平話】高鳴る鼓動!呂布と曹豹、運命の出逢い 三国志禁断ゾーン・悲しい人類の「殉葬」に関する歴史 獬豸冠(かいちかん)って何?とんがり帽子は正義のしるし!司法官がかぶったイカす冠

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP