三国志平話
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

あの謝安もたじたじ!?謝安の嫁が強すぎる…

幕末 魏呉蜀 書物



世説新語

 

ゴシップ集の先駆け的存在である『世説新語(せせつしんご)』で最も多く登場するのは

東晋時代の英雄・謝安(しゃあん)という人物です。

桓温(かんおん)による帝位簒奪計画を阻止したり、淝水の戦いで強敵・前秦(ぜんしん)を下したりと

華々しい経歴を持つ彼ですが、

その妻・劉夫人(りゅうふじん)も負けず劣らず強かった模様…。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【教えて中国朋友!】劉備が阿斗を投げたのはどうして?

関連記事:三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!

 

 

謝安の子育てスタイルにもの申す!

謝安の子育てスタイルにもの申す!

 

『世説新語』徳行篇には謝安と劉夫人のバトルエピソードが描かれています。

我が子が父である謝安に負けないくらい立派な人になるようにと教育にいそしむ劉夫人。

現代でもよく見る教育ママっぽい雰囲気がありますが、勝気な劉夫人は一味違います。

 

ある日、夫である謝安に向かって

あなたはなんで子どもに教育してくれないのです?

と正面切ってもの申したのです。

自分ばかり子の教育をするのは不公平だと思ったのでしょうね。

 

すると謝安は次のように答えたそう。

私は自分の日頃の行いを見せることによって自然と教育を施しているんだよ。

ちょっと口やかましく物を教えたところで

子どもなんて思い通りに育つものではないということを

謝安は言いたかったのでしょうね。

 

その後の劉夫人の反応は描かれていませんが、

とりあえず謝安の言葉に納得したのではないでしょうか。

 

 

踊り子を見せてあげてもいいけど…?

踊り子を見せてあげてもいいけど…?

 

続いて賢媛篇(けんえんへん)に見えるエピソードを1つ。

謝安は踊り子が大好きだったのですが、

劉夫人はそんな夫のために侍女たちの舞を見せることにします。

 

これには謝安も大喜び。

劉夫人がいる手前、

間近で彼女たちの姿を見ることはできなかったものの夢中になって見つめる謝安…。

 

しかし突然目の前が真っ暗に。

「はい、終了でーす。」

劉夫人が天井につけてられていたとばりをおろしたのです。

 

「もっと見せてくれ!」

謝安は必死に頼んだのですが、劉夫人は冷たく一言

「別にいいけど、あなたの徳についての評判は傷つくでしょうね。」

こんなことを言われては、謝安も諦めるしかありません。

 

実は『芸文類聚』という書物にも謝安の踊り子好きエピソードがあるようです。

謝安は踊り子を妾にしたいと常日頃考えていたのですが、

妻が妾をとることを絶対に許してくれなかったので

半ば諦めかけていました。

 

しかし、そんな謝安に入れ知恵する人物が。

「『詩経』には嫉妬をしないことが妻の徳だという詩があることを教えてやればいいんだよ。」

さっそくこのことを劉夫人に告げる謝安。

 

話が終わると劉夫人は次のように問いました。

「その『詩経』という書物を編んだのは誰ですか?」

「聖人として名高い周公(しゅうこう)だよ。」

とドヤ顔の謝安。

 

しかし、

「そうですか。もしも周公ではなくその夫人がその書を編んだのであれば

絶対にその詩が選ばれることはなかったでしょうよ。」

とピシャリと答えた劉夫人。

謝安は妾をとることを諦めざるを得なかったのでした

 

時代を超えて愛される中国四大奇書「はじめての西遊記はじめての西遊記

 

あんた兄弟に負けてんじゃん(笑)

曹丕と曹植のイラスト

 

『世説新語』排調篇(はいちょうへん)には謝安がまだ出仕せずに

東山でニートをしていた頃の話が載っています。

謝安の兄弟には早くに仕官してその名を世に轟かせていた者がいたのですが、

これについて劉夫人がニヤニヤと笑いながら謝安にチクリ。

「男ならこのくらいの大人物になってもらわなきゃねぇ」

 

これに対して謝安は自分の鼻をつまみ

「いつかは仕官することになるだろうね。」

とテヘペロ。

 

このエピソードに鑑みるに、2人は軽口をたたき合える関係にある

仲睦まじい夫婦だったのでしょうね。

 

あんたの客どうかと思うわ

禰衡

 

最後に軽詆(けいてい)篇に見える、やっぱり嫁に勝てない謝安のエピソードをご紹介したいと思います。

ある日謝安の家に客が泊まりがけで遊びに来ます。

謝安は客をもてなし、客も楽しそうにガハガハ談笑。

 

しかし、客人の言葉遣いはなれなれしく劉夫人も壁の後ろで思わず

聞き耳を立ててしまうほど。

謝安は次の日客を送り出した後、劉夫人にちょっぴり得意げに

「昨日の客をどう思った?」と尋ねました。

劉夫人も気に入ったに違いないと思ったのでしょうね。

 

ところが、劉夫人は次のようにピシャリと答えます。

「私の死んだ兄の家にはあのような程度の低い客は訪れたことがありません。」

劉夫人の答えに謝安は得意になっていた自分が恥ずかしくなってしまったのでした。

 

実は劉夫人の兄・劉惔(りゅうたん)は後に簡文帝(かんぶんてい)となる司馬昱(しばいく)にも

上賓の礼(じょうひんのれい)を受けたほどの人物。

そんな兄を持つ夫人に対して調子に乗ってしまったのですから

恥ずかしくなって当然ですよね。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

劉夫人の歯に衣着せぬ言動は

世の男性からキツすぎると敬遠されてしまいそうですが、

彼女がそのような勝気な性格だったからこそ

 

英雄である夫・謝安と対等に渡り合えたのかもしれません。

典型的な良妻とは正反対に見える彼女ですが、

謝安にとっては最高のパートナーだったのではないでしょうか。

 

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【シミルボン】人間の発想怖過ぎる!血も凍る三国志時代の処刑方法
  2. 王莽 王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男 
  3. どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る
  4. 荀彧 荀彧はどの派閥にも属さずぼっちだったの?
  5. 三国志っておいしいの 三国志って何?はじめての人向け
  6. 【三顧の礼】Three Kingdomsの諸葛亮が一瞬で張飛のハ…
  7. 蜀の皇帝に即位した劉備 劉備は本当に大器だったの?三国志演義の主役を斬る
  8. 呉の孫堅 【三国志の友情パワー】孫堅四天王の熱き友情を紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹仁
  2. 豊臣秀吉 戦国時代
  3. 大政奉還した徳川慶喜
  4. 劉備にアドバイスをする法正

おすすめ記事

  1. 伍孚(ごふ)とはどんな人?ゴフッ・・董卓を殺せなかった無念のアサシン
  2. 中央集権国家を目指した版籍奉還とは?【前半】 明治天皇
  3. 潼関の戦いの原因と目的と経緯について簡単に解説するよ 蜀 武運を誇る馬超
  4. 劉備にカリスマ性があったの?三国志の英雄・劉備玄徳のカリスマの真実 劉備の黒歴史
  5. 三国志の時代を震えさせる怨霊たち!特に呉には怨霊系の話が多い!
  6. 麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍

三國志雑学

  1. 周瑜と孫策
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志
  2. 現実主義曹操
  3. 李靖(りせい)曹操と孔明に憧れる

おすすめ記事

劉邦と項羽 漢と楚、軍配が上がるのはどっち?色々な面で両者を比べてみた 真田丸 武田信玄 【センゴク】新事実かも!武田滅亡の原因は信玄のせいだった? 【キングダム】河了貂(かりょうてん)は本当にポンコツなのか?検証してみる 孔明による出師の表 科挙の参考書に載った諸葛亮のヘタうま名文 魏延と孔明 【8月の見どころ】8/25公開予定:三国志演義李卓吾本に記される魏延粛清作戦を解説予定 劉備を警戒する王粲 「男尊女卑」と「疑心暗鬼」の出典は『列子』? 石田三成(いしだみつなり)とはどんな人?戦術が苦手で人から嫌われてたけど秀吉の大事な家臣で友人思いの人だった!! 【諸葛亮孔明に学ぶ学習方法】夏休みの宿題にも応用できる?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP