三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

【睡虎地秦簡】秦帝国の法治主義を支えた司法マニュアルがあった!




竹簡

(画像:竹簡Wikipedia)

 

1975年、湖北省雲夢(うんぼう)睡虎地(すいこち)で戦国時代末期~漢代初期の古墓群が見つかりました。

その古墓の一つから、大量の竹簡が出土しました。

それらは睡虎地秦簡(すいこちしんかん)と呼ばれ、中には秦の時代の法律に関する文書がたくさん含まれていました。

戦国時代に法治主義によって国を充実させ、他国を圧倒して天下統一を果たした秦帝国。

統一後には、新しい国土に法治主義を徹底させることができずに滅んだ秦帝国。

その秦帝国の法治主義を支えた司法マニュアルを、現在でも読むことができるのです!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:キングダムの史上最悪の宦官、趙高(ちょうこう)はどうやって浮き上がる?

関連記事:みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった!

 

 

末端の官吏の墓から出てきた副葬品

末端の官吏の墓から出てきた副葬品

 

睡虎地では何十もの古墓が見つかっており、注目の司法マニュアルは十一号墓と名付けられたお墓からでてきました。

被葬者の棺桶の中に副葬品として大量の竹簡が入れられていたのです。

このお墓の被葬者は「()」という人物で、その地域の県の官吏でした。

始皇帝より三歳年上です。

戦国時代末期に生れ、秦の天下統一からまもなく亡くなりました。

「喜」が官吏として活動していた頃には、この地域はすでに秦の領土になっていました。

見つかった文書には、秦の官吏としての心がけを書いたものや、法解釈についての問答集などがありました。

それらを読めば始皇帝の生きた時代の法治主義がどのようなものであったか知ることができるため、たいへん興味深い史料です。

 

 

Q&A形式の司法マニュアル

呂布に暗殺される董卓

 

睡虎地秦簡には数種類の書物があります。

法の条文が書かれた「秦律十八種」、「喜」の人生の個人的な出来事や政治上の出来事が書かれた年表「編年紀」、

官吏としての心構えが書かれた「為吏之道」、などなど。

それらのうち、明徳出版社から出ている『睡虎地秦簡』(松崎つね子)という本では「法律答問」という書物の翻訳を読むことができます。

少し読んでみましょう。

 

甲は乙を教唆(きょうさ)して強盗殺人をやらせ、一〇銭を与えた。

乙の背丈はまだ六尺に満たなかった。甲は、何の罪になるか?

車裂に処される。

(松崎つね子『睡虎地秦簡』115ページ)

 

Q&A形式ですね。とても分かりやすいです。

甲は強盗殺人の実行犯ではありませんが、車裂きになるそうです。

秦の時代にはすでに「教唆犯」という概念があったことが分かりますね。

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

少年法の概念?身長六尺とは

チビ曹操

 

もう一つ読んでみましょう。

 

甲が牛を盗んだ。牛を盗んだ時、甲の背丈は六尺(約一・三八メートル)であった。

繋いで一年のち、また測ったところ、背丈は六尺七寸(約一・五四メートル)になっていた。

甲は何の罪になるか?

完城旦に処される。

(松崎つね子『睡虎地秦簡』75ページ)

 

最初の事件とは別の話なので、甲というのも別の人のことです。

『睡虎地秦簡』の松崎つね子氏の注釈には次のようにあります。

「古時一般に男子十五歳は身長六尺と見なされた、孫詒譲(そんたいじょう)周礼(しゅうらい)・正義』巻二十一に詳しい。

秦簡に、しばしば『六尺』・『六尺に()たず』とあるのは、六尺が刑<法的責任>を問う際の背丈の境界だったからであろう」

少年には刑を加えない、なんていう考え方もあったようですね。

最初に読んだ教唆犯のケースも、もしかすると実行犯の身長が六尺以上だったら何か扱いが違うのかもしれませんね。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライターよかミカンの独り言

 

睡虎地秦簡を見ると、想像以上に現代的だなという印象を受けました。

現場の官吏たちは、「法律答問」のようなマニュアルを参照しながら条文を解釈して裁きを執り行っていたのですね。

 

古代中国のお墓の副葬品には、被葬者が死後の世界で生活する時に必要になるものが入れられました。

「法律答問」と一緒に眠っていた「喜」は、あの世でも仕事をするつもりだったのかもしれません。

棺桶に直接入れられたということは、故人にとってよほど身近で思い入れのあるものだったのでしょう。

そういう人たちが秦の法治主義を支えていたと想像すると、ちょっぴりジーンとしました。

 

参考文献:

松崎つね子 『睡虎地秦簡』 明徳出版社 2000年7月30日

古诗文网 「睡虎地秦墓竹简」 https://www.gushiwen.org/guwen/shuihu.aspx (閲覧日2018年10月23日)

 

※私はまだ拝んでいませんが、「秦律十八種」「效律」「秦律雑抄」の訳注も出ています。

工藤元男 『睡虎地秦簡訳注 -秦律十八種・效律・秦律雑抄-』  汲古書院 2018年5月6日

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法律編】

関連記事:曹操に意見を申す!魏の法律の欠点を指摘して新しい運用をアドバイスした改革者・高柔

 

リアリズムと悪の教科書
君主論

 




よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 【三国志ライター黒田廉が行く】始皇帝と大兵馬俑から始皇帝がおこな…
  2. 始皇帝・政が甘々な性格であった事が原因で秦が滅びた?
  3. 【キングダム】李牧(りぼく)とはどんな人?趙国最後の守護神・三大…
  4. 諸子百家って何?春秋戦国時代に花開いた思想の数々をご紹介
  5. 【キングダム】呂不韋の子孫は前漢の皇后と三国志のあの人だった!
  6. 【春秋戦国時代】時代の主人公であった魏の文侯の厳選エピソード
  7. 【時代の先導者】父に嫌われていた孟嘗君・田文は○○がきっかけで父…
  8. 王翦はどういう性格だったの?キングダムに学ぶつかみづらい男の処世…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 邪馬台国最期の戦い(後編)邪馬台国滅亡と神武降臨(神武天皇)
  2. 【諸葛恪の栄光と破滅】最初の成功が人生を狂わせた呉の最高指導者
  3. 邪馬台国最期の戦い(前編)神武東征と生駒の死闘
  4. 後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決まっていた
  5. 【衝撃の事実】国士無双と言われた韓信に子孫がいた?
  6. どうして陳宮は呂布に従えたの?呂布を見捨てなかった天才軍師の生涯

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  2. 真田丸 武田信玄

おすすめ記事

日本にも冥婚があった?東北や沖縄に伝わる死者の結婚式 赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは? 二世は辛いよ!やられキャラの張虎と楽綝の生涯を紹介! え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い! 三国志フェス2015に「はじめての三国志」のおとぼけも主演します! 董卓が殺害された原因と三国志に与えた影響とは? えぇぇ~!?あの孔明が劉備に対して怒りの仮病!? 城濮の戦いとはどんな戦い?晋の文公が覇者たる地位を手に入れることになった戦い

おすすめ記事

  1. 真紅の衝撃!山県、馬場、内藤、武田騎馬軍団、長篠に散る
  2. 【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?
  3. 郭嘉と賈詡どっちが秀でた軍師だったのか【今夜比べてみました】
  4. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part3
  5. kawauso編集長のぼやきVol.28「ラヂオの時間」
  6. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第2部
  7. 【第一回 放置少女】美少女達と一緒に三国志の世界を体感しよう!!
  8. 石亭の戦いは曹休を罠にはめる呉の壮大なドッキリだった! 石亭の戦いで交える曹休と周魴(しゅうほう)

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP