ウホホ本の始まりは殷の紂王

2021年8月20日


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

後漢の光武帝には秘蔵の美人画コレクションがあったそうですが、今でいうウホホ本も古代中国にはありました。

 

後漢書(書類)

 

前漢の劉向が書いた「列女伝」孽嬖(げつへい)伝には、悪名高い、殷の紂王が画家に命じて男女のウヒョ図を描かせた事が記されています。

 

紂王

 

さすがは紂王、酒池肉林、ドスケベですな!と言いたいところですが、実際には中国のウホホ本は房中術の流れを汲むもので、健全にウヒョを楽しみ健康を増進する目的で描かれていました。ウホホメインではなく健康メインなんですね。まあ、健康じゃないとウヒョは出来ませんので、間違ってはいないです。

 

月刊人妻を購読する曹操

 

そうだとすると、三国志の時代にもあくまで房中術のくくりでウホホ本があったかも知れません。なんとなく大義名分のような気もしますけど…その後、明の時代には春宮画と呼ばれる房中術のための解説図が登場。日本に輸入されて大流行し、やがて模倣されるようになり春宮画が短縮され春画になったようです。

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル2

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-光武帝,
-, , ,