呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

【睡虎地秦簡】秦帝国の法治主義を支えた司法マニュアルがあった!

ネズミで人生を変えた李斯




竹簡

(画像:竹簡Wikipedia)

 

1975年、湖北省雲夢(うんぼう)睡虎地(すいこち)で戦国時代末期~漢代初期の古墓群が見つかりました。

その古墓の一つから、大量の竹簡が出土しました。

それらは睡虎地秦簡(すいこちしんかん)と呼ばれ、中には秦の時代の法律に関する文書がたくさん含まれていました。

戦国時代に法治主義によって国を充実させ、他国を圧倒して天下統一を果たした秦帝国。

統一後には、新しい国土に法治主義を徹底させることができずに滅んだ秦帝国。

その秦帝国の法治主義を支えた司法マニュアルを、現在でも読むことができるのです!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:キングダムの史上最悪の宦官、趙高(ちょうこう)はどうやって浮き上がる?

関連記事:みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった!

 

 

末端の官吏の墓から出てきた副葬品

末端の官吏の墓から出てきた副葬品

 

睡虎地では何十もの古墓が見つかっており、注目の司法マニュアルは十一号墓と名付けられたお墓からでてきました。

被葬者の棺桶の中に副葬品として大量の竹簡が入れられていたのです。

このお墓の被葬者は「()」という人物で、その地域の県の官吏でした。

始皇帝より三歳年上です。

戦国時代末期に生れ、秦の天下統一からまもなく亡くなりました。

「喜」が官吏として活動していた頃には、この地域はすでに秦の領土になっていました。

見つかった文書には、秦の官吏としての心がけを書いたものや、法解釈についての問答集などがありました。

それらを読めば始皇帝の生きた時代の法治主義がどのようなものであったか知ることができるため、たいへん興味深い史料です。

 

 

Q&A形式の司法マニュアル

呂布に暗殺される董卓

 

睡虎地秦簡には数種類の書物があります。

法の条文が書かれた「秦律十八種」、「喜」の人生の個人的な出来事や政治上の出来事が書かれた年表「編年紀」、

官吏としての心構えが書かれた「為吏之道」、などなど。

それらのうち、明徳出版社から出ている『睡虎地秦簡』(松崎つね子)という本では「法律答問」という書物の翻訳を読むことができます。

少し読んでみましょう。

 

甲は乙を教唆(きょうさ)して強盗殺人をやらせ、一〇銭を与えた。

乙の背丈はまだ六尺に満たなかった。甲は、何の罪になるか?

車裂に処される。

(松崎つね子『睡虎地秦簡』115ページ)

 

Q&A形式ですね。とても分かりやすいです。

甲は強盗殺人の実行犯ではありませんが、車裂きになるそうです。

秦の時代にはすでに「教唆犯」という概念があったことが分かりますね。

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

少年法の概念?身長六尺とは

チビ曹操

 

もう一つ読んでみましょう。

 

甲が牛を盗んだ。牛を盗んだ時、甲の背丈は六尺(約一・三八メートル)であった。

繋いで一年のち、また測ったところ、背丈は六尺七寸(約一・五四メートル)になっていた。

甲は何の罪になるか?

完城旦に処される。

(松崎つね子『睡虎地秦簡』75ページ)

 

最初の事件とは別の話なので、甲というのも別の人のことです。

『睡虎地秦簡』の松崎つね子氏の注釈には次のようにあります。

「古時一般に男子十五歳は身長六尺と見なされた、孫詒譲(そんたいじょう)周礼(しゅうらい)・正義』巻二十一に詳しい。

秦簡に、しばしば『六尺』・『六尺に()たず』とあるのは、六尺が刑<法的責任>を問う際の背丈の境界だったからであろう」

少年には刑を加えない、なんていう考え方もあったようですね。

最初に読んだ教唆犯のケースも、もしかすると実行犯の身長が六尺以上だったら何か扱いが違うのかもしれませんね。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライターよかミカンの独り言

 

睡虎地秦簡を見ると、想像以上に現代的だなという印象を受けました。

現場の官吏たちは、「法律答問」のようなマニュアルを参照しながら条文を解釈して裁きを執り行っていたのですね。

 

古代中国のお墓の副葬品には、被葬者が死後の世界で生活する時に必要になるものが入れられました。

「法律答問」と一緒に眠っていた「喜」は、あの世でも仕事をするつもりだったのかもしれません。

棺桶に直接入れられたということは、故人にとってよほど身近で思い入れのあるものだったのでしょう。

そういう人たちが秦の法治主義を支えていたと想像すると、ちょっぴりジーンとしました。

 

参考文献:

松崎つね子 『睡虎地秦簡』 明徳出版社 2000年7月30日

古诗文网 「睡虎地秦墓竹简」 https://www.gushiwen.org/guwen/shuihu.aspx (閲覧日2018年10月23日)

 

※私はまだ拝んでいませんが、「秦律十八種」「效律」「秦律雑抄」の訳注も出ています。

工藤元男 『睡虎地秦簡訳注 -秦律十八種・效律・秦律雑抄-』  汲古書院 2018年5月6日

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法律編】

関連記事:曹操に意見を申す!魏の法律の欠点を指摘して新しい運用をアドバイスした改革者・高柔

 

リアリズムと悪の教科書
君主論

 




よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 新制度導入はこんなに大変!胡服騎射を導入するために苦労を重ねた武…
  2. 「燕」の旗を持った兵士 戦国策(燕策)他人の名声で自分を利するの巻
  3. 「魏」の旗を持った兵士 「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  4. 子玉(しぎょく)って誰?三国志にも名前が出る楚の猛将・成得臣
  5. 春申君 キングダム 楚の宰相、春申君の最後が残念すぎる
  6. 儒者っぽくない!?「四海皆兄弟」と言った孔子の弟子・子夏
  7. 王翦 【龐煖の死】対趙攻略戦を地図で解説&大胆キングダム予想…
  8. これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 白い象に乗っている木鹿大王(南蛮族)
  2. 三国志 武器
  3. 織田信長
  4. 合戦シーン
  5. 韓信と劉邦
  6. 山頂に陣を敷いた馬謖
  7. 陳宮
  8. 異議ありと叫ぶ司馬懿

おすすめ記事

  1. 【三国志とお金】三国志の時代の市場はどんなだった? 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  2. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第1部
  3. どうやったら郭嘉は長生きできたの?過労死で亡くなった天才軍師を救う方法を考えてみる 病死した郭嘉
  4. 【シミルボン】皆、戦争は嫌だった!三国志の時代の徴兵逃れ
  5. 【映画関ヶ原を100倍楽しむ】関ヶ原の戦い…実は寧々と淀の争いが原因だった!?
  6. 取次制度って何?違った角度から戦国時代を見てみよう! 豊臣秀吉 戦国時代2

三國志雑学

  1. 司馬懿仲達
  2. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲
  3. 出世した韓遂
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 昌豨
  2. 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  3. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  4. 裏切った呂布
  5. 曹丕と曹植
  6. 曹操

おすすめ記事

井伊直弼の首はどうなった?消えてしまった首の不思議 曹操女性の敵2 ゆるキャラ 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その2 馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく) 曹操と荀彧の三顧の礼 え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い! 斉王になる司馬攸 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟 曹操に仕える前の龐徳って何してたの?地方の役人として後漢王朝に仕えていた男の人生 【月間まとめ】2016年2月の注目ニュース10選! 于禁を虐める曹丕 命乞いでここまで堕ちるか?関羽に命乞いし全てを失った男・于禁

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP