キングダム
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

【睡虎地秦簡】秦帝国の法治主義を支えた司法マニュアルがあった!

ネズミで人生を変えた李斯




竹簡

(画像:竹簡Wikipedia)

 

1975年、湖北省雲夢(うんぼう)睡虎地(すいこち)で戦国時代末期~漢代初期の古墓群が見つかりました。

その古墓の一つから、大量の竹簡が出土しました。

それらは睡虎地秦簡(すいこちしんかん)と呼ばれ、中には秦の時代の法律に関する文書がたくさん含まれていました。

戦国時代に法治主義によって国を充実させ、他国を圧倒して天下統一を果たした秦帝国。

統一後には、新しい国土に法治主義を徹底させることができずに滅んだ秦帝国。

その秦帝国の法治主義を支えた司法マニュアルを、現在でも読むことができるのです!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:キングダムの史上最悪の宦官、趙高(ちょうこう)はどうやって浮き上がる?

関連記事:みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった!

 

 

末端の官吏の墓から出てきた副葬品

末端の官吏の墓から出てきた副葬品

 

睡虎地では何十もの古墓が見つかっており、注目の司法マニュアルは十一号墓と名付けられたお墓からでてきました。

被葬者の棺桶の中に副葬品として大量の竹簡が入れられていたのです。

このお墓の被葬者は「()」という人物で、その地域の県の官吏でした。

始皇帝より三歳年上です。

戦国時代末期に生れ、秦の天下統一からまもなく亡くなりました。

「喜」が官吏として活動していた頃には、この地域はすでに秦の領土になっていました。

見つかった文書には、秦の官吏としての心がけを書いたものや、法解釈についての問答集などがありました。

それらを読めば始皇帝の生きた時代の法治主義がどのようなものであったか知ることができるため、たいへん興味深い史料です。

 

 

Q&A形式の司法マニュアル

呂布に暗殺される董卓

 

睡虎地秦簡には数種類の書物があります。

法の条文が書かれた「秦律十八種」、「喜」の人生の個人的な出来事や政治上の出来事が書かれた年表「編年紀」、

官吏としての心構えが書かれた「為吏之道」、などなど。

それらのうち、明徳出版社から出ている『睡虎地秦簡』(松崎つね子)という本では「法律答問」という書物の翻訳を読むことができます。

少し読んでみましょう。

 

甲は乙を教唆(きょうさ)して強盗殺人をやらせ、一〇銭を与えた。

乙の背丈はまだ六尺に満たなかった。甲は、何の罪になるか?

車裂に処される。

(松崎つね子『睡虎地秦簡』115ページ)

 

Q&A形式ですね。とても分かりやすいです。

甲は強盗殺人の実行犯ではありませんが、車裂きになるそうです。

秦の時代にはすでに「教唆犯」という概念があったことが分かりますね。

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

少年法の概念?身長六尺とは

チビ曹操

 

もう一つ読んでみましょう。

 

甲が牛を盗んだ。牛を盗んだ時、甲の背丈は六尺(約一・三八メートル)であった。

繋いで一年のち、また測ったところ、背丈は六尺七寸(約一・五四メートル)になっていた。

甲は何の罪になるか?

完城旦に処される。

(松崎つね子『睡虎地秦簡』75ページ)

 

最初の事件とは別の話なので、甲というのも別の人のことです。

『睡虎地秦簡』の松崎つね子氏の注釈には次のようにあります。

「古時一般に男子十五歳は身長六尺と見なされた、孫詒譲(そんたいじょう)周礼(しゅうらい)・正義』巻二十一に詳しい。

秦簡に、しばしば『六尺』・『六尺に()たず』とあるのは、六尺が刑<法的責任>を問う際の背丈の境界だったからであろう」

少年には刑を加えない、なんていう考え方もあったようですね。

最初に読んだ教唆犯のケースも、もしかすると実行犯の身長が六尺以上だったら何か扱いが違うのかもしれませんね。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライターよかミカンの独り言

 

睡虎地秦簡を見ると、想像以上に現代的だなという印象を受けました。

現場の官吏たちは、「法律答問」のようなマニュアルを参照しながら条文を解釈して裁きを執り行っていたのですね。

 

古代中国のお墓の副葬品には、被葬者が死後の世界で生活する時に必要になるものが入れられました。

「法律答問」と一緒に眠っていた「喜」は、あの世でも仕事をするつもりだったのかもしれません。

棺桶に直接入れられたということは、故人にとってよほど身近で思い入れのあるものだったのでしょう。

そういう人たちが秦の法治主義を支えていたと想像すると、ちょっぴりジーンとしました。

 

参考文献:

松崎つね子 『睡虎地秦簡』 明徳出版社 2000年7月30日

古诗文网 「睡虎地秦墓竹简」 https://www.gushiwen.org/guwen/shuihu.aspx (閲覧日2018年10月23日)

 

※私はまだ拝んでいませんが、「秦律十八種」「效律」「秦律雑抄」の訳注も出ています。

工藤元男 『睡虎地秦簡訳注 -秦律十八種・效律・秦律雑抄-』  汲古書院 2018年5月6日

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法律編】

関連記事:曹操に意見を申す!魏の法律の欠点を指摘して新しい運用をアドバイスした改革者・高柔

 

リアリズムと悪の教科書
君主論

 




よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 【曹叡なんか目じゃないぜ】キングダムの秦王政は土木工事が大好きだ…
  2. 【趙の名宰相・藺相如の名言】長平の戦いの時に王に発した名言とは
  3. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に…
  4. 【キングダム】李牧を死に追いやる佞臣、郭開(かくかい)とはどんな…
  5. 【羌瘣や摎の先輩】處女(しょじょ)とはどんな人?実在した越の軍事…
  6. 【キングダム】転職によって人生を劇的に変えた李斯(りし)
  7. 【キングダム】驚愕!信の血筋はなんと皇帝に即位していた!
  8. 【砕けた友情】刎頸の交わりで結ばれた二人の絆にヒビが・・・・

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 司馬朗と司馬防
  2. 謝夫人 孫権の妻
  3. 戦え于禁
  4. 三国志ライター黒田レン
  5. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国

おすすめ記事

  1. 【笑林】日本の昔話「芋ころがし」のルーツ? 人まねで失敗した話 幕末 魏呉蜀 書物
  2. 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆するつもりだったの? 蜀の魏延
  3. はじめての三国志編集長の推薦状『8月の見どころ記事』Part.2 はじめての三国志編集長kawauso
  4. 曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編
  5. ガシュガル・ホータン連合軍を率いて戦い続けた後漢の武将・班超
  6. 合肥の英雄・張遼も曹操並の人材集めに必死だった!? 張遼・楽進・李典

三國志雑学

  1. 張遼 カカロットーーーー!
  2. 呉の孫権
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 丁奉(ていほう)
  2. 山頂に陣を敷いた馬謖

おすすめ記事

銃は中国で発明されたものだった?「アンゴルモア」にも登場した火薬兵器 孫策 頬 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる 難斗米(なしめ) 【衝撃の事実】邪馬台国の重臣・難升米(なしめ)の子孫が大和朝廷の重臣だった? 黒田家を支え続けた後藤又兵衛はなぜ出奔することになったの? 顔良と関羽 関羽は味方に嫌われ孤立していた?その驚くべき理由とは? 三国志ライター よかミカンさん 中国人の質問!三国志で好きな人物を聞かれた時に気をつける事 kawauso編集長のぼやきVol.12「三国志演義は凄い」 沙摩柯 沙摩柯(しゃまか)とはどんな人?武蛮族の王が甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP